家電の値切り方を解説!値引き交渉のコツを徹底紹介!

目次

家電の値切り方を紹介します

こんにちは、えどうです。今回は家電の値切り方についてご紹介します。
いきなりですが、皆さんは家電量販店で値切り、したことありますか?
「値切りなんて時間がもったいない」とか「値切りは恥ずかしい」と思われる方もいるかもしれません。しかし、ほんの少しだけ店員さんと交渉するだけで目的の商品が安くなるなら、良いと思いませんか?
今回は、家電量販店での値切り方から「それでもやっぱり値切りは恥ずかしい」という方への代替手段までをご紹介します。

家電量販店で家電は値切りできるものなの?

家電 値切り

まず、根本的に「家電量販店では値切りができるのか?」どうかについてご説明します。

値切りできる商品と値切りできない商品がある

まず、「家電量販店で値切り」という言葉は良く聞くものの、値切りできない商品も存在します。
それは、下記の品です。
- ゲーム機
- 携帯電話
- ゲームソフト
- 商品券
- 食品・雑貨
- 消耗品(インク,各種メディア,電池)
これらは利益率が低い商品なので、原則、値引きできないと考えた方が良いでしょう。

値切りしてくれる人とする気の無い人がいる

家電 値切り

家電量販店で働かれている店員さんのうち、値切りに対応してくれる(より値切りに対応してくれる)人とそうでない人(あまり値切りに対応してくれない人)がいます。
以前は家電量販店の社員さん以外は値切りをしてくれない、などありましたが、現在はよほどタイミングと商品が悪くない限りは少しの値切りに関してはどの店員さんも対応してくれるはずです。
問題は、より一歩踏み込んだ値切りをできるかどうか、になります。

値切りできるタイミングとそうでないタイミングがある

タイミングとしても値切りできるタイミングとそうで無いタイミングがあります。
値切りできないタイミングとしては
- お客さんが大量に来店しており、接客対応してくれそうな店員さんが居ない
- 開店直後
- 閉店間際で作業中

「値切りをしなくても商品が売れている状況」であったり、「店員さんが忙しい状況」はあまり値切りができないと考えた方が良いです。
一方、値切りできるタイミングとしては
- あと1,2時間程度で閉店する
- 土日(特に、その月の最終土日)
- 月末
- お店の決算期

売り上げを見込んでいたけれど、それを達せていないタイミングが値切りができる最大のタイミングです。お店側にとっては、

値切りしてでも売る > 値切りせずに売らない

ですから、売り上げが欲しいのに売り上げアップが見込めないときこそ、値切りしてくれます。

家電を値引きしてもらえる値切りの交渉のコツ/値切り方

土日や連休に行きましょう

家電 値切り

まずは、土日や連休(できれば月末)に行きましょう
土日、連休は家電量販店としても売り上げ目標を高く設定していますので、
対応してくれる店員さんも多く、値切りにも対応してくれやすい状況です。
このため、値引きしやすいタイミングである土日、連休に訪れるのが良いでしょう。

いきなり値切らない

家電 値切り

値切りたいのだから、いきなり価格交渉だろう!
という方も居るかもしれませんが、いきなり価格交渉してしまうと
店員さんに「とりあえず価格だけ調べに来たのかな」と思われてしまいます。

まずは、買いたいと思っている商品の説明を聞くところから始めましょう。

他社のチラシか、スマホでネットでの販売価格を示す

値切りには「いくらになりますか?」よりも
「他のお店では3万円でしたよ」のような具体的な金額を伝えることが重要ですなぜなら、店員さんに対して
「私はこの値段ならば買います」という意思表示になるからです。
そのために、他店のチラシ、ないし価格.comでの価格を提示すると値切りたいという意思が伝えられて良いでしょう。

この店で買いたいことを伝える

お店の人は他のお店の在庫状況まで把握しているわけではありません。なので、「他のお店では3万円だったんだけど、品切れで買えなかったんだ、ここでは買えるようだけど、ちょっと値段がなぁ・・・」
といった話をすると、お店の人は「あとは価格だけか」と値切りに対応しようと思ってくれます
価格.comの価格を示した場合だったら、
「でも、通販って直ぐに手に入るわけじゃないですか、今日中に家に設置したいんだよね」
「設置についてもちゃんと相談したいから、実際の店舗で買いたい」など
このお店で買いたいことを強調することが大事です

最後に一言付け加える

店員さんから具体的な金額を示して貰ったら最後に一言、
「もう一段安くなりませんか?」や「端数はなくなりませんか?」と
伝えてみましょう。

更に値切りに対応してくれる可能性があります。

家電の値切りが恥ずかしかったらこんな方法で家電を安く手に入れよう

通販サイトの利用

通販サイトをよく利用したことがある方であれば、
価格.comで最も安価なお店で購入する、という方法があります。
私も経験がありますが、価格.comでの最安値までは家電量販店では値切れないこともあるので、価格.comの最安値、というだけでかなり安いと思います。

対面では無理だけど、チャットでなら値切り交渉できそう、という方にはヤマダ電機のヤマダウェブコムを利用する、という方法もあります。

セールの利用

家電量販店も定期的にセールを行っています。
また、決算時期は更に一段と安く販売している可能性があります。
タイミングとしては、
- 年末年始
- 夏・冬ボーナス時期
- 年末年始

がよいでしょう。セール時期に購入すると、通常時期よりも一段と安く購入できます。

商品によっては買い時がある

商品によって、新商品投入時期、というのがありますので、新商品を投入した際に、旧モデルを購入すると良いでしょう
(もちろん、新商品だと高いです)
- 大型冷蔵庫8月〜9月
- 小型冷蔵庫2月〜3月
- 縦型洗濯機6月〜7月
- ドラム式洗濯機8月〜9月
- エアコン11月〜4月
- 掃除機8月〜9月
- 電子レンジ7月〜9月
- 電子炊飯器8月〜9月
- 空気清浄機8月〜9月

チケットショップを利用する

家電 値切り

家電量販店では、金券が利用できることが多いです。
一般的なクレジットカードのギフト券で有れば、有名な家電量販店であれば利用できることが多いため、チケットショップでギフト券を購入し、それを家電の購入に利用することで、表示されている価格よりも事実上安く購入することができます。

家電の値切りはあくまで常識の範囲で

ここまで、家電の値切り方や代替手段についてご紹介しました。
「お客様は神様だ」とよく言いますが、だからといって、無理難題を言って店員さんを困らせてはいけません。

お店側にも値切りの限度がある

例えば、値切りの対応をして頂けた店員さんが、店舗の責任者の方に掛け合って、値切りをしてくれたとするならば、それ以上の値切りは望めません。なので、いつまでも「この金額にならないなら買わない、でも他では買わないから安くしてくれ」というのはお互いに時間がもったいないです。
値切りが成功したあとの価格を見て、「その価格で買うか、買わないか」の判断はあなた自身が行って下さい。

高圧的な値切りはしない

「***円にしろ」とクレームのように高圧的に店員さんに交渉することはお勧めできません。値切りで店員さんに恥をかかせてもあなたにメリットは何もありません。
むしろ、それ以上に、今後そのお店で値切りに対応してくれなくなる可能性すら有ります。
店員さんとお話しするときは、物腰柔らかく接しましょう。

まとめ

この記事では、家電の値切り方について、特に家電量販店での値切りテクニックについて紹介しました。
改めて、家電量販店での値切りテクニックをまとめます。
- 土日や連休に行きましょう
- いきなり値切ってはいけません。商品説明から。
- 他社のチラシか、ネット価格を引き合いに出しましょう
- この店で買いたい、ということを伝えましょう
- 最後に「もう一段安くなりませんか?」と伝えましょう

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 2e100651 ba8c 4f85 979f 106846fbac22
Written By
えどう タロー
ガジェット大好き技術屋さんです。
電気系の研究者として勤務している傍ら、フリーライターとして活動しています。 様々な電子機器に触れることが多い電気電子系の技術者としての観点を交えながら、 皆様にわかりやすい記事を提供できるように心がけております。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧