エアコンがプシューと止まる原因と対策を解説!冷房でも止まる?

目次

エアコンがプシューとなる原因について解説します

エアコンを使用しているとエアコンがプシューと音を立てて止まってしまう…

こういった経験をされた方は多いのではないでしょうか。

使用したい時に上手く動かないとすごく困りますよね。

そこで今回の記事ではエアコンがプシューと音を立てて止まってしまうその原因と対策について紹介していきたいと思います。

暖房でも冷房でも変わらず止まってしまうという方はぜひこの記事を参考にしてみてください!

エアコンがプシューと音をたてて止まるのはどんな時?

エアコン プシュー

エアコンがプシューと音を立てて止まるのはどんな時が多いのか、についてまず紹介していきます。

エアコンの暖房機能を使用する時

エアコンがプシューと音を立てて止まるのは「エアコンの暖房機能を使用する時」に多いです。

エアコンの暖房機能を使用する時、つまり寒い日に多いということですね。

おそらくプシューと音を立ててエアコンの稼働が止まるというのを経験した方の多くは寒い日だったと思います。

エアコンの冷房機能を使用する時

エアコンがプシューと音を立てて止まるのは「エアコンの冷房機能を使用する時」にも見られます。

暖房機能利用時の方が割合的には多いと思われますが、冷房機能を使用している際でもプシューと音を立てて止まることが実はあります。

エアコンがプシューと音をたてる原因は?

エアコン プシュー

それではエアコンがプシューと音を立てて止まる原因は一体何なのかについて下記より紹介していきます。

室外機に付着している霜

エアコンがプシューと音を立てて止まるのは「室外機に付着している霜」が原因であることが多いです。

エアコンが暖房機能にて稼働している時、室外機の方では暖かい空気ではなく、冷たい空気が空気中に放出されているのですが、この冷たい空気を放出している際、室外機内部にある熱交換器と呼ばれる部分には結露が発生し、それが霜になることがあります。

なぜエアコンがプシューと音を立てて止まるのは室外機に付着している霜が原因なのか、というとこの霜がついたままだとエアコンが正常に稼働しなくなるためです。

エアコンを上手く稼働させるためにはその霜を取る必要があるので、エアコンの霜取り機能を動かす必要があります。

この霜取り機能を動かす際の冷媒の流れを変更している音がプシューという音を立てるのです。

よって、エアコンがプシューと音を立てて止まる原因が室外機に付着している霜、となります。

ちなみにエアコンがプシューと音を立てて止まるのは冷房時にも起こります。

というのも、エアコンの内部にある四方弁と呼ばれる部分に圧力差があるとそういった音を立てて一旦動作を停止するということがあるからです。

エアコンからプシューと音がするのは、暖房時だけではなく冷房時にも起こり得るということを覚えておきましょう。

エアコンがプシューと音をたてて止まるのを防ぐ・とまる時間を短くする対策

エアコンがプシューと音を立てて止まるのを防ぐ・止まる時間を短くする、基エアコンの霜取り機能が動くのをできるだけ少なくする対策について紹介していきます。

エアコンのフィルターをこまめに掃除する

エアコンがプシューと音をたてて止まるのを防ぐ・とまる時間を短くする対策の一つ目は「エアコンのフィルターをこまめに掃除する」というものです。

エアコンのフィルターが汚れてしまっていると、そのエアコンの暖房効率は下がってしまいます。

暖房効率が下がってしまうということは霜取り機能の稼働回数が増えるということも意味してしまうため、こまめなフィルター掃除がエアコンがプシューと音を立てて止まるのを防ぐのに効果的です。

設定温度と外気温の差をできるだけ低くする

エアコンがプシューと音をたてて止まるのを防ぐ・とまる時間を短くする対策の二つ目は「設定温度と外気温の差をできるだけ低くする」というものです。

エアコンの設定温度と外気温の差が大きければ、室外機に霜がつきやすくなってしまいます。

霜がつきやすくなってしまうとそれに伴い、霜取り機能が稼働する回数も多くなり、エアコンがプシューと音を立てて止まることも多くなってしまうため、設定温度はできるだけ外気温と差が出すぎないようにしましょう。

例えば暖房の設定温度は22℃程度にすると効果的にエアコンが止まることを防げます。

エアコンがプシューと音をたてて止まる頻度が多い場合は

上記で紹介したような対策をいくら試してもエアコンがプシューと音を立てて止まってしまう、その頻度が多いという場合はエアコンを買い替えるということを検討してみてはいかがでしょうか。

というのも、パナソニックより提供されているエアコンには霜取り機能稼働中でも、暖房が止まらずに稼働し続けるという機能がついているからです。

参考元:Panasonic

こういったエアコンに買い替えを行えば、プシューと音を立てて止まってしまうなんてことが起こる頻度は少なくなるでしょう。

そういった事例に悩んでいるという方はぜひご検討ください。

エアコンがプシューとなることについて全てを解説できた訳ではない

エアコンがプシューと音を立てて止まることについてこの記事ですべてをお伝えできたわけではないでしょう。

なので、この記事を読んだ後、何か疑問に思う点感じる点があるかもしれません。

そういった際はぜひ当サイトのお問い合わせフォームにてご連絡ください。

お伝えいただいた内容を元に加筆や修正等の対応を適宜行わせていただきます。

こちらもあわせてぜひご検討ください。

エアコンがプシューと音を立ててしまう問題についてのまとめ

エアコンの暖房機能使用時にプシューと音を立てて止まってしまうのは、室外機についてしまった霜を取るためです。

音が音だけに故障したのでは?と不安になってしまう気持ちもわかりますが、霜取り機能が作動すること自体は正常なことなので、ご安心ください。

ただ、エアコンのフィルター掃除等の対策を講じたにも関わらず、頻繁に霜取り機能が作動してしまうという際には、エアコン買い替えを検討した方が良いかもしれません。

記事内でも紹介したようにパナソニックでは霜取り機能が作動中も変わらず暖房が利用できる、という機能を持ったエアコンが販売されています。

そういったエアコンを購入することでも、プシューと音を立てて止まってしまうということを無くすこと、もしくは減らすことができるのでぜひご検討ください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
タナカ タロウ
宜しくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧