クラシックのおすすめヘッドホン6選!おすすめの開放型や密閉型は?

目次

クラシックのおすすめヘッドホンについて紹介します

スマホで音楽を手軽に聴ける環境になっている事もあり、スマホで音楽視聴のマストアイテムであるヘッドホン/イヤホンのバリエーションは、デザインから機能性まで様々なものが出回っており、選ぶ自由が生まれています。
なかには、音楽のジャンルによって合うヘッドホンと合わないヘッドホンがあるなど細分化されているものも。そこで、ここではクラシックミュージックに最適なおすすめヘッドホンを紹介します。まるでコンサートホールで聴いているような臨場感の出るおすすめヘッドホンを見つけてください。

クラシックにおすすめできるヘッドホンの特徴とは?

特徴① 音の広がりをより体感できるもの

クラシックミュージックの一つの特徴として、様々な楽器が重なり合って、音のハーモニーを奏でる事です。つまり、楽器の違いを聞き分けられるような音の広がりがより体感できる表現力豊かなヘッドホンがクラシック向きと言えます。一般的なオーディオヘッドホンの重低音重視より高低音がバランスよく奏でられるものがより音の広がりが良く聞こえます。

特徴② ハイレゾなど再生周波数範囲の広いもの

特に高音部の出方がクラシックミュージックを良音で聴く一つのポイント。そのため、40kHzを超えるような広い音域を誇るハイレゾ対応のような再生周波数範囲の広いものが、コンサートホールで聴いているような優雅なクラシックを視聴することができるでしょう。

逆にクラシックにおすすめできないヘッドホンの特徴とは?

特徴① 重低音重視のもの

ロックやダンスミュージックなど現代音楽の場合、より重低音が重視されていることもあり、一般的なオーディオヘッドホンの場合、これらの音楽に合わせて重低音重視のモデルが多いです。しかし、重低音が強すぎると、クラシックの場合は、音のぶつかり合いが生まれてしまい音の劣化ができてしまいます。音域のバランスが良いタイプを選びましょう。

特徴② フィット性がいまいちのもの

繊細な音を聞き分けたいクラシックミュージックの場合、フィット性が悪いと、音漏れが多く、綺麗な音が割れてしまいます。装着してフィット性も重視しないと、心地よいクラシック視聴は出来ないと言えるでしょう。

クラシックにおすすめの開放型ヘッドホン

ゼンハイザー オープン型ヘッドホン HD579

ベロア生地を使用したイヤーパッドは、フィット感抜群と高評価で、より長時間付けても付け心地が変わらず快適にクラシックミュージックを堪能できるゼンハイザー製のヘッドホンです。また人間工学に基づいたデザイン性は、装着感の良さだけでなく、見て一目でカッコ良いと感じるような唯一無二の高デザイン性も大きなポイントとなっています。

B&O Play ヘッドホン Form 2i セミオープン型 オンイヤー

デンマークの老舗スピーカーブランドであるB&Oのカジュアルラインなので、高音質に加えて、リーズナブルな価格も達成した高いコストパフォーマンスを誇るモデルです。MoMA(ニューヨーク近代美術館)の永久コレクションに選定されているほど、他には類を見ない個性的なデザインとカラーリングで、自分だけのヘッドホンを手に入れられます。マイク付きなので、スマホとつなげればハンズフリー通話も可能です。

Audeze ヘッドホン EL8 Black Closed. APL with Apple cable

クラシックミュージックに最適と言われる、より自然な音を奏でることに定評があるAudeze製のヘッドホンです。デザイン性も、そんな自然な音を奏でることにマッチしているナチュラルなデザインで、老若男女が付けていてもマッチします。ハイレゾ対応でもあるので、よりリアルな音源を期待できます。

クラシックにおすすめの密閉型ヘッドホン

JVC HA-SW02 VC CLASS-S WOODヘッドホン

木製のヘッドホンでより自然の音に近い音を奏でられるため、クラシックミュージックのような繊細な音質を要求されるものにも最適なJVC製のヘッドホンです。高低音、音の広がりをより体感できるCDより高音質であるハイレゾ対応でもあるので、ハイレゾ対応音楽の視聴には、より臨場感溢れるクラシックミュージックを体感できます。コードは着脱式なので、消耗品であるコードの観の交換も可能で寿命長く使える点もポイントです。

Bose QuietComfort 35 wireless headphones II ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン

ノイズキャンセリング機能を搭載したヘッドホンは数多く出回っているものの、ノイズキャンセリングの代名詞的メーカーであるBOSE製はワンランク上のハイグレードなノイズキャンセリングと評するものが多く、よりノイズのないクリアーな音質を体感できます。また、3段階にノイズキャンセリングを管理することができるので、各人の音の好き嫌いにも対応可能。また、BOSEならではのハイクオリティなバランスの良い音楽を奏でる点もクラシックミュージック向きです。

YAMAHA ヘッドホン HPH-MT7

長時間装着していても疲れにくい快適なフィット感に定評があるヤマハ製のヘッドホンです。もともとは、スタジオ用に開発されたヘッドホンだけあって、高解像度の音質が期待でき、また銅をアルミコーティングを施したボイスコイルは原音を忠実に再現しています。クラシック視聴にもぴったりな実直な再現力も高評価となっているポイントです。

あなたにあったおすすめのクラシック用のヘッドホンを見つけよう

食べ物にも好き嫌いがあるように、音にも十人十色好き嫌いがあるものです。一概に、これが万人受けするおすすめヘッドホンというものはなかなかないもの。できれば、家電量販店やヘッドホン専門店などに出向いて、一度試し聴きしてから自分に一番合ったヘッドホンを選べば寿命長く使えることでしょう。

まとめ

「クラシックのおすすめヘッドホンについて紹介します」についてお届けしました。いかがでしたでしょうか?ロックやポップス、ダンスミュージックなどと比べても、クラシックはより繊細な聞き分けが必要なジャンル。それだけに、おすすめのヘッドホンを手に入れて、より臨場感に近く、生音のようなクラシックミュージックを聴いて、心身ともにリラックスしましょう。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 4ce2400c 9694 4203 b90b 2302af60ea53
Written By
yt_united yt-united
サッカーとケツメイシ好きのアラフォーです
こんにちは! サッカーとケツメイシをこよなく愛するアラフォーです。 最近、腰が痛くて老化を感じる日々であります。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧