水着は洗濯機で洗える?意外と知らないただしい水着の洗濯方法を解説!

この記事を執筆するにあたって

そろそろ熱い時期になり、子供の授業や家族でのレジャーで海やプールに行く季節が近づいてきました。ですが、楽しい水遊びのあとに待っているのが水着の洗濯。洗濯が増えると億劫でつい衣類と一緒に洗濯機で洗っていましたが、やはり回数を重ねるごとに水着のウエスト部分や襟ぐりが伸びきってしまったように思います。適切なお洗濯を行っていればもうあと1~2年は着られたのかもしれまん。今年は水着を新調したので、出来るだけ長く着る為にも適切なケアをしていこうと思っています!

Written By mutu mama

目次

洗濯機で水着を洗う方法について解説します

熱い季節のレジャーと言えばやはり海とプール。
夏に限らずスイミングスクールやスポーツジムに通っている方、お子様の学校や習い事などで定期的に水着を使用する方もいらっしゃると思います。
そんな使用後の水着のお洗濯、皆さんは正しい方法で行えていますか?
実は水着の生地はとてもデリケート
普段のお洗濯のように洗濯機で洗ってしまうと傷んでしまう可能性もあるんです。

ですが水着の洗濯も頻度が多いと億劫なもの。普段の衣類と同じように洗濯機で簡単に洗いたいところです。

そこで今回は、「水着を洗濯機であらっても良いの?」「その注意点は?」そんな疑問点にお答えしつつ、水着の適切なお手入れ方法をご紹介します。

水着の洗濯には洗剤や柔軟剤を使う必要はある?

海やプールで沢山遊んだ水着は塩素や海水(塩分)が付着していますが、水洗いでも十分綺麗にできるので洗剤は使用なくてもOKです。
ですが、必ずしも汚れがそれだけで済むとは限りません。
肌に塗った日焼け止めも少なからず水着に付着してしまいますし、食事をとった際に汚してしまう事だってあります。とくにお子様は思いきり遊ぶので水着が汚れやすいですよね。
そういった場合は洗剤を使用してお洗濯するのも良いでしょう。
ですが使用する洗剤選びには十分な注意が必要です。
水着の洗濯に合った洗剤はおしゃれ着洗いなどに使うアクロンやエマールなどの中性洗剤を選んでください。

また、水着のごわつきや臭いが気になる場合は柔軟剤を使用しても良いですが、薬剤は繊維に少なからずダメージを与えますので使わない方がベターです。

アクロン おしゃれ着洗剤 ナチュラルソープの香り 本体 500ml
画像をクリックするとAmazonへ移動します

年に数回洗う程度でしたらおしゃれ着用洗剤で十分ですが、競技用などの水着など定期的にお手入れしたいものは、スイムウェア専用の洗剤も売られています。
スイムウェアソフナーinシャンプー オールインワンタイプの水着、ウェットスーツ専用の洗浄柔軟剤 TAVARUA タバルア
画像をクリックするとAmazonへ移動します

水着を洗濯機で洗うのはあまりおすすめしない理由

理由① 型崩れする

お気に入りの水着は出来るだけ長く着たいものです。とくに女性物の水着は形状が凝っていたりフリルなどの装飾が施されているものもあるので、洗濯機を使用することで型崩れするおそれがあります。
また水着のフィット感は生地に使われているポリウレタンによるもの。このポリウレタンの繊維が傷つくことで伸縮性が落ち、襟ぐりや股繰りなどが伸びてしまいます。

理由② 繊維が傷む

水着は殆どのものがポリエステルポリウレタンの2種類の繊維を編んだもので出来ています。
衣類と違い水着は伸縮の繰り返しによるダメージ、また塩素や塩分によるダメージを多く受けていますので、そのうえ更に洗濯機で摩擦を与えてしまうとそれだけ寿命も短くなってしまいます。

それでも水着を洗濯機で洗いたかったら

注意点

プールの塩素は漂白作用がありポリウレタンにとって大敵。長くプールの水に浸かっているとプールの塩素でポリウレタンが劣化して伸縮性の低下や、色褪せ、生地が薄くなるなどの影響があります。
できるだけ水着に塩素が付着している状態を短くするためにも、着替えた後は脱いだ水着をすぐに水で下洗いしましょう
海で使用した場合砂が付いているので水流で洗い流します。擦ってしまうと奥に入り込み余計に取り除きにくくなってしまいますので注意。

また、ついやってしまいがちなのが塗れた水着をジップロックやビニール袋にいれて密封させた状態で持ち帰ること。車のトランクに入れるのも、内部が高温になるのでNGです。
蒸れると雑菌が繁殖してカビの原因にもなりますので、大判のタオルなどに包むか、もしくは通気性の良いメッシュ素材のバッグなどに入れて持ち帰りましょう。

参考サイト:Mizuno公式サイト

手順① 洗濯ネットに入れる

水着をたたんだ状態で洗濯ネットに入れます。
この時にホックやファスナーがある水着は繊維にひっかけてしまうおそれがある為、すべて閉じた状態にしましょう。胸のパットが取り外せるものは型崩れしないように外し別で手洗いします。

手順② 洗濯機のコースを選ぶ

洗濯機のコースはドライ(手洗い)コースを選びます。すすぎ回数は一回に設定しましょう。お風呂の残り湯を使う場合は水温約30℃のぬるま湯にしましょう。

これでスイッチをおせば、あとは洗濯が終わるまで待つだけです。

水着を洗濯機で洗うのは自己責任で

すぐにサイズアウトしてしまうお子様の水着や、定期的に水着を新しく購入する方は洗濯機の使用も問題ないかと思います。
ですが、やはり長く着たいと思っているお気に入りの水着は手洗いで洗う事をおすすめします。
また、ビジューや刺繍などの装飾が施されている水着も洗濯機で洗う事でビジューが取れてしまったり、刺繍がほつれてしまうおそれがある為、こちらも水洗いで優しく洗いましょう。

水着を洗濯機以外で洗う方法は?

注意点

洗濯機を使わずに手洗いする場合も、使用した水着はすぐに水で下洗いをして通気性の良い状態で持ち帰りましょう。

汚れが気になるとはいえ、浸け置き洗いは水着の洗濯には向いていません。極力長時間水に浸すことは避け、短時間でケアを済ませると繊維も傷みにくくなります。

手順① 洗面器にぬるま湯をはる

洗面器(もしくは洗面台の流しでもOK)に約30℃のぬるま湯をはります。
水着の繊維は熱に弱いので熱すぎるお湯はNGです!(洗剤を使う場合は、この段階でおしゃれ着用洗剤をお湯に適量混ぜてください。)

手順② 押し洗いする

ぬるま湯に水着を浸けて優しく押し洗い振り洗いします。
この時に洗濯板を使ったり強く擦ったりして摩擦を与えないようにしましょう。
すすぎは2~3回行います。洗濯機で洗う時と同様に、水に浸す時間はなるべく短時間で!

手順③ 水気を切る

水気はタオルに包んで吸い取るようにします。上からたたいたり、ギュッと雑巾しぼりなどしてしまうと繊維が傷んでしまいますので注意してくださいね。

洗濯のあとの水着の効果的な乾燥方法は?

水着 洗濯 機

水着の生地に使われているポリエステルは熱に弱いので、洗濯機の乾燥機は使えません
もし使用してしまうと、生地が一気に劣化してしまいます。水着は比較的乾くのが早いので、洗濯乾燥機は使わずに風通しの良い場所で陰干しするのが一番!
いくら自然乾燥でも直射日光が当たる場所も熱によって劣化が進んでしまいますので避けましょう。 少しでも早く乾かしたい時は、扇風機やエアコンのそばで乾かすのもおすすめです。くれぐれも、ドライヤーの温風やアイロンは使わないようにしましょう!

また、水着を干す時にハンガーや洗濯バサミを使うのは避けましょう。ハンガーにかけた場合は水着の重みで肩ひもが伸びてしまいますし、洗濯バサミは跡が残ってしまいます。出来るだけ型崩れさせない為にも、バスタオルを敷いた上に平置きして乾かすと良いですよ。

水着の洗濯機の使用は状況に合わせて

洗濯機の方が綺麗に汚れが落ちるイメージをもたれるかもしれませんが、手洗いで丁寧に水洗いする事で水着は十分に清潔を保てます。

もしお手持ちの水着を出来るだけ長く着用したいとお考えでしたら、洗濯機の利用は天候が悪い時や急ぎで水着を必要としている時だけにとどめる事をおすすめします。
また、近年は紫外線が強いのでラッシュガードも人気です。こちらも素材は水着と一緒ですので、今回ご紹介した洗濯方法で洗えば長持ちします。

まとめ

水着 洗濯 機

いかがでしたか?実は水着ってこんなに繊細!

洗濯の際の注意点が多いので、面倒に感じてしまった方もいるかもしれません。水着の生地は、

①熱

②塩素

③摩擦

の3つにとくに弱いとされています。
手洗いにしても洗濯機にしても、お手入れする上でこの3点さえ頭に入れておくと、うっかり水着をダメにしてしまう事もなくなります。

年に数回しか着ない水着ですが、数ある中から選んだお気に入りのものでしたら長く愛用したいですよね。
お子様の水着も、サイズアウト前に傷んでしまうのも勿体無く感じます。
来年も再来年もお気に入りの水着が着られるように、適切なケアを行いましょう!

関連リンク

他にもスニーカーや上履きの洗い方について解説している記事があるので、きになる方は読んでみてください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 17dd953f 8c8b 4e6c af2c b2da16f31f8d
Written By
mutu mama
小学生の子供を二人持つ主婦です。
2017年下旬からライターとして参加させていただいてます。 主婦目線・母親目線にたった生活感のある記事を書くように心がけています。 実際に使用している家電や、お手入れ方法などの生地はなるべく沢山の画像を付けてわかりやすくお伝えしていきます!

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧