電子レンジが回らないのは大丈夫?回らない電子レンジも紹介!

目次

回らない電子レンジについて解説します

ちょっとした料理を温め直す際、買ってきた総菜や弁当を温め直す際、料理に使用する材料を解凍する際等々、電子レンジを使用するケースというのは非常に多いですよね。

しかしそのように便利で汎用性の高い電子レンジでも大きめの弁当だったり、大きめの容器を温める際は入らない、もしくはターンテーブルが回らなくなることがあります。

そこで今回の記事ではその電子レンジのターンテーブルが回らない状態をテーマに紹介していきます。

いままでそういった状況に直面した際、温めを断念した方、容器を移し替えた方は多いことでしょう。

回らないことは電子レンジに対し悪影響を与えるのかどうか、気になる方はぜひご一読ください。

電子レンジのお皿"ターンテーブル"が回らない場合でも大丈夫?

電子レンジ 回らない

結論からお伝えしてしまうと電子レンジのお皿(ターンテーブル)は回らない場合は大丈夫ではありません。

電子レンジにターンテーブルがある理由は、片側から放射される電磁波をまんべんなく食品に当たるようにするためなのですが、ターンテーブルを回すにあたりモーターが使用されています。

そのモーターがきちんと作動しない、できないということで電子レンジに少なからず負荷がかかってしまうため、最悪故障を引き起こしてしまうこともあるのです。

さらにターンテーブルが回らないと、食品や容器の一点のみが温められることになり、過加熱に繋がる危険性があります。

食品により温度にムラが出てしまったり、最悪容器が溶けるということにもなりかねないのです。

よって電子レンジのターンテーブルが回らない状態というのは決して大丈夫であるものではなく、電子レンジの故障、もしくは食品の過加熱による炭化、容器が溶けるといった事態を引き起こしかねないものです。

そういった状況を発見した際、まぁいいか、で済ませることの無いようにしましょう。

参考元:Panasonic | 丸皿が回転しません。回転ムラがあります。(ターンテーブル式のレンジ)

そもそも回らない電子レンジもある

電子レンジ 回らない

電子レンジの中には、回らないタイプのものも存在します。

それでは次にそういったタイプの電子レンジについて紹介していきます。

コンビニの電子レンジは回っていない

コンビニで弁当等の温めるものを購入したことがある方はわかると思いますがコンビニで使用している電子レンジは回っていません。

電子レンジ=ターンテーブルが必ず必要である、という風な考えの方もいそうですが、実は回らないタイプの電子レンジも存在するのです。

回らなくても大丈夫な理由

そんな回らないタイプの電子レンジが回らなくても大丈夫な理由とはその電磁波を放出する仕組みにあります。

上記でも触れたように、ターンテーブルがあるタイプの電子レンジの電磁波を放出する場所はどちらか側面である場合が多いです。

しかし回らないタイプの電子レンジの場合は、電磁波を放出する場所が底面となっています。

これによりわざわざ、食品や容器を回すことなく、まんべんなく温めることができるようになっています。

回る電子レンジとの違いは?

よって回る電子レンジ、ターンテーブルのある電子レンジとの違いはどこにあるのか、というと、以下のような点になります。

  • 底面からの電磁波放出
  • マイクロ波を放出している機械自体が回転している

これらの違いにより、回らないタイプの電子レンジではターンテーブルが不要となっています。

回らない電子レンジのメリット・デメリット

それでは、回らないタイプの電子レンジにはどのようなメリット、およびデメリットがあるのか、について紹介していきます。

回らない電子レンジのメリット

回らない電子レンジのメリットには、掃除が楽であるという点が挙げられます。

というのも回らない電子レンジの場合、ターンテーブルがありませんので掃除を妨げられるものがないのです。

そのため、ターンテーブルがあるタイプの電子レンジでは苦労していた、床面の掃除が回らない電子レンジの方では苦労することはありません。

よってこの点がメリットとして挙げることができます。

回らない電子レンジのデメリット

回らない電子レンジのデメリットにはコストが高い、という点が挙げられます。

ターンテーブルがある電子レンジでは安いものでは数千円で購入することができますよね。

その安さこそ回るタイプの電子レンジが人気の所以なのですが、回らない電子レンジの場合は幾分か割高となっています。

よって回らない電子レンジの方が回るタイプの電子レンジよりも高い、という点がデメリットとして挙げられます。

おすすめの回らない電子レンジ

それでは最後におすすめの回らない電子レンジについて紹介していきます。

【東日本 50Hz専用】アイリスオーヤマ 電子レンジ 18L フラットテーブル IMB-F184-5

【東日本 50Hz専用】アイリスオーヤマ 電子レンジ 18L フラットテーブル IMB-F184-5

※画像クリックでamazonへ

ただ回らないタイプの電子レンジがほしい、そこまで高機能性は求めていない。

そんな方におすすめするのがこちらの商品になります。

というのもこの商品は、オーブンやグリルといった機能はありませんが、回らないタイプの電子レンジにしては低価格となっているからです。

そのため、機能性は無くてもいいから回らないタイプの電子レンジがほしいという方のニーズにはマッチした商品となっているでしょう。

いままでターンテーブルがある電子レンジを使用していたので、回らないタイプの電子レンジがどういうものか試してみたいという方はコチラで試してみてはいかがでしょうか。

アイリスオーヤマ オーブンレンジ 18L フラットテーブル ホワイト MO-F1801

アイリスオーヤマ オーブンレンジ 18L フラットテーブル ホワイト MO-F1801

※画像クリックでamazonへ

費用はできるだけ抑えたいけど、オーブンやグリル機能などはほしい。

そういった方にはこちらの商品がおすすめと言えます。

というのもこちらの商品にはレンジ機能の他、グリルやオーブン機能、それにパンや揚げ物を作るということもできるからです。

様々な料理にも活躍する回らない電子レンジとなっていますので、多機能性かつ費用をできるだけ抑えたいという方はこちらを選んでみてはいかがでしょうか。

上記で紹介した商品は回らない電子レンジ、いわゆるフラットテーブルタイプであることから掃除のしやすさは折り紙付きです。

今までの電子レンジは掃除しにくかった、とお悩みの方はこの機会にぜひ購入してみてください!

まとめ

電子レンジについているターンテーブルが何らかの原因により回らない場合、それは電子レンジに対し悪影響を与えてしまいます。

というのも、ターンテーブルを回すのに一役買っているモーターが電子レンジに対し負荷を与えてしまうからです。

食品に対してもいいことはありませんし、故障するという最悪の結果にならないためにもそんな状態を発見した際は、すぐに電子レンジを止めるようにしましょう。

そしてターンテーブルのあるタイプの電子レンジだと、容器がつっかえて回らなくなる、という方はこの機会に回らない電子レンジの購入を検討してみてくださいね!

回らない電子レンジであれば、少なくとも容器がつっかえる、ひっかかるということは起こり得ませんので。

関連リンク

またこちらの記事では電子レンジの「お皿」について解説しています。
電子レンジが回ることについて深く関わっているお皿についても合わせて読んでみてください!

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
タナカ タロウ
宜しくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧