ヘッドホンを外で使うのも恥ずかしくない!外出用おすすめヘッドホン

目次

ヘッドホンの外での利用について解説します

「家ではヘッドホンを使用しているけど、外では恥ずかしいからイヤホンを使用している」このような方は以外と多いのではないでしょうか。

確かに外出する際にヘッドホンを使用しているとなんとなく恥ずかしかったりしますし、何よりも髪型も崩れますよね。そういった理由で外では使用しないという方は多いのではと思います。

そこで今回の記事では「ヘッドホンを外で使うのも恥ずかしくない!外出用おすすめヘッドホン」という内容でお届けしていきます。

イヤホンは何か合わないと感じている方はぜひこの記事を参考にヘッドホンを選んでみてはいかがでしょうか。

ヘッドホンを外で使うメリットは?

ヘッドホン 外 外出

それではまず、ヘッドホンを外で使用するメリットについてお伝えしていきます。

メリット①音質が良い

ヘッドホンを外で使用する上で一番のメリットといえるのは「音質が良い」ということです。

イヤホンは低音を表現することがあまり得意ではないことからどうしても音質が低下してしまいます。

しかしヘッドホンはその点において優れています。

また、音による表現力もヘッドホンはイヤホンよりも優れているため音質が良いということはメリットとなるでしょう。

参考元:SAKIDORI

メリット②音が漏れにくい

2つ目のヘッドホンを外で使用する際のメリットは「音が漏れにくい」ということです。

ヘッドホンはその耳を覆うような形状上イヤホンよりも音漏れがしにくいという特徴があります。

これは電車内など人込みの中で音楽を聴いていても他人の迷惑になりにくいということを意味しているので十分メリットといえるでしょう。

以上がヘッドホンを外で使用する上でのメリットになります。

参考にしていただければ幸いです。

ヘッドホンを外で使うデメリットや危険性は?

次にヘッドホンを外で使用する上でのデメリット及び危険性について紹介していきます。

デメリット①周りの音が聞こえにくい

ヘッドホンを外で使用している場合、周りの音が聞こえにくくなることが考えられます。

というのもヘッドホンは耳を覆う形になっています。そのうえ音楽を聴いていると周りの音、例えば自転車の走行音などが聞こえなくなることが考えられます。
これはイヤホンにおいても同じことが言えますが、耳に対する密閉度が強いヘッドホンの方が周りの音は聞こえにくいでしょう。

以上によりヘッドホンを外で使用する際のデメリットとして「周りの音が聞こえにくい」ということが挙げられます。

これは安全性にも関わる重要な事項ですので、イヤホンを外で使用する方、ヘッドホンを使用する方共に周りには十分に気を付けましょう。

デメリット②持ち運ぶ手間がかかる

イヤホンであれば外出時に持ち運ぶことは特に苦になりませんよね。しかしヘッドホンの場合は使用しない時に荷物になることが考えられます。首にかけておいても良いのですがそれでも邪魔に感じることは否めないでしょう。

また、製品によっては折りたためるものもありますが、それでもイヤホンよりは収納スペースを取ることが考えられます。

ということでヘッドホンを外で使用する上でのデメリットとして「持ち運ぶ手間」が考えられます。

以上がヘッドホンを外で使用する上でのデメリットとなります。

外でヘッドホンを使用するか、それともイヤホンを使用するか、選択する際の参考にしていただければ幸いです。

ヘッドホンを外や外出先で使うのは恥ずかしいこと?

ヘッドホン 外 外出

ヘッドホンを外で使うにあたり、それを非難されるような方もいますよね。

そんな方々の意見として一番多いのは「危ない」ということでした。確かにヘッドホンを使用し外を歩いていると車の走行音や自転車の走行音などが聞こえにくくなりますよね。つまりは音による危険察知が難しくなることになります。

よって歩きながらや自転車に乗りながら等の外で「~しながら」ヘッドホンを使用することは控えましょう。これはイヤホンやスマホなどにも言えることですよね。

ちなみに以下の参考元のようにヘッドホンをしているが故に落とした財布に気付かないという事例もあったそうです。

参考サイト:YAHOO!知恵袋

こういったことも十分に起こり得るのでヘッドホンを外で使用する際は、歩きながら使用するなどは自分の為にも他の方の為にも控えた方が良いでしょう。

また、外でヘッドホンを使用していることに対して「ダサい」などという意見も多くみられましたが、個人の趣味や価値観というのは人それぞれであるのが普通です。

よってヘッドホンを外で使用したい、という方はぜひ自分の意思を尊重し使ってみてください。ただし、その際は他人の迷惑にならない所で使用するように心がけましょう。

外出用にも使えるおすすめのヘッドホン

それでは次に外出時にも使えるおすすめのヘッドホンについて紹介していきます。

ヘッドホン ヘッドフォン 音楽 Ecaslo高音質ヘッドホン 折りたたみ式 軽量 有線ヘッドセット イヤホン 密閉型 おしゃれ マイク内蔵 収納ケース付き 持ち運び便利 ヘッドアーム伸縮可能 ケーブル着脱式 ブラック

ヘッドホン ヘッドフォン 音楽 Ecaslo高音質ヘッドホン 折りたたみ式 軽量 有線ヘッドセット イヤホン 密閉型 おしゃれ マイク内蔵 収納ケース付き 持ち運び便利 ヘッドアーム伸縮可能 ケーブル着脱式 ブラック

画像をクリックするとAmazonに移動します
  

まず紹介するのはこちらのヘッドホンになります。
このヘッドホンは高音質でありながら、折りたたみ式であるということが特徴となっているため、音質にこだわる方、持ち運びしやすいヘッドホンがほしいという方のどちらのニーズにも満足いただける製品になっています。
また、カバンの中にヘッドホンを直接入れるのに抵抗が、という方にも安心な収納ケースまで付属されていますので、安心に持ち運ぶことができます。
デザインもおしゃれで、比較的軽量となっているため、外出用のヘッドホンを探しているという方はこちらのヘッドホンを選んでみてはいかがでしょうか。

ELECOM コンパクトヘッドホン CONTRAST(ライムグリーン) EHP-OH100GN

ELECOM コンパクトヘッドホン CONTRAST(ライムグリーン) EHP-OH100GN

画像をクリックするとAmazonに移動します
  

次に紹介するヘッドホンはこちらになります。

見ていただけるとわかると思いますがこのヘッドホンの特徴は何といってもそのコンパクトさにあります。

折りたたむこともできますし、ヘッドホン自体のサイズも小さいことからカバンに収納する際もそこまでスペースはとりません。

ヘッドホンサイズをできるだけ抑えたい、という方におすすめの製品となっています。

パナソニック オープン型オンイヤーヘッドホン 耳掛け式 レッド RP-HZ47-R

パナソニック オープン型オンイヤーヘッドホン 耳掛け式 レッド RP-HZ47-R

画像をクリックするとAmazonに移動します
  

最後に紹介するヘッドホンはこちらになります。
一見ヘッドホンなの?と思うようなデザインですが、こちらもれっきとしたヘッドホンです。上記までで紹介したような頭に引っ掛けるようなタイプではなく、耳に引っ掛けるタイプのヘッドホンとなっていますので一般的なヘッドホンが苦手、髪型を崩したくないという方にはおすすめの製品となっています。

ただ、ヘッドホンのタイプが開放型となっていますので、外出先で使用する際は音漏れに十分に気を付けてください。

以上が外出用にも使えるおすすめヘッドホンになります。

参考にしていただければと思います。

外でつかえるヘッドホンはもっとたくさんある

上記で外出用にも使えるというテーマでヘッドホンを紹介しましたが、今お手持ちのヘッドホンがあるようであればそれを外でお使いいただいても全然問題ありません。また、上記で紹介したようなコンパクト、折りたたみ式などといった特徴を持っていないヘッドホンでも当然ですが外出時に使っていただいて問題はありません。自分の気に入るヘッドホンを外で使用いただければと思います。

ヘッドホンはおしゃれとして使用している方や音質にこだわっている方などそれぞれの使用理由があります。

ぜひ自身の思い思いの理由で外でヘッドホンをお楽しみいただければと思います。

ただし、その際は周りの方への迷惑になるようなことだけは控えたうえで楽しむようにしましょう。

まとめ

ここまでヘッドホンを外で使用するというテーマで様々な内容を紹介してきました。

ヘッドホンを外で使用することは個人の自由です。自分が使いたいと思ったら使っていただくことは全然かまいませんし恥ずかしがる必要もありません。しかし使い方を間違えたとき、それは他人の迷惑になり得ます。その点を十分に考慮したうえでヘッドホンを外出時に使用することをお楽しみいただければと思います。

これはイヤホンとヘッドホンどちらも言えることなのですが、歩きながら音楽を聴くことは他人の迷惑になりやすいです。

外で使用する際は場所をきちんと選んでヘッドホンで音楽を聴くことを楽しみましょう!

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
タナカ タロウ
宜しくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

この記事に似ている記事