焼肉をホットプレートで行う時のコツを解説!アルミホイルの裏技も!

目次

ホットプレートで焼肉をするコツを紹介します

ホットプレートというと焼肉やお好み焼きの他にもパエリアやグラタンにドリアなど本当に様々な料理に使用することができますよね。

そんな多くの方が料理に利用していると思われるホットプレートについて、今回は「焼肉をホットプレートで行う時のコツを解説!アルミホイルの裏技も!」という内容でお届けしていきます。

以前ホットプレートで焼肉を行った際に焦がしてしまったなど、失敗経験がある方はこの記事で紹介するコツを参考にしてみてはいかがでしょうか。

コツを知らないとどうなる?ホットプレートでよくある焼肉のもったいない焼き方

ホットプレート 焼肉 コツ

それではまず、多くの方がやってしまっているホットプレートでのもったいない焼肉の焼き方について紹介していきます。

スペースを考えない焼き方

特にお子さんがいるご家庭なんかは大量に焼かないといけないこともあり、ホットプレートのスペースなんて考えないかと思います。

しかしホットプレートの製品によっては油がずっと中に残り続けることになるので、肉の残り油が様々な食材につき、味が落ちることがありますので注意してください。

焼肉屋さんでは油は下に落ちてくれるますがホットプレートで焼肉を焼く際はそういうわけにはいかない場合もあるということを覚えておきましょう。

間違った温度で焼いてしまっている

ホットプレートで焼肉を焼く際には当然ですが温度にも注意しなければなりません。

というのも間違った温度設定をしてしまっていると肉汁があふれてしまったり、焦げ付く原因にもなります。

普段はあまりホットプレートで料理をしない、焼肉をしないという方は設定温度はいくらぐらいにするべきなのかきちんと調べておきましょう。

ちなみにホットプレートで焼肉をする際は200℃がベストだと言われています。参考にしてみてください。

参考元:私だって綺麗になりたい

家庭でホットプレートを使って焼肉をするコツ

ホットプレート 焼肉 コツ

次に家でホットプレートを使用し焼肉をするコツについて紹介していきます。

肉を焼くスペースを考える

ホットプレートで焼肉をする際のコツとして一つ目に紹介するのは「肉を焼くスペースを考える」ということです。

上記でも紹介した通りホットプレートの製品によっては肉を焼いた際に出る油はホットプレート内に残ることになります。これは肉の美味しさを損なうことにもなりかねません。

そこでホットプレートで焼肉を行う際は、ひっくり返す前と後とで肉を焼くスペースを変更してみてください。

そうすることにより、油が一部の場所に溜まることを防ぐこともできますし、それはせっかく焼いた肉のおいしさを損なわないということにもつながります。

また、油が飛ぶことも少なからず減るのでそういった面でもおすすめなコツになります。

肉をあまりひっくり返さない

2つ目に紹介するコツは「肉を焼く際にあまりひっくり返さない」ということです。

これはホットプレートで焼く肉を行うことに限ったことではなく、焼肉屋さんに行った時でも使えるコツです。

ホットプレートで肉を焼く際にひっくり返しすぎてしまうと、肉汁がそのまま落ちてしまい、肉のうまみが逃げていってしまいます。

そのため肉をひっくり返すのは必要最低限の回数である1回程度にとどめておきましょう。

ちなみに肉をひっくり返すタイミングについては以下のサイトが参考になります。

参考元:私だって綺麗になりたい

以上がホットプレートで焼肉を行う際のコツになります。参考にしていただければ幸いです。

アルミホイルを使ってホットプレートの焼肉をおいしくする裏技的なコツ

それでは次にホットプレートで焼肉を行う際にアルミホイルを使用することで肉をおいしくするという裏技的なコツについて紹介していきます。

ホットプレートにアルミホイルを敷く

ホットプレートで焼肉を行う際にアルミホイルを使うことでのコツは「ホットプレートにアルミホイルを敷くこと」です。

ホットプレートにアルミホイルを敷くことで余分な肉の油がアルミホイルに落ちるので油でギトギトしたおいしくない肉を食べずに済みます。

ただこのときにアルミホイルをくしゃくしゃにすることを忘れないようにしてください。

適度にアルミホイルにしわをつけておくことで、余分な脂がそのしわ部分に入り、肉がおいしくなります。

さらに、ホットプレートで肉を焼く部分よりも外にアルミホイルがはみ出ないように注意しましょう。

ふちにアルミホイルが当たると溶けたりすることがあります。

参考元:亀山社長焼肉市場

このコツをホットプレートで焼肉を焼く際に使用すれば煙の量もある程度防げますのでその点でもおすすめなコツとなっています。
家でホットプレートを使用し、焼肉を行う際にはぜひ参考にしてみてください。

コツいらず!?美味しい焼肉を焼けるおすすめホットプレート

次に上記で紹介したコツが必要なくなるようなおすすめホットプレートを紹介していきます。

ドウシシャ ホットプレート 3枚(平面 波型 たこ焼き) 収納ベルト付き 角型 ピエリア

ドウシシャ ホットプレート 3枚(平面 波型 たこ焼き) 収納ベルト付き 角型 ピエリア
画像をクリックするとAmazonに移動します

  

まずおすすめするのがこちらのホットプレートになります。

こちらのホットプレートは焼肉など油が大量に出る料理をしてもおいしくいただけるようにスリットが付いているプレートが付属されています。

焼肉を行ったとしてもスリット内に油が落ちるため、上記で紹介したコツである「アルミホイルを敷く」というのは必要ありません。

また、ホットプレートといえば、というほどの定番料理であるたこ焼き用のプレートも付属されています。

タコパにも大活躍かつ焼肉にも大活躍なホットプレートとなっていますので気になる方はぜひお買い求めください。

タイガー ホットプレート 平面 たこ焼き 焼肉 プレート 3枚 タイプ 蓋付き ブラウン これ1台 CRC-A300-T Tiger

タイガー ホットプレート 平面 たこ焼き 焼肉 プレート 3枚 タイプ 蓋付き ブラウン これ1台 CRC-A300-T Tiger
画像をクリックするとAmazonに移動します

  

次に紹介するホットプレートは魔法瓶で有名なメーカーであるTIGER製のものになります。

この商品の最大の特徴は、少し角度のついた焼肉用プレートです。少し角度が付いているため焼肉をしていて出た油は自動的に流れ落ちることになります。

さらにその流れ落ちる油を受け止める所まで内臓されているため後処理も比較的楽というホットプレートになります。

まさにコツいらずかつ焼肉専用ホットプレートともいえるこちらの商品が気になる方はぜひお買い求めしてみてはいかがでしょうか。

美味しい焼肉を作るコツはほかにもあるかも?

ホットプレートで焼肉をおいしく作るコツはここで紹介した物以外にもたくさんあります。

例えば肉を焼いている最中はあまり肉に触らない方が良い、というコツもありますし、肉に生クリームをなじませると高級和牛のようにおいしくなるというコツもあります。

参考元:LIFE.net

このようにホットプレートで焼肉を行う際のコツは様々なものがあります。

ホットプレートで焼肉を行う際、それは自宅か友達の家、実家などの場合がほとんどでしょう。そういった家族や友達などと楽しみながら肉がおいしくなるコツを探すこともホットプレートで焼肉を行う際の醍醐味の一つだと思いますのでぜひ思い思いのコツを見つけてみてください。

自分たちだけのコツを見つける手助けとしてこの記事を活用していただければ幸いです。

まとめ

ここまでホットプレートで焼肉を行う際のコツについて説明してきました。

コツについてまとめると以下のようになります。

・肉を焼くスペースを考える

・肉をあまりひっくり返さない

・ホットプレートにアルミホイルを敷く

以上のようなここで紹介したコツをぜひご家庭でホットプレートを使用し焼肉を行う時の参考にしてみてください。

せっかくホットプレートで焼肉を行うので、焼肉屋さんでは楽しめないような焼肉の楽しみ方をしみてはいかがでしょうか。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
タナカ タロウ
宜しくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧