サイズや幅の小さいおすすめの電子レンジ!メリット・デメリットは?

目次

小さい電子レンジについて解説します

今や電子レンジは家庭では必須の家電製品となりました。
何かを温めたり、解凍したり。さらには焼き物などの調理も可能など最近の電子レンジはその機能の豊富さからどれを選べばいいかも悩みがち。
買い換え、引越、一人暮らしのスタートなど電子レンジの購入を考えるケースはいくつかあると思いますが、今回はその中でも小さい電子レンジに焦点を当てて解説したいと思います。
使い方を考えれば、それに合ったサイズの電子レンジも決めやすいですよね
小さいならではのメリットや注意点を踏まえて見ていきましょう。

また手っ取り早くおすすめの小型電子レンジを見たい方はこちらをクリックしてください。商品紹介へ遷移します。

小さい電子レンジレンジが役に立つケースやメリットとは?

まずは小さいレンジを使用する際のメリットについてです。
大は小を兼ねるとも言いますが、最近の小型レンジも大きく進化しています
昔ながらの単機能からオーブンなどを搭載した多機能レンジまで、小さいレンジでもニーズに合わせた製品が多く出ているので見ていきましょう

ケース① 新生活を始めるにあたっては小さい電子レンジがおすすめ

 まず、電子レンジを選ぶ際に気を付けて頂きたいことって何だと思いますか?
デザイン、容量、機能の豊富さ、重視すべき所は沢山あると思いますが日々使う上で重要となるのはやはりサイズではないでしょうか?
大きな物はそのサイズや廃熱の関係で置き場所が限定されがち・・・
小さい電子レンジなら置き場所も比較的好みに合わせて考えることが出来ますし、単身赴任や一人暮らしを始める方などは、あまり大きな家電で部屋のスペースが埋まるのも大変ですよね?
最近の単身者向けなどの冷蔵庫には、天板に対熱処理が施されていて電子レンジを置けるようになっている物も多いです。
こういった家電と組み合わせて邪魔にならずすっきりと設置が可能なのも電子レンジが小さい事によるメリットとなります。

ケース② 小型ならではの使いやすさ

日々の仕事や学業に追われたり、一人暮らしであったり、忙しいときでも食事はしっかりと採りたいもの。
そんな時に自炊の手間を減らしてくれるのが電子レンジ。
1人分の食事を暖めるなら、サイズは小さい物でぱっと使えた方が簡単。
ファミリー向けの製品と違い、小さいレンジはやはり使いやすい点が魅力です。
多機能な大型レンジと比べて比較的価格が安いのも嬉しい点や温めるだけでいいなら単機能の小型レンジもありますし、トーストなどを焼きたい方には小型でありながらオーブン機能搭載の高機能レンジまで種類も実は豊富です。

  • 簡単に使いたい
  • 能は多いに越したことは無いけど大きいと邪魔になる

こういった方に向けても各社電子レンジは小さいサイズで様々な商品が販売されています。

小さい電子レンジのデメリットは?

小さい事によるデメリットも勿論存在します。
このデメリットがどうしても困るという方は小さいレンジを買ったのに結局使わなくなってしまったなんて事にもなりかねないので注意が必要です。
小さい電子レンジにはどのような注意点やデメリットがあるのか見ていきたいと思います。

デメリット① 入れられるサイズにも制限がある

もちろん、良い事だけではありません。
ここでは電子レンジが小さいことによる注意点に関しても考えてみます。
まず最初に浮かんでくるのはやはり「小さい」という点。
最近はお弁当などもコンビニだけでは無くスーパーでも取り扱っているなど食事の選択肢は多くなりました。
価格も安くボリュームもあると言うことで自身もスーパーなどのお弁当は良く購入するのですが、帰宅していざ食べようとしたときに
- 「電子レンジに収まらなかった」
- 「回転皿に乗せた物が庫内でひっかかっている」
こんな経験、皆様にもきっとあると思います。
小さい事が利点である反面、中に入れる物のサイズも気にしないといけないと言うことですね。

デメリット② 大型のレンジと比べて若干機能面が抑えられている

小さいレンジがマッチする方、小さいレンジが逆に合わない方は機能面でも差が生まれます。
単純にファミリー向け製品を小さくしたわけではないので、製品によってはどのような機能を削ったのかという点が出てきます。
例えば、自動温め機能や現在の食品温度を測るセンサーの有無などもこれにあたります。
勿論全部の製品がそうではないですが、温める物を自分で時間を計りながら温めた結果、ぬるかったり、逆に熱かったり。
そういった機能面での選定を購入前にはしっかり確認しないとならないと言う点が小さい電子レンジを選ぶ際には特に重要となります。

おすすめのサイズや幅の小さい電子レンジ

ここでは、サイズや幅の小さい電子レンジでもオススメの商品をご紹介したいと思います。
一人暮らしや単身赴任など電子レンジは小さい物が良いという方にとってサイズの目安や温め方のタイプ、着いてて嬉しい便利機能などを踏まえてまとめてみたので参考にして下さい。

どうやって紹介する電子レンジを選んだか

では、ここでおすすめ商品としていくつかの電子レンジをご紹介したいと思います。
単純に、全て売上げのランキング等から抜粋したというわけでは無く、「電子レンジ 小さいもの」などの言葉で検索してみた結果から、各種ECサイトでのレビューを参考としての判断や自身が過去に小さい電子レンジを使用していた経験などから選択させて頂きました。
使用経験からは「こんな機能があるのは嬉しい」と言う部分だったり、購入後のレビューや実際の製品詳細を見て選んだ物です。

ここで挙げる物が最良と言うことでは決して無いとは思いますが、大変おすすめとなる製品を選んでみたので是非参考にしてみて下さい。

山善(YAMAZEN) 電子レンジ 17L MRB-207(W)5

まずはこちら。
まさにシンプルイズベスト。機能は温め機能だけに絞っており使い方も非常にシンプル
幅や奥行きなどもコンパクトで設置場所を比較的選ばずに設置が出来ると思います。
17Lの容量で少し小さめではある物の、内部のターンテーブルは直径が約25.5cm程有るため中ぐらいのお皿までなら充分使うことが出来ますよ。

操作も簡単で、出力と時間をダイヤルのつまみで調整するだけ!
温めだけできればそれで充分と言う方には特にオススメです。
出力は700・500・200Wの3段階の調整が可能となっていて、冷凍食品だって解凍可能。
楽天市場などでも売上げランキング上位の製品となっており、2018年6月現在では価格も5000円台からとコスパ良し、評価レビューなどを見ても高評価なので単機能で充分な方にはオススメです。
小さい・単機能(つまり使いやすい)・低価格と3拍子揃った製品です。

ハイアール ヘルツフリーフラットレンジJM-FH18D

ハイアールの製品からこちらをおすすめです。
小さい電子レンジでは珍しい庫内フラットタイプ
ターンテーブルのように回転して温める方式では無いため大きめなお弁当なども引っかかる事無く温めることが出来ます。

西日本、東日本での使用を選ぶことのないヘルツフリーなのも嬉しいところ。
よく使うワット数などを記録しておく機能などもあり単機能ながら高機能でもある製品です。
ハイアールは白物家電の世界シェア1位という事もあり、高品質ながら1万円を切る低価格を実現しているのもコスパ良しです。
本体前面下部には600W時の温め時間目安なども記載があるので、どれくらいの時間温めれば良いのかもぱっと分かるのもありがたいですね。

パナソニック 単機能レンジ NE-E22A1-W

パナソニックからも単機能の小さいレンジが発売されています。
特徴となるのはハイパワーである点。
小さい電子レンジでありながらも850Wのハイパワーを実現。
素早く温めが可能なのでお腹の空いている時や温める物が複数有る時に便利です。
時間だけで無く重さでで温めを指定できるのもポイント
蒸気センサーがついて居るのでワンタッチで温めを行ってくれるのも嬉しいですね。
飲み物温め機能も付いているので、冬場や寒い朝など少し暖かい飲み物が飲みたいときには飲み物を入れてワンタッチ!
高機能でありながらも操作がシンプルで済む点も高ポイントではないでしょうか?

ツインバード DR-D269B

こちらはツインバードの製品となります。
他の電子レンジと比べて目を引くのはそのデザイン
庫内を見るための窓や操作パネルにミラーガラスを採用しておりおしゃれな外観をしているのでインテリアとしてもおすすめ。
庫内はフラットタイプとなっているため大型の食材を温めるときも安心ですね
こちらの製品は更に夜の遅い時間などでも気兼ねなく使用が出来る様にとブザー音を止める機能も付いています。
静まり返った深夜などでは動作音が気になる事ありますよね?
こちらは音の代わりにバックライトを点滅させることで温め完了の合図をだしてくれるので深夜の使用も気になりません。
ちょっとしたことですが、細かい気配りが効いていて使う側にはこういった部分は嬉しいですね

全ての小さい電子レンジについて紹介できた訳ではないことに注意

いくつかの製品をおすすめしましたが参考になりましたか?
電子レンジも最近は種類が豊富になってきており、さらにその中から小さい物をと絞ってみましたがそれでもやはり、全てを紹介するには至りません。
まだまだ多くの製品があると言うことも知っておいて下さい。
電子レンジは機能面でもそうですが、大型には大型の。そして小さいレンジには小さいレンジならではのメリットやデメリットがあることも知って貰えたと思います。

上記オススメ商品を参考としまして、もっとじっくり選んでみようと思えた人は各メーカーの製品ページを見てみたりするのもおすすめです
小さいレンジといえども実際のサイズ感も重要なので近隣店舗で触ってみたりするのもいいかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか?
今回は電子レンジの中でも小さいサイズに絞ってみました
おそらく、小さいサイズのレンジを検討している方の中にはこれからお一人暮らしを始めたりする方なども多いのではないでしょうか
今後長く使う物だと考えると、やはり日々の生活では必需品とも言うべき電化製品なので後悔しない物を選びたいですね。
メーカーも数多くありますし、デザイン、機能、ヘルツフリーかどうかなど選ぶ基準はそれぞれ優先順位があるかとも思います。
大型の製品と違い、小さい電子レンジはやはり
- 単機能
- 良コスパ
- 設置場所に悩みにくい
など、様々なメリットがあります。
小さいながらもパワフルや高機能な電子レンジも多数あるので、是非お気に入りの1台となる電子レンジを見つけてみて下さい。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 7532c94a 9ab3 4d18 a855 7a990a2b8cc0
Written By
田奈 修
見た人全てに「見て良かった」と感じて貰えるような記事作成を目指しています
家電好き、ガジェット好きが引き金となって2018年より家電製品関連のライター業務を行って居ます 数多くある商品の中から、使う人目線での有益な情報を発信していけるように努めていきたいと思います。 「こんな製品があったのか」と驚きを生まれさせることが出来る様に記事作成には特に力を入れて取り組みたいと思って居ます。 宜しくお願い致します

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧