マフラーを洗濯機で!洗い方を解説!カシミヤやウールは洗える?

この記事を執筆するにあたって

洗濯できるカシミヤマフラーや洗えるシルクでできた衣類の着用経験があります。マフラーやその他衣類を自宅で手洗いなどもしますので、参考になればと思います。

Written By 宮ノシタノ コトリ

目次

マフラーを洗う時の注意点は?

マフラー 洗濯 機

洗濯マークを必ずチェック

マフラーを洗いたくなったなと感じた時は、必ず洗濯マークをチェックして自宅の洗濯機で洗うことができるかどうか確認しましょう!洗濯マークをチェックせずに洗濯してしまい、生地が傷んでしまいダメになってしまった…。ということにならないよう注意が必要です。

洗濯ネットを使用すること!

洗うことができるマフラーであっても、直で洗濯機の中に入れて洗うのは禁物です。マフラーのフリンジや装飾が破損してしまう恐れもあるため、大事なマフラーを守るためにも必ず洗濯ネットを用意して洗濯をしましょう。

マフラー単体で洗いましょう

他の洗濯物などと一緒に混ぜて洗わない、ということもポイントです。他の衣類とこすれあったりすると、その分生地が傷んでしまうことにつながるので、他衣類とは別に洗うのがおすすめです。できればたっぷりの水でゆったりと洗濯できるのが理想です!

洗濯機を使ったマフラーの洗い方

準備するもの

  • デリケート生地用の洗剤
  • お好みの柔軟剤
  • ゆったり掛けられるハンガー

自宅でマフラーを洗濯する場合は、以上のアイテムを準備しましょう。柔軟剤はふっくら仕上げに使われるので、マフラーの質感を悪化させないために必要です。

手順① まずは洗濯マークをチェック

マフラー 洗濯 機

まずは洗濯したいマフラーの洗濯マークを確認しましょう!基本的にほとんどの衣類には洗濯マークが付いているので、確認して洗えるかをチェック。手洗いや洗濯不可のマークと成っている場合は、自宅の洗濯機では洗わないように気をつけましょう。

手順② 洗濯ネットを用意

マフラー 洗濯 機

マフラーを入れる洗濯ネットを用意しましょう。マフラーを数回折りたたんだサイズぴったりほどの洗濯ネットがおすすめです。大きすぎると洗濯ネットの中で動いてしまい、生地が傷む可能性があります。また、小さすぎると細かく折りたたまなくてはならず、しっかり汚れを落とすことが難しくなってしまいます。

手順③ フリンジは内側になるように畳む

マフラー 洗濯 機

マフラーの装飾で紐のような部分をフリンジと呼びます。フリンジは、絡まってしまうなど痛みの原因になりやすい部分。なので、内側になるように折りたたんであげることで、絡んでしまうことや、生地を傷めてしまうリスクを減らせるのでおすすめです。

手順④ 洗濯ネットに入れたら洗濯機へ

マフラー 洗濯 機

適したサイズの洗濯ネットに入れたら、洗濯機へ入れて洗濯を行いましょう。洗濯機のコース選択で優しく洗うコースなどがあれば選ぶのが良いです。また、生地は水にさらされても痛みやすくなってしまうので、すすぎを1回にするのもおすすめです。

シワを取ってハンガーで干す

洗濯が完了したら、洗濯中にできたシワを優しく伸ばしてあげましょう。過度に引っ張りすぎないよう、優しく伸ばすのがコツです。シワを伸ばしたら、ハンガーにかけて干してあげましょう。ハンガーはできるだけサイズが大きいもので、ゆったり掛けられるものがおすすめです。着物用などのハンガーもおすすめです。

また、干す際は日陰で直射日光が当たらないようにすると良いですよ!

洗濯機で洗えるマフラーとは?

マフラー 洗濯 機

アクリル製マフラー

アクリルとは人工的に作られた繊維で、マフラーを含む衣類全般に使われる生地です。特徴としては耐久性や吸水性などが高く、洗濯にも比較的適している素材です。なので、アクリル製マフラーは洗濯しても大丈夫な場合がほとんどです。

ニットマフラー

ニットとは1本の糸で編まれた生地のこと。ニットに使われる繊維は複数あり、天然素材から化学繊維まで幅広く使われています。そのため、一口にニットといっても洗濯できるものと、そうでないものがあるので注意が必要です。マフラーを購入される際にご自宅で洗濯ができる素材かどうか、チェックしてみましょう。

洗濯機で洗えない・洗わないほうが良いマフラーとは?

ウール・カシミヤ

天然素材でも有名なウールやカシミヤは洗濯できないマフラー素材の筆頭です。生地の性質上、縮みやすい、傷みやすい、水に弱いといった点がデメリットとしてあげられます。

しかし、最近では自宅でも水洗いできるように加工された、カシミヤ製マフラーなども販売されていることもあります。購入する際に店員に聞いてみるのも良いでしょう。

シルク

シルクはウール・カシミヤと同じように人気の天然素材ですね。非常にしなやかな性質を持った繊維ですが、熱や水に弱いのも特徴です。しかし、こちらも洗濯できるという意味の「ウォッシャブル」などと謳われる商品があるので、購入する際に確認しておきたいところですね。

マフラーを洗濯機以外で洗う方法

付け置き

手洗い

マフラーを洗濯機で洗う以外の方法で代表的なのが、手洗いです。手洗いでは洗濯機の回転や叩きつけで生地を傷めてしまう心配もなく、丁寧に仕上げることができるのが強みです。

洗濯機はNGであっても手洗いはOKとされるマフラーも多数存在します。洗濯機が使えないマフラーの場合は手洗いをすることも検討しましょう。

クリーニングに出す

クリーニングは、一番手堅く、綺麗に仕上がる方法です。中でもドライクリーニングは水を使わずに仕上げてくれる手法ですので、シルクやカシミアといった繊細な生地にも対応できます。クリーニング代はかさばってしまいますが、お気に入りのマフラーをダメにしたくない、という方はぜひクリーニングに出すことも検討すると良いでしょう。

まとめ

マフラーを洗う際はまず、洗濯マークをチェックし自宅で洗えるかどうかを確認しましょう。洗濯機の使用が大丈夫な場合は、洗濯ネットを使用し、すすぎ1回や優しく洗うコースなどで仕上げるのがおすすめです。
また、手洗いなら可能といったマフラーも多いので、どうしても自宅で洗いたいという方はぜひ手洗いしましょう。手洗いの際はゴシゴシと強く洗わないよう注意が必要です。

クリーニング代をかけたくないあまり、大事なマフラーを傷つけてしまった…。という結果にならないためにも、洗濯マークを確認し、自宅洗いが難しいようであればクリーニング業者に頼むのも手。お気に入りのマフラーを大事に使うためにも、しっかり確認することが大事ですね!

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 0313b369 0625 42c6 8d37 5da72024d7a1
Written By
宮ノシタノ コトリ
圧倒的に質の高いコンテンツを量産できるよう頑張ります。
特に意味もないのに家電屋さんを覗くの楽しいですよね。スピーカー、ヘッドホンやコーヒーメーカー、照明器具にエアコンや掃除機など見てて飽きません。Apple製品にゲームなどの電子機器も好きです。そんな機器たちの紹介ができたらと思い、キーボードを叩きます。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧