レーヨンを洗濯機で洗わない方がいい理由!手洗いはどうやる?

目次

レーヨンは洗濯機で洗えるのか解説します

レーヨンはさまざまな衣服に使用される反面、洗濯などの取り扱いには注意が必要な素材です。この記事では、レーヨン素材の特徴をご紹介し、洗濯機で洗って良いのかを解説します。

レーヨンの素材の特徴

レーヨンは化学繊維の一種で、高価なシルク(絹)素材を人工的に再現することを目的に作られた素材です。

紙の製造に使われる木材パルプを主原料としており、コートの裏地やシャツ、ワンピースやパンツなど、さまざまな衣類に使われています。

ここでは、まずレーヨン素材の特徴についてご説明します。

①手触りが良く、吸湿性に優れる

元々、シルクを再現することを目的に作られた素材だけあり、光沢がありサラサラとした滑らかな手触りが特徴です。

熱を逃がしやすい素材なので、綿やコットンなどと比べヒンヤリとした感覚を受けるます。

また、繊維の特性上水を吸いやすく、吸湿性に優れていて肌に優しい素材と言えるでしょう。

このため、肌に接触しやすいアンダーウェアなどとも相性が良いとされています。

見た目の質感や素材の特徴と相まって、夏向けの衣服に使われやすいのがレーヨンの特徴です。

② 発色性が良く、デザイン性が高い

厳密に言うと全ての染料に対して染まりやすいわけではありません。

ですが、一般的に使いやすいと言われている染料と相性が良く、それが染めやすい、発色が良いと言われる要因です。

そのため、デザインや色使いの自由度が高いと言えるでしょう。

また、他に特徴として、いわゆるコシがないことが挙げられます。

素材として使用した時に、ドレープ性が良くなります。

ドレープ性が良いとは、パリッと張っておらず柔らかいため、ふんわりと広がりやすく曲線がきれいに映えるという意味です。

そのため、ワンピースなどの衣服の素材としてもよく使用されています。

③自宅での洗濯に向いていない

レーヨン素材は水に非常に弱く、縮みやすく傷みやすいため、洗濯に向いていない素材です。

そのため、結論としては一部を除いて自宅の洗濯機を使って洗うのはおすすめできません。

それでは、なぜおすすめできないのか、次の項で詳しく解説します。

レーヨンの洗濯ではあまり洗濯機を使わない方がいい理由

レーヨン 洗濯 機

ファッション面から考えると汎用性が高く、人気のあるレーヨンですが、その素材の特性を考えると自宅での洗濯はあまりおすすめできません。

ここでは、その理由を解説します。

洗濯機を使わない方がいい理由①水を吸うと縮みやすい

さきほど、吸湿性が高いのがレーヨンの特徴だとご紹介しましたが、裏を返せばそれだけ水を吸いやすくなります。

汗を吸う程度なら影響は出にくいですが、洗濯する時にはたくさんの水を使います。

大量の水を吸ったレーヨンは膨張し、乾燥するときに縮んでしまいやすく、いったん縮んでしまうと基本的に元には戻りません。

サイズが変わって着られなくこともあります。

吸水性が高いあまりに水に弱いというのが、洗濯をおすすめできない理由の一つです。

洗濯機を使わない方がいい理由②濡れると傷みやすい

水に濡れたレーヨンは、強度が急激に低下します。

そのため摩擦などに非常に弱くなり、生地が傷みやすくなってしましまいます。

洗濯機の内部では衣服同士が擦れ合って汚れを落とすため、大きな負荷がかかり、それだけレーヨンにダメージを与えます。

結果的に、衣服がほころんでしまったりシワがついてしまい、元の状態に戻りにくくなります。

また、熱にも弱く、溶けたりはしないものの一定の温度を越えると着色分解が起こり、色落ちしてしまいます。

水に濡れると強度が落ち、シワや痛みが出やすく、乾燥時に色落ちしてしまいやすいことも、レーヨンを洗濯機で洗うのにおすすめできない理由です。

レーヨンを洗濯機を使わないで洗う方法

前項では、レーヨンは洗濯機との相性が非常に悪いことをご説明してきました。

とは言え、コスト面を考えると一度ずつクリーニングに出すのも考えものです。

ここでは、手洗いをする場合の手順と注意事項を解説します。

① まずは取り扱い表示を確認する

衣服を洗おうとする前に、必ず取り扱い表示を確認して下さい。

水洗い禁止のマークが表示されていれば、自宅では洗わないほうが無難です。

他の素材との混合素材であり、レーヨンの含有率によっては手洗い可能な衣服もあります。

手洗いが可能な衣服の手洗いの手順を解説します。

② 洗面器などに水を貯める

できれば洗い用とすすぎ用の洗面器を二つ用意しておきます。

冷たい水である必要はありませんが、レーヨンは熱にも弱いためあまり高温のお湯を使うのはおすすめできません。

③優しくスピーディーに洗う

繰り返しになりますが、レーヨンは水に弱いため、いかに速く洗えるかがポイントになります。

できれば1分以内に終えたいところです。

この際、擦り合わせたりするのはNGです。

押し込むように優しく洗うのがコツです。

すすぎも同様に1分以内で終えられればベストです。

洗濯に使用する洗剤ですが、あまり強いものは避け、中性洗剤のような肌や布地に優しいものを使用することをおすすめします。

④速やかに乾かす

洗い終わったらタオルなどで水分を拭き取ります。

この時も擦り合わせたり絞ったりは避け、優しく叩いて下さい。

できるだけ丁寧に水分を拭き取ったら、直射日光ではない乾燥した場所に干して下さい。

ハンガーで吊ってしまうとシワになりやすいので、水切りネットなどの上にきれいに広げて乾かすことをおすすめします。

レーヨンを洗濯機で洗って縮んでしまったらどうする?

レーヨン 洗濯 機

ここまでレーヨンの洗濯時の手順と注意点をご紹介しました。

中にはレーヨン素材と知らずに洗濯機で洗ってしまい、縮んでしまった方も居るのではないでしょうか。

ここでは、縮んでしまったレーヨン素材の衣服を元に戻す方法をご紹介します。

必ず元に戻ることを保証するものではありませんが、あきらめて処分してしまう前にお試しいただければ幸いです。

リンスやコンディショナーを使う

リンスやコンディショナーにはシリコン成分が含まれる製品が多いです。

シリコンには、繊維をほぐす効果があります。

手順は先ほどの手洗いの工程と同じで、中性洗剤の代わりにリンスやコンディショナーを使用し、すすぎの前に30分程度放置するだけです。

アイロンのスチーム機能を使う

リンスやコンディショナーを使用しても効果があまり出なければ、スチームアイロンを使う方法もあります。

ただ、一度熱と水分を加え膨張させた後、強制的にレーヨンの繊維を引き延ばすという方法でもあるので、傷みや色落ちには十分ご留意下さい。

レーヨン以外に洗濯機で洗わない方がいい素材は?

衣服で使われる素材の中には、レーヨン意外にも洗濯機で洗うのに向いていない素材があります。

「レーヨン意外なら大丈夫だろう」と思い洗ってしまわないために、いくつか他の素材もご紹介しておきます。

ウール

ウールとは羊毛の事であり、吸湿性も高く型崩れもしにくいため、主にセーターを始めとした冬用の衣服に多く使用されています。

ウールは繊維の表面が鱗状になっており、これが要因で水を吸いやすくなっています。

水を吸うと縮んでしまったり硬くなってしまい、摩擦などによっても毛玉ができやすく、傷みやすい素材と言えます。

レーヨンと同じような理由で、自宅での洗濯機の使用には向いていません。

革製品

革製品も、自宅での洗濯には向いていません。

革製品は水を大量に吸うと硬くなりやすく、縮んでしまったり傷がついてしまったりしやすくなります。

革製品の魅力として、経年による色合いの変化がありますが、洗うことで微妙な色合いが失われてしまったり、シワになったりしてしまいます。

その他素材の注意点

衣服にはさまざまな素材が使われていて、ここに挙げたものは一例です。

また、水に弱い素材の含有率によって洗濯可能か変わるため、判断に迷うこともあります。

一番簡単な見分け方は、やはり取り扱い表示を確認することです。

水洗い不可の表示があった場合、自宅では選択しないのが無難です。

大切なレーヨンのお洋服、クリーニングにだすのもあり

レーヨン 洗濯 機

レーヨン素材の特徴として、加工しやすく安価なことがあります。

さまざまな衣服に使用されているので、「コスト面などを考えれば少しの汚れなら自分で洗いたい」と考える方も多いと思います。

専門業者にクリーニングに出すとコストはかかりますが、専用の洗剤を使ったり専門知識があるため、品質の保証を考えるとやはり安心感があります。

最近では格安のクリーニング業者も増えており、失敗して購入し直すコストなどを考えれば、お気に入りのお洋服は思い切ってクリーニングに出すのも良い方法です。

まとめ

今回の記事では、レーヨン素材の特徴をご紹介し、自宅での洗濯機の使用はおすすめできないこと、手洗いの際の注意点などを解説してきました。

せっかく買ったお洋服が着られなくなってしまうのは悲しいもの。

皆様も素材についての正しい知識を得て、おしゃれをより楽しんで下さい。

関連リンク

またこの記事ではレーヨン素材のアイロンのかけ方について解説しています!
洗濯と合わせて読んでみてください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
アメ フラシ
初心者の方でも分かりやすいような記事の作成を心がけています。
家電を購入する際、私自身がインターネットで入念に情報を調べたいタイプです。ユーザー目線に立った時に欲しい情報、知りたいポイントなどを、なるべく多くの方にわかりやすく解説することを心がけていきますので、よろしくお願いします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧