コテとアイロンの違いとは?両方の機能を持ったヘアアイロンも紹介!

目次

コテとヘアアイロンの違いについて解説します

カールヘアにイメージチェンジしたい時、ヘアアイロンを使いませんか?

筆者は毛先を巻く時にヘアアイロンを使っていますが、美容院に行くと「コテ」と呼ばれていることに気付き、コテとヘアアイロンの違いがよく分かっていませんでした。

何か違いはあるのでしょうか?

今回の記事では、コテとアイロンの違いについて解説したいと思います。

また、コテとアイロンの機能をもったおすすめヘアアイロンについてもご紹介します。

アイロン

コテとアイロンとはどう違う?

アイロンは英語、コテは日本語

ヘアアイロンとは、英語(hair iron)が由来で、熱の力によって髪型を変えるために使う器具のことです。

コテとは、日本語が由来で、髪の毛にウェーブをかけるための鋏はさみ状の道具で、熱して用いるもののことです。

つまり、言葉の由来は異なりますが、どちらも熱の力で髪の毛を変化させるスタイリング用品で、カール用ヘアアイロンとコテは基本的に同じものになります。

ドライヤーやホットカーラーとは違い、髪に直接熱を加えるため、短時間で髪にしっかり型を付けられる点が特徴です。

アイロンはカールとストレート、コテはカール専用

ヘアアイロンには、ストレート用のヘアアイロンとカール用のヘアアイロンの2種類あります。

クセを伸ばしたり、ストレートヘアを楽しみたい時はストレート用のヘアアイロンを使います。アイロンのプレート部分が平らになっていて、髪を挟んで熱の力でまっすぐに伸ばします。

髪をカールさせたり、ウエーブにしたい時はカール用のヘアアイロンまたはコテ(カール専用のヘアアイロン)を使います。

アイロンのプレート部分は丸い形状をしていて、直径の太さに様々な種類があり、カールの大きさも直径の太さで変わります。

アイロン

【違いはあまり気にしなくていい】"コテ"と"アイロン"両方の機能をもったものがほとんど

コテとアイロンの2wayタイプが登場

ストレート用のヘアアイロンと、カール専用のアイロンまたはコテの2種類を揃えるとなると、お金がかかって大変そう…。

おまけに2台そろえたら収納場所も取るから大変…。

そんなお悩みがある人に朗報です!

実は、現在発売されているアイロンには、ストレートとカールの両方ができる2wayタイプが数多く登場しています。

アイロンのプレートに髪を挟んでまっすぐに伸ばすとストレートヘアに、ねじりながら挟むことでカールヘアが作れるといった、簡単で便利なヘアアイロンが主軸の商品となっています。

また、髪のダメージ機能を備えたものが多く、髪質やスタイリングに合わせて対応できる商品が多いのは嬉しいですよね。

家電量販店や通販サイトなどで探されるのをおすすめします。

【両方の違いを活かせる!】コテとアイロンの機能をもったおすすめヘアアイロン

商品紹介の前に

コテとアイロンの両方の機能をもったヘアアイロンですが、検索ワード「ストレート カール両用」または「アイロン 2way」で選びました。

価格を抑えた商品を中心に、最新式であること髪のダメージを抑える機能が搭載された商品であること、参考になるレビューが多い商品を選定しています。

SweetLF ヘアアイロン【最新型】ストレート&カール両用 2way スチーム機能 マイナスイオン プロ仕様 温度調整 180〜230℃ 高速加熱技術 自動電源OFF 海外対応

こちらの商品は、スチーム機能が搭載されているため、ストレートやカールのクセ付けの持ちが長い点が特徴です。また、フローティングセラミックプレートからマイナスイオンを放出するため、髪との摩擦が少なく、キューティクルのダメージを抑え、髪内部の水分を保湿したままスタイリングができます。「スチームだからストレートの伸びがよい」「温度調節も簡単ですぐに使えた」といったレビューが寄せられています。
SweetLF ヘアアイロン【最新型】ストレート&カール両用 2way スチーム機能 マイナスイオン プロ仕様 温度調整 180〜230℃ 高速加熱技術 自動電源OFF 海外対応
画像をクリックするとAmazonに移動します

SALONMOON ストレート ヘアアイロン 【 2018年 進化版 】 ダブルイオン チタニウム 【 改良型 プレート採用モデル 】 海外対応 プロ仕様 温度調整 130〜230℃ 耐熱性 シリコンカバー セット 【 メーカー正規品 一年間交換対応 】 (ブラック)

熱伝導率の高いチタニウムプレートとマイナスイオンの放出によるダブルイオン構造により、キューティクルを保護しながら短時間でスタイリングが決まります。ストレートとゆるふわカールの両方のスタイリングができる優れものです。30分経過すると自動で電源が切れるため消し忘れがなくて安全です。「すぐに温まるので忙しい時に便利」「軽くて持ち運びしやすい」「初心者でも使いやすい」といったレビューが寄せられています。
SALONMOON ストレート ヘアアイロン 【 2018年 進化版 】 ダブルイオン チタニウム 【 改良型 プレート採用モデル 】 海外対応 プロ仕様 温度調整 130〜230℃ 耐熱性 シリコンカバー セット 【 メーカー正規品 一年間交換対応 】 (ブラック)
画像をクリックするとAmazonに移動します

YSTYLER ストレート ヘアアイロン 温度80℃~230℃ 耐熱ポーチ付き 海外対応 YS-008BLK

フローティングプレート技術を採用し、髪を挟んでまっすぐに伸ばすとストレート、挟みながらながらねじることで自然なカールが作れる2wayアイロンです。プレート面からマイナスイオンを放出するため、髪の潤いをキープしながらセットできます。「ボブやショートスタイルでも使いやすい」「収納ポーチとヘアクリップ2個が付いてコスパがよい」といったレビューが寄せられています。
YSTYLER ストレート ヘアアイロン 温度80℃~230℃ 耐熱ポーチ付き 海外対応 YS-008BLK
画像をクリックするとAmazonに移動します

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の記事では、コテとアイロンの違いとは、アイロンはカール用とストレート用の2種類、コテはカール専用であり、カールをクセ付ける美容用品ということで基本的に同じであることが分かりました。

コテとアイロンの両方の機能をもったヘアアイロンは、各メーカーから様々な種類が販売されています。違いを気にせずに、スタイリングやライフスタイルに合った商品を選ばれるのをおすすめします。

コテとアイロンの違いについて知りたい人購入を検討されている人にとって、この記事が参考になればと思います。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 7284f282 5557 453e be91 d08202c80236
Written By
dosukoi s
モータースポーツと海外旅行が好き。
家電製品の魅力はもちろん、読者の皆様が疑問に感じることをわかりやすくお伝えできるような記事執筆を心がけて参ります。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧