家電製品アドバイザーの合格率を解説!合格率をあげるコツもご紹介!

目次

家電製品アドバイザーの合格率について

家電製品アドバイザーというと家電芸人として度々テレビに出演しているかじがや卓哉さんも取得している資格ですよね。バラエティ番組をよく見る方などは見たことがあるかと思います。

この記事ではそんな芸人の中でも資格保持者がいる家電製品アドバイザーについて「家電製品アドバイザーの合格率を解説!合格率をあげるコツもご紹介!」という内容でお伝えしていきます。

今まさに家電製品アドバイザーの資格を取得に向け頑張っているという方、この資格を取得しようか迷っている方はこの記事で紹介する内容をぜひ参考にしてみてください。

家電製品アドバイザーの合格率と推移

家電製品 アドバイザー 合格率

それではまずは家電製品アドバイザーの合格率と推移についてお伝えしていきたいと思います。

家電製品アドバイザーの合格率

まず一口に家電製品アドバイザーといっても「AV情報家電アドバイザー」「生活家電アドバイザー」の2種類があります。それら二つの資格を取得すると総合アドバイザーに認定されます。

ということなので家電製品アドバイザーの「AV情報家電アドバイザー」と「生活家電アドバイザー」2種類それぞれの合格率について紹介します。

2017年9月に行われた家電製品アドバイザー(AV情報家電アドバイザー)の試験の合格率は17.3%です。

次に家電製品アドバイザー(生活家電アドバイザー)の資格試験の合格率は22.0%です。

参考元:家電製品協会認定センター | 過去に行われた直近試験の結果

ちなみにこれは一般受験での合格率になります。
他にも科目受験というのがありますが、AV情報家電試験と生活家電試験には商品知識・取扱、CS・法規という2つの試験科目があります。
試験を受けた結果、どちらか一方の科目には合格したという方は1年以内の再試験に限り、科目合格者という扱いになり、再試験時に合格した科目は免除されます。
科目受験というのはこのどちらか一方の科目に合格している人が受ける受験と思われます。

詳しくは以下のサイトを確認してみてください。

参考サイト:家電製品協会認定センター|初めて受験される方へ

ちなみに2017年9月に行われた試験での科目受験者の合格率はAV情報家電が41.4%、生活家電が56.4%になります。

参考元:家電製品協会認定センター | 過去に行われた直近試験の結果

再試験ということもあり、やはり合格率が高くなっていることが見て取れますね。

そして一般受験、科目受験を合わせた合格率はというとAV情報家電が23.8%、生活家電が32.4%になります。

家電製品アドバイザーの合格推移

家電製品アドバイザーの合格推移について試験結果過去3回分を紹介していきます。

まず2017年9月に行われた第33回の試験合格者です。

AV情報家電:1,087名
生活家電:1,252名

合計:2,339名

次に2017年3月に行われた第32回の試験合格者です。

AV情報家電:1,270名
生活家電:1,137名

合計:2,407名

最後に第31回の試験合格者です。

AV情報家電:1,434名
生活家電:1,028名

合計:2,462名

よってここ最近は2000名以上の合格者を出しているようです。

ちなみに過去5年間の平均は以下のようになっています。

AV情報家電:1,477名
生活家電:1,178名

合計:2,655名

以上が家電製品アドバイザーの合格推移になります。

さらに詳しく知りたいという方は下記サイトが参考になります。

参考サイト:家電製品協会認定センター | 数字で見るスマートマスター・家電製品アドバイザー/エンジニア

参考にしていただければ幸いです。

家電製品アドバイザーの合格率から見る難易度は?

次に家電製品アドバイザーの合格率から推測する難易度についてお伝えしていきます。

家電製品アドバイザーは難しい資格?

家電製品 アドバイザー 合格率

家電製品アドバイザーは民間資格になります。国家資格ではないためそれほど難しい資格ではないのではと思いますよね。

しかし家電製品アドバイザーの合格率は上記でお伝えした通り一般と科目総合でAV情報家電が23.8%、生活家電が32.4%となっています。
この合格率という情報のみを見ると難しい資格だと思ってしまいますよね。

しかし一概にそうともいえません。
というのも家電製品アドバイザーの資格を取るべく試験を受けている方々の中には会社の方針上受けさせられているという方もいるみたいだからです。

参考元:家電量販店に関するブログ

実際に家電製品アドバイザーの試験を受けた方からの情報によると試験内容は難しいものではなく1、2週間ほど真面目に勉強すれば十分に合格できる試験内容だそうです。

よって試験自体の難易度はそれほど高くないようですね。

家電製品アドバイザーの試験を受けることをお考えの方は十分に勉強すれば合格が狙えるということを覚えておきましょう。

家電製品アドバイザーの合格率をあげるコツ

次に家電製品アドバイザーの合格率を上げるコツについて紹介していきます。

家電製品アドバイザーの過去問を準備する

試験対策において過去問を用意するというのは当然ですよね。

ということでまずは家電製品アドバイザーの過去問を準備しましょう。

その際に過去3回分ほどの過去問を集めておいた方が合格率は上がるかと思います。

もし、上司や同僚に家電製品アドバイザーの試験を受けた方がいれば問題をコピーさせてもらいましょう。

それができないのであれば、ネット上にも問題は載っていないため問題集を購入しましょう。ただしその際は3,000円程かかることを覚えておいてください。

繰り返し暗記する

家電製品アドバイザーの合格率を上げるコツは、繰り返し暗記することです。

というのも問題を解くのではなく、暗記することに重点を置けば家電製品アドバイザーの試験に合格できたという話があるからです。

参考元:NAVER

よって問題を解くのではなく、出題される問題と答えをパターン化し暗記しましょう。

後はその暗記を何度も繰り返し行いましょう。

ただ、その際に絶対にやってはいけないのが答えのみの暗記です。
これをやってしまうと、問題が少し変わっただけでも、答が分からなくなる危険性があるからです。
筆者自身中学の社会の試験でこれをやってしまい、痛い目をみたので、ここだけには注意しましょう。

以上が家電製品アドバイザーの試験の合格率を上げるコツになります。
試験内容自体はそれほど難しいものではないらしいので、落ち着いて一つずつ問題に取り組みましょう。

家電製品アドバイザーになるかは合格率以外も判断の材料にしよう

家電製品アドバイザー 合格率

この記事を読んでいる人の中には家電製品アドバイザーの試験を受けることになり、その合格率について調べているという人もいると思われます。

しかしこの資格を取るかどうかは、もう一度よく考えた方が良いかもしれません。というのも家電製品アドバイザーの資格を取ったとしても実際の業務にはほとんど関係しなかったという声があるからです。

※家電製品アドバイザーの資格自体に意味がないと言っているわけではありません。
家電量販店側とすればそのお店に箔が付きますし、消費者側の立場から考えるとそういった方に説明いただけるというのは安心感があることは事実です。

参考元:家電量販店に関するブログ

しかし実際の業務にはさほど意味がない反面で、会社の昇進条件の一つに加えられている所もあります。

よって販売店員としての実力を重要視するという方であれば家電製品アドバイザーの資格の勉強以外のことを勉強した方が良いかもしれませんし、昇進を目標としている方にとっては必須な資格となるかもしれません。

自分が何を重要視しているのか、自分のキャリアに役立つのかを考えたうえで家電製品アドバイザーの資格を取るか否かを考えてみてください。

まとめ

ここまで家電製品アドバイザーの資格について、その合格率などを紹介してきました。

家電製品アドバイザーの資格の合格率は一般と科目を合わせてもAV情報家電が23.8%、生活家電が32.4%です。決して高いとは言えませんよね。
しかしだからといって試験自体が難しいというわけではありません。というのも会社からの勧めにより試験を受けるだけ受けた、という方も少なからずいるからです。

ここで紹介したようなコツを用いてしっかりと勉強すれば合格できるかと思いますのでぜひ参考にしてみてください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
タナカ タロウ
宜しくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧