ヘッドホンは寝ながら使える?寝ながら音楽を聞く危険性も解説!

目次

ヘッドホン寝ながら使えるのか解説します

昔と比べて今ではイヤホンと同じくらいに使用している人がいるヘッドホン。

電車や歩いている時でもヘッドホンを使用している人をよく見ます。

ヘッドホンやイヤホンを使用している人の殆どは音楽を聴きたい人ですよね?

音楽を聴くのが好きな人は寝るときも音楽を聴きたいと思う人も多いのではないでしょうか。

私もよく音楽を聴いて寝る時があります。聴いて寝ると言っても2~3曲ほどで、寝る体制に入る時には外していますし音も小さくしています。

ただ、寝ているときにヘッドホンをつけているとヘッドホンは寝ながら使っても耳に悪くないのかな?、寝ながらヘッドホン使ったら壊れてしまうかな?と疑問もわいてきますよね。

そこで寝ながらヘッドホンを使うことの疑問を解消すべく、『ヘッドホンを寝ながら使うのはおすすめ出来ない理由』や『ヘッドホン以外で寝ながら使える物は何か』、『ヘッドホンやスピーカー、イヤホンで音楽を聞きながら寝るのはよくない?』、といったテーマで解説していきます。

ヘッドホンを寝ながら使うのはおすすめできない

ヘッドホン 寝ながら

理由① ヘッドホンの故障

寝ながらヘッドホンを使うのはヘッドホンの故障に繋がります。

寝ながら使うから故障する、という訳ではありませんが、寝ながらヘッドホンを使う事によりヘッドホンに負担がかかりますし『断線』する可能性が普段より高くなり、寝ながら使用する事によりコードがいろんな方向に引っ張られて断線してしまいます。

寝ながらと言っても仰向けやうつ伏せであればヘッドホンの故障のリスクは比較的低いです。ただし、横を向いて使用するとヘッドホンが圧迫されたりして故障の原因に繋がるので寝ながらヘッドホンを使用したいのであれば、ヘッドホンに負担が掛からない様な体制で行いましょう。

理由② ヘッドホン難聴

最近増加している『ヘッドホン難聴』というのがあります。

大きな音を聴いたり、長い時間音を聴いたりしていると、耳に負担がかかってしまい耳の内部も傷ついてしまいますので、イヤホンを付けたまま寝るのは危険です。

ヘッドホン難聴は、『中程度難聴』くらいと言われています。

中程度難聴とは『1mほど離れた大声を聞いて復唱するのがやっと』というほどで、場合によっては生活に支障が出てしまいます。

毎日寝ながらヘッドホンで音楽を聴いていると、聞こえなくなるのも問題ですが自覚症状がないというのが一番の問題になっています。

自分が難聴になっていると思いもしないので、聞き取れなくても『気のせい』で済ませてしまいます。

ですので、寝ながらヘッドホンで音楽を聴く、というのが危険ではなくて『大音量かつ長時間の使用』が難聴の危険性があるという事ですので、寝ながらヘッドホンで音楽を聴きたいのであれば『音量は小さく・長時間の使用はしない・タイマーを設定して自動的に切れるように、または、寝る体制に入る時に音楽を聴くのを止める』ようにしましょう。

しっかりと使用方法を守ることにより寝ながらヘッドホンで音楽を聴いても問題ありません。
ただし、大音量、長時間きかないと気が済まない!という方は寝ながらヘッドホンを使うのを控えた方が良いかもしれません。

引用元:【聞き過ぎ注意】イヤホン難聴、ヘッドホン難聴の症状と改善方法

理由③ 耳にカビが生える

寝ながらヘッドホンを使用するのをおすすめしない理由として探していたところ、凄く気になった『耳にカビが生える』という事。

えっ?耳にカビが生えるの?と思いながらも気になってしまい調べてみたところ、『外耳道のトラブル』だそうです。

外耳道とは耳の穴から鼓膜まで続くトンネルですが、ここをイヤホンで擦って傷つけたりすることは十分に考えられます。イヤホンを長時間使っていれば外耳道の中が蒸れますから、カビが繁殖しやすくなります。外耳道にカビが繁殖した状態を外耳道真菌症といい、症状は耳の痛み、つまった感じなどです。

ただ音楽が聴きたいだけなのに!と思ってしまうのですが、注意が必要みたいですね。

擦れや蒸れにより、外耳道真菌症を発症し、耳垂れやつまりなどの不快感を引き起こす。炎症箇所に耳垢などがつまれば、難聴の原因にもなるとのことなので注意が必要だ。

と、難聴の原因にもなりかねないという事で、寝ながら音楽を聴くのはなるべく控えた方がよさそうですね。

引用元:耳鼻科医が指摘!イヤホンの利用で耳にカビが生える - エキサイトニュース

ヘッドホン以外で寝ながら使えるものを考えよう

ヘッドホン 寝ながら

イヤホン

ヘッドホン以外で音楽を聴きたいけど周りの音は邪魔という人は『イヤホン』を使用すると良いですよ。

ヘッドホンと違いイヤホンの大きさは小さく横を向いても使用する事ができますし、『寝ホン』と言われる寝ながら使っても耳が痛くなりにくい、イヤホンに負担がかかりにくいイヤホンもあるみたいです。

寝ホンに最適なイヤホンの一番の特徴はハウジングが小さい事が挙げられています。

ハウジングが大きいと耳への負担と寝返りした際にイヤホンの故障のリスクが高くなりますので、ハウジングが小さいイヤホンを使用するといいです。

ですが、『寝ホン』に最適なイヤホンを買ったとしても、毎日寝ながら使用する事により耳に負担がかかっているので、なるべく回数を減らすか、極力控えるようにしましょう。

参考元:本当に寝ホンに適したイヤホンを求めて おすすめを紹介


画像をクリックするとAmazonへ移動します

耳栓

ヘッドホンを寝ながら使用する理由はなんですか?

音楽が聴きたいから?それとも周りの音を遮断するため?あるいはイヤホンやヘッドホンを着けていないと寝れないから?

音楽を聴きたいのであればヘッドホンやイヤホンが必要ですが、周りの音を遮断する目的・ヘッドホンやイヤホンを着けていないと寝れない、といった場合には『耳栓』を使用すると良いですよ。

耳栓は周りの音を遮断する遮音性が高く、睡眠時に使用している人が多くいます。

また、耳栓をすることによりスムーズに入眠ができ、深い眠りにつくことができると言われていますし、自分の耳に合うサイズを選ぶことにより耳への負担を減らすことができるのでおススメです。

引用元:耳栓の選び方|睡眠時に耳栓を使う時の注意点とは

小型スピーカー

ヘッドホン以外で寝ながら使える物としてイヤホンと耳栓を紹介しましたが、3つ目は『小型スピーカー』です。

イヤホンと耳栓とは違い周りの音は遮断できませんが、音楽を聴いてリラックスするのが目的であれば小型スピーカーを使用をおススメします。

小型スピーカーを枕元に置いて、夜は日中よりも静かで音が響きやすいので小さな音量でも十分にリラックスできます。

また、小型スピーカーは耳への負担が少ないので、寝ながら音楽を聴いてリラックスしたいけど耳への負担を考えると迷うなという人にいいですよ。

おすすめの小型スピーカーはこちらで紹介しておりますので、ぜひ合わせてご覧ください。

ヘッドホンやスピーカーやイヤホンで音楽を聞きながら寝るのはよくない?

寝つき効果はあり

寝ながら音楽を聴いたら音楽に集中しちゃって寝れなくなるのでは?と思いますよね。

音楽が睡眠の改善につながるということを示した研究結果が多く出ています。

音楽は体のリズムや呼吸数、心拍数、脳波を同調させるということも実験で確かめられたそうです。

音楽で脳が活性化され、記憶力なども高まるという研究結果もあります。

以上のように、音楽を聴くことにより睡眠の改善や記憶力の向上に期待がある、と言われていますので、寝ながら音楽を聴くのは良いこととも言えます。

ですが、寝ながら音楽を聴くのが良いことであっても耳に負担がかかっている事には変わらなので、なるべく寝ながら音楽を聴くのは控えた方が良いでしょう。

参考元:睡眠時に音楽をイヤホンで聴くのってどうなの??

睡眠中まで聞き続けると睡眠の質が下がることも

先ほど、寝ながら音楽を聴くことにより『寝つきがよくなる』と紹介しましたが、睡眠中に音楽を聴くことはおススメしません。

音楽を聴くことにより『リラックス効果』はありますが、睡眠中に音楽を聴いていると耳から入る音によって眠りが浅くなってしまう可能性があります。

ですので寝る体制に入る時に音楽を聴くのを止めるかタイマーを設定して寝る時間ぐらいに音楽を停止させるようにしましょう

また、寝ながら音楽を聴く場合は激しい音楽は寝られなくなるので避けましょう。

参考元:睡眠時に音楽をイヤホンで聴くのってどうなの??

まとめ

以上、ヘッドホンについて寝ながら使用はおすすめ出来ない理由やヘッドホン以外の寝ながら使えるのは何か、音楽を聴きながら寝るのはよくないのか、を書いていきましたが、ヘッドホンに限らず音楽などを聴く事により難聴のリスクが高くなり睡眠の質を下げてしまうという事が分かりました。

難聴などの病気になってしまっては大変なので、寝ながらヘッドホンなどを使うのはなるべく控えた方がいいでしょう。

また、外耳道のトラブルを起こし耳にカビが生えたり難聴の原因にもなるので毎日の使用ではなく休み期間を設けて使用するようにしましょう。

トラブルとか難聴とか怖いことを書きましたが、ちゃんとした使用をすることでリスクは少なくなりますので、ご自分の耳を労わり負担をかけないように気をつけましょう。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 20e79f82 0430 47e7 9539 2ea40e12659b
Written By
x. Cheyon
皆様の検討・比較に役に立ってもらえる様な記事執筆を心掛けています。
色々な記事を執筆させて頂いています。皆様にとって「知りたかった事!」「知っていてタメになった!」と思ってもらえるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。

おすすめの記事

スポンサー

この記事に似ている記事