自転車でのイヤホンの使用で罰金に?片耳では?道路交通法には何て?

目次

イヤホンと自転車の罰金について解説します

外出する時に目的の場所に着くまでイヤホンなどで音楽を聴いている人は多いのではないでしょうか?

ですが、テレビやネットでイヤホンをしながら自転車に乗ると罰金されるという事をよく見ますよね。

イヤホンをしながら自転車は罰金になるの?・罰金になるのはどの範囲?・イヤホンしていても罰金にならないこともあるの?・片耳なら良いの?・本当の事はなに?と思っている人が多いのではないでしょうか?

ですので今回は、イヤホンをしながら自転車に乗っての罰金のケース、道路交通法の内容は?、片耳イヤホンで自転車は罰金になるのか?、罰金がなくてもイヤホンしながら自転車は止めた方がいい理由、を紹介します。

イヤホンを使って自転車に乗って罰金のケースは?

罰金のケース

紹介するのは大阪府の道路交通規則です。

道路交通法第71条第6号、大阪府道路交通規則第13条で罰則は5万円以下の罰金となります。

・かさをさし、物をかつぎ、又は物を持つ等視野を妨げ、若しくは安定を失うおそれがある方法で自転車を運転しないこと。

・ 携帯電話用装置を手で保持して通話し、又は画像表示装置を手で保持してこれに表示された画像を注視しながら自転車を運転しないこと。

・ 警音器、緊急自動車のサイレン、警察官の指示等安全な運転に必要な交通に関する音又は声を聞くことができないような音量で、カーオーディオ、ヘッドホンステレオ等を使用して音楽等を聴きながら車両を運転しないこと。

※ 大音量・・・警音器、緊急自動車のサイレン、警察官の指示等安全な運転に必要な交通に関する音又は声を聞くことができないような音量

引用元:大阪府警察 | 「自転車の交通安全ルールブック」

こちらは大阪府の道路交通規則ですが、殆どの都道府県でも禁止されている条例だと思います。

ですが、断言はできないので各都道府県の道路交通規則を確認して下さいね。

罰金ではないケース

イヤホンを使用しながら自転車に乗っても罰金ではないケースもあります。

ただ、罰金ではないケースと言っても各都道府県で規則が違うため一概には言えません。

・イヤホンを使用しながら自転車に乗るのは罰金にはならないし違反ではないとするケース

※ただし各都道府県によって異なる

・周りの音がが聞こえているなら罰金や違反にはならないとするケース

警察に呼び止められた時に聞こえて止まったら注意をされるだけですが、呼び止めが聞こえていなく通り過ぎたのなら違反になります。

罰金と言っても即罰金にはならず、警察の指示に従わなかったら罰金になることもあります。

自転車走行中にイヤホンを使用することで罰金を課すことのある道路交通法の内容は?

自転車 イヤホン 罰金

2015年6月1日に改正された道路交通法で定められているのは『14つの危険行為』で、
・信号無視
・通行禁止違反
・歩行者用道路における車両の義務違反
・通行区分違反
・路側帯通行時の歩行者の通行妨害
・遮断踏切立入り
・交差点安全進行義務違反等
・交差点優先車妨害等
・環状交差点安全進行義務違反等
・指定場所一時不停止等
・歩道通行時の通行方法違反
・制動装置(ブレーキ)不良自転車運転・酒酔い運転・安全運転義務違反

となっています。

この14つの危険行為をすると、自転車運転者講習の対象となるので気をつけなければいけません。

また、一番最後の『安全運転義務違反』は、イヤホン使用や携帯電話使用、傘さし運転などをした場合にこの違反になるのでネットなどで講習を受けないといけない、罰金だ、と話題になっています。

ですが、各都道府県によって違いがあるため確認が必要ですが、即罰金ということはなく3年以内に2回以上の危険運転によって摘発された場合に自転車運転者講習を受けなければいけないのですが、この自転車運転者講習を拒否した場合に5万円以下の罰金が課せられます。

自転車運転者講習を受ける際には5,700円がかかります。

引用元:自転車でイヤホン走行は法律違反? 知っておきたい自転車のルール

警視庁の交通相談センターに問い合わせると、「今回、安全講習の対象となる14の危険行為に、自転車のイヤホンは含まれない」と、明確な答えが返ってきた。

両耳か片耳かを問わず、「自転車でイヤホンをしていると、危ないので、しないように」と指導をしているという。しかし、あくまで任意の指導に過ぎず、イヤホンをすること自体は、違反にならない

引用元:「6月から自転車イヤホン運転禁止」の誤解 警察に問い合わせ殺到

イヤホンを片耳にして自転車に乗っても罰金になることはある?

自転車 イヤホン 罰金

注意はされます

片耳イヤホンならどうなの?と思っている人もいるのではないでしょうか?

片耳イヤホンといっても、見てる限りでは音量はどのくらいなのか、というのが分からないため片耳でも注意はされます。

遠くからではどんなイヤホンをしているのか、周りの音は聞こえているのか、などが分からないため確認をしなければいけません。

片耳であっても周りの音が聞こえない音量ならば違反になります。

ですので、片耳でも注意はされるのでちゃんと従いましょうね。

引用元:自転車でイヤホン 罰金なの?片耳ならいいの?事故起こさないために | miidasu

自転車でのイヤホンの使用は罰金がなくてもやめよう

イヤホンを使用しながら自転車に乗るのは違反にはならず指導や注意をされるだけという事が分かりましたが、それを知って違反にはならないんだ、なら安心して乗れると思っていませんか?

違反にはならないとは言いましたが、度々指導や注意された場合や周りの音が聴こえない音量ならば違反や罰金になります。

また、イヤホンを使用しながら自転車に乗る事でイヤホンに気を取られて周りに目がいかなくなってしまいますし、事故を起こしてしまっては自分が怪我を負ったり相手に怪我を負わせてしまう危険があります。

相手に怪我を負わせてしまっては大変な事になりかねませんし、言い訳なんてできませんよね。

罰金にならないと言っても、命に関わる行為なのでイヤホンなどを使用しながら自転車に乗るのはやめましょう。

引用元:イヤホンしながら自転車走行が危ない理由。危険なイヤホン走行はやめよう

まとめ

以上、イヤホンを使用しながら自転車に乗った場合の罰金になるケース・罰金にならないケースや道路交通法とは?、片耳イヤホンで自転車に乗っても罰金になるのか?、イヤホンを使用しながら自転車に乗るのは罰金がなくても止めた方がいい理由、を書いていきましたがイヤホンを使用しながら自転車に乗る事自体は違反にはならない事や片耳イヤホンであっても違反や罰金になる事もあるということが分かりました。

ですが、絶対に違反にはならないという訳ではなく、周りの音が聞こえていない場合や拒否したり反抗すると違反や罰金になるのでちゃんと警察には従いましょう。

警察官に呼び止められた際に聞こえて止まった場合は違反にはならず、呼び止めが聞こえてなく通り過ぎた場合には違反になります。

また、各都道府県により道路交通規則が違うため、該当の都道府県の道路交通規則を確認しましょう。

イヤホンを使用しながら自転車に乗る事は命に関わる事なので、イヤホンの使用を止めるか使用する際には周りの音が聞こえるようしてイヤホンなどを触る際は一度止まって使用するようにしましょう。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 20e79f82 0430 47e7 9539 2ea40e12659b
Written By
x. Cheyon
皆様の検討・比較に役に立ってもらえる様な記事執筆を心掛けています。
色々な記事を執筆させて頂いています。皆様にとって「知りたかった事!」「知っていてタメになった!」と思ってもらえるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧