車の運転中にイヤホンの使用は違反か解説!片耳では?イヤホンでの通話は?

目次

車を運転中にイヤホンが使えるのかを解説します

車の運転中にイヤホンの使用自体を禁止する項目は大本の道路交通法にはありません。(※1)

ただやってみればすぐに分かると思いますがイヤホンやヘッドホンなどで両耳を塞ぐと、運転中に大きな音楽を流す以上に周囲の状況把握が難しくなりかなり危険です。
実際のイヤホンで試さなくても、踏切の遮断機や信号待ちで車を止めている時にイヤホンの代わりに両人差し指を軽く両耳の穴に入れてみてください。
両耳を塞ぐということがどれだけ察知能力を下げるかが身をもって体験できるでしょう。
 
※1…ただし各都道府県ごとに定められている細則(補足)において、イヤホン使用が禁止されている場合もあります。

車での運転中のイヤホンの使用を禁止している法律はある?

冒頭に『大本の道交法にはイヤホン装着の禁止項目はない』と書きましたが自動車の運転中に安全を損なうであろう何かをして事故を起こした場合は『安全運転義務違反』に該当します。

道路交通法 第70条 安全運転の義務

第七十条 車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。
(罰則 第百十九条第一項第九号、同条第二項)

引用元:道路交通法
 

運転中のイヤホンが禁止だと明記されてはいる訳ではありませんが、カーオーディオを大音量で使用したりイヤホンを装着し音楽などを聴きながら事故を起こした場合、上記項目に基づき安全に運転できない状況を作った過失と判断され、違反点数、罰金や反則金が科せられます。
 

ですので運転中はカーオーディオでラジオや音楽を聴く場合も、車外の音が聞こえ状況判断が十分できるぐらいに音量を落として聴くことをおすすめします。

運転 中 イヤホン 車 イヤホン (記事中の画像はAmazonの商品紹介を除き、筆者自身が撮影及び加工をおこなったものです)

車の運転中のイヤホンの使用での減点や罰金は?

前項で説明した『安全運転義務違反』と判断された場合、以下の処遇となります。

  • 違反点数:2点

  • 罰則:3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金

とはいうものの『イヤホン装着による安全運転義務違反のみ』で捕まることは稀でしょう。
装着していることが分かりやすいヘッドホンはともかく、イヤホンは小型で視認しづらく、イヤホンと似た補聴器などを身につけて運転される方もそれなりにいるからです
 
ですが音楽にノリノリで挙動の怪しい運転をしていた結果、検問やパトロール中の警察車両に目をつけられて捕まることは充分にあり得るでしょう。

引用:交通違反点数一覧
参考:道路交通法 第百十九条 九項 安全運転義務違反の罰則

車の運転中のイヤホンの使用での減点

よくある『一時停止の無視』や『踏切の不停止』などが同様に2点ですが、疎かにしがちではありますがどちらも事故が起きやすい環境故、実際に取締があるわけです。
(踏切の一時停止などは取締官の思い込みによるえん罪も多いので、それを防ぐ目的でドライブレコーダーをつける人も増えてきたようですが…)

自動車教習所で習うお約束の『かもしれない運転』で多くの事故は防げるのが事実です。
イヤホンも同様に「耳を塞がなければバイクが近づいてきたことに気づけたかもしれない」という想像ができれば事故防止に繋がるので、使用時の危険性を鑑みれば極めて妥当な点数だといえるでしょう。

筆者は違反点数が増えることやお金を払うことより、車で事故を起こすことの方がずっと怖いので(自画自賛ではありませんが)かなり慎重な運転をする方です。
点数の多い少ないは免停などの処分に影響するかもしれませんが、それよりも起こさなくて良い事故を未然に防ぐ方が大事ですし、自分の過失で罰金を払うこと自体もバカらしいので、きちんとルールを守る派です。
 
筆者は車の運転がそれほど得意でないと自覚していますが、免許取得から一度も違反はなく、事故も起こしていません。得意でないからこそ危険に繋がるような運転をしないように心がけた結果、現在までの無事故無違反に繋がったのだと思います。(建前)
 

事故を起こさなければ、任意保険料安くなりますしね!(本音)
 

車の運転中のイヤホンの使用での罰金などの罰則

  • 反則金/大型車:12,000円、普通車:9,000円、二輪車:7,000円、小型特殊:6,000円、原付:6,000円

上記反則金は『安全運転義務違反』に対する制裁で、事故を起こした場合『3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金(過失罰有り、最高10万円)』となります
 

反則金9,000円あればPS4の新作ゲーム(しかも限定版)を買って2~3ヶ月は遊べますし、少し足せば閑散期ならビジネスホテルを利用した一泊二日の美味しい食べ物探索ドライブ旅行だってできます。
罰金の方はその額から支払うことを想像したくもありません。(筆者の個人的な感情で、実際は小心者なので事故を起こした際はきちんと支払う派です)

かつて家族が運転中音楽聴きたさに車内でイヤホンをつけたという話題になったとき「ホント危ないから、音楽聴きたいならコレ使って!」とカセットアダプター(カセット型のオーディオ変換器)やFMトランスミッターを無理矢理貸した覚えがあります。
 
引用:反則行為の種別及び反則金一覧表
 

車の運転中のイヤホンの使用に関する細則は地域によってどう違う?

道路交通法は基本全国共通ですが、各都道府県によって細かな補足があり都道府県によっては『自動車運転中のイヤホン装着』自体が違反になるケースもあります。

東京都

運転者の遵守事項等(第8条)

(5) 高音でカーラジオ等を聞き、又はイヤホーン等を使用してラジオを聞く等安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で車両等を運転しないこと。ただし、難聴者が補聴器を使用する場合又は公共目的を遂行する者が当該目的のための指令を受信する場合にイヤホーン等を使用するときは、この限りでない。

引用元:東京都道路交通規則

神奈川県

神奈川県道路交通法施行細則第11条(運転者の遵守事項) 追加部分

(2) 第5号
大音量で、又はイヤホン若しくはヘッドホンを使用して音楽等を聴く等安全な運転に必要な音又は声が聞こえない状態で自動車、原動機付自転車又は自転車を運転しないこと。

自動車、自動二輪車又は原動機付自転車で第5号に違反した場合は、反則行為(公安委員会遵守事項違反)に該当します。

○ 反則金
・大型車(中型含む):7,000円/普通車、二輪車:6,000円/原付:5,000円

○ 基礎点数はなし

引用元:神奈川県道路交通法施行細則の一部改正について

北海道

第12条 運転者の遵守事項

(7) 高音でカーラジオ等を聴き、又はイヤホン若しくはヘッドホンを使用して音楽を聴く
など安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で、車両を運転しないこと。 ただし、難聴者が補聴器を使用する場合又は公共目的を遂行する者が当該目的のための指令を受信する場合にイヤホン又はヘッドホンを使用するときは、この
限りでない。

引用元:北海道道路交通法施行細則
 

車での移動が前提で、都市間の交通量が少ない北海道ですら「運転中のイヤホン装着や大音量の音楽は危険なので禁止!」となっていることから他の県も推して知るべしといったところでしょう。
 

上記3箇所と同様にイヤホン装着だけでも違反と判断される都道府県はあり、そのほとんどが運転中で周囲の状況を把握しにくいレベルの大音量で音楽やラジオを再生することも同じ根拠から禁止されています。
 

もちろん補聴器の使用公務(警察、消防、救急など)での使用はその例外と定められていますが、逆に警察官だろうが「公務以外の自動車&自転車運転中はイヤホン使っちゃダメですよ」ということです。
 

運転 中 イヤホン 車 イヤホン

車の運転中に片耳のイヤホンなら使用OK?

運転中に携帯電話を操作(通話や注視)することが違反になってずいぶん経ちますが、傷病など緊急時に車内での通話をする場合を含み、片耳イヤホン(ヘッドセット)を用いた『ハンズフリー通話』であれば許されるということになっています。
 

第七十一条 五の五

自動車又は原動機付自転車(以下この号において「自動車等」という。)を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置(その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る。第百二十条第一項第十一号において「無線通話装置」という。)を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。第百二十条第一項第十一号において同じ。)のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置(道路運送車両法第四十一条第十六号若しくは第十七号又は第四十四条第十一号に規定する装置であるものを除く。第百二十条第一項第十一号において同じ。)に表示された画像を注視しないこと。

引用元:道路交通法
 

その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る』とあるように運転中の通話の際携帯電話を握った状態でなければ可と解釈できるので「片耳イヤホン(ヘッドセット)を使ってのハンズフリー通話ならお目こぼし対象ですよ」ということになっています。
 

最近のディーラー推奨(それなりのお値段の)カーナビなどはハンズフリー通話機能等が付いており、通話自体が禁止されているわけではありません。
道交法には難しい言葉で書かれていますが要約すると「運転中に携帯電話を手に持って通話したり操作したり注視したらダメ」ということです。
運転 中 イヤホン 車 イヤホン
 

車の運転中に電話の通話でイヤホンを使用するのはOK?

運転中は基本的にはダメ

そもそもイヤホンの装着自体が違法になる都道府県においては、普通に考えればダメでしょう。
 
この場合のイヤホンが『両耳のもの』か『片耳のもの』かでまた解釈が異なると思われますが、細則でイヤホンを禁止している都道府県の場合は拡大解釈して片耳の物でも使わない方が無難でしょう。
カーナビに搭載されている機能を利用したハンズフリー通話なら問題ありません。

例外として緊急性がある場合は認められる可能性も?

上記で解説した『第七十一条 五の五』において

傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く

とあるとおり『けが人の救護』『自車や後続車両などの安全確保のために事故車両や危険運転車両の通報など』であれば携帯電話の使用もやむなしとされているので、細則でイヤホンの使用が禁止されている都道府県でも、緊急性のあるものに関しては例外となる可能性は高いでしょう。

ただ電話を掛けるときはほとんどの場合電話本体や番号部分を注視する必要があり、たとえ低速だったとしても運転中に携帯電話を注視することは非常に危険なので、イヤホンの使用云々にかかわらず電話を掛ける際は必ず停車しておこなう様にしてください。
 

車の運転中に通話などで使える便利なハンズフリーのおすすめイヤホン

PLANTRONICS Bluetooth ワイヤレスヘッドセット (モノラルイヤホンタイプ) M70 Black-Red

【国内正規品】 PLANTRONICS Bluetooth ワイヤレスヘッドセット (モノラルイヤホンタイプ) M70 Black-Red M70-BR
参考価格:2,893円/画像をクリックするとAmazonに移動します
片耳で使えるマイク付きイヤホン(ヘッドセット)で、現在主流のカナル型ではないので耳穴を完全には塞がないため『遮音性が低い(≒外部の音を聞きやすい)』のが逆にメリットとなります。

ブラックベースにレッドラインのワンポイントでデザイン性もそれなりに良く、値段も手頃で、Bluetooth3.0対応製品なので互換性も高めです。(Bluetooth4.0以降はそれ以前のバージョンとの互換性有無がメーカーやチップの種類ごとにまちまちなので…)
 

運転中のイヤホンの使用が可能な都道府県であれば、こういった片耳で耳穴を完全に塞がないタイプのものを使ってのハンズフリー通話なら問題ないでしょう。

belkin AirCast Auto F4U037QE-A 車載用Bluetoothレシーバー

belkin 車載Bluetoothトランスミッター ハンズフリー通話 音楽再生 オーディオレシーバー[国内正規品]AirCast Auto F4U037QE-A
参考価格:5,959円/画像をクリックするとAmazonに移動します

「え?片耳イヤホン(ヘッドセット)を紹介するんじゃないの?」と皆様は思われるでしょうが、片耳イヤホンでカナル型でないもの(耳穴を塞がないタイプ)は少なく、外部の音が聞きづらいイヤホンは今まで説明した理由からおすすめできません。
ですのでイヤホンの紹介は一つにし代替手段を提示します。
 

車内での通話や、スマートフォンやデジタルオーディオプレイヤー内の音楽を聴くのが目的ならイヤホンを使う必要はありません。
 

こういったBluetooth受信機をカーオーディオのAUX(外部入力)端子に繋げば、スマートフォンやタブレットのBluetooth機能を使って車のスピーカーで音楽を聴くことができます。
マイクも内蔵しているので接続しているものがスマートフォンなら通話も可能で、着信があった場合本体(丸い部分)を押すとそのまま通話が出来ます。
通話が終わったら本体ボタンを押すと通話を切ることが出来ます。
 

本当は筆者が持っているLogitechの『LBT-MPCR01BK』を紹介したかったのですが、生産終了で既に市場に在庫が無いため当時第2候補であったbelkinのBT受信機をおすすめしました。
運転 中 イヤホン 車 イヤホン

この手のタイプは車のエンジンを掛けると自動的にスマホやタブレットと接続され、有線でいちいち繋ぐ煩わしさもありません。
そもそも車のスピーカーはイヤホンより大きいので音質がよく通話時の声も聴き取りやすいです。運転中の通話や音楽を楽しむ目的であれば、イヤホンなどよりこういったものの方がはるかにおすすめです。
 

ELECOMの『LBT-ACR02HF』ならSiriやボイスダイヤル、Google Now機能が呼び出せるので、スマートフォンユーザーの場合はそちらの方が便利でしょう。
 

最近のフィーチャーフォン(ガラケー)はBluetoothに対応している物もあるので、スマートフォンでなくても使用できますし、運転中に電話の着信があっても慌てて車を止められる場所を探す必要がないため、いつ電話が掛かってくるか分からない営業などの仕事をしている人には大変便利です。
 

スピーカーから相手の声が聞こえてくるので同乗者がいる場合、通話内容が丸聞こえなのが難点ですが、こちらが喋る内容でどんな会話をしているかどうか分かってしまうのは片耳イヤホンでも携帯電話でも同じなので、大したデメリットではないでしょう。
 

他にもAUKEYから『BR-C8』という同じようなBluetooth受信機が出ています。
belkinの方はメインボタン一つだけで『曲戻し、曲送りが出来ない(※2)』ので、曲の操作をしたい場合はBR-C8やLBT-ACR02HFなど曲送りボタンがある物を購入すると良いでしょう。
 

設置場所によってはコードが垂れ下がることもあり、それが邪魔になって事故に繋がることもあるので取り付けの際はコードがブラブラしないように、留め具やテープなどを用いてしっかりとコードを固定するようにしましょう。
 

※2…Androidなら『Headset Button Controller Trial』の様なアプリを導入することで、ボタンが一つだけのリモコンでも曲戻しや曲送りが可能になります。
 

仕様参考:ELECOM LBT-ACR02HF


備考『AUX端子』について

AUX端子はスズキの『アルト』など安価な軽自動車の標準カーオーディオにも付いていたりするので、最近は珍しいものでもありません。
ホンダの場合は一番安いのは『ディスプレイオーディオ』ですが、最初からBluetoothに対応しているので上記の製品自体が必要ありません。

運転 中 イヤホン 車 イヤホン

かつてはミライースにも標準で『AUX端子付きCD&ラジオ対応カーオーディオ』が付いていたのですが、モデルチェンジで12cmスピーカーの代わりに16cmスピーカーが標準搭載になった代わりに、カーオーディオはオプション扱いになってしまったようです。

参考元:2018年 アルト グレードF 主要装備
参考元:2018年 ホンダ ディスプレイオーディオ
参考元:2018年 ミライース主要装備一覧


AUKEY Bluetooth接続型(車内/車外対応) FMランスミッター BT-F4

AUKEY FMトランスミッター bluetoothトランスミッター 2台同時対応 4.8A 2ポートUSBカーチャージャー付き iPhone 8、iPhone X、iPhone 7、7 plus、iPad、Android スマートフォンに対応 BT-F4
参考価格:2,699円/画像をクリックするとAmazonに移動します

こちらはAUX端子がなく、FMラジオは付いているカーオーディオ向けの機器です。

【スマホ】<Bluetoothによる無線接続>【FMトランスミッター BT-F4】<FM電波による無線接続>【FMラジオ】という経路で音楽を聴いたり通話を行うことができます。
 

サービスソケットに挿す部分とUSBケーブル部分が切り離せるおかげで車外でも使えるので、自宅のクロックラジオなどをスマートフォンなどの簡易スピーカーとして使うことも可能です。ただしFMトランスミッター特有のホワイトノイズがあること、無線を積んだトラック等とすれ違う際まれに混信などがあるのがデメリットでしょう。
 

まぁ最近のカーナビには上で紹介したような物を買わなくても最初からBluetooth接続による音楽再生やハンズフリー通話などに対応している物が多いので、資金に余裕があるのであればそういった機能を持ったカーナビカーオーディオを導入するほうが手間は掛からないでしょう。
 

基本的には車でイヤホンを使うのは控えよう

「たかがイヤホン装着ぐらいで…」と高をくくった結果事故を起こしてしまえば、点数の加算、反則金や罰金の支払いだけでなく、翌年以降の任意保険の料金だって上がってしまいます。安易な気持ちでイヤホンを使ってしまったがために、高級イヤホンが買える反則金などを支払うことになったらイヤじゃありませんか?
 

筆者はイヤです。毎年任意保険料を低く維持するため安全運転をしているのに、つまらない違反で出費するつもりはサラサラありません。
 

まぁ筆者の個人的な事情はさておき…「自分が住んでいる県では禁止されていないからやってもいい」といった次元ではなく、イヤホン装着…ましてやそれが両耳イヤホンやヘッドホンなどの場合、自分はもちろん他人も事故に巻き込む可能性が確実に上がるでしょうから、今回の記事では『やらない方が良いでしょう』ではなく『絶対にやらないでください』というきつめの言い方をさせていただきます。
 

これを読んでいるあなたが事故に巻き込まれた側なら「何でイヤホンなんかして車運転しているんだ?危ないだろ!」と怒るでしょう?そういうことです。
 

運転 中 イヤホン 車 イヤホン

まとめ

自動車の運転中にイヤホンが使えるかどうか、法律で禁止されていないかどうかという事でこちらの記事へたどり着いた人へ言えることは

  • 大本の道路交通法では禁止されていないが、都道府県によっては条例や細則で禁止されている。

  • イヤホンをした状態で事故を起こしたら『安全運転義務違反』に該当し罰則、反則金がある以外にも任意保険料が上がる。

  • 運転中にイヤホンをつけると両耳はもとより片耳だとしても聴覚による状況判断能力が落ち事故を起こす確率が上がる。

といった感じでデメリットが高すぎるため、全くおすすめできません。
 

自動車の運転中にイヤホンを使いたい大抵の目的は音楽や通話でしょうから、車のスピーカーで聴けるBluetooth受信機(あるいはBluetooth受信機能を備えたカーオーディオやカーナビ)を導入したほうが音楽も電話の声もハッキリ聞こえますし、地域によって使用の可否が異なるイヤホンを使うよりよほどオススメです。
 

ただその場合でも車外の音が充分聞こえるような音量で音楽や通話をおこなうように心がけてください。
 

ちなみに携帯電話は全国一律で運転中の使用が禁止されていますが、スマートフォンの普及後は罰則があるにもかかわらず運転中に使用し注意を奪われ事故を起こす人が増える一方なので、2018~2019年を目処に厳罰化されるそうです。
 

「もっとルールを守る人が多ければ厳罰化はされなかったであろう」という悪い見本になってしまったのが残念です。
 

参考元:産経ニュース 『スマホ「ながら運転」厳罰化へ』
 

関連リンク

またこちらの記事では自転車を使用している際のイヤホンの使用について解説しています。
他の移動手段についてもきになる方は読んでみてくださいね!

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 7cd9a8d2 4e76 42aa 9071 65a0696b6a53
Written By
HN: トゥルーデは俺の嫁
製品紹介はなるべく間違った情報を伝えないよう製品の説明書などで下調べをし、レビューはキッチリ使い込んだり比較してから書き始める派なので基本遅筆です。疲れたときの癒やしは飼い猫達をなでることです。
家電やガジェット好きの趣味が高じて、文章書き(パソコン関連ソフト&ハード、白黒家電、ガジェットなどの紹介記事、購入製品のレビュー etc...)をやっています。 広く浅くがモットーなので、それほど深い知識はありません。 なるべく正しい日本語で書けるようにIMEにATOKを使い、長い文章は少しでも誤字脱字が減るようにVOICEROIDに音読させて確認してから公開するようにしています。 違う目的の為に買ったVOICEROIDが思わぬ役に立っているので、もう一人買い足そうかと目論んでいます。 やっぱり弦巻マキの相棒といったら結月ゆかりですよね?

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧