コーヒーメーカーで紅茶やお茶も淹れられる?対応の商品も紹介

目次

コーヒーメーカーで紅茶やお茶は淹れられるのか解説します

朝の目覚めや仕事の合間の気分転換など、コーヒーや紅茶、お茶は欠かせない飲みものです。

筆者はコーヒーが好きで、紅茶もよく飲むのですが、忙しい時はコーヒーメーカーで紅茶も淹れられたら便利なのになぁ…と思うことがあります。

ということで、今回の記事では、コーヒーメーカーで紅茶やお茶が淹れられるのか、そのメリットやデメリットについて解説したいと思います。

また、コーヒーメーカーで紅茶やお茶を淹れる方法や、コーヒー、紅葉、お茶に対応したドリンクメーカーについてもご紹介します。

コーヒー紅茶

コーヒーメーカーで紅茶やお茶は淹れられるの?

コーヒーは、コーヒーメーカーに豆を入れてスイッチを押せば簡単に抽出できますが、紅茶はティーポットで蒸らしたり、お茶は急須や茶こしを使うなど、それぞれの抽出方法に合った器具があります。

そのため、飲む前の準備に手間がかかり、後片付けも面倒に感じてしまうことも…。

温度の調節や抽出時間が設定できるような機能的なコーヒーメーカーを使用すれば、コーヒーに限らず、紅茶もお茶も淹れることが可能です。

また、コーヒーメーカー1台でコーヒーも紅茶もお茶も楽しみたいといった消費者のニーズに応えるマルチな製品が登場しています。

コーヒーメーカーで紅茶やお茶を淹れるメリットは?

コーヒーメーカー紅茶

メリット① コーヒーメーカー1台で準備できるから便利!

朝の目覚めや食後にリラックスしたい時などに飲みたくなるのがコーヒーや紅茶、お茶ですよね。

ところが、紅茶は専用のティーポット、お茶は急須など、それぞれに合わせて器具を変えて淹れる必要があり、忙しい時には面倒に感じてしまいます。

コーヒーメーカーで紅茶やお茶を淹れるメリットとは、1台ですべての抽出ができるため準備が楽で便利な点が挙げられます。

メリット② 後片付けが簡単に済む

紅茶やお茶を飲む際、面倒なのが後片付けです。

特に、紅茶やお茶は「茶葉」の処理があるため、ティーポットや急須や茶こしなどに茶葉が詰まったり残ってしまうので後片付けが面倒なことも。

また、市販の「お茶パック」といわれる袋に茶葉を入れるなどの手間やコストもかかります。

コーヒーメーカーで紅茶やお茶を淹れることで、使用したドリッパーとサーバー、カップを洗うだけで後片付けが済みます。

また、ペーパーフィルター不要のフィルターカップを採用したコーヒーメーカーであれば、専用のカップに茶葉をセットして本体にセットするだけなので、後片付けが簡単に済みます。

コーヒーメーカーで紅茶やお茶を淹れるデメリットは?

コーヒーメーカー紅茶

デメリット① コーヒーの匂い移りが気になる

紅茶やお茶は、その品種の香りを楽しむ方も多いと思います。

コーヒーメーカーのフィルターやドリッパー、サーバーなどの器具の掃除が甘いと、コーヒーメーカーで紅茶や日本茶を淹れた際、コーヒーの匂いが移ってしまうことがあります。

コーヒーは、紅茶やお茶と違い、挽いた豆から油分が出るため(これがコーヒーの旨味でもあります)、コーヒーの匂い移りを心配される場合は、フィルターや抽出容器の掃除をしっかり行ってから使用することをおすすめします。

デメリット② 紅茶やお茶の美味しさが出しにくい

コーヒーメーカーは、基本的にはコーヒーの抽出に使用する専用の機械であり、紅茶やお茶を淹れるために設定されていません。

そのため、一般的なコーヒーメーカーでは、紅茶やお茶に対する最適な抽出温度と蒸らし時間を設定することができないので、本格的な味を求めるとなると少し物足りないかもしれません。

ですが、最近のコーヒーメーカーには、湯量や温度、蒸らし時間、お湯を注ぐ間隔やお湯の勢いなどを細かく設定できる製品も登場しています。

紅茶や日本茶も美味しく楽しみたいならば、細かな設定ができるコーヒーメーカーを選ばれることをおすすめします。

コーヒーメーカーで紅茶やお茶を淹れる方法

コーヒーメーカー紅茶

一般的なコーヒーメーカーで紅茶やお茶を淹れる方法をご紹介します!(一人分)

基本的にはコーヒーと同じで茶葉を測り、水を入れるだけです。

用意するもの

お手持ちのコーヒーメーカー、ペーパーフィルター、ティースプーン(紅茶用軽量スプーン)、紅茶、お茶(日本茶)、必要であれば計量カップ(水を測るもの)

手順① 茶葉をペーパーフィルターにセットする

紅茶の場合、茶葉の細かさによりますがティースプーン1杯で約3.2〜3.5gで、スプーン多めに茶葉をのせるのがポイントです。

濃い味や苦味が好きな方は、茶葉の量を増やしてみてください。

手順② 適量の水をセットする

紅茶の場合、ティースプーン1杯につき350ccのポット分位になります。

さっぱりした味が好きな方は水の量を増やす、濃い味や苦味が好きな方は水の量を減らすなど、水の量を調整してみてください。

注意点

紅茶とお茶は、ポットの中で茶葉を踊らせるように膨らませて、時間をかけて抽出すると美味しく淹れることができます。

ですので、コーヒーメーカーの抽出時間が設定できる場合は、抽出の時間がかけられるように設定してください。

設定できない製品であれば、美味しさよりも抽出の手軽さを重視ということになります。

また、お茶の中でも「玉露」は50℃〜60℃といった低温でじっくり淹れるお茶の代表格です。

高温抽出のコーヒーメーカーで淹れてしまうと旨味に欠けてしまい不向きといえます。

温度調節のできないコーヒーメーカーの場合、高温抽出でも味が変わらないタイプのお茶を選ぶことをおすすめします。

コーヒー、紅葉、お茶、マルチに対応したドリンクメーカーもある

【Amazon.co.jp限定】UCCドリップポッド一杯抽出コーヒーマシンDP2A(W) ホワイト×レッド

UCCのポッド専用、アマゾン限定カラーのコーヒーメーカーです。ポッド(別売)をセットしてボタンを押してわずか約60秒で抽出できるので簡単でお手軽です。コーヒーから紅茶や日本茶まで約20種類のポッドが揃っています。また、付属の専用フィルターを使用することで、挽いた豆の粉でコーヒーを抽出することができるのも魅力。お手入れも簡単でコンパクト、静音設計が嬉しい万能な1台です。

クイジナート プレミアムコーヒー & ホットドリンクメーカー SS-10J

コーヒーや紅茶、お茶(煎茶やほうじ茶、ウーロン茶など)をセットして水を入れてスイッチを押すだけの簡単さ。自動で10秒間蒸らして抽出する仕組みなので、コーヒーや茶葉の旨味をしっかり引き出してくれます。抽出量は90ml、120ml、150ml、180ml、210mlの5段階が選択できるのでお好みの濃さが楽しめます。おすすめポイントは、電気ポットのようにお湯を注いで使う「ホットウォーター」機能が付いているので、スープやココアなどのインスタントのドリンクも作れるところです。また、フレーバーが豊富な「K-Cupパック」にも対応しているため、UCCやドルスコーヒーなどのコーヒーカプセルのほか、リプトンのイエローラベルや大和園の緑茶やウーロン茶などが楽しめます。(K-Cupパックは別売)

まとめ

今回の記事では、一般的なコーヒーメーカーでも紅茶やお茶は淹れられることがわかりました。

準備も後片付けも1台で済むといった手軽さの反面、コーヒーの匂い移りや、紅茶やお茶の美味しさが出しにくいといったデメリットもありますので、あまりこだわりのない方向きといえます。

味や香りにこだわりがある方には、簡単においしいコーヒーや紅茶、お茶が淹れられる機能的なドリンクメーカーの使用をおすすめします。

コーヒーメーカーで紅茶やお茶が淹れられるか知りたい人にとって、この記事が参考になればと思います。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 7284f282 5557 453e be91 d08202c80236
Written By
dosukoi s
モータースポーツと海外旅行が好き。
家電製品の魅力はもちろん、読者の皆様が疑問に感じることをわかりやすくお伝えできるような記事執筆を心がけて参ります。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧