プラスチック容器は電子レンジOK?溶けたプラスチックの掃除方法も

目次

電子レンジにプラスチックはOKか解説します

突然ですが弁当には容器に電子レンジの温め時間がかかれているものもあれば、書いていないものをありますよね。

個人的な印象としてはコンビニには温め時間が表記されているものが販売されており、スーパーなどの比較的大きな店では温め時間が表記されていないものが多いと感じています。

ですが中にはそんな違いは気にしておらず、弁当はすべて温めているという方もいるでしょう。

しかし、間違った使用方法をしていると容器が溶けることもあるとか。

そこで今回の記事では「プラスチック容器は電子レンジOK?溶けたプラスチックの掃除方法も」という内容でお届けしていきます。

何でもかんでも弁当や総菜はプラスチック容器のまま電子レンジで温めているという方!

健康被害を出す前に、ぜひこの記事で正しい知識をつけましょう。

電子レンジがOKなのはどっち? 2種類のプラスチック

プラスチック 電子 レンジ

プラスチック容器にはポリスチレン(PS)製のものと、ポリプロピレン(PP)製といった種類の容器がありますよね。
そこでまずは電子レンジで温めOKなのは、その2種類のプラスチック容器のうちどちらなのかを紹介していきます。

ポリスチレン(PS)製

ポリスチレン(PS)製のプラスチック容器では基本的に電子レンジで温めることは不可能です。

これはポリスチレン製のプラスチック容器の耐熱温度が70℃~90℃前後しかないためです。

電子レンジでは水分を含んだ食品では最高で100℃に、油を含んだ食品の場合は120℃以上まで上がりますので耐熱温度が70℃から90℃までしかないポリスチレン製のプラスチック容器では食品の温度に耐えることができません。

参考元:monostudio

その結果、ポリスチレン製のプラスチック容器では電子レンジで温めると穴が開いてしまう(溶けてしまう)ため、電子レンジでは使用してはいけません。

ただし、一概にポリスチレン製のプラスチック容器では電子レンジで温められないということではないようです。

※高温に耐えうるポリスチレン製のプラスチック容器もあるため

基本的にはポリスチレン製のプラスチック容器では電子レンジでは使用不可であるということを覚えておきましょう。

ちなみに、ポリスチレン製のプラスチック容器はスーパーなどの弁当にも使用されているほか、卵パック、カップ麺のふたなどにも使用されています。

弁当=電子レンジで温め可能と考えている方は多いと思われますが実際にはそうでないので注意しましょう。

ポリプロピレン(PP)製

ポリプロピレン製のプラスチック容器では電子レンジで温めることは可能です。

これはポリプロピレン製のプラスチック容器の耐熱温度が100℃~140℃であるためです。

上記でもお伝えしたように電子レンジで食品を温めると水分を含んだ食品では最高で100℃に、油を含んだ食品の場合は120℃以上まで上がります。

ポリプロピレン製プラスチック容器はそれらに耐えうる耐熱温度を備えていますので電子レンジでも使用可能ということです。

ですが、長時間温めるといかにポリプロピレン製のプラスチック容器であっても焦げたりしますので不必要な温めはしないようにしましょう。

そんなポリプロピレン製のプラスチック容器はカップ麺の容器部分や、タッパー、コンビニ弁当などに使用されています。

電子レンジ可能なプラスチックか見極める方法は?

プラスチック 電子 レンジ

次に電子レンジで温め可能なプラスチック容器なのか見極める方法について紹介していきます。

方法① マークを確認

電子レンジで温め可能なプラスチック容器なのか見極める方法の一つ目は「マークを確認すること」になります。

コンビニ弁当でもタッパーでもなんでも大体の商品には側面もしくは裏側にポリスチレン製かポリプロピレン製かが分かるようにPSマーク、もしくはPPマークが表記されています。

それらを確認すればこの容器は電子レンジで温め可能なのかがわかるでしょう。

また、もしマークが表記されていない場合でもプラスチック容器の裏側に原料だったり、耐熱温度が表記されていることがありますのでそちらを判断基準とすることもできます。

方法② 感触を確かめる

電子レンジで温め可能なプラスチック容器なのか見極める方法の2つ目は「感触を確かめること」になります。

ポリスチレン製のプラスチック容器では卵パックのように「パリッ」という比較的明るい音が触った時に鳴ります。
これはスーパーで揚げ物を買う際に置いてある容器にも同じことが言えますね。

一方ポリプロピレン製のプラスチック容器ではタッパーのように「ボフッ」という重たいような音が触った時に鳴ります。

参考元:健康美容EXPO

このようにポリスチレン製のプラスチック容器とポリプロピレン製のプラスチック容器では感触による違いがあるのでこちらでも電子レンジで温めることが可能かどうかを判断できるかと思います。

ただ、一概にすべての製品でそのような感触であるとも限らないため、まずはマークを確認するようにしましょう。

方法③ 電子レンジで何分(もしくは何秒)温めるか書いてあるかどうか

電子レンジで温め可能なプラスチック容器なのか見極める方法の3つ目は「電子レンジで何分(もしくは何秒)温めるか書いてあるかどうか」になります。

これは筆者の経験則でもありますが、コンビニの弁当では何分温め、みたいな表記がされていますよね。

そういった製品では電子レンジで使用可能なポリプロピレン製のプラスチック容器だと考えられます。

反面スーパーなどで販売されている弁当の中にはそういった表記がないものがあります。

そのような商品の場合は電子レンジで温め不可能なポリスチレン製のプラスチック容器だと考えることができます。

ただ、何度も言いますがこれは筆者による経験則であるため一概には言えませんので参考程度にとらえてくださいね。

電子レンジで溶けてしまったプラスチックは有害?

電子レンジで溶けてしまったプラスチックは有害である、というような声もありますが実際のところは有害ではありません。

もちろん体にいいものではありませんが、もし電子レンジにより溶けたプラスチックを体内に入れてしまったとしても体内では消化はもちろん吸収もされずに排泄されますので人体にとって有害ではないのです。

参考元:中央化学株式会社

また、電子レンジでプラスチックが溶けたとしても食品には付いていないと考えられます。

というのも溶けた部分から縮んでいっただけなので多くの場合食品には付かないのです。

その点からもプラスチックが電子レンジにより溶けたとしても問題は無いと言えますね。

参考元:YAHOO!知恵袋

以下の参考元のようにプラスチックが電子レンジで溶けると人体にとって有害であるという考えを持っている方もいるでしょう。

参考元;人力検索はてな

「プラスチックが溶ける」という事柄自体で、人体にとって有害だと考える気持ちもわからなくはありません。

よくわからないものを怖いと感じることは当然ですよね。

しかし実際にはそうではない、ということは覚えておきましょう。

どうしてもプラスチックが電子レンジにより溶けるのがいやだ、という方は電子レンジで使用可能な容器に移し温めることをおすすめします。

ただ、有害ではないとはいえ、故意にプラスチックを体内に入れるなんてことはしないようにしてください。

プラスチック自体は排泄されますが、排泄されるまでに体内を傷つける可能性があります。

電子レンジの中に溶けてしまったプラスチックを掃除する方法

電子レンジ プラスチック

もし電子レンジの中にプラスチックが溶けてしまった場合は以下の掃除方法を参考にしてみてください。

  • 電子レンジ内に溶けたプラスチックが固まるのを待ってからマイナスドライバーなどの先が平たい道具を使用し、一気に剥がす

なぜ一度固まらせるのかというと固まらせることで一気に剥がすことができるからです。

固まる前にふき取ったりしてしまうと、底に溶けたプラスチックがこびりつく可能性があります。

上記の方法ではすべて取りきれなかった場合は、以下の方法をお試しください。

  • 濡れたふきんをこびりついたプラスチックの上にかぶせて置き、電子レンジで温めて、マイナスドライバーなどで削り取る

こちらの方法はかたくなってしまったしまったプラスチックを電子レンジ及びふきんで一度温めて取れやすくしてから削り取るというものです。

もし電子レンジにプラスチックが溶けてこびりついた場合は参考にしてみてくださいね。

参考元:アイハーブフリーク

この記事では全ての電子レンジとプラスチックの関係について言えた訳ではない

この記事では全ての電子レンジとプラスチックの関係について言えた訳ではありません。

というのもプラスチックにはここで紹介したポリスチレンやポリプロピレン製のプラスチック以外にもポリエチレン製のプラスチックもあります。

そのポリエチレンも耐熱温度は70℃ほどであるため、電子レンジで温めるには向いていません。

このように電子レンジで温められるかどうかはその原料樹脂に何を使用しているかどうかで決まるのです。

よってもし、ここで紹介したポリスチレン、ポリプロピレン以外の原料樹脂を使用した容器があった場合は電子レンジで使用する前にきちんと使用可能の耐熱温度なのかを調べましょう。

特にタッパーなどはふたがポリエチレン製となっており、電子レンジで使用できないというものもあります。

※ふたを外せば使用可能な場合もある

電子レンジにプラスチックがこびりつくなんて事態を防ぐためにもきちんと電子レンジで使用可能かを調べてから使用しましょうね。

まとめ

ここまでプラスチック容器は電子レンジで温めてもOKなのか、というテーマでお伝えしてきました。

電子レンジで温め可能なプラスチック容器は原料樹脂にポリプロピレンが使用されているものになります
ポリスチレンが使用されているプラスチック容器では電子レンジで温めると溶けてしまうことがあるのでお気を付けください。

便利なプラスチック容器を上手く活用するためにもこの記事で電子レンジで温めることが可能な容器そうでない容器を今一度確認してください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
タナカ タロウ
宜しくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧