電子レンジでブレーカーが落ちる原因と対処法を解説!故障が原因?

目次

電子レンジとブレーカーについて解説します

電子レンジを使用しているとブレーカーが落ちてしまった、この記事を読んでいる方はそういった方が多いでしょう。

ブレーカーが落ちる際はいきなりであるため驚いてしまいますよね。

今までは平気で使えていたのにも関わらずブレーカーが落ちることもあるため、尚更驚くことと思います。

そこで今回この記事では電子レンジとブレーカ―をテーマに紹介していきます。

電子レンジでブレーカーが落ちるその原因は一体何なのか、対処法はあるのか気になる方はぜひ一度読んでみてください。

電子レンジのブレーカーが落ちる原因は?

電子レンジ ブレーカー

まずは電子レンジでブレーカーが落ちる原因について紹介していきます。

原因① 一度に使用できる電力量をオーバーしている

不動産仲介業者でマンションやアパートなどの賃貸契約を行う際、同時に電力会社とも契約を行いますよね。

その時一度に使用できる電力量も決めています。

この一度に使用できる電力量よりも電気を使いすぎてオーバーしてしまうと、ブレーカーが落ちることになってしまいます。

中でも電子レンジは調理器具の中でも消費電力の多い家電製品なのに加えて、調理器具ということで使用頻度もそれなりに高いでしょう。

よって電子レンジによりブレーカーが落ちるというケースは比較的多いと考えられます。

参考元:ダイナビSwitch

原因② 電子レンジの故障

単純に電子レンジが故障しているといった場合もブレーカーが落ちる原因になります。

電子レンジを使用するとすぐにブレーカーが落ちる、使用するコンセントを変えてみるなどを行ってみても変わらずブレーカーが落ちるという場合は電子レンジの故障が考えられます。

参考元:YAHOO!知恵袋

電子レンジのブレーカーが落ちた時の対処法は?

電子レンジ ブレーカー

それでは次に電子レンジでブレーカーが落ちてしまった際の対処法について紹介していきます。

対処法① 家電製品のスイッチを切る

電子レンジでブレーカーが落ちてしまった際に、ブレーカーを上げるということはもちろんですが、その際に家電製品のスイッチはすべて切っておく必要があります。

例えば、こたつやドライヤー等々ですね。

そうしないと、再度ブレーカー上げた後、またブレーカーが落ちるということにもなりかねないからです。

ブレーカーなんて落ちてもまた上げればいいのでは?と思いになる方もいるかもしれませんが、ブレーカーが落ちるということは電気供給が無理やり止まるということを意味しています。

これは電子レンジをはじめとした家電製品に多大な負荷をかけますので、故障の危険性があるのです。

よって電子レンジでブレーカーが落ちた際は、まず他の家電製品のスイッチを切っておきましょう。

参考元:@niftyでんき

対処法② 電子レンジを買い替える

電子レンジを使用するコンセント、もしくは部屋を変えても変わらずブレーカーが落ちるということであれば電子レンジ自体に問題があり、故障を抱えている可能性があります。

よってそのようなケースの場合は電子レンジを買い替えるということが対処法となるでしょう。

おそらく専門業者を呼べば修理することも可能でしょうが、電子レンジは単機能のものであれば5,000円程度で販売されているものもありますよね。

修理を行うとそれ以上の費用が掛かることも考えられるため、電子レンジを買い替えることをおすすめします。

参考元:YAHOO!知恵袋

電子レンジの使用でブレーカーを落とさないために日々気をつけること

電子レンジとブレーカー

次に電子レンジを使用することでブレーカーを落とすなんてことの無いように日々気を付けることについて紹介していきます。

① 使用する家電製品がどの程度の電力を必要とするか知っておく

電子レンジもそうですが、家電製品の中には消費電力量が多いものも存在します。

そういった家電製品がどの程度の電力を必要とするのか、またそれに伴い電子レンジを使用しつつ消費電力の多い家電製品を使用しないように気を付けることがブレーカーを不用意に落とさないために重要となってきます。

例えば電子レンジを500Wで使用した際にかかる消費電力は約2倍の1000~1100Wです。

参考元:エネチェンジ

そして、家電製品の中でもよく使用する家庭用ドライヤーの消費電力は600~1200Wとなります。

一度に使用できる電力量が1500Wまでだった場合は、それら二つを同時に使用することだけでブレーカーが落ちてしまいます。

このように各家電、または消費電力の高い家電だけでも消費電力を知っておいた方が不用意にブレーカーが落ちることを減らすことができます。

よってぜひ、電子レンジの使用でブレーカーを落とさないためにも「使用する家電製品がどの程度の電力を必要とするか」を知っておいてください。

ちなみに、各家電の消費電力については下記サイトが参考になります。

参考サイト:タイナビSwitch

② 契約電力量の変更

上記で紹介したように「使用する家電製品がどの程度の電力を必要とするか」をしっかり確認したのにブレーカーが落ちてしまう。

そういった場合は契約している電力量の変更を検討してみましょう。

お伝えしたようにブレーカーが落ちてしまうということは家電製品の故障を招くこともあります。

そんな事態にならないためにも電子レンジでブレーカーが落ちてしまう、なんてことを繰り返すようであれば、契約電力量の変更を検討してみてください。

参考元:@niftyでんき

電子レンジのブレーカーが落ちるのが直らなかったら専門家に相談しよう

上記の「電子レンジのブレーカーが落ちた時の対処法は?」で紹介した対処法をしたが、変わらずブレーカーが落ちるという状態になってしまう、ブレーカーが上がらないという際は専門の方に相談してみましょう。

というのも、そんな時はブレーカー自体の故障、もしくは漏電している可能性があるからです。

火事なんて最悪な事態にならないためにも電力会社もしくは電気屋さんに一度見てもらうようにしましょう。

参考元:wakuwakulife

この記事は電子レンジとブレーカーの可能性をすべて解説できた訳ではない

この記事では電子レンジとブレーカーの可能性をすべて解説できたわけではありません。

例えば電子レンジをテーブルタップのコンセント、いわゆる延長コードで使用する場合と、壁に埋め込まれているコンセントで使用する際にブレーカーが落ちる可能性の違い等です。

ちなみにケースにもよりますが、ブレーカーが落ちる可能性はもちろん、延長コードが発火する、もしくは火花が飛ぶことがあります。

参考元:YAHOO!知恵袋

よってこの記事を読んでいて、このように電子レンジとブレーカーのそのほかの可能性について疑問に思う点もあるでしょう。

そんなときはぜひ電力会社もしくは電気屋さんに聞いてみてください。

専門家ということなのでより詳しい説明を得られるかと思います。

まとめ

今回の記事では電子レンジとブレーカーの関係性について紹介していきました。

電子レンジを使用している際に、ブレーカーが落ちてしまうのは電子レンジ自体の消費電力が大きいということが関係しています。

単体で使用していれば、電子レンジの故障以外でブレーカーが落ちることは基本的にありませんが、ドライヤーなどの同じく消費電力が高いものと併用するとブレーカーが落ちてしまうこともあります。

それを防ぐためにも、使用する家電製品の大まかな消費電力を知っておくこと、契約電気量を上げることが有効になりますのでぜひお試しください。

ブレーカーが落ちることは家電製品に少なからず悪影響を与えてしまうため、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
タナカ タロウ
宜しくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧