チノパンのアイロンのかけ方を解説!センタープレスは必要?

この記事を執筆するにあたって

チノパンが好きでよく履いています。 アイロンがけは正しくしないとチノパンの状態に関わります。

Written By 遠藤 皇士

目次

チノパンのアイロンのかけ方について解説します

カジュアルで動きやすいチノパン。履きやすくてコーディネートもしやすいことから、チノパンの出番は多いですよね。ですが出番が多いからこそ、気になるのが洗濯したあとの状態です。シワのない綺麗な状態でチノパンを履くためには、アイロンをしっかりとかけたいところですね。今回はチノパンのアイロンのかけかたを解説します!

チノパンにアイロンは必要?

アイロン台 代用

必要なケース

チノパンにはアイロンが必要なケースとアイロンが必要ではないケースがあります。それではアイロンが必要なケースとは、一体どのようなケースでしょうか。
まずチノパンとは、「チノ・クロス」と呼ばれる綿やポリエステルでできたズボンの一種のことです。
綿の場合は洗濯をすると、どうしてもシワになってしまうので、洗濯がけが必要でしょう。ポリエステル生地の場合でもアイロンがけが必要な場合もありますが、もともとシワがつきにくい素材なので洗濯後の状態を確認してみましょう。干すときにシワを伸ばせばアイロンをかけなくても綺麗に仕上げることもできます。
センタープレスが取れかかってきた場合も、アイロンをかけることでセンタープレスを長持ちさせることができます。最近ではチノパンの様なカジュアルなパンツでもセンタープレスが入っているものが多くあります。縦にまっすぐセンタープレスが入っていれば、落ち着いたイメージで清潔感がありますのでしっかりとアイロンをかけましょう。

必要ではないケース

それでは、アイロンがけが必要のないケースにはどのようなケースがあるのでしょうか。
まず品質表示マークを確認してください。アイロン禁止マークが記載してあれば、アイロンはかけてはいけません。また洗濯した後にシワが気にならなければアイロンは必要ないでしょう。
洗濯ネットに入れたり、干すときにシワを伸ばして干したりするなど、チノパンの洗濯のかけ方や干し方によって、シワがつかないよう工夫をすることができます。洗濯後に綺麗な仕上がりであれば、チノパンに無理にアイロンをかける必要はないですよ。

チノパンのアイロンのかけ方

ティファール アイロン おすすめ 

手順① 準備

まずはアイロンの設定温度を確認します。綿素材のチノパンであれば高温で問題ありませんが、化繊のものや混合の物など様々な素材がありますので、アイロンの絵表示を確かめて設定温度を正しく確認しましょう。
用意するものは下記です。

  • アイロン
  • アイロン台
  • 霧吹きかアイロン用仕上げ剤
  • あて布

安定する場所にアイロン台を置き、アイロンを適温にセットしましょう。アイロンをチノパンにかけるときは、あて布を使うことでアイロンが効きすぎるのを防ぎます。

手順② かけ方

アイロンをかけるときには、チノパンにあて布をしてかけます。アイロンのかけかたの手順としては下記になります。

  • フロントのホックとファスナーを外す
  • ポケットやファスナーのまわりや縫い目を綺麗に伸ばし、裏からかける
  • 表をあて布をしてかける
  • 片足ずつセンターラインにかける
  • 腰回りにバスタオルを丸めて入れ、立体的に仕上げるようにアイロンをかける
  • アイロンをかけたらハンガーに吊るす
  • シワが残っているならアイロンのスチームをあててシワを伸ばす
  • 生地が冷めてから収納する

チノパンにアイロンをあてる順番としては、下記の順にあてると綺麗に仕上げることができます。

  • 裏腰まわり
  • 裏股下
  • 両脇
  • 前タック・ポケット口
  • ライン位置合わせ
  • ライン
  • 脚部

お尻のポケットの部分のシワが伸びていたり、センターラインがきれいにかかっていると、チノパンが綺麗に見えるようになります。チノパンにアイロンをかけるときには特に注意してみてください。ズボンの縫い目には霧吹きをして湿らせてから、ドライでアイロンをあてると仕上がりが良くなります。素材によって表示を確認し、アイロンのスチームやドライを使い分けて綺麗に仕上げてくださいね。

【コラム】チノパンにはアイロンでセンタープレスをつけた方がよい?

チノパン アイロン

チノパンにはセンタープレスを付けた方が良いのでしょうか。
まずセンタープレスとは、パンツの中央に入った折り目のことを言います。センタープレスが入ったパンツには、縦のラインを強調することにより脚長効果があるとされています。ビジネスの場で履くスラックスやスーツには、センタープレスが必ずといっていいほど入っていますね。
もともとセンタープレスが入っているチノパンもあります。その場合はアイロンをかけてしっかりとセンタープレスをつけた方が良いでしょう。最近では会社によってはビジネスの場であっても、チノパンなどカジュアルなパンツを履いても良い場面があります。その場合はセンタープレスをつける方が好ましいです。
チノパンはもともと、軍隊や農民に使用されていたものであり、ラフに着こなすものです。なので普段着として使用する分にはセンタープレスは特別必要はないです。もともとセンタープレスがついていないチノパンに無理やりアイロンでセンタープレスをつけると、失敗することもあるかもしれません。どうしてもつけたい場合はクリーニング店でセンタープレス加工に出すのが良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はチノパンのアイロンの方法について解説しました。チノパンはしっかりとした生地ですので、アイロンが不要な場合もありますが、アイロンをかえる場合は正しい方法でアイロンをかけてくださいね。センタープレスが必要か必要でないかは場面によっても変わってきます。必要な場合は普段からアイロンをかけるようにしましょう。今回の記事がみなさまのお役に立てれば幸いです。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small a8433945 4767 4f98 a45c d8e4dc2b2037
Written By
遠藤 皇士
家電の購入を考えている皆様のお力になれるようなライターを目指しています。
家電量販店で約3年間働いた後、ライターとなりました。元販売員の目線から皆様に本当におすすめできる家電を紹介したいと思います。皆様どうぞよろしくお願いいたします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧