イヤホンのインピーダンスとは?高い/低い時の音量や音質への違いは?

目次

イヤホンのインピーダンスとは何か解説します

イヤホンのインピーダンスと聞いても、一般ではあまり聞きなれない言葉かと思われます。
ですが、イヤホンのインピーダンスについての知識があれば、今まで以上にクリアでクオリティの高い音楽を楽しむ事が出来るようになると思います。
この記事では、イヤホンのインピーダンスとはどういう物なのかを説明させて頂き、また、イヤホンのインピーダンスが高いと低いのではどの様な違いがあるか、イヤホンのインピーダンスについて揃えて頂きたいアイテム等ををご紹介させて頂き、イヤホンのインピーダンスについての知識を深める事に繋げて頂きたいと思います。

イヤホンのインピーダンスとは?

まずはじめにイヤホンのインピーダンスとはどの様なものかを説明させて頂きます。
専門用語が多数出て来きますが、簡単な言葉で理解しやすい文章になる事を心掛けて説明させて頂きたいと思います。

交流回路における電気抵抗

インピーダンスは交流抵抗と呼ばれますが、交流回路における電圧と電流の比を指す言葉であり、電気回路に交流電流を流した時における抵抗値を指します。
これを言い換えますと、電気を流した時の電気抵抗をを数値で表そうとした際の値をインピーダンスと呼ぶということになります。
ちなみに抵抗の単位はΩ(オーム)で表します。
これをイヤホンのインピーダンスに当てはめると、Ωの単位が高ければ高い程電流は流れにくくなり、Ωの単位が低ければ低い程電流は流れやすくなります。

参考元:Wikipedia

イヤホンのインピーダンス

イヤホンのインピーダンスの値が高い/低いとどうなるの?

先程はイヤホンのインピーダンスとはどういう物かについての基本的な説明をさせて頂きました。
次に、イヤホンのインピーダンスが高い場合と低い場合では、具体的にどのような事が起きるのかを説明させて頂きたいと思います。

インピーダンスが高い場合

まず最初にイヤホンのインピーダンスが高い場合について説明させて頂きます。
イヤホンのインピーダンスが高い場合には、アンプにかかる負担が抑えられます。
その為、ノイズが減ってクリアな音源を楽しむ事が出来ます。
ノイズが減り、クリアな音源になる反面、電気抵抗が高くなる為に音量が取りづらくなってしまう為、音量が小さくなってしまいます。

インピーダンスが低い場合

次に、イヤホンのインピーダンスが低い場合について説明させて頂きます。
イヤホンのインピーダンスが低くなると、電気抵抗が低い効果により、音量が取りやすくなる為、大音量で音楽を楽しむ事が出来ます。
ですが、音量が取りやすい反面、アンプにかかる負担が増える為、ノイズが入りやすくなり、音量を上げるにつれて音が歪みやすくなります。

参考元:Yahoo!知恵袋

インピーダンスはイヤホンの音質に関係はある?

先程はイヤホンのインピーダンスが高い場合とインピーダンスが低い場合で、どの様な事が起きるのかを説明させて頂きました。
次にイヤホンのインピーダンスは音質にどの様な影響を及ぼすのかを説明させて頂きたいと思います。

クリアな音質に繋がる

先程はイヤホンのインピーダンスが高い場合、ノイズが減る事により、クリアな音質を楽しむ事が出来ることを説明させていただきました。ただし、インピーダンスが高い事で音量が抑えられてしまうデメリットがある点も説明させて頂きました。
せっかく音質がクリアになっても、音が小さくては大音量で聞く時に比べ、迫力に欠けてしまいますよね。
ですが、イヤホンのインピーダンスが高い場合でも、大音量でクリアな音源を楽しむ事が出来るアイテムがあるんです。
そのアイテムについては、後程詳しく説明させて頂きます。

参考元:YAMAHA

高いインピーダンスのイヤホンを最大限に楽しむために必要なことは?アンプとは?

ではイヤホンのインピーダンスを高める事により、クリアな音源を大音量で楽しむには、どうしたらよいかを説明させて頂きます。

アンプを繋げてクリアで大音量を実現する

イヤホンで音楽を聞くには、イヤホンの性能にもよりますが、音の質や音量にも限界があります。
その為、イヤホンのインピーダンスを下げて大音量で音楽を聞けたとしても、ノイズが入りやすく、音が歪んでしまいす。
イヤホンの単発の機能だけに頼るとどうしてもこの様な壁にぶつかってしまいます。
そこで、この様な問題を解決する為に、必要なアイテムであるアンプをご用意頂きます。
アンプは音声信号を電力を使って増幅して送り込む仕事をするものであります。
イヤホンのインピーダンスを高くしてノイズの少ないクリアな音源を、アンプを使って音量を増幅する事により、大音量でノイズの少ないクリアな音質を楽しむ事が出来るようになります。


Neoteck ポータブルヘッドホンアンプ /画像をクリックするとAmazonに移動します

参考元:YAMAHA

おすすめの高インピーダンスのイヤホン

ここまでイヤホンのインピーダンスを高くしてクリアな音楽を楽しむ方法を説明させて頂きました。
それでは、高インピーダンスのおすすめのイヤホンをご紹介させて頂きたいと思います。

商品名 SHURE SEシリーズ SE112 カナル型 高遮音性 SE112GR-A

SHURE イヤホン SEシリーズ SE112 カナル型 高遮音性 グレー SE112GR-A 【国内正規品】

画像をクリックするとAmazonに移動します

こちらの製品はイヤホンンのインピーダンスを高める事により、インピーダンスの値は 16 Ωとなっており、具体的には電車に乗車中の周囲のノイズをカット出来る位の性能があると言われております。
高性能のノイズの低減を実現するとともに、力強い低音を意識して作成されており、重低音のきいたクリアでクオリティの高い音楽を再現できる製品になっていると思います。
リモコンマイク付きとリモコンマイクが付いていない製品の両方が販売されており、ご使用の用途に合わせてどちらかを選択してお求め頂けます。

商品名 SHURE SEシリーズ SE215 カナル型 高遮音性 SE215-CL-J

SHURE イヤホン SEシリーズ SE215 カナル型 高遮音性 クリアー SE215-CL-J 【国内正規品】

画像をクリックするとAmazonに移動します

こちらの製品は先程のSHURE SEシリーズ SE215 カナル型 高遮音性 SE215-CL-J よりもさらにインピーダンスの値が上昇された製品であり、インピーダンスの値は17 Ωと、非常に高性能で周囲の雑音のほぼ90パーセントノイズをカットする機能を施されており、非常にクリアでクオリティの高い音楽を楽しむ事が出来ると思います。
ケーブルの仕様を曲がり具合を保持する為にワイヤーで強化されており、着け心地も滑らかにフィットするように作成されており、今まで以上にクリアな音で快適に音楽を楽しむ事が出来る製品になっています。

インピーダンスの数字だけでなく自分が好きになれるかどうかでイヤホンを決めよう

ここまでイヤホンのインピーダンスについて説明させて頂き、高いインピーダンスでクリアで快適な音楽を楽しむ為にはどの様なアイテムを揃えて頂くのが良いのかを説明させて頂きました。
イヤホンのインピーダンスを高くすることにより、ノイズが少なく、クリアで気持ちの良い音楽が楽しめる事に繋がるとは思いますが、イヤホンをご購入する際には、様々な製品が販売されていますので、インピーダンスの数値がイヤホンの製品を選ぶ全ての基準ではないのかとは思われます。
値段を下げれば、クオリティは下がるものの、安価でご購入できる製品も沢山ありますし、機能面よりもデザイン性を重視されて販売された製品や、インピーダンス以外の機能にも目を向けて製品も沢山販売されており、イヤホンの価値を決めるのは、基準がとても難しい製品なのではないかと思われます。

まとめ

イヤホンのインピーダンスについての記事をここまで書かせて頂きましたが、やはり、クオリティの高い音楽を楽しむ為には、様々な工夫が必要だ常々思います。
その上では、イヤホンのインピーダンスの高い製品を購入頂いたり、アンプを揃えて頂く等、少々手間はかかってしまうと思います。
ですが、その分イヤホンに対する知識が深まり、クオリティの高い製品に触れて頂ければ、満足度がとても高い製品に出会えるのではないかと思います。
最後に、イヤホンのインピーダンスについて全ての情報を集めてご紹介出来た訳ではありませんが、この記事を読んで頂いた方が、イヤホンのインピーダンスについて興味を示して頂き、イヤホンのインピーダンスについての知識が深まる事にお役に立てる事が出来れば、とても幸いに思います。

また、関連記事としまして、こちらではイヤホンのバランス接続に関してご説明させていただいております。イヤホンの専門知識をしっかりと理解し、ぜひ楽しい音楽ライフをお過ごしください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
yu-suke 2018
家電をで暮らしを豊かに
家電に関わる仕事がしたい事と家電について勉強を積みたい為、フリーのWebライターとして活動させて頂いております。 記事を読んで頂いた方に記事の内容がわかりやすく、日々の生活に役立つ情報をお伝えする事が出来る様に意識して執筆する様心がけております。 よろしくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧