Beats(ビーツ)のおすすめ人気ヘッドホン6選!ワイヤレスは?

目次

おすすめのBeats(ビーツ)のヘッドホンを紹介します

多くのセレブや、有名スポーツ選手などが愛用していて、おしゃれファッションヘッドホンの代名詞的存在となっているBeats(ビーツ)のヘッドホン。
SONYなどのように国内メーカーではなく、アメリカ発のメーカーだけに、そこまで情報が少なく、Beats(ビーツ)のヘッドホンってどんなもの?ってよく分からない人も少なくありません。
そこで、ここではおすすめできるポイントやおすすめのBeats(ビーツ)のヘッドホンを紹介します。

ビーツ ヘッドホン おすすめ

Beats(ビーツ)のヘッドホンのおすすめポイントは?

ファッションアイテムとして確立

Beats(ビーツ)のヘッドホンは、1つのモデルに複数のカラーバリエーションが用意されており、ヘッドホンは音楽を聴くというだけでなく、付けることでファッションにもなるという違う楽しみもできました。
ジャスティンビーバー、レディーガガ、ネイマールなど有名人が装着していることでトレンド力がアップ!カラフルなカラーバリエーションに、大きく「d」という一目でBeats(ビーツ)と分かるシャープなデザインも手伝って、まるで洋服を選ぶように、ファッションアイテムの一つとして定着しいたくらい、おすすめのBeats(ビーツ)のヘッドホンはとてもトレンディなのです。
装着して、街中を歩いていればおしゃれ度がアップするほど人気ファッションアイテムになっています。ファッションアイテムとして確立したことで、ヘッドホンの新たな可能性を見出しています。

また、今ではiPhoneのApple社の子会社となったことで、iPhoneとの相性が良い点もおすすめポイント。iPhone本体と同色で合わせたり、ワンタッチでiPhoneと接続するなど、iPhoneとセットで使うと抜群の威力を発揮します。

音質もプロも納得の高レベル

今までの概念だと、ファッショナブルなどデザインに凝ったヘッドホンは、音質などの性能は二の次というのが一般的でしたが、Beats(ビーツ)のヘッドホンは音質も高レベル
DJであるDr.Dreがプロデュースしているだけあって、特に低音の出方には定評があり、どこにいてもクラブハウスにいるような感覚でダイナミックな音楽を楽しめる点もおすすめできるところです。

ビーツ ヘッドホン おすすめ

Beats(ビーツ)のヘッドホンのおすすめできないポイントは?

価格が高い、偽物も出回っている

同性能クラスのヘッドホンでも、Beats(ビーツ)のヘッドホンに比べて格安なものも多く出回っており、単に値段だけでヘッドホンを選ぶとなるとBeats(ビーツ)のヘッドホンはあまりおすすめできないくらい値段が高いです。
その分、前述したとおり、ファッションアイテムにもなるほどファッショナブルなのですが、毎日持ち歩くようなヘッドホンは、そこまで寿命が長いわけでもないので、コストパフォーマンスを考えてしまうとちょっと値段が高いのはネックです。
(※ヘッドホンの寿命に関してはこちらから。)

また、本場のアメリカでしか売っていない限定カラーモデルなども多くあるのもあり、ネットオークションやフリマアプリではそっくりな偽物も多く出回ってしまっている点もリスクとなっています。
(※ビーツの偽物のヘッドホンの見分け方はこちらから。)

やや重く、移動中の利用に違和感も

だいぶ改善はされましたが、元々Beats(ビーツ)はDjが開発したことでも分かるように、移動用というよりはクラブなどで使う目的だったのもあり、そこまで軽量化にはこだわっていない傾向があります。

装着して使っている分にはそこまで違和感がありませんが、使用していない時、やや重く携帯して持ち歩くのはちょっと邪魔だと思うかもしれません。また、音にこだわっていることで、密着感が強く、やや圧迫されていると感じる人もいると思います。
そのため、酷暑のなかでも利用や運動中などの利用では蒸れてしまう可能性が高く、そのような環境での使用はあまりおすすめができません。

ビーツ ヘッドホン おすすめ

色づかいやデザインに優れたBeats(ビーツ)のおすすめヘッドホン

Beats Solo3 Wireless

Beats(ビーツ)のヘッドホン史上、最大となる40時間接続する大バッテリーを搭載したモデルです。そのため、1日、2日充電をし忘れてしまうような人、忙しい人でも普段通り日常使うが可能です。iPhoneの本体カラーに合わせて、全9色ラインナップされており、iPhoneと色を合わせてもおしゃれです。
Beats by Dr.Dre ワイヤレスヘッドホン Beats Solo3 Bluetooth対応 密閉型 オンイヤー リモコン有り シルバー MNEQ2PA/A BT SOLO3 WL SLV 【国内正規品】

Beats Solo2

ラックスブルー、ラックスレッドといった他ではお目にかかれないカラーを含め、全11色、多色展開が魅力のBeats(ビーツ)おすすめヘッドホンです。1世代前のモデルなので、比較的安価に手に入れることができるのも大きな魅力ではないでしょうか?また、密着性が高く、特に重低音の出方には定評があり、リアルでダイナミックな音を楽しむことができます。
【国内正規品】Beats by Dr.Dre Solo2 密閉型オンイヤーヘッドホン ブルー MHBJ2PA/A
画像をクリックするとAmazonに移動します

ワイヤレスなど機能に優れたBeats(ビーツ)のおすすめヘッドホン

Beats Solo3 Wireless

上記で紹介したデザイン性だけでなく、ワイヤレス簡単操作でも秀でているBeats(ビーツ)おすすめヘッドホンです。iPhoneとの相性が抜群で、iPhone本体を近づけただけで、ヘッドホンとの接続を完了することができます。自然と接続できるので、本体操作同様、直感的な操作を楽しむことができます。

出典:Apple HP

Beats by Dr.Dre ワイヤレスヘッドホン Beats Solo3 Bluetooth対応 密閉型 オンイヤー リモコン有り シルバー MNEQ2PA/A BT SOLO3 WL SLV 【国内正規品】

画像をクリックするとAmazonに移動します

Beats Studio Wireless

Beats(ビーツ)最高性能とも言える、Beats独自の技術「ピュアアダプティブノイズキャンセリング機能」を搭載しており、より集中したい時やピュアな音で音楽を楽しみたいときにおすすめのBeats(ビーツ)おすすめヘッドホンです。ワイヤレスモデルながら、最長22時間駆動するバッテリーというタフボディーも魅力です。

出典:beats HP

Beats by Dr.Dre ワイヤレスヘッドホン Studio Wireless Bluetooth対応 密閉型 オーバーイヤー ノイズキャンセリング マットブラック MHAJ2PA/A 【国内正規品】

画像をクリックするとAmazonに移動します

音質に優れたBeats(ビーツ)のおすすめヘッドホン

Beats Pro

スタジオでプロのミュージシャンが使えるクオリティで作っているだけあって、一般人では分からないような微妙な音の違いもくっきり分かることができる精細な音の違いも聞き分けられるBeats(ビーツ)おすすめヘッドホンです。特に高音、低音ともにノイズの少ないクリアーな音の出方には定評があり、クラシックなどの繊細な音楽では特に威力を発揮します。

出典:beats HP

Beats by Dr.Dre ヘッドホン Pro 密閉型 アラウンドイヤー マイク付き ホワイト MH6Q2PA/A 【国内正規品】

画像をクリックするとAmazonに移動します

Beats EP

有線タイプのため、ワイヤレス以上に音にこだわったモデルで、精巧にチューニングされたサウンドが楽しめると人気のBeats(ビーツ)おすすめヘッドホンです。フレームは、耐久性の高いステンレススチール製など毎日使うような日常使いにも耐えうるモデルです。比較的安価な点も嬉しいところではないでしょうか?
出典:beats HP

Beats by Dr.Dre ヘッドホン Beats EP 密閉型 オンイヤー ブラック ML992PA/A 【国内正規品】

画像をクリックするとAmazonに移動します

ここで紹介できなったおすすめのBeats(ビーツ)のヘッドホンもたくさんある

Beats(ビーツ)のヘッドホンには、日本では売られていないような限定モデルや、有名人や有名企業とのコラボモデルなども多く存在しています。そのため、ここでは紹介できなかったBeats(ビーツ)のヘッドホンもたくさんあります。
今の時代、ヘッドホンは自分の個性を主張する大事なファッションアイテム。デザインにもとことんこだわって、自分に合ったおすすめモデルを見つけ出し、いつまでも愛用したいような息が長く使えるBeats(ビーツ)ヘッドホンを見つけましょう。
なかには、日本で使っていたら、二度見させるような奇抜なデザインのBeats(ビーツ)ヘッドホンもありますので、インターネットや現地などで様々なモデルを探すのも楽しいと思います。

まとめ

やはり毎日のように移動中に使いたいヘッドホン。音質や性能ももちろんのこと、やはりデザインが可愛かったり、インパクトがあるモデルだったら、毎日の通勤、通学も楽しくなってくるものだと思います。

有名人が使っているというだけで知名度が上がっているイメージのあるBeats(ビーツ)のヘッドホンですが、デザイン性、性能ともにトップレベルであることは言うまでもありません。高音質で音楽を聴けばヒーリング力も上がるというものではないでしょうか?

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 4ce2400c 9694 4203 b90b 2302af60ea53
Written By
yt_united yt-united
サッカーとケツメイシ好きのアラフォーです
こんにちは! サッカーとケツメイシをこよなく愛するアラフォーです。 最近、腰が痛くて老化を感じる日々であります。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧