炊飯器の保温の温度を解説!象印やタイガー、日立の保温の温度は?

目次

炊飯器の保温の温度について解説します

多くの炊飯器には、炊飯機能の他に保温機能があります。炊飯で炊き上がったご飯を高温で保温する機能です。
炊飯の温度は、水を沸騰させますから、室温から徐々に炊飯器が設計されている温度曲線に沿って100℃まで上がり、その後は下げていくものと推測がつきます。

それ以外にも

  • **保温の温度は、どのくらいにしているのでしょうか?
  • 冷めないでおいしく食べられるために、どんな工夫がされているでしょうか?
  • 炊飯器のメーカーによって保温の設計に違いがあるのでしょうか?
  • **保温の温度は、ユーザーが変えられるのでしょうか?
  • 家庭用と業務用の炊飯器では、保温に関して何か違いがあるのでしょうか?

ここでは、炊飯器の保温の温度について、各メーカーの情報をまとめ、疑問に答えます。**

炊飯器の保温の温度は設定できるの?

*炊飯器の保温の温度をユーザーが変えることができるでしょうか?
答えは、メーカーおよび機種によりできるものとできないものがあります、ということになります。
*
できるものでも設定変更は、2つの温度から選択することになっているのがほとんどです。
パナソニックのみ、5つの温度の選択ができる機種を有しています。

なぜ保温温度を変えられるようにしているのでしょうか?
炊けたご飯をおひつに移し替えたときのご飯の温度は60℃くらいといわれています。
これくらいがちょうど食べ頃の温度といえるようです。アツアツご飯ではもう少し高い温度です。
炊飯器では、ふたを開けると温度が下がるのと、低い温度では臭いの発生がしやすいので、60℃よりも高い温度に設定するというのが、設計の考え方と推測できます。
したがって、多くの炊飯器の保温温度は72℃くらいになっています。温度切り替えは、この高い温度72℃くらいから低い温度60℃くらいに設定を変える、またはその逆になります。この温度切り替えで、ユーザーは好みの食べ頃の温度を選ぶことができることになります。

高い温度で維持したほうが、アツアツご飯が食べられるというメリットが出ますが、高い温度を長く続けるとご飯が乾燥しやすくなる傾向がありますので、長時間の保温では、低い温度に自動的に切り替わる機種があります。
保温の温度を変えられる機種はどれも、一度変えたら変えた温度を維持しますが、再度設定を変えることができます。

保温の説明(象印の取扱説明書から)
撮影:peace

以下には、各メーカーの保温温度の比較を行います。また、おすすめの商品を紹介します。

炊飯器の保温の温度のメーカー比較① 象印

象印の炊飯器は、高め保温と低め保温の2段階切り替えを有しています。保温温度は、高め保温で約73℃、低め保温で約60℃です。

参照元:象印

低め保温は象印ではうるつや保温と呼んで、工場出荷時の保温は、こちらにしています。象印では、こちらを最適な温度コントロールとしています。
高め保温は臭いの発生を抑えるという機能にしています。保温の切り替えは簡単で、ボタンをワンタッチしてできます。
高めのボタンを押すと高めになり、低め(うるつや)のボタンを押すと低めになります。表示も見やすく、低め保温になっているか高め保温になっているかが、ランプが点灯されて区別できます。保温無しは取り消しボタンを押すことにより、保温が解除されます。

保温時間では、白米の場合、高め保温では12時間、低め保温では30時間を限度にするように注意書きがされています。
保温時間は時間単位で表示されます。切り替えで、保温時間はリセットされ、切り替えられた保温温度から始まります。

商品名 象印 炊飯器 IH式 極め炊き 5.5合 ブラウン NP-VQ10-TA

象印 炊飯器 IH式 極め炊き 5.5合  ブラウン NP-VQ10-TA
画像をクリックするとAmazonへ移動します

炊飯器の保温の温度のメーカー比較② タイガー

タイガー魔法瓶の炊飯器の保温は、1種類で、その温度は、約72℃です。

参照元:タイガー

以前には、つやつや保温と呼んで、通常保温よりも低い温度の保温があり、切り替えていたようですが、今は一本化されています。保温における選択は、保温か保温無しかの二者です。

メーカーは保温無しにおいても、全く保温がないかというとそうではなく、炊飯終了後

露の付着を防ぐため、約3時間、またはご飯の温度が70℃に下がるまで、保温ヒーターおよびふたヒーターが入っています。それ以降は通電がストップし、保温ランプが点滅するようになっています

とコメントしています。

引用元:
タイガー

商品名 タイガー 炊飯器 5.5合 IH ブラック 炊きたて 炊飯 ジャー JPE-A100-K Tiger JPE-A100-K

タイガー 炊飯器 5.5合 IH ブラック 炊きたて 炊飯 ジャー JPE-A100-K Tiger JPE-A100-K
画像をクリックするとAmazonへ移動します

炊飯器の保温の温度のメーカー比較③ 日立

日立の炊飯器の保温には、2段階があり、切り替えです。温度の詳細情報は開示されていません。
「保温」(低めの保温温度)と「保温高」(高めの保温温度)の2段階で、通常は、「保温」になります。
保温に関して、他のメーカーと同様の使い方であるため、保温温度は他のメーカーと大きく変わることはないと推測してよいでしょう。すなわち、保温温度は、「保温」は60℃で、「保温高」は74℃と推定します。

切り替えには、メニュー(保温)ボタンを押し、希望の保温、すなわち保温、保温高、保温切を選び、決定します。象印のようにワンタッチで簡単、というわけにはいきません。
「保温」(低めの保温温度)での保温は40時間以内、 「保温高」(高めの保温温度)での保温は12時間までにしてください、という注意があります。

参照元:日立

商品名 日立 炊飯器 IH式 5.5合 シルバー RZ-AC10M S

日立 炊飯器 IH式 5.5合 シルバー RZ-AC10M S
画像をクリックするとAmazonへ移動します

炊飯器の保温の温度のメーカー比較④ パナソニック

パナソニックの炊飯に保温は、基本的には、60℃と74℃の2段階の切り替え設定となっています。

参照元:
パナソニック

保温の切り替えは、コース選択のボタンを押して、所望の保温温度を選択します。機種によって、コース選択を決定した後の選択が少し異なりますが、指示通り進めれば問題ありません。

機種によって、例えば、SR-KA051等高機能な機種では、60℃、62℃、72℃、74℃、76℃と細かく温度設定できます。

参照元:SR-KA051 取扱説明書

また、17年ジャー炊飯器では、スチーム保温といって、スチームを炊き上がり後の保温状態で、6時間後、12時間後に投入する技術が盛り込まれています。

参照元:パナソニック

商品名 パナソニック おどり炊き SR-PA107

パナソニック 5.5合 炊飯器 圧力IH式 おどり炊き ホワイト SR-PA107-W
画像をクリックするとAmazonへ移動します

炊飯器の保温の温度のメーカー比較⑤ 東芝

東芝の炊飯器の保温では、保温温度の選択はなく、1種類で高温保温、73℃です。

東芝の保温の特徴は、真空保温と呼んで、炊き上がり1~3時間後に内釜を減圧する操作が自動で行われます。

参照元:http://gizport.jp/manual/1882965/?id=114330

商品名 東芝 真空IHジャー炊飯器(5.5合炊き) グランホワイトTOSHIBA 鍛造かまど銅釜 RC-10VRL-W

東芝 真空IHジャー炊飯器(5.5合炊き) グランホワイトTOSHIBA 鍛造かまど銅釜 RC-10VRL-W
画像をクリックするとAmazonへ移動します

炊飯器の保温の温度のメーカー比較⑥三菱

三菱電機の炊飯器の保温温度については、低め保温60℃と一定保温と呼ぶ高め保温72~74℃があります。

三菱の資料に以下の記述があります。

<たべごろ保温(お買い上げ時の設定)>
「おひつ」に移したご飯と同等の低めの保温温度(約60℃)にすることで、ご飯の変色・乾燥を抑えておいしさを保ちます。
12時間(機種によっては8時間)を越えると、自動的に一定保温(約72℃~74℃)に変更されます。
保温の種類が選べない機種は、一定保温(72~74℃)のみです。<

引用元:三菱電機

たべごろ保温は、12時間経つと一定保温(高め)に自動的に移行します。保温時間は24時間を限度にするように指示しています。

保温温度の切り替えは、表示部の保温ボタンを押して、所望の保温の表示の選択します。

参照元:三菱IHジャー

商品名 三菱 IHジャー炊飯器(5.5合炊き) ピュアホワイトMITSUBISHI 備長炭炭炊釜 NJ-VE108-W

三菱 IHジャー炊飯器(5.5合炊き) ピュアホワイトMITSUBISHI 備長炭炭炊釜 NJ-VE108-W

炊飯器の保温の温度のメーカー比較⑦シャープ

シャープの炊飯器の保温の温度は、1種類のみで、保温温度は、70℃±(プラスマイナス)3℃ の設定です。

参照元:http://cs.sharp.co.jp/faq/qa?qid=148128

商品名 シャープ IHジャー炊飯器 (最大5.5合) KS-HA10-W

シャープ IHジャー炊飯器 (最大5.5合) KS-HA10-W
画像をクリックするとAmazonへ移動します

【コラム】家庭用と業務用の炊飯器は保温の温度は違う?

業務用の炊飯器は家庭用の炊飯器と仕様が異なります。業務用は、基本的には炊飯モードにおいて、米を浸漬させながら徐々に加熱していく、いわゆる予熱行程がなく、炊飯からになります。業務用にご飯を炊いているところで、ご飯を研いだ後、大きなざるで水を切っている光景をご覧になっているでしょう。水を切る前に60分以上浸水させています。業務用は、保温機能がありませんでしたが、今は保温機能が付いているものがあります。

タイガー魔法瓶では、家庭用の炊飯器の保温温度が、約72℃に対して、業務用では約73℃であるとしています。

参照元:https://support.tiger.jp/faq/show/679?site_domain=faq

象印では、業務用の炊飯器の保温温度は、71℃、73℃、および75℃の3段階切り替えにしています。家庭用より高めの設定です。

参照元:https://www.zojirushi.co.jp/syohin/professional/ricecooker/nhgegea/

パナソニックも象印と同じ3段階切り替え設定です。

参照元:https://panasonic.jp/suihan/p-db/SR-PGB54A_spec.html

総じて、業務用炊飯器の保温温度は、家庭用炊飯器の保温温度よりも、高い傾向にあります。

全ての炊飯器の保温の温度に解説できた訳ではない

この記事では炊飯器の保温の温度について全てを網羅できた訳ではありません。

各メーカーとも72℃前後の高温設定を基本にしていますが、それだけでは実際に食する際には、少し低温にするという、60℃設定も有するメーカーが多いことが知られました。実際の使われ方はどうなっているであろうかという、突っ込んまでは調べが行き届きませんでした。この点は、各ユーザーが試行錯誤を行いながら、ご自分の好みに応じた使い方をすることにつながっていくことになるものと思います。

各メーカーの炊飯器とも、保温の他に、再加熱をする操作をする機能を持たせています。低温保温の後の操作で、アツアツご飯が得られる対応をとったり、一度炊いたけれど物足りなくて調整したりするなどという使われ方もあるようです。再加熱の使い方も含みのある使い道と思われます。

この記事を読まれてご質問やご意見がありましたらご連絡ください。皆様のご質問やご意見を元に記事を修正。加筆してまいります。

再加熱の記述(象印の取扱説明書から)
撮影:peace

まとめ

炊飯器の保温は非常に便利な機能で、時間がたった後でも温かいご飯が備わっている点で役に立てておられる家庭が多いでしょう。保温温度が、多くの場合2段階の切り替え、高めと低めがあって、それぞれの役割を知って役立てることで、保温の機能をさらに引き出せるものと期待します。保温温度に関しては、各メーカー間で大きな違いはないとみてよいでしょう。保温温度の切り替えでは、各社で差があり、ご自分に適した選択をされるとよいと思います。

関連リンク

また炊飯器の保温について解説した記事をいくつか執筆しています。きになる方は参考にしてみてください

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small bb9b808f 3b7d 4352 af44 f93aa66e5927
Written By
花透 PEACE43
家電情報を提供するライターです
家電の選択・購入あるいは使用のための情報を整理して、皆様がご覧のなれるように提供します。よろしくお願いいたします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧