ウォシュレットの分岐器具の外し方・取り付け方!外れない時は?

目次

ウォシュレットの分岐金具について解説します

ウォシュレットはDIYで取り付け、又は取り外すことも可能ですがいざ行おうとすれば中々どうすればいいのかわからないのではないでしょうか。

確かに、業者でも無ければウォシュレットの取り付け等に関する知識、経験が十分にあるとは言い難いですからね。

そこで今回の記事ではウォシュレットを外す際において重要な部分である分岐金具の外し方及び取り付け方について紹介していきます。

外し方が分からずに困っているもしくは取り付け方が分からずに困っているという方はこの記事を参考にしてみてください。

ウォシュレットの分岐金具とは?

ウォシュレット 分岐 金具

ウォシュレットの分岐金具とは簡単に言うと、元々ある水栓(止水栓)からウォシュレットへ水を分岐させるためのものです。

ウォシュレット購入してきたとしても、当然ですがウォシュレットのための配管があるわけではありません。

止水栓からウォシュレットにも水を分岐させる金具を取り付ける必要があります。

その役目をウォシュレットの分岐金具が担ってくれているのです。

ウォシュレットを取り付けるにおいて、基本的には分岐金具は必ず必要となるものであるため、外し方等々が分からないという方は下記を読んでみてください。

参考元:分岐金具検索

ウォシュレットの分岐器具を取り外しや取り付けが必要になるケースとは?

ウォシュレット 分岐 金具

次にウォシュレットの分岐金具を取り外すケース又は、取り付けが必要となるケースについて紹介しておきます。

ケース① 新しくウォシュレットを取り付けたい

既存のトイレに新しくウォシュレットを取り付けたいという場合、ウォシュレットの分岐金具を取り付ける必要があります。

ウォシュレットを取り付ける際には分岐金具が必要となるので当然ですね。

ケース② 引っ越し先でもウォシュレットを使用したい

一方で引っ越し先でもウォシュレットを使用したいという場合には、ウォシュレットの分岐金具の取り外しはもちろん、取り付けの両方を行う必要があります。

こちらも当然といえば当然なのですが、新しくウォシュレットを取り付けるという際よりも手間が増えてしまうということは覚えておいた方が良いでしょう。

ケース③ 分岐金具の劣化等により交換する必要がある時

ウォシュレットの分岐金具も水にずっと触れているわけですから、劣化し水漏れが発生することがあります。

そのように、分岐金具に不具合が発生したという際にも当然分岐金具の取り外し、そして取り付けを行う必要があるでしょう。

ウォシュレットの分岐金具を取り外すケース又は、取り付けが必要となるケースについては以上のものが挙げられます。

新しくウォシュレットを取り付けるという際以外は基本的に取り外しと取り付けの両方を行う必要がある、ということになります。

ウォシュレットの分岐金具の外し方 外れない原因は?

ウォシュレット 分岐 金具

それではいよいよウォシュレットの外し方について、外れない際の原因も含めて紹介してきます。

タンク側面から給水管/フレキホースが出ている場合

タンクの側面から給水管/フレキホースが出ている場合のウォシュレットの分岐金具の取り外し方は、接合部分の上下にあるナットをスパナ等の工具を用いて外すだけです。

タンクの下側から給水ホースが出ている場合

タンクの下側から給水ホースが出ている場合のウォシュレットの分岐金具の取り外し方も上記同様にナットをスパナで緩めると外すことが可能です。

ワンピース便器の場合

ワンピース便器の場合におけるウォシュレットの分岐金具の取り外し方もある程度想像できると思いますが、こちらの場合もナットをスパナで緩めることで外すことが可能です。

しかしワンピース便器の場合は、付けられているナットのうち一つは水が漏れ出ることを防ぐためのナットであるため外すのは片方だけでも構いません。

参考元:TOTO

ここまで読んでわかるように、基本トイレの形状に関わらず、分岐金具はナットにより装着されていますので、そのナットを外してやれば簡単に取り外せます。

しかしながら、それでもウォシュレットの分岐金具が中々外せないという場合、それはナットを回す向きが逆で、緩めるどころか逆にしめているからだと考えられます。

ナットを外すにはスパナで左に回すようにすればいいので、もし今まで右に回していたという方がいましたらこの機会に覚えておきましょう。

余談ですがウォシュレットの分岐金具を外す前に、その下にタオルもしくは桶などの容器を用意しておくことをおすすめします。

これは分岐金具を外すとその部分に溜まっていた水がこぼれ出てくる可能性があるからです。

よく言われていることなので知っている方も多いかもしれませんが、ウォシュレットの分岐金具を外す際にはそのあとにこぼれ出るであろう水への対策もきちんと行っておいてください。

ウォシュレットの分岐器具の取り付け方

ウォシュレット 分岐 金具

ウォシュレットの分岐金具の取り外し方が分かった所で、次に分岐金具の取り付け方について紹介していきます。

タンク側面から給水管/フレキホースが出ている場合

タンク側面から給水管/フレキホースが出ている場合のウォシュレットの分岐金具の取り付け方はウォシュレットに同梱されているフレキホースに分岐金具をナットを用いて装着するだけです。

分岐金具にはパッキンを取り付ける必要がありますが、こういった点については説明書等に記載されているのでそちらを確認すれば問題は無いでしょう。

タンクの下側から給水ホースが出ている場合

タンクの下側から給水ホースが出ている場合のウォシュレットの分岐金具の取り付け方はトイレのタンクから伸びているホースを一旦止水栓の方から取り外し、止水栓に分岐金具を取り付けます。

そしてトイレの給水ホースは分岐金具に装着しなおせば取り付け処理完了です。

ワンピース便器の場合

ワンピース便器の場合では単純にそのまま分岐金具を取り付ければOKです。

参考元:TOTO

ウォシュレットの分岐金具の取り外し方がナット部分を緩めればいいだけであったため当然ですが、分岐金具の取り付ける場合も簡単に行えます。

DIYでウォシュレットを取り付けるという際にはぜひ参考にしてみてください。

ただ、ウォシュレットの分岐金具の取り付けるにあたり、ナットのしめすぎにだけは注意してください。

しめすぎると壊れる危険性もあるため、きつくしめるのはもちろんですが、気を付けて行いましょう。

この記事では全てのウォシュレットの分岐金具について解説できた訳ではない

今回の記事ですべてのウォシュレットの分岐金具について解説できたわけではおそらくありません。

基本的に分岐金具の取り付け方、又は取り外し方は全てのトイレに共通する所があるとは言えますがケースバイケースですからね。

どうしてもわからない所がある場合にはトイレのメーカー元に聞くか、素直に業者にウォシュレットの設置、又は取り外しを依頼することを考えてみてください。

業者に依頼するとそれなりの費用も掛かってしまいますが、もしものことを考えれば安全策を取った方がより安心してウォシュレットを使用することができますので。

まとめ

ウォシュレットの分岐金具の外し方、取り付け方いついては今回の記事で紹介したように、素人でも簡単に行えるように設計されています。

おそらく説明書に記載されている通りに行えばだれでも行えるでしょうし、もしできない、取り外せないと思っている方はそもそもナットを回す方向が逆であると考えられます。

ゆっくりと、落ち着いてウォシュレットの分岐金具の取り外し、又は取り付けに臨みましょう。

水回りのことなのでなんだかんだ言ってそういった姿勢が一番大事と言えます。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
タナカ タロウ
宜しくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧