リネンシャツのアイロンがけを解説!アイロンは不要?必要?

目次

リネンシャツのアイロンがけについて解説します

吸水性や発散性に優れて、着心地が良いリネンは、夏に最適の素材となっています。

リネン素材の中でもリネンシャツは多く売られており、肌触りや色合いがとても涼しげな印象を受けますよね。

多くの人がリネンシャツを着ていると思いますが、リネンシャツはシワがつきやすく取れにくいというデメリットがあります。

アイロンをしていないシワが付いた状態で着ている人と、アイロンをしてシワの無い状態で着ている人がいます。

リネンシャツはシワが特徴でシワがついていることにより風合いが増して好きという人が多いのですが、リネンシャツはアイロンをかけた方が良いの?・アイロンはかけなくても良いの?・どっちがいい?と悩んでいる人も居るのではないでしょうか?

ですので今回は、リネンシャツにアイロンがけは必要なのか不要なのか、アイロンのかけ方やリネンシャツでアイロンがけ以外に気を付ける点、などを紹介します。

リネンシャツにアイロンがけは不要?

リネン シャツ アイロン

リネンシャツにアイロンがけはしなくてもいい

リネンシャツは、吸水性や水分の発散性に優れており、着心地もいいことから夏に最適の素材となっています。

ですが、シワがつきやすく摩擦にも弱いというデメリットもあります。

シワがついてクシャッとなった感じがリネンシャツの特徴でもあり、多少シワが付いている方が風合いが増して好みだという人も多く居ます。

リネンシャツは、さらっとしているので涼しげな印象を残しつつも、シワが付いてカジュアルに着こなす事もできます。

とはいえ、リネンシャツは、たとえアイロンをかけても畳んだりハンガーに吊るしたりしてもシワはついてしまうので、気になった場合にアイロンがけをするといいでしょう。

かっちりきたいならアイロンを

シワが付いているとカジュアルに着こなせるリネンシャツですが、リネンシャツの風合いが増すとはいえシワが付くのは嫌だ、きちんとシワを取りたいという人は、リネンシャツを着る前にアイロンをかけるといいでしょう。

スーツやジャケットなどの下に着るシャツとしてリネンシャツを使うのであればきちんとアイロンをかける必要があります。

とはいえ、すぐにシワが付いてしまうリネンシャツはハンガーに吊るしておいてもシワが付いてしまうので、着る度にアイロンをかけないといけません。

夏は暑いためリネンシャツなどを使って少しでも涼しくしたいという人が多くいますが、スーツなどの下に着るシャツとしてリネンシャツを選ぶ場合はアイロンがけが必須となるので少し面倒ではあります。リネンシャツ特有のシワが付いてしまうのは嫌だ、綺麗にシワを取りたい・ビジネスシーンで着用するという人は着る前にアイロンがけをするようにしましょう。

リネンシャツのアイロンがけ方法

リネン シャツ アイロン

準備するもの

  • アイロン
  • アイロン台
  • 霧吹き
  • 当て布

注意点

リネンシャツをアイロンがけする場合の注意点として、

  • 脱水していない水分を含んだ状態でアイロンがけをする
  • 脱水してしまった場合は、霧吹きなどで水分をたっぷり与えてからアイロンをかける
  • リネンシャツは、直接アイロンを当ててしまうとテカリが出てしまうので必ず当て布が必須

となります。

これらの注意点を守る事で、綺麗にシワを取る事ができ、リネンシャツを傷めてしまう事も無いので長く着ることができます。

これからリネンシャツのアイロンがけ方法を紹介するのですが、基本は他の素材などとアイロン方法は変わらないので、リネンシャツをアイロンがけする時の注意点を踏まえつつ、アイロンの手順を紹介します。

手順① リネンシャツを濡らす

先述にた注意点でも記載しましたが、脱水していない場合はそのままアイロンをかける事ができるのですが、脱水した後は乾いている状態なので、霧吹きなどでリネンシャツを濡らす必要があります。

乾いていたり、湿っている程度の場合はシワが取りにくく、アイロンをかけるのに時間がかかってしまいリネンシャツを傷めてしまう原因になります。

濡らすといっても水が滴るぐらいビショビショにする必要はなく、触ってみて濡れていると分かるぐらいで十分です。

リネンシャツをアイロンがけする場合は、シワを取るうえで一番重要な手順と言っても過言ではないので、きちんと脱水していない状態、または霧吹きなどで十分に濡らしてからアイロンをかけましょう。

手順② 当て布を当ててアイロンがけ

リネンシャツは、乾いている状態や湿っている状態でアイロンをかけてもシワは取れにくいため、綺麗にシワを取るために何度もアイロンを当てていませんか?

何度もアイロンを当てていると生地を傷めてしまいますが、水分を含んだ状態ならば何度もアイロンを当てる事無くシワを取る事ができます。

また、他の衣服などと同様にアイロンがけをしていませんか?

リネンシャツの他にも当て布必須の生地や素材などはあるのですが、当て布が必須ではない素材があることも事実。

ですが、リネンシャツは当て布が必ず必要で、当て布をせずに直接アイロンをかけるとテカリが出てしまうので、場合によっては着れない状態になりゴミ箱行きになってしまう事も。

ですので、リネンシャツはアイロンをかける際は必ず当て布をしてアイロンをかけて下さいね。

リネンシャツのアイロンがけに正しさはない

リネン シャツ アイロン

リネンシャツは必ずアイロンをかけないといけないという事ではなく、普段着としてカジュアルに着たいのであればアイロンはせずに、スーツなどのシャツとしてビジネスシーンにおいてリネンシャツを着る場合はシワのないようにアイロンをかける必要があります。

素材によっては、シワが付いていると小汚い・不恰好という場合もあるのですが、リネン素材はシワが特徴で、シワが付いていると風合いが増して好みだという人が多く居ます。

ですので、アイロンを必ずしなければいけないという訳ではなく、普段着なのかビジネスシーンで着用するのかでアイロンをかけるかけないを決めるといいですよ。

リネンシャツでアイロンがけ以外に気をつけることは?

リネン シャツ アイロン

脱水・乾燥はしない

リネンシャツにアイロンをかける際の注意点と手順でも言いましたが、リネンシャツは脱水・乾燥はしない様に気を付けましょう。

アイロンをかける際の注意点だから、洗濯時は気にしなくていいのでは?と思う人も居ると思いますが、リネンシャツは摩擦や熱に弱いため、脱水・乾燥をすると余計にシワが付いてしまいますし縮む原因にもなります。

脱水・乾燥をしなくてもリネンシャツは乾きやすい素材なので、脱水していない状態で陰干しすればすぐに乾きますし、水分の重みでシワも少し和らぎます。

濡れすぎているなと感じた場合は、数秒ほど脱水をし、干す際に手でシワを伸ばすようにするのも効果的。

また、干す際はなるべく陰干しをして、裏返して干すようにして下さい。

日に当たると、肌触りが変わったり、焼けて変色してしまう可能性があるので陰干しするようにしましょう。

洗濯機よりも手洗い

濃い色のリネンシャツは、着用時の摩擦や汗などで色移りしてしまう可能性があります。

リネン素材の性質上、繊維の内部まで染料が浸透しにくく完全に染める事が難しいために色移りが起こってしまいます。

洗濯機で他の衣服と一緒に回してしまうと、摩擦で表面が毛羽立ったり、脱色したりしてしまいます。

ですので、濃い色のリネンシャツの場合は洗濯機よりも手洗いした方が色移りや脱色の心配もありません。

また、洗濯表示の確認をして、洗濯機OKであってもネットに入れて、脱水・乾燥は避けるようにしましょう。

リネン素材の特性なので、解決する方法はないのですが、濡れたままの状態で摩擦や連続しての着用は控えた方が良いでしょう。

まとめ

リネン シャツ アイロン

以上、リネンシャツにアイロンがけは必要なのか不要なのか、アイロンのかけ方やリネンシャツでアイロンがけ以外に気を付ける点、などを書いていきましたが、リネンシャツは必ずアイロンをかけないといけないという訳ではなく、カジュアルに着るのであればアイロン不要、ビジネスシーンで着用するのであればアイロン必要となります。

アイロンをする場合の注意点として、

・脱水していない水分を含んだ状態でアイロンがけをする

・脱水してしまった場合は、霧吹きなどで水分をたっぷり与えてからアイロンをかける

・リネンシャツは、直接アイロンを当ててしまうとテカリが出てしまうので必ず当て布が必須

となり、リネンシャツに限らずリネン素材は摩擦や熱に弱いため、脱水・乾燥は避けて洗濯機OKの場合でもネットに入れて下さい。

普段着とビジネスシーンと様々な着方ができるリネンシャツですが、洗濯やアイロンで全てにおいて注意点があり、摩擦や変色・脱色・色移りなどがあるため、リネンシャツはなるべく手洗いで他の衣服と一緒に洗わないように気を付けなければいけません。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 20e79f82 0430 47e7 9539 2ea40e12659b
Written By
x. Cheyon
皆様の検討・比較に役に立ってもらえる様な記事執筆を心掛けています。
色々な記事を執筆させて頂いています。皆様にとって「知りたかった事!」「知っていてタメになった!」と思ってもらえるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧