ドライヤーは飛行機に持ち込めるか解説!手荷物で?国内線では?

目次

ドライヤーと飛行機について解説します

旅行先や出張先で身だしなみを整えるために欠かせないのがドライヤーですよね。飛行機を使う場合、手荷物に入れてよいものとダメなものがあり、ドライヤーは飛行機に持ち込めるのか知りたい人もいるのではないでしょうか?

今回の記事では、ドライヤーは飛行機内へ持ち込めるのか、荷物として預けられるのかについてまとめてみました。

また、飛行機の中に持ち込めないドライヤーとはどのようなものか国内線と国際線では持ち込みに違いがあるのかについても分かりやすく解説していきたいと思います。

ドライヤーは手荷物として飛行機の機内に持ち込める?

航空会社では、航空法および国際民間航空機関(ICAO)が決定した国際的なルール及び関係規則をもとに「ドライヤーは危険物かどうか」を判断して持ち込めるかどうか定めています。

手荷物として機内に持ち込める

JAL、ANA、Air Japan、Peach、ジェットスター、バニラエア、春秋航空を調べてみましたが、いずれの航空会社でもコード式のドライヤーは飛行機の機内に持ち込めます。ただし、手荷物のサイズや重量の制限があるので、利用される航空会社の規定を知っておきましょう。

破損しないように梱包しよう

ドライヤーを機内に持ち込む際、万が一の揺れや振動で破損しないよう、柔らかいタオルで包んで手荷物の中に入れておくとよいでしょう。

参考元:JAL公式サイトANA公式サイトジェットスター公式サイトPeach公式サイトバニラエア公式サイト春秋航空公式サイト

参考元:国土交通省公式サイト

ドライヤーは預ける荷物として飛行機の中に持ち込める?

ドライヤー飛行機

預ける荷物として飛行機の中に持ち込める

JAL、ANA、Air Japan、Peach、ジェットスター、バニラエア、春秋航空いずれの航空会社でもコード式のドライヤーは飛行機の預ける荷物として飛行機の機内に持ち込めます。

飛行機に預ける荷物は、スーツケースの中に入れることが義務付けされています。各航空会社によって預ける荷物のサイズや重量の制限があるので、利用される航空会社の規定を調べて準備しておきましょう。

万が一の揺れや振動が想定されるため、ドライヤーが壊れないように、柔らかいタオルや衣類、エアクッションなどでしっかり包んでください。スーツケースの中では、ドライヤーと硬いものとが触れないように収納するのをおすすめします。

ドライヤーは飛行機の中でも使える?

ドライヤー飛行機

目的地に到着する前に、髪の毛を整えるためにドライヤーを使いたいと考えた場合、飛行機の中でドライヤーは使用できるのでしょうか?

ドライヤーは飛行機内に持ち込めることがわかりました。こちらの記事を見ると、ほとんどの航空会社が使用してもよいとのことです。

参考元:Lovely

コンセントの形状が手持ちのドライヤーで問題ないか、CA(客室乗務員)に確認された方がよいでしょう。

もしドライヤーの使用がOKだった場合、他の乗客の方に迷惑のないように静音タイプのドライヤーを使うことをおすすめします。また、機体の大きさによって機内のトイレの数は限られますので、マナーの観点から長時間の占拠は控えた方がよさそうです。

飛行機の中に持ち込めないドライヤーとは?

飛行機の中に持ち込めないドライヤーとして気をつけたいのが、コードレスタイプで充電式(リチウムイオン電池を使用)のドライヤーです。

リチウムイオン電池は、衝撃や温度などの外的条件により発火・爆発する恐れがあるため、航空会社によりますが、飛行機内への持ち込みや預け荷物にできない場合があるので事前確認が必要です。

JALの場合、充電式は飛行機の中への持ち込み、預け荷物ともにできません。ただし、電池が取り外されていれば飛行機内への持ち込みと預ける荷物ともに可能です。

ANAの場合、ドライヤー本体からリチウムイオン電池を取り外せた場合、取り外した電池は飛行機内への持ち込みのみ可能で、預け荷物は不可です。また、ドライヤー本体から電池を取り外せない場合は持ち込み・預け荷物ともに不可です。

ANA公式サイトJAL公式サイト

国内線と国際線ではドライヤーの飛行機への持ち込みに違いはある?

国内線では、コード式(コンセント式)のドライヤーであれば、飛行機の中への持ち込み、預け荷物ともに可能です。では、国際線はどうでしょうか?

JALの場合、コード式(コンセント式)であれば、飛行機の中への持ち込み、預け荷物ともに可能で、個数に制限はないです。

ANAの場合、コード式であれば飛行機の中への持ち込み、預け荷物ともに可能です。Air Japanの場合もANAと同じです。

ジェットスター、Peach、LCCの国際線の場合は注意が必要です。飛行機の中への持ち込み制限が厳しく、サイズから重量まで航空会社によってまちまちです。また、国によっては持ち込み制限があります。したがって、事前に確認しておくことをおすすめします。

ドライヤー飛行機

飛行機の持ち込み前に!滞在先にドライヤーがあるか確認しよう

旅行先のどこでも使えると思って充電式のコードレスドライヤーを用意していたら、飛行機の中はおろか飛行機の預け荷物にもできないという悲惨な結果に…。

飛行機の中に持ち込めたとしても、手荷物サイズや重量オーバーで高い手荷物料金を取られてしまうことも…。

そうならないためにも、事前に確認しておくことが大切です。

国内の旅行や出張の場合、少しでも荷物を軽くして快適に移動するためにも、滞在先のホテルにドライヤーがあるか確認しましょう。部屋の設備に付属していなかったとしても、ホテルに言えばレンタルできる場合が多いですよ。

海外での旅行や出張の場合、滞在予定のホテルにドライヤーがあるか確認し、無い場合はレンタルができるか聞いてみましょう。長期滞在の場合、国によっては日本と電圧が異なるため、現地でドライヤーを購入することを視野に入れておくとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ドライヤーはコード式(コンセント式)であれば、手荷物、預け荷物のいずれも飛行機の機内に持ち込めることがわかりました。

充電式のドライヤーに関しては、リチウムイオン電池が取り外せるかどうかで取り扱いが変わってきますので、搭乗予定の航空会社に事前に確認するのがよいでしょう。

飛行機の中にドライヤーを持ち込めるのか知りたい人にとって、この記事が参考になればと思います。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 7284f282 5557 453e be91 d08202c80236
Written By
dosukoi s
モータースポーツと海外旅行が好き。
家電製品の魅力はもちろん、読者の皆様が疑問に感じることをわかりやすくお伝えできるような記事執筆を心がけて参ります。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧