温かいおしぼりを電子レンジで作る方法!殺菌効果はあるの?

目次

電子レンジでの温かいおしぼりの作り方を紹介します

温かいおしぼりがほしい時というと、沸かしたお湯を使用し作る方法と蒸し器を使用し作る方法がありますよね。

しかし実は電子レンジを使用することで、簡単かつ手間も少なく温かいおしぼりを作ることができます!

そこで今回の記事では電子レンジを使用しての温かいおしぼりの作り方やその効果について紹介していきます。

今までおしぼりを作るのが手間だった、と感じている方、おしぼりを作っている際に火傷しそうになった、という方は電子レンジを使用し簡単に作るというこの記事で紹介する方法をぜひ参考にしてみてください。

電子レンジで温かいおしぼりを作る手順

おしぼり 電子 レンジ

それでは実際に温かいおしぼりを電子レンジでどうやって作るのか、紹介していきます。

手順① 必要なものを準備する

温かいおしぼりを電子レンジで作るにあたり、まずは必要なものを準備しましょう。

具体的には以下のものが必要となります。

  • タオル(水、もしくはぬるま湯に浸して絞ったもの)
  • ラップ(お好みで)

※発火を防ぐため耐熱温度が高い素材でできたタオルをご利用ください

おしぼりを作るのですからタオルは当然ですがラップに関してはあっても無くてもどちらでもいいです。

ただ、ラップをすると温かい熱が逃げにくくなりますので、より熱いおしぼりがほしいという方はあったほうがいいかもしれませんね。

ということで適宜必要なものを準備しましょう。

手順② 電子レンジで温める

そして電子レンジの「レンジ」ボタンを押して出力を500ワット、もしくは600ワットに設定し、30秒ほど温めると完成になります。

温かいおしぼりを電子レンジで作るのが非常に簡単だということがお分かりいただけたと思います。

ちなみになぜ500Wや600Wに設定するのかというと、単純に150~300Wだと弱設定となるためそこまで温かくならないからです。

よって500Wもしくは600Wとするのですがそれでもし熱いと感じるのであれば弱設定にしてみてくださいね。

参考元:オリーブオイルをひとまわし

今まで、蒸し器や熱いお湯を使用し絞りながら作っていた、という方はぜひ参考にしてみてください。

参考元:生活に役立つ記事

注意点

上記で温かいおしぼりを電子レンジで作る方法について紹介しましたが、それに伴い注意点もあるので紹介しておきます。

注意点は以下になります。

  • 温めすぎない
  • 熱いと感じるおしぼりは一度冷ます
  • 乾いたおしぼりは使用しない

特に乾いたおしぼりを電子レンジに入れても、水分子を振動させることにより熱を発生させるという性質上温まることはありませんので注意してください。

温かいおしぼりを電子レンジにより作る際はやけどを防ぐという意味でも上記の点に注意して行うようにしましょう。

参考元:YAHOO!知恵袋

参考元:生活に役立つ記事

電子レンジで温めたおしぼりの利用シーンは?

おしぼり 電子 レンジ

次に電子レンジで温めたおしぼりの利用シーンについて紹介していきます。

①鼻の角質を取る

電子レンジで温めたおしぼりの利用シーンの一つに「鼻の角栓を取る」というシーンが考えられます。

というのも温めたおしぼりで顔を拭くとそれに伴い、鼻の毛穴が開くためその後に顔を洗うことで角栓が取れやすくなるのです。

温かいものを顔に当てて心地良い所に顔を洗うというのは少しためらわれるかもしれませんが顔を清潔に保つためにもぜひやってみてくださいね!

② 疲れ目を改善したい時

電子レンジで温めたおしぼりの利用シーンの一つに「疲れ目を改善したい時」というシーンも考えることができます。

これは、目に温かいおしぼりをあてることで目の血行が改善される事により疲れ目を改善することができるのです。

「蒸気でホットアイマスク」と同じような効果が得られるため、パソコンを仕事で長時間使用する方など、疲れ目が気になる方で、できるだけお金をかけずに改善したいという方はぜひ温かいおしぼりを使用してみてください。

③ 目のクマ

電子レンジで温めたおしぼりの利用シーンの一つに「目のクマを改善したい時」というシーンも考えられます。

できるクマにもよりますが多くの場合目にクマができるのは目の付近の血流が悪くなっていることが原因となっています。

参考元:HADAEMI

そのため、温かいおしぼりを目に当てることで血流の改善も期待できるので目のクマを改善することもできるのです。

ただ、血流が悪いことで目にクマができているのではない場合はこの方法での改善はできないため、その点はご了承ください。

ちなみに目にクマができる原因には睡眠不足はもちろん、シミ目の下のたるみなどがあります。

そのほかにも温かいおしぼりは様々なケースにおいて役立ちます。

よってもっと知りたい、という方は以下のサイトを参照ください。

参考元:生活に役立つ記事

電子レンジでおしぼりを温めると殺菌効果はあるの?

おしぼりを電子レンジで温めると殺菌効果も得ることができます。

参考元:YAHOO!知恵袋

これは電子レンジのマイクロ波を用いて水分子を振動させて熱を発生させるという原理によりタオル全体についているカビなどの雑菌はある程度殺菌することができるからです。

さらにラップをかけて置けばさらにおしぼりの温度が上がるため、より効率的に殺菌処理を行うこともできるので、煮沸するのが面倒だな、と思う時は電子レンジにて殺菌処理を行ってしまいましょう。

この記事で電子レンジとおしぼりの関係について言えていないこと

この記事で電子レンジとおしぼりの関係についてすべて言えたわけではありません。

例えば電子レンジで温かいおしぼりを作る際は綿100%のタオルやふきんでしか作ってはいけないという情報もあります。

それ以外の素材を用いたタオルなどで温かいおしぼりを作ろうとすると最悪発火する恐れもあるそうです。

参考元:お役立ち情報局~ありのままに~

これはなぜかと言うと素材にはそれぞれ耐熱温度があるからです。

綿であれば熱には強いですが、その他の素材は綿ほど熱に強くはありません。

このような注意点を含め、この記事では伝えられていない部分もいくつかあると思われます。

電子レンジで温かいおしぼりを作るという際は、不安と思う部分をそのままにせずにぜひご自分でも調べるなり、タオルの製造元に電子レンジによる加熱は大丈夫なのか聞いてみるなりの対応をしましょう。

念には念を入れた対応が、予期せぬ事故を防ぐと思うので、できる限り疑問や不安は取り除いた上で温かいおしぼりを電子レンジにて作ってみてください。

まとめ

今回この記事では温かいおしぼりを電子レンジで作る方法等について紹介してきました。

温かいおしぼりを電子レンジで作る方法は、水やぬるま湯つけたタオルをよく絞り、電子レンジで500Wもしくは600Wで30秒ほど温めるだけです。

今まで蒸し器を使用したり、熱いお湯をゴム手袋等をして絞りながら作っていたという方からすれば非常に手軽に作れるということがこの記事で分かったのではと思います。

この記事が電子レンジの活用方法の一つとして参考になれば幸いです。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
タナカ タロウ
宜しくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧