お札を新札(ピン札)に近い状態にするアイロンのかけ方を解説!

目次

お札のシワをアイロンで伸ばして新札に近くする方法を解説します

お札 アイロン

結婚式やお葬式などで急に新札が必要になった経験はありませんか?
私もつい最近、こういった出来事があり大変困りました。
夜から新札を用意するのはなかなか大変ですよね。
そういった場合、最終手段として自分が今持っているお札とアイロンを使い、古いお札をまるで新札のように綺麗に伸ばすことが可能です。
それではこれからその方法をご紹介しましょう。

お札のシワをアイロンで伸ばして新札にするために用意するものは?

お札 アイロン

それではまず必要な物を記載していきたいと思います。
今回は2種類の方法をご紹介しますので、それぞれで必要となる道具をご紹介します。

① 比較的綺麗なお札

お持ちのお札の中で出来るだけ綺麗なお札を用意して下さい。
余りにもくしゃくしゃなお札は綺麗なお札にするのが難しい可能性がありますので注意が必要です。

② アイロン(スチーム以外)

アイロンは必ずスチームアイロン以外を用意して下さい。
スチームアイロンを使用した場合、蒸気でお札が縮んでしまう可能性があります。

③ 水

こちららは水道水で問題ありません。

④ 霧吹き

お札を完全に濡らすのでは無く、少しずつ濡らす際に使用します。
もし無い場合が濡れタオルで代用可能です。

⑤ タオル

上記の濡れタオルで使用する場合や、お札の下に敷くなど何度も使用するタイミングがありますので、
何枚か用意した方がいいかもしれません。

⑥ 洗濯のり

水だけでもある程度お札のシワを伸ばすことは可能ですが、より綺麗にお札を伸ばしたい際に使用します。

⑦ スプレーボトル

上記の洗濯のりと同様により綺麗なピン札を用意したい場合に使用します。

お札のシワを伸ばす方法 これで新札のようなお札を

それではここから具体的な方法を記載していきたいと思います。
今回は準備しやすい「水を使った方法」と少し手を加えてより綺麗にシワを伸ばすことが出来る「洗濯のりを使った方法」の2つの方法をご紹介します。

方法① 最もシンプル 水を使った方法

お札 アイロン

まずはタオルの上にお札を置き、準備した霧吹きで少しずつ水をかけていきましょう。
霧吹きが無い場合は濡れタオルをお札に乗せて、ゆっくりと水分を浸透させます。
ここで重要なのはお札にゆっくりと確実に水分を浸透させることです。
この間にアイロンの準備をおこないましょう。温度は必ず低温に設定して下さい。
高温に設定した場合、お札が焦げてしまうなどの最悪な事態が発生してしまいます。
ではお札にアイロンをかけていきましょう。
服にアイロンをかけるのと同様に同じ箇所に当て過ぎないよう注意が必要です。
また、お札に印字されているキラキラしたホログラム箇所にはアイロンをあまりあてないようにして下さい。
アイロンの熱でホログラム部分が変異してしまう可能性があります。
アイロンをかけているとお札自体が反り返るような見た目になると思いますが、こちらは問題ありません。
重いものを上に置いて置くか、本の間にしばらく挟むことで反り返りは無くすことが可能です。
以上の工程をおこなうことでお札を新札並に綺麗にすることが出来るかと思います。

参考元:ピン札の作り方|お札のシワを伸ばして新札に近い状態にする方法

方法② 少し手を加えて 洗濯のりを使った方法

お札 アイロン

水だけでも十分にシワを伸ばすことが可能ですが、洗濯のりを使用することで更に綺麗なお札を用意することが可能です。

初めに洗濯のりと水を混ぜていきましょう。
分量としては水がが80mlの場合なら洗濯のりは小さじ一杯を目安で用意します。
この混ぜ合わせたものをスプレーボトルに入れ、タオルの上にお札を設置しゆっくりと吹きかけていきます。
だまにならないように注意しお札全体に浸透するように心がけます。
またお札の裏表にしっかりと浸透するように吹きかけていきましょう。そして、低温に設定したアイロンをかけていきます。アイロンをかける際は「水を使った方法」と同様の注意点を意識して頂ければ問題ありません。
以上のように水に洗濯のりを加えるだけでより綺麗で新札に近い状態のお札を用意することが可能です。
参考元:ピン札の作り方|お札のシワを伸ばして新札に近い状態にする方法

アイロンをかけなくても新札を手に入れられるかも

お札 アイロン

ここまでは自分の持っているお札を綺麗にする方法を紹介しましたが、
「そんな時間はない!」「お札が焦げるのが不安」という気持ちを持たれる方も多いかと思います。
そんな場合は無理せず新札を入手出来るよう行動しましょう!
ここからは銀行以外で新札を手に入れる方法を紹介します。

① ホテルや式場で替えてもらう

お札 アイロン

新札やピン札が必要になる場合のほとんどが冠婚葬祭関連ではないでしょうか。
そういった場合であれば会場となるホテルや施設で新札を用意している可能性が高いかと思います。

参考元:ピン札の作り方|お札のシワを伸ばして新札に近い状態にする方法

② 百貨店や大型スーパーのサービスカウンターで替えて貰う

お札 アイロン

お中元などを送る際や、プレゼント包装などをお願いする際に行くことがあるサービスカウンターでは新札を替えて貰える可能性が高いです。
ただ両替のみの利用はどこの百貨店やスーパーでもお断りの看板や貼り紙が貼られていることが多いかと思いますので、必ず事前に確認が必要かと思います。

参考元:ピン札の作り方|お札のシワを伸ばして新札に近い状態にする方法

② 最終手段はコンビニATM

お札 アイロン

この方法は比較的高い確率で新札を入手することが可能です。
実はコンビニのATMは銀行などに設定されているATMよりもコンパクトな設計となっており、余り多くのお札を保管することが出来ません。そのためより多くのお札を保管するためにシワが少ない新札を主に使用している可能性が高いそうです。
ですので、どうしても新札が必要になった場合はコンビニATMでお金を引き出してみるのも良いかもしれません。
参考元:意外と知らない新札(ピン札)を入手する7つの方法

まとめ

いかがでしたでしょう。
今回ご紹介した方法であれば突然新札が必要になった場合でも、お札とアイロンさえあれば比較的綺麗なお札を用意することが可能です。
新札やピン札が必要になる冠婚葬祭などのイベントは参加者の気持ちや心配りが重要視されることが多いかと思います。
参加する際は綺麗な服装と綺麗なお札を用意して、気持ち良く参加していきたいものですね。

また、こちらでは関連記事として、本や紙へのアイロンがけについて解説しております。ぜひ、合わせてご覧ください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
jag_zi

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧