蛍光灯の寿命は何年?何時間?寿命の見分け方や寿命が短い原因も解説!

目次

蛍光灯の寿命について解説します

蛍光灯の寿命は蛍光灯のメーカーや製品のご使用状況、ご使用場所による環境等の様々な要因によって蛍光灯の寿命の長さに大きく差があらわれてしまいます。

蛍光灯を安全に出来るだけ長くご使用頂くにはどの様な使い方を行えばよいのでしょうか?

この記事ではそんな蛍光灯の寿命についての疑問をお答えする為に
- 蛍光灯の寿命は何年位ご使用になれるのか
- どの様にご使用方法を行っていれば蛍光灯の寿命を伸ばす事が出来るのか
- 蛍光灯の寿命が訪れた場合にはどの様な処分方法を取ったら良いのか
などを紹介致します。

他にも蛍光灯の寿命が訪れて買い替えをご検討された場合のためにおすすめの寿命が長い蛍光灯なども紹介致します!

蛍光灯の寿命は何年?何時間?

蛍光灯の寿命は何時間程ご使用出来る物なのでしょうか?
蛍光灯を1日に8時間程ご使用致しますとどれ位の年数をご使用頂けるのでしょうか?
また、蛍光灯の本体はもちろん蛍光灯の照明器具の寿命は何年位ご使用頂けるのでしょうか?
この様な蛍光灯の寿命の様々な疑問について解説致します。

蛍光灯本体

蛍光灯の寿命はメーカーや蛍光灯本体の使用状況、蛍光灯の使用場所や蛍光灯のスイッチのON、OFFの切り替え頻度等様々な要因によって寿命の長さが大きく異なります。
一概に何時間というのはとても難しい問題です。
蛍光灯の寿命は一般的に6000時間から12000時間程の時間がご使用可能です。
ここでは一般的に屋内でそれ程強い刺激を与えずに一日に約8時間程蛍光灯を使用した場合で計算します。
10000時間ご使用可能な蛍光灯を1日8時間ご使用したと想定し約3年半位ご使用可能という計算が出来ます。

蛍光灯の器具

蛍光灯の器具の寿命は蛍光灯本体の寿命に比べると比較的寿命が長い製品が多いです。
蛍光灯器具も様々な製品が販売されておりメーカーや製品の使用状況や使用場所によっても屋内の刺激の少ない場所や屋外の様々な刺激にさらされる場所によっても蛍光灯の寿命が大きく変わってきます。
こちらも製品の構造によって一概には言えないところがあります。
一般的には蛍光灯の器具の寿命は約10年から15年程といわれています。
さらに製品によっては製品に負担をあまりかけずに長期間ご使用頂く事により20年程ご使用頂ける製品もあります。

蛍光灯の寿命が短くなる原因は?

蛍光灯を長期間ご使用頂くには出来る限り安全に長くご使用頂ける事が理想的です。
蛍光灯の寿命を縮めてしまう原因はどの様な事によって起こるのかを究明して頂き、蛍光灯の寿命を伸ばす事が出来るよう参考にして下さい。

原因① 蛍光灯の使用状況

蛍光灯の寿命が短くなる原因の一つには蛍光灯の使用状況があげられます。
蛍光灯は連続使用時間が長い事よりも蛍光灯のスイッチのON、OFFの回数が多い程蛍光灯に負担がかかるといわれています。
蛍光灯の仕様状況に応じて蛍光灯のスイッチのON、OFFの回数を制限すると良いでしょう。

原因② 蛍光灯の使用場所

蛍光灯の寿命を縮める原因のもう一つの原因は蛍光灯の使用場所が大きく関わってきます。
蛍光灯が水分や湿気の多い雨風にさらされる屋外に設置されている場合は蛍光灯の寿命を縮めてしまいます。
また、海岸沿い等の沿岸部や塩素を使用して製品を作成する様な作業を行う塩分の含んだ空気に触れる場所に蛍光灯を設置する事も蛍光灯の寿命を縮めてしまう原因に繋がります。

蛍光灯の寿命を伸ばす工夫

蛍光灯には様々な要因によって寿命を縮めてしまう事が沢山あります。
蛍光灯の寿命を伸ばす工夫についてご説明させて頂く事により蛍光灯を今まで以上長くご使用頂ける様解説致します。

工夫① 蛍光灯のスイッチをあまり切らない

蛍光灯の寿命を伸ばす為には蛍光灯にあまり負担をかけない事です。
蛍光灯のスイッチのON、OFFを繰り返す事により蛍光灯に負担をかけてしまいます。
スイッチを切る頻度を減らす様スイッチを切るタイミングをその都度状況に合わせて切るのではなく、時間や一日に何度行うか等回数を決めて定期的にスイッチを切る事を決めると蛍光灯にかかる負担が減る為蛍光灯の寿命を伸ばす事が出来ます。

工夫② 蛍光灯に刺激を与えない

蛍光灯の寿命が縮んでしまう原因として塩分を含んだ空気が触れる機会が多い海岸等の沿岸沿いでご使用の場合に蛍光灯に負担をかけてしまいます。
また、湿度が高く湿気の多い工場等で使用する場合に蛍光灯の寿命を縮めてしまう事に繋がります。
ですが沿岸沿いや塩分を含んだ空気が触れてしまうからといってこの様な場所で蛍光灯を使わないという訳にもいきません。
その様な場合には蛍光灯に塩分を含んだ空気になるべくさらされない様カバーをかける事で蛍光灯にかける負担を軽減出来ます。
また、室内であれば必要に応じて換気を行う事により湿気の含んだ空気を外に逃がす事が出来、湿度をコントロールして蛍光灯の寿命を伸ばす事に繋げる事が出来ます。

参考元:電気設備の知識と技術

寿命がきた蛍光灯の処分方法は?

蛍光灯の処分で最も気をつけなくてはいけない事は蛍光灯には水銀が含まれている事です。
水銀が気化して空気中に散乱してしまう事により人体に取り込まれてしまっては健康被害等の人体に大変な危険をおよぼしてしまいます。
また蛍光灯の処分方法は一般家庭と工場等の企業から出た場合では処分の方法が異なります。
その他にも地方や自治体によって様々な処分の方法が取られています。
蛍光灯の寿命が来た時の正しい処分方法を解説致します。

燃えないごみとして捨てる

蛍光灯の寿命がきた場合一般家庭の場合は燃えないごみとして処分する事が出来ます。
この時に注意しなくてはいけない事が蛍光灯が割れてしまい水銀が漏れ出してしまう事です。
蛍光灯を燃えないごみとして処理する場合は必ず割らずに処分してください。

回収ボックスを利用する

蛍光灯の寿命がきて買い替えを検討されている方には家電量販店やスーパーなどに設置されている回収ボックスを利用して処分する方法もあります。
地方や家電量販店、スーパーによっては設置されていないところもある為回収ボックスを探す事は手間がかかりますが、普段から利用されている身近な場所にこの様な設備があれば是非お使いになられる事をおすすめします。

回収業者に引き取ってもらう

工場等の企業が使用した蛍光灯の寿命が来て処分を検討されている場合は産業廃棄物として廃棄してもらわなくてはいけません。
地方や自治体によって処分の方法が異なりますので処分をする際には一度お住まいの自治体にお問い合わせ頂く事で間違いのない正しい処分方法で処理できます。

寿命の長いおすすめの蛍光灯を紹介

寿命の長い蛍光灯をご紹介致します。
この記事では直感型の蛍光灯と丸型の蛍光灯でそれぞれの蛍光灯の寿命が約10000時間程の蛍光灯をご紹介致します。

商品名パナソニック 蛍光灯 パルックプレミア 20W FL20SSENW18H2KF

パナソニック 蛍光灯(直管) パルックプレミア 20W ナチュラル色 スタータ形 2本入 FL20SSENW18H2KF

画像をクリックするとAmazonに移動します

こちらの製品は20形の直管型蛍光灯です。
蛍光灯の寿命も約10000時間ご使用頂けます。
1日8時間のご使用で約3年半程お使い頂ける蛍光灯が2本入っています。
現在の価格は780円程と直管型の蛍光灯としてはとても使い勝手が良く大変お買い得な製品です。

商品名パナソニック 丸形蛍光灯 パルックプレミア 30W形 G10q FCL30ECW28H2KF

パナソニック 丸形蛍光灯(FCL) パルックプレミア 30W形 G10q クール色 2本入り FCL30ECW28H2KF

画像をクリックするとAmazonに移動します

こちらの製品は30形の丸型蛍光灯です。
蛍光灯の寿命も約9000時間ご使用頂けます。
こちらの製品も1日8時間のご使用で約3年程お使い頂ける蛍光灯が2本入っています。
現在の価格も720円程と丸型蛍光灯としてとてもおすすめの製品です。

まとめ

最後にこの記事を執筆させて頂く事により、蛍光灯の寿命を把握する事は蛍光灯の製品の特徴を把握する事にとても勉強させて頂けました。
この記事を読んで頂いた方が蛍光灯の寿命が訪れた場合の処分の方法も水銀等の有害物質の取り扱いについて知識を身に着けて頂いて水銀の被害から身を守り、環境問題にも気を配って頂けるとこの記事を執筆させて頂いてとてもやりがいを感じさせて頂けます。
蛍光灯の仕組みはとても複雑で専門的な知識が必要な部分もあり、蛍光灯がどの様に発光してどの様な仕組みで寿命が訪れるのかをご説明させて頂きますと、記事の内容がとても複雑な文章になってしまい初心者の方には難しすぎる内容で蛍光灯の寿命についてもとても伝わりにくい記事になってしまう恐れがありました。
その為、専門的な複雑な文言や説明を省いてなるべくシンプルで伝わりやすい記事に仕上がるよう心掛けて執筆させて頂きました事をご了承ください。

関連記事

他にも気になる家電製品の寿命について解説している記事がいくつもあるので、気になった方はぜひ読んで見てください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

更新履歴

更新日時更新内容
2018/08/03関連記事を更新

この記事を書いた人

Written By
yu-suke 2018
家電をで暮らしを豊かに
家電に関わる仕事がしたい事と家電について勉強を積みたい為、フリーのWebライターとして活動させて頂いております。 記事を読んで頂いた方に記事の内容がわかりやすく、日々の生活に役立つ情報をお伝えする事が出来る様に意識して執筆する様心がけております。 よろしくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

この記事に似ている記事