スピーカーのエージング(慣らし)の方法を解説!効果は本当にある?

この記事を執筆するにあたって

量販店でオーディオを担当しており、各メーカーの方とのお話の中で1つ1つの商品を長く愛してほしいですね。というお話をします。 その一つにエージングのことがあり、スピーカーを買っていかれるお客様にはエージングをオススメしています。 量販店らしからぬ考えかもしれませんが、それが私のやり方です。

Written By もり なつみ

目次

スピーカーのエージングについて解説します

楽曲の良さを最大限再現出来るかどうか。その大事なパーツの一つがスピーカーです。
そのスピーカーが持つ性能をしっかり引き出してあげる為に行うのが”エージング”です。

今回は、なぜエージングを行うのか、どのように行うのか。これから音楽を楽しみたい方に解りやすく解説していきたいと思います。

スピーカーの"エージング"や"慣らし"とは

まず”慣らし”というと準備運動のようなイメージが湧きます。

”エージング”は「アンチエイジング=老化防止」という言葉から老化や劣化をイメージしてしまいますが、機械に対しては「新しい物を安定した状態にすること」を言います。

もちろん、そのままでもスピーカーから音は出ます。それだけ聞いていれば満足もできてしまうかもしれません。

ですが、それはまだまだ本来のスピーカー良い部分を十分に引き出せていない状態なのです。もったいないです!!

スピーカーやイヤホン、ヘッドホンには音を出すために振動する板があり、それを支え繋ぐ部品があります。この繋ぐ部分にゴムを使われることが多く、このゴムの伸びを良くしてあげることで振動板の動きが良くなります。要するに、音が良くなるのです。

また、ゴム以外にもスピーカー内にある様々なパーツが、エージングによって馴染み、奥行感、臨場感、伸びのある音を表現してくれるようになります。

パーツ一つ一つの動きを慣らして、安定したいい音が出せるようにエージングをする。これが重要なのです。

スピーカーのエージング(慣らし)で期待される効果とは?

小型のスピーカー

エージングを話をすると、(だったら使っていくうちに良くなるんだから、わざわざやらなくてもいいのでは?)という声を聞きます。

では、なぜエージングをするのか。エージングをちゃんとやることで得られる効果について、今回は解りやすくゴム製の部分に的を絞ってご説明します。

効果①ゴムを均一に慣らしてどんな曲もいい音

振動板は音の高さ、大きさ、テンポなどによって様々な振動をします。

そして、その振動によって周りのゴムは少しづつ柔らかくなり、安定した伸び縮みが出来るようになります。

ところが同じような曲調の楽曲をずっと流していると、ゴムの伸び縮みに差が出てきます。慣れてきた部分と、まだゴムが固いところが出来てしまうのです。

固い部分があるということは、そのスピーカーの性能はまだまだ発揮出来ていないことになります。もっといい音がでるはずなのです。

そのまま曲を聴き続けても、その固い部分のゴムが慣れるにはとても長い月日が必要になることでしょう。

エージングではゴムを均一に慣らし、楽曲を聴きながら鳴らすよりも短い期間でゴムを安定した状態へすることが出来ます。早くスピーカーの持つ力を最大限楽しめます。

効果② スピーカーそのものの劣化を防ぐ

皆さんは、ピエロが長い風船で犬やキリンなど作ってくれるのを見たことがありますか?

その時、風船に空気を入れる前にびよ~んと伸ばしてから膨らませているのですが、これは空気が均一に風船に入るようにして、一部分だけがゴムが伸びてしまうのを防いでいるのです。

膨らませやすくする意味もありますが、一番は割れにくくするためだそうです。

このように、ゴムの伸びが均一でない状態は劣化に繋がってきます。直接故障などに繋がるわけではありませんが、パーツの劣化は音質の低下になります。

長く良い音を楽しむためにもエージングはぜひともやっていただきたいと思います。

スピーカーのエージング(慣らし)の方法

ノイズ

エージングの方法を調べていくと様々なやり方がありますが、今回は簡単に効果的に行う方法をご紹介したいと思います。

手順① ピンクノイズを使用する

ピンクノイズとは、幅広い周波数の音が均一に含まれた雑音のことを言います。
実際には「サーー」という音しか聞こえません。

ピンクノイズを使用することによって、様々な音に対応する振動を作ることが出来るので、スピーカーを均一に慣らして行くことが出来ます。

このピンクノイズはネットで検索をすると、簡単に入手することが出来ます。YouTubeには、エージング用として1時間~10時間用など様々種類があります。

また、このピンクノイズにはリラックス効果があると言われており、エージングで使用した後もお疲れの時や集中する前に聴いてリラックスされる方も多いようです。

手順② その後好きな楽曲を使うことで自分好みに

ピンクノイズで均一に慣らした後に、好みの楽曲を使用してエージングしていくことで、主に使われる部分のゴムのしなやかさが増して自分好みの音を再現してくれるようになります。

こちらに関しては、時間を取って意識的に行っても良いですし、日々の音楽鑑賞で少しずつエージングされるのを楽しんでもよいと思います。

この後にもご説明しますが、エージングは少し大きな音で行うので、大きな音が苦手な方はエージングと音楽鑑賞は分けた方がよいですね。

スピーカーのエージング(慣らし)の時はどのくらいの音量にすればいい?

先ほど少し大きな音と言いましたが、具体的にご紹介すると

いつも聴く音+α

数値で表すことが出来なくアバウトですが、目安はいつも聴く音+αです。

というのは、普段聴く音が一番ベストな状態に仕上がってほしいので、いつも聞く音でエージングをしてしまうと、その音がMAXの仕上がりになってしまいます。

それよりも少し大きな音でエージングをすることによって、いつもの音に遊びを持たせることができます。それは、楽曲の伸びや奥行を再現する際必要な遊び幅になるのでエージングの際は少し大きな音を意識してください。

エージングは、実行している間放っておいてよいものなのでウルサイと感じる時は、布団をかけるなど工夫してみてください。

スピーカーのエージング(慣らし)にかかる時間はどのくらい?

次は時間です。どれぐらい行うのがよいかというと

目安、1日10時間を2週間~

時間に関しても、これと言った正解がありません。方法も様々なので、かかる時間もその限りあります。

今回ご紹介している方法での目安は1日10時間程度を2週間行えば効果が出てきます。1か月近くかけて行う方や気が済むまで行う方もいます。

筆者がエージングを行った時は、ピンクノイズを1日10時間×10日。好きな音楽を1日10時間×5日流して一先ず終了しました。全部で150時間です。

個人的には満足していますが、もっとやってもよかったかな・・・。とも感じていた記憶があります。

1日10時間というと、とても長い時間に感じますが、お仕事などされている方は朝セットして、帰ってくる頃には10時間近くになっているかと思います。音量が気になる方は布団など被せて対策しましょう。

スピーカーのエージング(慣らし)で使う音源は?

実は様々あり

先ほど、方法のところでピンクノイズをご紹介しましたが、ほかにもエージングに向いている楽曲や音源があります。

CDはオーディオ専門のお店やネットでも手に入れることが出来ます。

製品テストにも使われており、周波数や音域、音量がしっかり出せるかを確認するものなので必要な周波数が収録されています。

「サーー」というノイズ音よりは楽しくエージングできるかもしれませんね。

エージング(慣らし)でスピーカーが劣化することも

スピーカー

エージングについて検索していると、大音量で短時間で。という方法をされているかたもいるようです。

たしかに、”ゴムを伸ばす”という目的であればその方法は早いかもしれませんが、固い状態の物をいきなり引き伸ばすにはほかの部分に力がかかります。

直接故障に繋がるわけではありませんが、オススメできません。
長く安心して音楽を楽しむためには、先ほど説明した方法が現実的かと思います。

本当にスピーカーのエージング(慣らし)は効果があるのか

納得 男性

エージングが本当に効果があるのか。という疑問に対して賛否両論あります。

それは、耳で聞く音として変化があった、なかった。という意見であり、エージングそのものの意味である「新しい物を安定した状態にする」という部分には効果があると考えます。

例えとして、運動をする前に行う準備運動。準備運動をせずに自分の持つ力を100%発揮出来るでしょうか。ケガをしない為、自分の力を発揮するために準備運動しますよね。プロのスポーツ選手などは普段から柔軟などで自身の可動域を大きくするために体を慣らします。

大袈裟かもしれませんが、エージングはスピーカーに対して人間の準備運動と同じ効果があると考えます。

音の変化に関しては、聞こえ方、楽曲によって判りやすく変化していたり判りにくい部分もあるのは間違いないと思います。

まとめ

今回はスピーカーのエージングについて、筆者なりの考え、方法をご紹介させていただきました。

また、エージングは買った直後ではなくても行って大丈夫です。今まで使用していたけど、似たような楽曲ばかり聴いていたなー。なんて方は少し時間を使って1度エージングしてみることをオススメします。

ずっと使用せずに眠っていたスピーカーにも効果はあります。

お金をかける必要はありません。難しく考えずに、楽しみながらエージングしていただければと思います。

関連リンク

また下記のリンクではヘッドホンのエージングについて解説しているので、きになる方は合わせて読んでみてください!

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 849f3e28 b016 4fa1 9831 5af92b6ce53c
Written By
もり なつみ
主婦ならではの解釈で、わかりすくお伝えしていきます。
御覧頂き有難うございます! 量販店での販売経験を活かし、ご購入の不安を取り除けるよう わかりやすい文章を心掛けています。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧