静音性の高い静かなドライヤー3選!うるさい原因や静かにする方法は?

目次

静かさとドライヤーについて解説します

お風呂上がりなど髪をスピーディーに乾かしたい時に活躍するのが大風量のドライヤーですが、パワフルなだけに大きな音が気になりますよね…。周囲が静かになる夜間では、音を気にして使用を控える人もいるのではないでしょうか?

今回の記事では、ドライヤーがうるさい原因と静かにする方法から、静かなドライヤーを見つけるポイントについて分かりやすく解説したいと思います。

また、静音性の高い静かなおすすめドライヤーについてもご紹介します。

ドライヤーの静かさと静音性

どうしてドライヤーはうるさいの?原因は?

原因① ファンが内蔵されている

ヘアドライヤーの構造とは、吹き出し口、吸い込み口、安全装置が備わっており、ヒーター、ファン、モーターが内蔵されています。

ファンとは、ドライヤーの後ろ側か側面についており、ゴミや髪の毛が入らないようにメッシュ素材で保護されています。ドライヤーに内蔵されたファンが回転することにより、吸い込み口から取り入れられた空気がヒーター部分を通る際にヒーターの熱を奪い、温風となって吹き出します。

ドライヤーの音の原因とは、このファンの回転する音です。小型のドライヤーでしっかり髪を乾かせる機能をもたせようとすると、小さなファンで十分な風量を送り出すためには、ファンを高速回転させる必要があります。そのため、音がうるさくなってしまうのです。

原因② デシベル(dB)の数値が高い

家電製品の騒音レベルを図る指標としてデシベル(dB)があります。一般的に、デシベルの数値が高いほど音が大きく、小さいほど静音といわれています。

家電に関しては、50dBを静音の目安にしている製品が多いです。

お使いのドライヤーの音がうるさいと感じる場合、デシベルが大きい数値であることが考えられます。

140dB ジェットエンジンの近く

120dB オートバイ加速時

100dB 自動車の警笛、鉄道ガード下

90dB 騒々しい工場、大声による独唱

80dB 地下鉄車内

70dB 騒々しい事務所、電話のベル、騒々しい街頭

60dB 普通会話

50dB 静かな事務所、木々のざわめき

40db~45db 市内の深夜、図書館内、静かな住宅地の昼、しとしと降る雨

30dB~35db 郊外の深夜、病室内、落葉の音

20dB 木の葉のすれ合う音

10dB 呼吸音

引用元:dBデシベルの話し 音の大きさ

参考元:髪の健康パパパッとパパ

静かさと静音性とドライヤー

うるさいドライヤーを静かにする方法

うるさいドライヤーを静かにする方法として、やはり静音タイプの製品を使うことをおすすめします(静音タイプのドライヤーのおすすめについては後述します)。

ここでは、お使いのドライヤーを静かにする方法として、ドライヤーの使用時間を減らす方法をご紹介します。

方法① 風量を調節して使用する

ほとんどのドライヤーには、風量調節モードが備わっています。風量の少ないモードを使用することで、ドライヤーの音を低減させる事ができます。

夏の暑い時期は、風量の少ないモードで軽く乾かして、あとは自然乾燥させるとよいでしょう。ただし、風量を少なくすると髪が乾くまでに時間がかかってしまうので、髪の毛が長い人や冬の寒い時期には不向きです。

方法② ドライヤーの使用時間を減らす

うるさいドライヤーを長時間使わないようにするために、シャンプー後はしっかりとタオルドライをすることをおすすめします。

タオルドライをすることでドライヤーを使用する時間が短縮されて、ドライヤーのうるさい音を感じる時間が低減します。また、ドライヤーの熱による髪の毛のダメージも少なくなりますよ。

タオルドライを行う際は、髪のキューティクルを壊さないようにするのが大切です。マイクロファイバー素材などの吸水性の高いタオルを使用し、ごしごしと力を入れて拭いたり爪を立てて頭皮を傷つけないように、短時間でタオルドライが終わるようにしましょう。

参考元:役立ちログ

静音性の高い静かなドライヤーを見つけるためのポイントは?

ポイント① シロッコファンのドライヤーを選ぶ

一般的なドライヤーとは、プロペラファンと小型モーターを使った製品で、風量を作り出すためにモーターの高速回転が必要となります。そのため、モーター音がうるさく、ファンの風切音もうるさくなります。

シロッコファンのドライヤーとは、多層の羽根がついた筒を縦向きに回転する事で、ヒーターで発生した熱を暖かい風を送り出す遠心力を利用したファンのことです。通常のドライヤーに比べてファンの羽の枚数が多く、少ない電力で十分な風量を作り出す事ができるため、モーターの回転数を上げなくても済むので静音性が高くなります

エコでパワフルで静音性が高いという点からも検討する価値があると思います。

ポイント② デシベル(dB)が小さいものを選ぶ

一般的なドライヤーのデシベルの平均値は「70dB」で、50dB前後が静音タイプのドライヤーといわれています。

静音性の高い静かなドライヤーを見つけるポイントとは、デシベル(dB)が小さいドライヤーを選ぶことです。

製品の購入を検討される際、取扱説明書などに記載されているデシベル(dB)の数値を比較することをおすすめします。

ポイント➂ ターボ機能付きを選ぶ

静音性の高いドライヤーの中には、風量のパワーを抑えた製品もあります。強い風量で乾かしたい人にとっては物足りなさを感じるかもしれません。

このような場合、ターボ機能が搭載されたドライヤーを選ぶのもポイントです。

参考元:役立ちログドライヤー おすすめの人気アイテム総合情報サイト

静音性の高い静かなおすすめドライヤー

静音性の高いタイプのドライヤーとして「シロッコファン」を搭載したドライヤーのおすすめを紹介します。

商品名① モッズヘア アドバンス イオンラピッド mod's hair Advenced ION RAPIDE [ ホワイト / MHD-1252-W ]

お手頃な価格帯で、静音性が高いシロッコファンを搭載しているヘアドライヤーです。風量調節が、1(弱)、2(中)、3(強) の3段階でそれぞれ温風、冷風の切り替えができます。ハンズフリーで使える点も便利で、ハンドル部分が折りたたみ可能なので収納に場所を取りません。色違いでブラックもあります。
モッズヘア アドバンス イオンラピッド mod's hair Advenced ION RAPIDE [ ホワイト / MHD-1252-W ]
画像をクリックするとAmazonに移動します

商品名② ヴィダルサスーン マイナスイオンヘアドライヤー ホワイト 【ドライヤー どらいやー 乾かす ヘアケア ヘア ヘアセット 髪 髪の毛 かみの毛 生活用品 生活必需品 日用品 おしゃれ品 オシャレ品 10000】

静音性が高いシロッコファンと、マイナスイオン機能を搭載したヘアドライヤーです。1200Wのパワフルな大風量で髪がスピーディーに乾きます。TURBO/SETの風量切換え付きでスタイリングに便利です。ハンドル部分の折りたたみが可能です。
ヴィダルサスーン マイナスイオンヘアドライヤー ホワイト 【ドライヤー どらいやー 乾かす ヘアケア ヘア ヘアセット 髪 髪の毛 かみの毛 生活用品 生活必需品 日用品 おしゃれ品 オシャレ品 10000】
画像をクリックするとAmazonに移動します

商品名③ amadana マイナスイオン ヘアドライヤー(ホワイト)YD-126-WH

デザイン性と静音性を重視したいという人にピッタリなのが、amadanaのヘアドライヤーです。静音性の高いシロッコファンを搭載し、風量が多くて髪をスピーディーに乾かします。1200W/600Wの風量切り替えと、ショット冷風機能つき。マイナスイオン機能で髪にダメージが少ないのも嬉しいですね。ハンズフリーで使える点も便利です。

画像をクリックするとAmazonに移動します

ここではすべての静かなドライヤーを紹介できた訳ではない

シロッコファンを搭載したドライヤー以外にも、静音性の高いドライヤーとしておすすめしたいのがデシベル(dB)の数値が小さいドライヤーです。実際には、数値以上に音が大きく感じる場合もあるそうですが、静音性に特化した製品なので試してみるのもよいかと思います。

静音性の高いドライヤーとは、風力パワーが弱くて、風量が少ない製品になります。風量調整の切り替えで風量が大きくなる製品もありますので、ターボ機能や風量の段階調節を使うなど、ドライヤーの付属機能にも着目した方がよさそうです。

また、ドライヤーを選ぶ際、静音性が高くても重たいドライヤーだと髪を乾かすのに手が疲れてしまいます。重量の軽いものであったり、ハンズフリー機能があるもの、収納場所や持ち運びに便利な折りたたみ式のドライヤーを選ぶことも大切です。

こちらでは、50デシベル(dB)程度のドライヤーを紹介していますので、きになる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の記事では、ドライヤーがうるさい原因はモーターにあること、そしてデシベル(dB)が小さいと静音性が高いことがわかりました。

ドライヤーを静かに使う方法を試してみたり、買い替えの際は静かなドライヤーを見つけるポイントを参考にしていただけたら幸いです。

静音タイプのドライヤーを探している人にとって、この記事が参考になればと思います。

また、こちらの記事ではドライヤーの遠赤外線の効果やおすすめの遠赤外線のドライヤーについて解説しております。静音性や静かさとはまた違った視点でドライヤーを選んでみたい方、ぜひご覧ください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 7284f282 5557 453e be91 d08202c80236
Written By
dosukoi s
モータースポーツと海外旅行が好き。
家電製品の魅力はもちろん、読者の皆様が疑問に感じることをわかりやすくお伝えできるような記事執筆を心がけて参ります。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧