電子レンジに延長コードはOK?コンセントが近くにない時は

目次

電子レンジと延長コードについて解説します

家電量販店の店員さんに電子レンジは延長コードを使用してはいけない、もしくは使用しない方が良い、という話を聞いたことがある方もいるでしょう。

なぜ使用を推奨されていないのか、気になるところですよね。

そこで今回の記事では電子レンジと延長コードをテーマに紹介していきます。

今までなぜ電子レンジは延長コードを使用することを推奨されていないのか気になっていたという方はぜひこの記事を読んでその疑問を解消してみてください。

電子レンジに延長コードはあまり使わない方が良い理由

電子レンジ 延長コード

それではまず、電子レンジに延長コードをあまり使わない方が良い理由について紹介していきます。

理由① 火災を引き起こす原因になり得るから

電子レンジに延長コードはあまり使わない方が良い理由の一つ目は「火災を引き起こす原因になり得るから」です。

電子レンジは消費電力が高い家電製品として知られていますよね。

そのような消費電力の高い電子レンジを延長コードにて使用してしまうと、定格電流という一度に使用することのできる電力量を超えることがあります。

そして一度に使用できる電力量を超えてしまっている状態で使用を継続すると最悪火災が発生してしまうため、電子レンジは延長コードでは使用しない方が良いと言われています。

実際に、延長コードで定格電流を超えるほど様々な家電製品を使用していたところ、火災に発展してしまったという事例も存在します。

参考元:電源コードで火災事故

予期せぬ事故を未然に防ぐためにも、電子レンジに延長コードを使用することは控えるようにしましょう。

理由② キッチンで良く使用する家電製品であるから

電子レンジに延長コードはあまり使わない方が良い理由の二つ目は「電子レンジはキッチンで良く使用する家電製品であるから」です。

上記で紹介したように、電子レンジに延長コードを使用するとその消費電力の高さから予期せぬ火災という事故を起こしかねないため大変危険と言えます。

それに加えて、電子レンジといえばキッチン周りによく配置されることが多い家電製品ですよね。

となると炊飯器や電気ポットのような同じく消費電力の高い家電製品と同じ延長コードで使用される可能性は否めません。

消費電力の目安は炊飯器が800W、電子レンジが1200Wであることからこの二つを併用するだけで延長コードの定格電流を超える可能性があります。

これにより他の家電製品よりも電子レンジは延長コードの使用により火災といった事故を起こしやすいと言えるため、使用しない方が良いのです。

参考元:電源コードで火災事故

それでも電子レンジに延長コードを使いたい人が気をつけるべき点

電子レンジ 延長コード

上記で紹介した電子レンジに延長コードを使用しない方が良い理由を知ったうえで、延長コードを使用したいという方は以下の点に注意しましょう。

一口コンセントの延長コードを使用する

電子レンジに延長コードをどうしても使用したい場合、コンセントの差込口が複数あるタイプの延長コードではなく、差込口が一つしかない一口タイプのものを利用するようにしましょう。

一口コンセントの延長コードであれば、当然他の家電製品との併用はできませんので、延長コードに複数の家電製品を併用したことで起こる定格電流オーバーは発生しませんし、それに伴い火災も発生しません。

ただし、壁に埋まっているコンセントで使用可能な電力は基本1500Wまでです。

参考元:Panasonic | 知っておきたい電気の基礎知識

よって壁の方のコンセントの差込口が2つあるとして、一方で一口コンセントの延長コードを、もう一に通常の延長コードを利用し様々な家電を使用した場合、ブレーカーが落ちて上手く稼働しない可能性がありますのでその点にはご注意を。

PSEマークやJISマークが記載されている延長コードを利用する

電子レンジに延長コードをどうしても利用したい場合は、PSEマークやJISマークが記載されている延長コードを利用するようにしましょう。

PSEマークやJISマークは一体何なのかと言うと、要はその製品の品質を保証する証明書のようなものです。

参考元:株式会社明工社

参考元:JQA 一般財団法人日本品質保証機構

特に延長コードのPSEマークに関しては延長コードによる事故数の増加に伴い2012年に行われた電気用品安全法の法改正に基づき適用されました。

よって今販売されている延長コードにはこのPSEマークが記載されているものになりますが2012年の法改正以前に販売されていた延長コードにはおそらくマークの記載がありません。

改正後の厳しい品質チェック、安全性のチェックを受けていないということにもなりますので、電子レンジに延長コードをどうしても使用したいという方はそういった古い延長コードを使用しないよう注意してください。

電子レンジに比較的安全に使える延長コードの紹介

次は電子レンジに比較的安全に使用することのできる延長コードについて紹介していきます。

どういった延長コードを利用すればよいのかわからないという方はぜひ参考にしてみてください。

パナソニック(Panasonic) 延長コードX(安全設計扉・パッキン付) 1m WHA4911WP 【純正パッケージ品】

パナソニック(Panasonic) 延長コードX(安全設計扉・パッキン付) 1m WHA4911WP 【純正パッケージ品】

※画像クリックでamazonへ移動

上記でもお伝えしたように、電子レンジのように消費電力の高い家電製品に延長コードを使用するのであれば、やはり一口コンセントの方が望ましいです。

ということでまずおすすめするのはこちらの延長コードになります。

こちらの商品はみてわかる通り一口コンセントの延長コードとなっています。

パナソニック製品ということで信頼度が高いことはもちろん、差込口にシャッターがついていることもありキッチンで使用する際にもうれしい防水仕様です。

たくさんありすぎてどのような延長コードを選べばいいのかわからないという方はこちらを選んでみてはいかがでしょうか。

高ワット器具用延長コード 2m

高ワット器具用延長コード 2m

※画像クリックでamazonへ移動

次に紹介する延長コードはこちらになります。

上記で紹介した商品同様、一口コンセントの延長コードになりますがこちらは少し上記商品と異なります。

それはこちらの商品は高ワット器具用延長コードであることです。

そのため電子レンジや炊飯器、電気ポット等比較的消費電力の高い家電製品が多いキッチン周りでは最適とも言える延長コードなのです。

日本製ということもあり製品の質も高く、電子レンジを延長コードで使用する上で最も高い安全性を発揮してくれるであろうこちらの延長コード。

気になる方はぜひご購入してみてください。

まとめ

電子レンジに延長コードの使用が推奨されていないのは電子レンジの消費電力の高さにより延長コードの定格電流を超えてしまう可能性があるからです。

それにより火災等の事故につながることがあるため、電子レンジに延長コードの使用は推奨されていません。

なので、予期せぬ事故を防ぐという意味でも電子レンジに延長コードを使用するのは控えるようにしましょう。

この理由について知ったうえでも延長コードを使用したいという際は、今回の記事で紹介したような注意点を参考に延長コードを選んでみてください。

関連リンク

またほかにも冷蔵庫の延長コードを使用する是非についてこちらの記事で解説しています。
合わせて読んで見てください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
タナカ タロウ
宜しくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧