ジップロックは電子レンジOK?コンテナ/袋や溶ける場合を解説!

この記事を執筆するにあたって

小学生の子供を持つ二児の母です。慌ただしく過ごす毎日、しかも料理が苦手で極力手間を減らしたいと思っているので週末の作り置きはかかせません。その時にジップロックもフル活用!今回は日頃から筆者自身も抱いていたジップロックの疑問点を調べてみました。

Written By mutu mama

目次

ジップロックと電子レンジの関係を解説します

料理やお菓子の残り物の保存に使ったり、おかずの作り置きを入れて冷凍保存したり、文具やおもちゃ等の小物入れとして使うなど、幅広い用途に使えるジップロック。
ジッパーのついた袋タイプとコンテナタイプがあり、それぞれサイズ展開も豊富です。

そんな使い勝手の良さが人気のジップロック、果たして電子レンジには使えるのでしょうか?
筆者も日頃からジップロックを活用している一人ですが、言われてみれば確認せずにレンジを使ってしまっていました・・・。

そんな疑問を解消するため、今回はジップロックが電子レンジで使用できるのか否か、使用の際の注意点はあるのかをしっかりと調べてみました!

コンテナー(タッパー)タイプのジップロックは電子レンジで温められる?

ジップロック 電子 レンジ
撮影:mutu62

軽くてしかもスタッキング収納ができる点が人気のジップロックのコンテナータイプ。料理の保管に使用している方が多いと思いますが、果たしてそのまま電子レンジで使用しても良いのでしょうか。

温められるケース

ジップロックのコンテナータイプの耐熱温度は140℃。
公式HPでも電子レンジでの加熱はOKとされています。
内圧でフタが飛んでしまう恐れがありますので、加熱時は必ずふたをずらしましょう。

※フタがスクリュー式のタイプがありますがこちらも耐熱温度や注意点はコンテナと同様です。

温めないほうが良いケース

油分の多い料理。たとえばカレーやシチューなどは電子レンジでの加熱時に耐熱温度である140℃を超えてしまう恐れがあります。解凍する程度にとどめておきましょう。

また、ウナギや味噌だれなどの糖分や粘土がある調味料を使用した料理も加熱時に急激に温度が上がって耐熱温度を超えてしまう事があります。

筆者もこれを一度やってしまい、ジップロックコンテナーの底部分が少し変形してしまったのを思い出しました。
加熱の際はきちんと見極める事が大切ですね。

参考サイト:ジップロック-AsahiKASEI

袋タイプのジップロックは電子レンジで温められる?

ハンバーグの種やカットした野菜などの材料を保存するのに便利なジップロックの袋タイプ。
どうしてもビニール袋と同様に溶けてしまうのでは・・・?と筆者は電子レンジの使用を避けていましたが、実際のところジップロックの袋タイプは電子レンジで使用できるのでしょうか?

袋タイプも種類がある

ジップロックの袋タイプは数種類あります。

  • フリーザーバッグ
  • イージージッパー
  • スタンディングバッグ
  • ストックバッグ
  • お手軽バッグ

違いはジッパーや袋の形状、袋の厚みです。共通して全て電子レンジでの加熱には対応していません。

一部解凍に対応しているタイプがありますので、次項でご紹介します。

解凍はできる

ジップロックの袋タイプの耐熱温度は100℃です。
電子レンジでの加熱は出来ませんが、解凍までなら対応できます。解凍に対応できる袋タイプは、

  • フリーザーバッグ
  • イージージッパー
  • スタンディングバッグ

この三点です。ストックタイプとお手軽バッグは電子レンジ解凍に対応していませんので、ご自宅にあるジップロックがどのタイプか確認してから使用しましょう。

参考サイト: 良くあるご質問・使い方-AsahiKASEIZIPLOC ABC サイズの種類は?正しい使用方法は?意外と知られていないジップロック®の疑問をご紹介。-World Ziploc Life!

加熱や温めは控えたほうが良い

結論としてコンテナータイプと違い袋タイプは電子レンジでの加熱や温めには向いていません。無理に行うと素材が溶けてしまったり発火や異臭の原因にもなりますので注意しましょう。

ジップロックを電子レンジで使う時の注意点は?

① ふたをずらす

先述でも触れましたが、ジップロックコンテナーを電子レンジで使用する場合は必ずふたをずらして加熱しましょう。
ジップロックは密封性が高い為、ふたをしめた状態で加熱を行うと内圧でふたが飛ぶ恐れがあり危険です。
蒸気の逃げ道を作るようにしてください。

② 油分の多い料理は気をつける

油分の多い食品は加熱時には突沸現象(※)がおこり、ジップロックの耐熱温度を超えてしまう場合があります。
代表的な料理はカレーやシチュー、味噌汁など。
とくにとろみがある料理には注意が必要です。

※突沸現象とは・・・液体が沸点を超えても、沸騰を起こさない状態(プクプクと泡が出てこない)になる場合があり、これを過熱状態といいます。 過熱状態にある液体になにかしらのショック(振動やインスタントコーヒーの粉末や砂糖の投入など)が加わると、突然に沸騰が激しく起こり、この現象を「突沸」といいます。

引用元:オーブンレンジ・電子レンジ-日本電機工業会

③ 温め時間にも注意

耐熱温度を超える危険性がない料理の場合も、温め時間が長くなればそれだけジップロックが耐えられず溶けたり歪んだりと変形をおこしてしまう可能性があります。
かならず加熱時間の目安を確認してから行いましょう。電子レンジのW数で変化しますのでその点も要注意。

ジップロックが電子レンジで溶けたり変形したりするのはどんな時?

ジップロックが変形を起こしてしまう原因で一番に考えられるのが耐熱温度を超えてしまった時でしょう。
電子レンジで加熱した料理の種類や、加熱時間が適切ではなかったなどが考えられます。

ジップロックが電子レンジで溶けても人体に影響はない?

ジップロック 電子 レンジ

ジップロックはプラスチックで出来た容器ですが、電子レンジの加熱で変形した場合も成分が料理に溶け込んでしまう事はありません。また、ジップロックは有害とされる環境ホルモンの使用はされていませんので、安全性に問題はないでしょう。
万が一溶けたものを口にしてしまった場合も、食品包装関連に使用されるプラスチック類は人体に影響はないとされています。
とはいえ、お子様がいらっしゃるご家庭は気になってしまいますよね。
どうしても気になるようでしたら、溶けた部分に接したところだけ取り除くなどすれば十分でしょう。

参考サイト:品質・安全性について-AsahiKASEI安全性についてのQ&A-日本プラスチック工業連盟

ジップロックと電子レンジを併用する便利なケース

ジップロックは保管に優れているだけではありません。電子レンジを併用すれば時短料理が手軽に作れてしまいます。
一人暮らしの方や忙しい主婦にもおすすめの方法を一部ご紹介します。

パスタが茹でられる

一人分のパスタをゆでる時にわざわざ大鍋を出して調理するのは洗い物も増えるし面倒ですよね。
最近では電子レンジで作るパスタ専用容器が売られていますが、実は同じことがジップロックコンテナーでも出来ちゃいます。
方法は簡単。水を入れたジップロックコンテナーに、半分に割った一人分のパスタを入れて6分(600wの場合)加熱するだけ。
水道代・ガス代の節約にもなりますし、なによりもお手軽にパスタが楽しめます。

参考サイト:レンジでOK♪水からゆでる6分パスタ-楽天レシピ

ご飯用のジップロックがある

ジップロックコンテナにご飯専用の容器があるのはご存知でしょうか?
薄型でスタッキングも出来るのでご飯の冷凍保存にとても便利なこの商品。
もちろん電子レンジにも対応していますのでそのまま加熱をする事ができます。
お皿で温めるとご飯が水気でベッタリとすることがありますが、この容器は底面がエンボス加工されている為、水滴がくぼみにたまりべとつきを防いでくれます。

参考サイト:ジップロックごはん保存容器-AsahiKASEI

ジップロック コンテナー ごはん保存容器 薄型 2個入
画像をクリックするとAmazonに移動します

こちらのサイトではジップロックの様々な活用方法をご紹介しています。
参考サイト:World Ziploc Life!

まとめ

いかがでしたか?万能なジップロックも電子レンジの加熱は何でもOKという事ではないことがお分かりいただけたかと思います。
筆者もジップロックについて調べながら、今まで考えなしに加熱に使用していた事を大きく反省しているところです。ですが、注意点さえ守ればやはり便利なアイテムであることは間違いなし!
使用方法を守ってジップロックを上手に活用していきたいですね。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 17dd953f 8c8b 4e6c af2c b2da16f31f8d
Written By
mutu mama
小学生の子供を二人持つ主婦です。
2017年下旬からライターとして参加させていただいてます。 主婦目線・母親目線にたった生活感のある記事を書くように心がけています。 実際に使用している家電や、お手入れ方法などの生地はなるべく沢山の画像を付けてわかりやすくお伝えしていきます!

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧