犬の毛におすすめの掃除機8選!コードレスやロボット掃除機も紹介!

目次

犬の毛を吸えるおすすめ掃除機を紹介します

近年、犬をペットとして飼育している方は増加傾向を辿っています。ペットと言ってもとても可愛い家族ですので、リビングで放し飼いをしている方も多くいらっしゃるでしょう。リビングで、一緒に生活している中で問題となってくるのは犬の毛です。掃除機で吸い取ろうとしても、ソファーの繊維に引っかかり中々上手く取れない場合が多くあるでしょう。
そこで、今回は犬の毛を楽々と吸えるおすすめの掃除機をご紹介していきます。ぜひ、ご参考にされてください。

犬の毛を吸うのに適した掃除機の特徴とは?

では、犬の毛を吸うのに適した掃除機とは一体どのような特徴があるのでしょうか。見ていきましょう。

特徴① トルネオ式

犬の毛は、掃除機に吸い込まれるとダストボックスに溜まっていきます。ここまでは、普段のゴミと同様ですが、犬の毛は柔らかく絡まりやすいです。特にロング犬などの毛は、ダストボックスの中で絡まりまくり引っかかってしまいます。引っかかる事により、一度ダストボックスのゴミを捨ててまた掃除を開始すると、とても面倒な事をしなければなりません。
そこで、トルネオ式の掃除機を使用する事で毛をマリモのような玉状に丸めてくれ引っかかりを防いでくれます。これは、犬の毛を吸い取った時に掃除機内で毛を圧縮しているからです。こうする事により、掃除を中段せずに行えるため、犬の毛を吸う掃除機ではトルネオ式がおすすめと言えるでしょう。

特徴② サイクロン式掃除機

コードレスや、サイクロン式の掃除機は一昔前までは吸い込みが悪いと定評でした。しかし、最近のサイクロン式掃除機はとても進化しておりコード付き掃除機に劣らずゴミを吸い取ってくれます。
また、コードレス掃除機は手軽に掃除ができるため、ペットの毛を毎日お手入れすることができます。また、コードレス掃除機を選ぶ際には吸い込み口にブラシが付いていると尚良いでしょう。最近の、掃除機には当たり前のように搭載されているブラシですが、そのブラシが掃除中に回転する事で繊維に絡まった犬の毛も絡め取ってくれます。毎日の犬の毛のお手入れ用として、セカンド掃除機として持っているととても便利でしょう。

掃除機 女性

犬の毛を吸うのに適していない掃除機の特徴とは?

次に、犬の毛の掃除機で適していないものの特徴をご説明いたします。

特徴① 紙パック式掃除機

紙パック式の掃除機は、昔ながらの掃除機で今も最新機種に紙パック式を搭載している掃除機もあります。しかし、紙パック式の掃除機はサイクロン式などに比べゴミが溜まるに連れて吸引力が低下してしまいます。また、犬の毛が多く出る家庭ではすぐに紙パックがいっぱいになってしまって、何度も替えなければいけない状態になってしまいます。
犬の毛を吸い取るには吸引力は、とても大事な項目となってきます。なので、犬の毛を吸う目的で掃除機を選ぶ場合は紙パック式は避けた方が良いと考えられます。

特徴② コード付き掃除機

コード付き掃除機は、吸引力も高く使用している方も多くいらっしゃるでしょう。しかし、コード付き掃除機は、使用するまでにコードを引っ張りコンセントを繋ぎ、またコードが届かなくなるとコンセントを繋ぎととても大変な作業になります。犬の毛は、毎日掃除をしていかないと日々蓄積されていきます。
いくら、吸引力が高くとも定期的にお手入れができないのなら、あまり意味がないなで犬の毛が気になるのであればやはり後一台コードレス掃除機を購入する事をおすすめいたします。コード付きよりも、吸引力は多少衰えるでしょうが定期的にお手入れをする事の方が犬の毛には効果的なので、大掛かりに掃除をしなければならないコード付き掃除機は犬の毛の掃除には適していないと言えるでしょう。

犬の毛の吸引におすすめの定番掃除機!

それでは、犬の毛を吸引するおすすめの掃除機をご紹介していきます。ぜひ、ご参考にされて下さい。

ダイソンV10

こちらは、cmでもお馴染みなのでご存知の方もおおいでしょう。ダイソンの掃除機は、雑巾がけをしているように、スルスルとゴミを吸い取ってくれます。
また、吸い込み口のブラシととても高い吸引力で、犬の毛をスルスルと吸引していきます。コード付きよりも、ゴミを吸い取ると好評の商品ですので、家全体の掃除にも最適でコードレスなので、扱いやすく、掃除機を一台にまとめようと考えている方にとても、おすすめの商品です。

参考元:ダイソン公式

東芝トルネオ

東芝トルネオ掃除機は、ダストボックスが詰まらないことでとても好評です。犬の毛は、掃除機内部で絡まり詰まりやすい特徴があります。しかし、こちらのトルネオ掃除機はダストボックスに入る前にゴミを圧縮してくれます。犬の毛は、圧縮されマリモのような形となりダストボックスへ排出されるため、詰まる心配はありません。なので、いちいち掃除を止めずにできるため忙しい方でもスルスルと掃除ができるでしょう。

参考元:東芝公式

ツインバード 毛トラッシュ

ペットの毛をかき取り吸い込む事をモットーに作られた、ペットの毛取り専用掃除機です。隙間ノズルも搭載されておりヘッドも90度回転しますので、狭い場所の毛も楽々と吸引していく事が可能です。価格もとても安価なため、サイド掃除機にはもってこいの商品です。

犬の毛の吸引におすすめのコードレス掃除機

犬の毛の吸引には、コードレス掃除機が手軽でとてもおすすめです。コードレス掃除機の、おすすめ商品を見ていきましょう。

参考元:ツインバード公式

ケルヒャーペット専用クリーナー

ペット専用のクリーナーなので、犬の毛もスルスルと吸引してくれます。また、排気を出さず空気が汚れないため愛犬がダストを吸い込んでしまう心配もありません。
とても、スリムな作りとなっていて壁掛けの収納ができたり、狭いところにも楽々と収納する事ができます。作業時間も30分と長いため、急がずに徹底的に掃除していく事ができるのでとてもおすすめの商品です。

参考元:ケルヒャー公式

マキタ

ペットを飼っている家庭に、とても好評なマキタのコードレス掃除機です。500円玉でも、楽々と吸い取ってくれる吸引力で、じゅうたんの毛も吸い取っていきます。先端に、ブラシが付いていないのでじゅうたんの上は、動かしにくいのですが、じゅうたんの上をトントンとしていく容量で掃除していくと綺麗に掃除する事が可能です。
ペットは、毛以外にも様々なゴミを出します。ご飯の食べこぼしなどにも対応できますので、多機能の掃除機をお探しの方におすすめの商品です。

参考元:マキタ公式

アイリスオーヤマ

こちらの掃除機は、犬の毛専用の掃除機となっています。やはり、他の掃除機は家庭ゴミを中心と開発されているので、犬専用であれば期待のできる商品です。また、とても軽量である為持ち運びも楽々と行う事ができます。
こちらの掃除機は、犬の毛を吸い取りやすくするためハンディ毛取りノズル機能が備わっています。毛を目で確認しながら吸い取っていく事ができるので、ほぼ完璧に犬の毛を除去していく事ができるでしょう。
犬の毛を目的に、掃除機を購入しようとお考えの方にとてもおすすめの商品です。

犬の毛の吸引におすすめのロボット掃除機

犬の毛を掃除したいけど中々時間が取れない方などは、ロボット掃除を使用する事をおすすめします。ボタン一つで掃除を開始してくれるので、忙しい方はロボット掃除を検討してみるのも良いでしょう。

参考元:アイリスオーヤマ公式

V3s Pro

ペットがいる家庭の事を考えて作られたお掃除ロボットです。ペットの毛を効率よく掃除し、綺麗な部屋を保ってくれます。
充電が無くなれば、自動的に充電を開始するので煩わしい作業は、一切ありません。

参考元:アイライフジャパン公式

ルンバ 980

こちらのルンバは、カーペットの上でもペットの毛を綺麗に吸い取ってくれ、吸引力にとても優れております。数あるルンバの中で、ルンバ980が一番犬の毛との相性が良いようです。充電も自動的で、最短ルートで充電器まで帰還するため途中で止まって動かなくなる心配も軽減されるでしょう。

参考元:ルンバ公式

すべての犬の毛を吸う掃除機を紹介できた訳ではないことに注意

犬の毛には、さまざまな種類があります。太い、細い、硬い、柔らかいと犬種により全く違ってくるため、とても評判の良い掃除機であってもご自身のペットの毛には合わない場合もあります。掃除機で完全に、ペットの毛を吸い取るにはとても難しいですが、掃除機と併用して粘着コロコロローラーなどを使用していくと良いでしょう。
また、ソファーなど繊維が細かく犬の毛が絡まりやすい場所などには、毛が絡まりにくいソファカバーなどを使用していくと掃除がよりしやすくなるでしょう。
犬の毛の掃除は、定期的に掃除を行う事が一番効果的ですので気になる場所には一日一回掃除機をかけるように心がけていにましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。家にある掃除機では、中々犬の毛がとれず困っていた方も多いでしょう。掃除機にも、犬の毛に合う合わないがあります。可愛い愛犬のために、もう一台専用の掃除機を購入する事も考えてみると良いでしょう。可愛い愛犬と、家で共に快適に生活していくために、効率よく毛の掃除をしていきましょう。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
松本 m
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧