電子レンジの"あたため"と"解凍"の違いを徹底解説!共通点は?

目次

電子レンジの「あたため」と「解凍」の違いとは何か解説します

電子レンジには機能がたくさんありますよね。

グリルやオーブン、トースト機能にフライ温め等本当に多機能化を果たしているなと感じます。

しかしそんな電子レンジの機能の一つである「あたため」と「解凍」に関してはより一層よくわからないのではないでしょうか。

あたためでも解凍できるよね、って思っちゃいますよね。

そこで今回の記事では電子レンジのあたためと解凍の違いをテーマに紹介していきたいと思います!

いままで気にはなってたけど中々知る機会がなかったという方はこの機会に知ってみてはいかがでしょうか。

電子レンジの「あたため」と「解凍」機能で共通する点は?

電子 レンジ あたため

まずは電子レンジの「あたため」と「解凍」機能とで共通する点にはどのようなものがあるのか、について紹介していきます。

電子レンジの「あたため」と「解凍」の共通点① 電磁波

「あたため」も「解凍」も電子レンジの機能の一つであることからわかるように、どちらも電磁波を利用しているという点が共通点として挙げることができます。

電子レンジの食品あたため原理について説明すると、食品内にある水分子を電磁波により振動を与え、その摩擦熱であたためるというものです。

あたため機能はもちろん、解凍機能も実はそういった電磁波による働きにより実現されているのです。

電子レンジのあたため機能と解凍機能で共通する点というのは以上になります。

電子レンジの「あたため」と「解凍」機能で違う点は?

電子 レンジ あたため

それでは電子レンジの「あたため」と「解凍」とで異なる点とは一体どこになるのか、について紹介していきます。

電子レンジの「あたため」と「解凍」の異なる点① 電磁波の照射方法

電子レンジの「あたため」と「解凍」機能の異なる点として挙げられるのは電磁波の照射方法になります。

というのも、あたため機能に用いられている電磁波の周波数は2450MHzなのですが、解凍機能を用いる際もあたため機能同様の電磁波照射方法だと上手く解凍することはできません。

その理由は解凍するような食品、つまり凍っている食品はそうでない食品と比べ、水分子同士の結合が強いからです。

この強い分子間結合により、電磁波の周波数が2450MHzのままでは上手く解凍することができないのです。

それでは解凍機能時にはどういった電磁波の照射方法を用いているのかというと、あたため機能よりも消費電力を弱め、出力を減らすことにより解凍を実現させています。

実際上手く解凍するには、周波数を下げる必要があるのですが、残念ながら電波法による規制により使用することはできません。

※正確には915MHzの周波数が必要となる

よってそういった工夫を凝らすことにより、電子レンジでの解凍機能というのは実現されているというわけですね。

ちなみに、電子レンジの解凍機能により、解凍した食品だったり氷だったりの溶け方にムラができていることがあるのはこの電磁波の照射方法による影響です。

電磁波の照射方法が異なるだけで、溶け方にも変化がある、変化をもたらすことができるというのは中々に面白い点なのではないでしょうか。

電子レンジの「あたため」と「解凍」機能で違う点にはこういった点があるということをぜひ覚えてみてくださいね!

電子レンジの「あたため」と「解凍」を上手に使い分けるコツは?

電子レンジの「あたため」と「解凍」を上手に使い分けるコツは、何を目的としてその機能を利用するかを考えること、です。

上記でもお伝えしたように、電子レンジの解凍機能はあたため機能よりも消費電力が低く設定されています。

それに伴い、食品をあたためるという力はあたため機能の方が勝っています。

よって食品をあたためたい、冷めてしまった料理を熱々の状態にしたい、という際にはあたため機能をお使いください。

その反面、冷凍していた材料を解凍し、調理に使用したいという際は電子レンジのあたため機能だと少々高温になりすぎてしまうため、材料の劣化を速める結果になってしまいます。

なので、材料を解凍し調理に使用するという際には、解凍機能をお使いください。

以上のことからわかる通り、何を目的として電子レンジの機能を利用するかにより機能の選択は変わってきます。

あたため機能でも解凍機能でも大した違いはないと適当に考えるのではなく、きちんと考えたうえで選択するようにしましょう。

「あたため」と「解凍」機能がついたおすすめ電子レンジ

それでは最後に「あたため」と「解凍」機能がついておすすめ電子レンジについて紹介していきます。

どのようにおすすめ電子レンジを選んだか

Amazon等の通販サイトにおいて実際の購入者からの声、いわゆるレビューというのは非常に重大な役割を担っていますよね。

良い商品であればさらにその評判が広がり人気商品となる立役者となりますし、悪い商品であれば粗悪品を購入することを未然に防いでくれる防波堤の役割も果たしてくれます。

と、言うことで今回電子レンジでおすすめを紹介するにあたり、「あたため」と「解凍」機能がついていてなおかつ、ユーザー満足度も高い電子レンジに焦点を当てて紹介していきます。

シャープ 過熱水蒸気オーブンレンジ 2段調理 31L レッド RE-SS10B-R

シャープ 過熱水蒸気オーブンレンジ 2段調理 31L レッド RE-SS10B-R

※画像クリックでamazonへ

まず、おすすめする電子レンジがこちらの商品になります。

この電子レンジにはあたため機能、解凍機能の他にも、オーブンやグリルも備え付けていますので、毎日料理をするという方にとっては強い味方になることでしょう。

販売価格が2万円を超えるという少々高価な部類の電子レンジにも関わらず、2018年4月確認時点ではベストセラー1位の商品となっています。

これはamazonユーザーの満足度がすごく高いということを示していますよね。

通販で購入する上で一番大事な評判を獲得しているこの電子レンジ。

気になる方はぜひご購入してみてください。

【東日本専用】アイリスオーヤマ 単機能レンジ 東日本 50Hz専用 17L ホワイト IMB-T171-5

【東日本専用】アイリスオーヤマ 単機能レンジ 東日本 50Hz専用 17L ホワイト IMB-T171-5

※画像クリックでamazonへ

電子レンジなんてあたため機能と解凍機能があれば十分、多機能性で高いんだったら単機能で安いものが良い、このようなお考えをお持ちの方は多いことでしょう。

そんな方々におすすめするのがこちらの電子レンジになります。

こちらの電子レンジは販売価格が6000円程(2018年4月確認時点)と非常にお手頃価格となっており、上記同様購入者からは好評の声が上がっています。

単機能であるがゆえに、多機能性はもちろんありませんが、コンパクトなサイズなのでワンルーム等の部屋であっても置き場所には困りません。

お年を召した方にも単純表記であるこの電子レンジは使いやすいと好評の声がありますので、おじいちゃんおばあちゃんへのプレゼントに購入を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

電子レンジのあたため機能と解凍機能の違いはその電磁波の照射方法です。

通常のあたため機能で使用する消費電力よりも低い消費電力を用いることで、解凍機能を実装しているのです。

今回の記事では電子レンジの選び方についても紹介してきましたが、一つ注意点があります。

それは他人の満足度が高い商品だからと言って自分も満足するとは限らないということです。

なので、今回提示した選び方を参考に何か商品を選ぶにしても、そういった他人の満足度はあくまでも参考程度にとどめ、「自分の」満足するものを探してみてくださいね!

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
タナカ タロウ
宜しくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧