メラミン樹脂の食器やカップは電子レンジ可能?危険性も徹底解説!

目次

メラミン樹脂の食器やカップは電子レンジに使えるのか解説します

メラミン樹脂を用いた食器は1938年に誕生して以降、世界各国で使用される程人気を集めることになりました。

あくまでもプラスチック容器なので落としてもケガしないことから子供が使う食器はメラミン樹脂のものを使用しているというご家庭も多いのではと思います。

そんな便利なメラミン樹脂の食器ですが電子レンジで使用可能な容器なのでしょうか。

使用できない容器を電子レンジで使用すると、電子レンジが故障してしまうこともあるため今回の記事では「メラミン樹脂の食器やカップは電子レンジ可能?危険性も徹底解説!」という内容でお届けしていきます。

今現在電子レンジを使用している方で、その容器がメラミン樹脂だった場合はぜひこの記事を確認してみてください。

メラミン樹脂の食器やカップは電子レンジで使わない方がいい理由

結論から言いますとメラミン樹脂を使用している食器は電子レンジで使用しない方が良いです。

参考元:国際化工株式会社

それではなぜ、メラミン樹脂の食器及びカップが電子レンジでは使用しない方がいいのか、その理由をお伝えしていきます。

メラミン樹脂の性質

なぜ、メラミン樹脂を電子レンジでは使用しない方がいいのか、それは「メラミン樹脂の性質」によるものが理由です。

というのもメラミン樹脂が使用されている食器には誘電特性という性質があります。

この特性により電子レンジでメラミン樹脂の食器を使用してしまうと、食器自体が発熱してしまうため、その結果として食器の破損などを引き起こします。

メラミン樹脂自体の耐熱性が優れていることを知っている方は、電子レンジで使用してもいいんじゃ?と思ってしまうかもしれません。

しかし電子レンジの場合はマイクロ波という電波を発生させ、それにより食品内の水分子を振動させることで発熱させています。

よっていくらメラミン樹脂の食器が耐熱性に優れていたとしても電子レンジの原理上関係ないのです。

電子レンジでメラミン樹脂から溶け出すホルムアルデヒドは危険?

メラミン 電子レンジ

メラミン樹脂の食器を電子レンジで使用すると、ホルムアルデヒドが溶けだしてしまうため危険である。

このような話を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。

実際に電子レンジでメラミン樹脂の食器やコップを温めるとホルムアルデヒドは溶けだしてしまいます。

参考元:日本給食設備株式会社

それではホルムアルデヒドとは一体なんなのでしょうか。

ホルムアルデヒドとは、都市の空気中にも存在する無色ですが刺激臭かつ可燃性のある気体です。

アトピー性皮膚炎やガンなどの病の原因にもなり得る気体がホルムアルデヒドとなります。

参考元:コトバンク

これだけを見ると非常に危険な物質である、と思ってしまいますよね。

しかし実際にガンなどの病気を発生させるのは日常的に高濃度のホルムアルデヒドを多量に吸引していた場合に限った話です。

メラミン樹脂の食器を電子レンジで使用しても発生するホルムアルデヒドは決して多量ではなく、あくまでも少量であるため過度に敏感になる必要はありません。

もし、実際にメラミン樹脂の食器を電子レンジで使用してしまい、不安であるという方は下記で対処法も紹介しているためそちらを参考にしてみてください。

ちなみに魚や肉といった食品にもホルムアルデヒドは混じっています。

ただ、経口摂取の場合は体内にホルムアルデヒドが入ったとしても水と二酸化炭素に分解されたのちに排出されます。

参考元:国際化工株式会社

このことからもホルムアルデヒドは少量もしくは微量であれば問題は無い、と考えることができるのではないでしょうか。

メラミン樹脂を温めてしまった電子レンジはどうするべき?

メラミン 電子レンジ

メラミン樹脂の食器を電子レンジで温めてしまった場合は以下のような対処法があります。

  • 十分に換気をする

まずは窓を開けたり換気扇を回すなどをし、十分に室内を換気しましょう。

これにより、室内に漂っているホルムアルデヒドを外に逃がすことができます。

  • 電子レンジの扉を開ける

窓を開けて換気する際は電子レンジの扉も開けておいた方が良いでしょう。

いくら室内のホルムアルデヒドを外に逃がせたとしても電子レンジの庫内にホルムアルデヒドが残っていたら意味がないですよね。

残さず外に出せるように電子レンジの庫内は忘れずに開けておきましょう。

以上の対処をすれば、メラミン樹脂の食器を電子レンジで温めたことで発生したホルムアルデヒドを完全に外へ逃がすことができます。

レンジで温めたからといってそこまで過敏に反応する必要はありませんがどうしても気になるという方はお試しください。

参考元:YAHOO!知恵袋

メラミン樹脂と電子レンジの関係性について全てを網羅できた訳ではない

この記事ではメラミン樹脂の食器やコップと電子レンジの関係性についてすべてを説明できたわけではありません。

例えば、メラミン樹脂の食器を電子レンジのオーブン機能でなら使用してもいいのか、という点です。

しかしメラミン樹脂の食器の耐熱温度は約180℃なのでその耐熱性上そもそもオーブンには使用することはできません。

参考元:国際化工株式会社

このようにメラミン樹脂の食器と電子レンジには関係性がいくつかあります。

もしメラミン樹脂の食器について何か疑問がありましたらその食器のメーカーに問い合わせてみてはいかがでしょうか。

まとめ

ここまでメラミン樹脂の食器と電子レンジとの関係性について紹介してきました。

メラミン樹脂の食器は基本的に電子レンジで使用しない方が良いです。

その理由はホルムアルデヒドが溶けだしてしまうからです。

溶けだしてしまうとは言っても微量であるため、健康に害はありませんが刺激臭かつ可燃性があるため、あまりいい気分ではありませんよね。

家事などの事故を起こさないためにも、メラミン樹脂の食器は電子レンジで使用することはやめましょう。

ただ、電子レンジで使用してはいけない食器があるとまだ知らないお子さんなどがメラミン樹脂の食器を電子レンジで使用してしまった場合は上記でも紹介したような対処法を取りましょう。

便利な家電製品である電子レンジを安全に使用するためにもこの記事を参考にしていただければ幸いです。

また、関連記事としましてこちらではホーローは電子レンジで温められるのか、またこちらではペットボトルは電子レンジで温められるのかを解説しております。ぜひ、合わせてご覧ください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
タナカ タロウ
宜しくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧