エアコンがカビ臭い!?カビ取り掃除方法や予防対策を紹介

この記事を執筆するにあたって

家族には喘息持ちが多かったりもしたので、昔は良くエアコンを付けると咳が出るから・・・と言われていた記憶があります。何故なのかは当時は分かりませんでしたが。過去にはエアコンのメンテナンス業者で勤務していたこともあるので経験などからできるだけわかりやすい記事を書いていければと思います

Written By 田奈 修

目次

エアコンクリーニング

エアコンのカビについて解説します

今回は、エアコンのカビに関しての解説となります。
カビと聞くと、一般的には浴室などの湿気が籠もる場所に発生する物だと感じる方が多いのでは無いでしょうか
意外なことにもカビは至る所に簡単に湧いてしまうもので、エアコンも例外ではありません。
夏には冷房、冬には暖房と年間を通して活躍の場のある家電製品だからこそ清潔な状態で安心して使いたいと思うのは当たり前のことです。
日々使うものですから、出てくる風にカビが混ざっていたらなんて想像したくはありませんよね。
ここではエアコンのカビに関して、その発生原因や対処法などを交えて解説を行いたいと思います。

エアコンのカビが発生しやすい場所は?

フィン

フィンというのは、エアコンのフィルター部分を外すと見えてくる銀色の網の様な、並んだ金属の板部分のことを指します。
このフィンによってエアコンは、冷房運転の際に暖かい空気を取込んで冷やすことでエアコン内部の湿度が上昇し結露が発生してしまうのです。
暖房運転時にも、室内と室外の温度差で湿度が上がることもありますし、フィンはエアコンの中でも特にカビの発生しやすい箇所であると言えます。

ファン

こちらのファンという部分は、エアコンから風が送風される箇所から中を覗くとみることが出来ます。
風向きを変える為のブレード状の羽のような部品(ルーパーと言います)の更に奥にこのファンがあります。
このファンが回転をすることで風を生み出しているのですが、このファン部分も中は風を生み出していることから結露などで湿気が貯まりがちに。
結果としてカビの繁殖に適した環境となってしまっているのです。

吹き出し口

エアコンはファンから風を起こし、その風ははもちろん吹き出し口を通って外に出てきます。
この際に、ファンにカビなどが生えているとその胞子が一緒に出てくることになりますので、吹き出し口にも徐々にカビの胞子がつき繁殖の原因となります。

エアコンにカビが発生する原因は?

エアコン 掃除 カビ

では、一般的にエアコンにカビが発生してしまう原因とは何なのでしょうか?
どんな仕組みでカビが発生するのか、原因とその仕組みを解説してみたいと思います。

原因① 温度

カビという物がどんな条件で発生するのかご存じですか?
カビは一般的に、温度が5度から35度程度の間であれば発生してしまうのです。
室外であれば冬は氷点下になる地域も多いでしょうし、夏も40度を超える猛暑日という日も最近は良く聞きますね
しかし、一般的に家の中は人が住む場所として一定の温度を保っておけるように設計されています。
その為、真冬の朝方などであっても5度以上の温度を保っておける環境は多くカビからすればまさに発生するのに絶好の環境となってしまっているのです。
特に、20度から30度の間は人間だけではなくカビにとっても特に良いとされる環境なので、最適に近い温度に保たれている室内ではカビの発生を引き起こしやすい環境が常に用意されている状態が続きやすい事になります。

原因② 湿度

こちらも重要な要素となります。
温度だけではなく、カビの発生には湿度が大きく関わっています。
しかし、カビの発生には80%以上の高い湿度が必要となり、この湿度が保たれる事はあまり多くありません。
この点を踏まえて考えると「エアコン内部はそこまで湿度も高く無さそうだし、どうして?」と感じる方も居るのでは無いでしょうか?
そこで上記の、内部では結露が引き起こされる事による湿度上昇が関係してくるのです。
結露で発生した水分によって一定以上の湿度が保たれることによりカビが生えてきてしまうわけですね。

原因③ 汚れやホコリ

エアコンはまず部屋の内部の空気を取込み、それを冷やしたり暖めたりして循環させることで部屋の温度を調整します。
そのため、部屋の内部の空気にハウスダストなどの微細なホコリや、料理などで発生する煙などを吸い込むことで内部は少しずつでも汚れてしまいます。
その汚れやホコリはいわばカビの栄養源となり、さらにカビを発生させる要因となってくる。といった具合です。

この様に、以外にもエアコン内部はカビからすると居心地の良い環境が揃いやすいと言えます。

エアコンがカビくさい、、

エアコン 掃除 カビ

久々にエアコンを動かしたら、何だかカビ臭い・・・こんな経験をされたことのある人もそれなりに居るのでは無いでしょうか?
では、なぜエアコンがカビ臭いのか。原因と対処法をご紹介致します。

エアコンがカビくさい原因① カビ菌

エアコンの内部にカビが発生しやすい環境が整っているのは先に解説したとおりです。
では、エアコンで発生したカビはその後どこに行くと思いますか?
エアコンを運転した際に、送風に乗りカビ菌が室内に放出されてしまうのです
カビ臭い原因は、内部で発生したカビが常に空気と一緒に外に出てきている状態であると言えるので、早めの対処が重要となります。

エアコンがカビくさい原因② ホコリや汚れ

完全にカビ臭いかどうかはわからないけど・・・何だかとにかく臭い。
こんなこともありますよね?
エアコンの中には部屋の空気中に含まれていたハウスダストから汚れまで様々な物が取り込まれていきます。
これらに雑菌が繁殖することでも、カビ臭さと似た不快な匂いが発生してしまいます。
このまま時が経てば、いずれはこの雑菌などが繁殖してもっと匂いがきつくなったり、カビが発生してカビ臭さも混ざってきたりしてしまいますのでやはり早めの対処をおすすめします

エアコンがカビくさい場合の対処法①

実際にエアコンがカビ臭い・何だか臭うといった際にはまずその原因を取り除く事が大切です。
ホコリの侵入を防ぐためのフィルターを確認して、ホコリが異常に溜まったりしていないか等を確認しましょう
エアコンのフィルターは掃除機でホコリを吸い取る
あまりに汚れがひどければ水洗いもおすすめです
ただし、水洗いを行う際には水をかける向きに注意して下さい
フィルターは取り込んだホコリなどを中に侵入させないように網目を使ってホコリをため込みます。
その為水をかける向きは必ず「内側」からかけるように気を付けましょう
間違えて外側からかけてしまうとホコリをフィルターに押しつけて目詰まりの原因となってしまうので注意。

エアコンがカビくさい場合の対処法②、、、

フィルターを洗ってもまだ臭い・・・
こんな時にはその他の部分に雑菌やカビが繁殖している可能性も考えられます。
また、カビや雑菌以外にも油汚れなどを吸着している場合もあるので、目で見える範囲であれば吹き出し口やファンの手前にあるルーパー(風向きを変えるブレード状のパーツ)などの拭き掃除を行うなども効果的です。

エアコンのカビを除去する掃除方法 ①自分でやる場合

カビの発生が疑われればそれを取り除かねばいけませんね。
ここでは自分でカビを除去する方法及びメリットやデメリットなどを解説したいと思います。

自分で掃除を行うメリット・デメリット

自分で掃除を行うメリットはやはり金銭的な負担が少なく済むと言う点です。
また、思い立ったらすぐに掃除が出来るメリットもありますし日頃から掃除を行う習慣があればカビの発生の抑制にも役立ちます。

逆に、デメリットもあります。
まず、エアコンも操作が簡単で非常に快適に使うことの出来る電化製品ですがやはり精密機器。
誤った掃除方法をとることで、汚れを逆に内部にため込んでしまったりする事もあるでしょう。
最悪の場合、重要な部分や外装パーツを破損してしまい修理が必要になんて事も・・・。
また、エアコンは大抵高位置に設置されていることが殆どなので、掃除を行って居る最中には足場から落下して怪我をしてしまうなんて事も無いとは言い切れません。

用意するもの

ぞうきん:拭き掃除などの基本的な清掃にはかかせませんよね。
歯ブラシ:使い古した物でもいいですし、掃除用に1つ用意しても良いと思います。細かい箇所やフィルターの網目など細かい場所を掃除するのにおすすめですよ
小型スポンジ:ホームセンターなどの掃除用品コーナーに売っている小型コーナー用のスポンジです。
ぞうきんの入り込めない隙間などの掃除に使うのであれば便利だと思います
エアコン掃除用スプレー:こちらも最近はホームセンターやドラッグストアなどで販売されていますね。
こちらは手で掃除の出来ないフィン部分を洗浄するのに使います。スプレータイプや泡フォームタイプなど種類もあるので汚れのひどさなどに応じて用意してもらうのが良いと思います。
掃除機:家庭用の掃除機で大丈夫です。先端のヘッドでブラシタイプなどあれば尚良いですね。
主にフィルターに付着した埃を吸い取るために使います。
脚立:高い位置に設置されていることが殆どのエアコン。フィルターを外したりするのもそのままでは手が届かない事もあるかと思いますので脚立や安定した足場があれば用意をしておくのがおすすめです。

手順① まずは掃除と埃除去

まずは、エアコンの吹き出し口とルーパー部分、外装パネル部分などは硬く絞ったぞうきんなどで水拭きを。
吹き出し口やルーパー部分は狭く手が入り込めない箇所などもあると思うのでそういった部分は小型スポンジなどで対応をしましょう
前面パネルを空けることでフィルターも確認出来ると思いますので、フィルターは取り外して埃の除去や水洗いなどを行いましょう。
フィルターを水洗いした後は水気を残して戻すと帰って湿度を増やすことになってしまうので、しっかりと乾燥させてから取り付けて下さい

手順② スプレーでフィンやファン部分を掃除

用意したエアコン掃除用スプレーなどを、説明書きに従って噴射します。
フィン部分に吹き付けたスプレーはその後、排水ホースを伝って室外に排出されるので安心して下さい。
ただし、誤った使い方などをすれば室内に垂れてきてしまったりすることも考えられるので使用法はしっかりと確認の上で作業を行いましょう。
また、ファン部分にも使えるようなスプレーであればこちらもスプレーを噴射して汚れを浮き上がらせた後に歯ブラシなどで汚れやカビの除去を行うと効果的です。

エアコンのカビを除去する掃除方法 ②プロに頼む場合

エアコン 掃除 カビ

自分で行うのと合わせて今度はプロの業者に頼む場合です。
プロに頼んだ場合のメリットやデメリットは何なのか?
どんな業者がおすすめとなるのか、合わせて解説を行いたいと思います。

プロに頼むメリット・デメリット

メリットはやはり安心、確実:プロの清掃業者に依頼をすれば、一般の人には掃除が行えない細かい部分まで念入りに掃除を行ってくれます。また、業者は清掃のプロでもあるので自分たちでは見落としがちな部分を含めすっきりとエアコンを綺麗にしてくれますよ
自分でやって壊してしまったらどうしよう・・・という不安も解消されるのも大きなポイントですね。
デメリット:やはり業者に頼むので金銭的な負担は自分で掃除を行うより大きくなってしまいます。
女性が一人暮らしをしている場合など、人によっては業者と言えども知らない人を家に呼んで作業をして貰うことに抵抗を感じる方も居ると思います。
汚れたエアコンを見られるのが恥ずかしいなんて声も聞くのでそういった部分がデメリットとなるのでは無いでしょうか

どの業者に頼めば良いか

最近はエアコン清掃の業者もいくつかありどの業者に頼めば良いかも悩むところだと思います。
ここでは、業者を選ぶ際のポイントをいくつか挙げていきたいと思いますので是非参考にしてみて下さい。
1,掃除内容を確認:どのような方法を用いて洗浄を行うかは業者により多少異なる部分だと思いますが、業者のホームページや電話で確認することは充分可能です。ポイントとしては、内部に取り付けられたファンやドレンパンなどをしっかりと取り外した上で洗浄してくれるのかどうか。狭い位置に設置されている部品なので取り外した上でしっかりと洗浄してくれる業者なら丁寧な洗浄が期待出来ると思います。
2,使用する洗剤や機械は?やはりエアコンを洗浄するので水だけで洗うというわけにも行きません。しっかりと汚れやカビを除去するために使用する洗剤などは環境などに配慮がされているかも確認すると良いかも知れません。ペットなどを飼っている人など、家族や動物に影響が無いかと心配な面はしっかりと確認・相談するのがおすすめです。また、フィンの部分などは取り外しが困難なため高圧洗浄機を用いて洗浄をしますが、その使い方があまり分かっていないと高圧であるが故に機械を傷めてしまうなどの可能性も出てきますので機械の知識が豊富なスタッフが居ることが重要ですね
3,来てくれる業者の方を相談できる?やはり業者と言えども知らない方が家に来るわけなので不安に感じる方も少なからず居ると思います。業者によっては女性宅には女性のスタッフを派遣してくれるなどの嬉しいサービスを用意している業者もありますので希望があれば業者に伝えて対応してもらうのがおすすめになると思います

かかる料金や時間は?

業者に依頼した際にかかる費用や料金の相場はどの程度なのでしょうか?
作業の内容などと合わせて解説をしていきます。

料金

業者によっても多少の違いはありますが、全国的に展開しているような業者であればおよその料金相場は1万円~20000円程度が多いです。
一般的な壁掛けタイプでの相場であり、天井に埋め込み設置されているタイプなどは料金が3万円前後と割高に。
また、壁掛けタイプでも最近出てきている自動お掃除機能付きのエアコンなどは内部の仕組みが複雑なためクリーニング費用も高くなりがちです。相場としては25000円~35000円程度の相場になっています。
エアコンの掃除と合わせて、コーティングなどのオプション作業もあるのでどの程度の洗浄を行うかをしっかりと確認、相談した上で見積もりを出して貰うほうが安心して作業を頼めるのでおすすめになると思います
補足としては、業者は車に機材を積んで訪問する事がほとんどなので、ご自宅に駐車スペースが無く近隣の駐車場などを利用する必要が出る場合は駐車料金も依頼者負担の場合があります。事前に確認をしておきましょう

時間

こちらの作業時間の目安は一般的に、1台当り1~2時間程度と言われています。
特に、エアコン内部の部品を分解して洗浄などを行う際には始めの分解にも時間がかかりますし室内を汚さないように行う養生の作業などでもそれなりの時間が必要となります。
結果として、1台あたりにかかる作業時間は決して短くはないので時間的に余裕のある日に予約を行うのがおすすめです。
実際にエアコンを見てみたら作業時間が大幅に増えるということもあり得ると思うので、その後に予定などを入れていると予定の変更を余儀なくされたりと言うこともあり得るので注意が必要だと思います。
台数が増えればその分作業時間も増える事になるので、その点も考慮して業者に依頼を行うのが重要ですね

エアコンにカビが発生しない日々のカビ防止方法

エアコン 掃除 カビ

ここまでは洗浄や対処法を解説してきましたが、一番はカビの発生を防止することですよね
カビの発生を防止できれば分解しての洗浄などの機会も減らすことに繋がりますので、ここでは日々のカビ防止対策を解説したいと思います。

カビ防止① 冷房はすぐに切らずに運転を

エアコンは、冷房運転を行う事で結露が起こり湿度があがりやすいという話をしてきましたね?
ここで日頃から出来るカビ防止対策が、【冷房運転の後は送風や暖房機能を使って湿度の上昇を抑える】方法です
冷房を切るときには、30分から1時間程送風運転や暖房運転を行う事で内部の結露を乾かすことが出来ます。
これにより内部の湿度の上昇を防ぎカビ菌の繁殖が抑えられるので、冷房を使った後は切る前に一工夫を心がけてみるのも良いのでは無いでしょうか

カビ防止② 換気

エアコンはその仕組み上、室内の空気を取り込んで循環させます。
空気の中に含まれる埃などを、換気して外に排出する事でエアコン内部に埃がたまってしまうのを防ぐことが出来ます。
また、部屋に籠もった湿気なども換気をすることで排出することが出来るので、定期的にお部屋の換気を行うのも効果がありますよ

カビ防止③ 除湿

カビの生えやすい時期は主に梅雨時などの湿度が高い時。
部屋に除湿剤を置いてみたり、除湿機を併用して部屋の湿度その物を下げてしまうことで、エアコン内部に湿度の高い空気が取り込まれるのを防ぐことが出来ます。

カビの発生を抑制したり掃除のしやすいおすすめエアコン

様々な対処法やカビの除去に関して解説を行ってきましたが、最近はカビの発生を抑制する機能を搭載したエアコンなども出てきて居ます。
長く使っていく物だからこそ安心して使える機種を選びたいですよね
いくつかおすすめとなるエアコンを紹介していきますので参考にしてみて下さい

どうやってエアコンを選んだか

まず、何を基準にエアコンを選ぶかです。
最近はメーカー毎にエアコンの機能に特色を持たせている製品が多く存在します。
フィルターの自動掃除などは多くのメーカーでも採用されており掃除の手間が省けて良いのではと感じる人も多いのでは無いでしょうか?
ここで選ぶ基準は、その様な自動掃除機能などがどれだけ有効となり得るのかを元に製品を選んでみました。
折角の自動ケアなのにそれがあまり効き目が無かったり、掃除のしにくさがネックになったりでは逆に大きな負担となってしまいます。
各清掃業者の口コミや自動掃除機能の仕組みから、とりわけカビの発生抑制に強い機種を選んでみました。

ダイキン うるさら7シリーズ

S40VTRXP-W ホワイト うるさら7 RXシリーズ

参考価格:14畳用で¥175,000程度~
ダイキンエアコンの上位機種となります。
こちらの機種のおすすめ箇所としてはダイキン独自の技術となる【ストリーマ】
この技術は、フィルターに付着した花粉やダニの死骸など、カビの発生原因となり得る空気中の不純物を強力分解する技術です。
このストリーマを内部機器にも照射することで内部を清潔に保ってくれます。
自動掃除機能を搭載したエアコンも増えてきましたが、内部機器へのケアや熱交換器と呼ばれる部品への腐食対策やコーティングなど、長期間のカビ抑制を行える点が魅力となります。
フィルター自動掃除は、定期的にダストボックスに溜まった埃を捨てるだけと手入れも簡単なので日頃からエアコンのメンテナンスを行える程時間的な余裕も無いという人にもおすすめ出来ると思います

パナソニック ノクリアX

富士通ゼネラル AS-X40G2 nocria (ノクリア) Xシリーズ

参考価格:14畳様で¥175,000程度~
こちらもパナソニックから登場した上位モデルのエアコンです
カビは20度~30度の温度で発生しやすいという事は上記の解説でお話ししたと思いますが、このエアコンはカビの発生しやすいフィンの部分を加熱することで、フィンの温度をカビや細菌が繁殖できない温度まで高めてくれます。
また、フィルターの自動清掃も搭載しており日々のお手入れの手間もかからず。
プラズマイオンで空気中の微粒子を吸着する仕組みをとっているためフィルターの目詰まりによる性能の低下も抑えられているのがポイントとなります。
それらの機能により、メーカー発表では5年間お手入れが不要と謳っている程。
こちらの製品も、日頃から定期的なケアをしなくともエアコンが自動的に手入れを行ってくれるので長く安心して使用していくことが出来るのでは無いでしょうか

【コラム】エアコンにカビキラーってどうなの?

カビと聞けば、大抵の人は頭にカビキラーの文字が浮かんでくるのではないでしょうか。
お風呂場やキッチン周りなど、頑固なカビ汚れには非常に有効で自身も愛用している商品です
では、エアコンに繁殖してしまったカビに対してはどうなのでしょうか?
同じくカビはカビなのだから有効な手段となるのでは?と感じる方も中には居ると思います。
実際どうなのか、解説してみましょう

カビキラーはエアコンには不向き
確かにカビの除去にカビキラーは有効かもしれません。
そういった点ではカビキラーをエアコンに使う事自体は可能かも知れませんが、別の意味からエアコンへの使用が不向きであることが分かります
カビキラーは主にアルカリ性の溶剤であり、酸性の洗剤と混ざると有毒なガスを発生させます。
万が一、エアコン掃除の際に使用した洗剤が酸性であった場合、内部に残ってしまった洗剤に反応すると室内には有毒ガスが発生してそのガスを微細であっても吸い込んでしまうことになります。
また、アルカリ性の溶剤であることからカビへの浸透力は優れていますが、フィンなどの金属部品はアルミを用いている事が多く腐食の原因にもなってしまいます。
その為、エアコンの動作に支障を来す恐れも高いためカビキラーでのカビ除去はおすすめできません。
やはり、エアコン用に作られた洗剤を用いたり業者に依頼するなどの方法をとる方が安心で確実だと言えると思います。

まとめ

如何だったでしょうか
今回は解説する項目も多く、記事自体もそれなりの長さの物になってしまったと思いますがお役に立つ情報は見つかったでしょうか?
カビの生えてしまったエアコンを使い続けていくと、カビの胞子などを吸い込むことで鼻炎などのアレルギーを引き起こしたり、慢性的に続けば肺炎や喘息を引き起こすこともあるなど決して軽視できるものではありません。
特に、ご家族やペットなどの影響を考えればやはり日頃からの対策やカビが生えてしまった後の対処は特に大事な物となります。
普段はリモコンを押すだけで動いているエアコンなので、あまり気にとめることはないかもしれませんが年間を通して使う機会の多い家電製品でもあるので何か違和感や匂いの変化などがあればここでの情報を元に掃除や業者への依頼をおすすめします。
今後エアコンを買い換えようと検討する際には、自動掃除機能がどの程度信頼できるのか?と言った情報とも合わせて製品を選んで貰えればと思います。
自動掃除機能がなかったとしても、日頃のちょっとした対処法などでもカビの抑制には大きな効果が得られると思うので、この時期から活躍するエアコンも一度大掃除してみるのも良いかも知れませんね。

関連リンク

またこちらの記事では暖房が臭い場合の原因や対策などについて解説しています。
こちらの記事も合わせて読んでみてください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 7532c94a 9ab3 4d18 a855 7a990a2b8cc0
Written By
田奈 修
見た人全てに「見て良かった」と感じて貰えるような記事作成を目指しています
家電好き、ガジェット好きが引き金となって2018年より家電製品関連のライター業務を行って居ます 数多くある商品の中から、使う人目線での有益な情報を発信していけるように努めていきたいと思います。 「こんな製品があったのか」と驚きを生まれさせることが出来る様に記事作成には特に力を入れて取り組みたいと思って居ます。 宜しくお願い致します

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧