エアコンの取り付けトラブルの原因と対処!引越しのトラブルとは?

目次

エアコンの取り付けトラブルについて解説します

エアコンはただの家電製品とは違い、自分では取り付けるのが難しい家電の一つですよね。

もちろんできる人も中にはいるでしょうが、そういった方は少数派であることはまず間違いないでしょう。

よってエアコンを取り付ける際は業者に頼むことになるわけですが、選んだ業者によってはトラブルになることもあるとか。

そこで今回の記事では

「エアコンの取り付けトラブルの原因と対処!引越しのトラブルとは?」

という内容でお届けしていきます。

引越しや、買い替えなどなど、エアコンを取り付けるケースはいくつかあります。

そんな際にトラブルにならぬように、対処法について事前に知っておいてみてはいかがでしょうか。

今回はインターネットなどで調査をしてまとめた記事を作成してみました。

エアコンの取り付けトラブルにはどんなものがある?

エアコン 取り付け トラブル

それではまず、エアコンの取り付けトラブルにはどのようなものがあるのか、について紹介していきます。

① 家の構造体を傷つけられる

エアコンの取り付けトラブルの一つに「家の構造体を傷つけられる」というものがあります。

こちらは比較的一軒家に多いトラブルで、エアコンの取り付け業者に家の構造体、いわゆる家の柱となっている部分を傷つけられるというトラブルです。

人によるとは思いますが、特に一軒家の場合では押しピンなども使用したくない、傷つけたくないという方がいますよね。

高いお金を出して買っている一軒家、住宅であれば当然なことです。

しかし、エアコンの取り付け業者からすれば、そのようなことは関係なく、あくまでも案件の一つであることからか、注意や配慮が足らずこういったトラブルになることがあります。

参考元:教えて!goo

② エアコンが上手く稼働しない

エアコンの取り付けトラブルの一つに「エアコンが上手く稼働しない」というのもあります。

こちらは引っ越しなどでエアコンを移動させて再度取り付ける、再利用するといった際に起こりやすいトラブルで、エアコンを移動させる際に内部の配管が破損してしまい、上手く稼働しなくなるというものです。

エアコンの配管は運ぶ際の方法によっては破損してしまうため、エアコンの取り付け業者に取り外しから引越し先への運び入れまでをやってもらっていた際、こういったトラブルになることがあります。

参考元:YAHOO!知恵袋

エアコンの取り付けトラブルが起こった時はどうすれば?

エアコン 取り付け トラブル

それでは次に、実際にエアコンの取り付けトラブルが起こった時の対処法について紹介していきます。

①家の構造体を傷つけられた際の対処法

家の構造体がエアコンの取り付け業者の不手際、不注意により傷つけられた際は、まず家の建築を行った業者にその柱の傷は住宅として問題はないのか、確認しましょう。

そしてその傷を修理したいのであれば、どれだけの修理費がかかるのかを見積もりとして出してもらってください。

次に建築業者から出してもらった見積書を元に、エアコンの取り付け業者に費用を負担してもらえるのかどうかを確認してください。

エアコンの取り付け業者の不手際、不注意により家の柱となっている部分に傷つけられたのであれば、非は間違いなくエアコンの取り付け業者にあります。

しかし、その費用が高額であればある程、費用の負担をごねる可能性があるため、長丁場になること、もしくは全額は負担してもらえない可能性も視野に入れておきましょう。

参考元:教えて!goo

② エアコンが上手く稼働しない際の対処法

使用しているエアコンを取り外しから移動、そして引っ越し先への取り付けまでの一連の作業を行ってもらったところ、エアコンが上手く稼働しない場合は上述したように、配管が破損し冷媒が外に漏れている、というような原因が考えられます。

引越し前は上手く稼働していた、という際にはそのエアコンを運んだ取り付け業者の不手際が考えられますので、その修理に際しかかる費用を負担してもらいましょう。

もちろんこちらも費用を出すことを渋る可能性があるため、そういった際には少し、高くついたとしても、エアコンのメーカーに相談する、というのも一つの手です。

参考元:YAHOO!知恵袋

エアコンの取り付けトラブルが起きないために気をつけること

次にエアコンの取り付けトラブルが起きないように気をつけることについて紹介していきます。

① 信頼できる業者に頼む

エアコンの取り付けトラブルが起きないように気をつけることとして一番に挙げられるのは「信頼できる業者に頼む」ということです。

業者を選ぶ際は何よりも安い、ということを重要視している方は多いと思います。

しかしその結果としてエアコンの取り付けが雑かったり、上記で紹介したような家の柱となる部分に傷をつける、エアコンが上手く動かなくなる、という事態になってしまうと元も子もありません。

費用の安さ、というのは魅力的でもありますがエアコンの取り付けに際し、トラブルにあいたくないのであれば、費用は割高だったとしても実績のある信頼できる業者を選ぶべきなのです。

エアコンの取り付けの際にかかる費用が割高であるにも関わらず、人気のある業者と言うのはそれだけ、ユーザーからの満足度も高いということを意味しているでしょう。

よってエアコンを取り付ける際、トラブルが起きないために重要なことは少々高くても信頼できる業者に頼む、ということになるのです。

参考元:【知らないと困る】引越し エアコンの取り付け時のトラブル

② 業者の評判を知る

エアコンの取り付けトラブルが起きないように気をつけることとして次に挙げられるのは「業者の評判を知る」ということです。

どういうことかと言うと、すごく安いエアコンの取り付け業者と言うのはそこまで安くしなければお客様がこない、という風にも見ることができるからです。

それはその業者のやり方だったり、対応が良くないということも意味している可能性もありますので、エアコンの取り付け業者を選ぶ際、気になっている業者があれば、そういった業者についてネットで調べてみてください。

SNSではあまりそういった情報が無いかもしれませんが、匿名性の高いネット掲示板などでは悪評が挙がっているかもしれません。

エアコンの取り付けトラブルを未然に防ぐためにもぜひ参考にしてみてください。

エアコンの取り付けのトラブルが大きくなったら

エアコンの取り付けのトラブルにあってしまった時、この記事の対処法では対処が難しい場合もあるかもしれません。

そういった際には、弁護士などの専門の知識を持つ方に相談してみてはいかがでしょうか。

業者とのやり取りをすべて録音などしていれば、証拠となりますがそこまではしていないという方もいるでしょう。

「やったやってない、言った言ってない」と業者と争うのも面倒なので、専門家に相談することもぜひご検討ください。

まとめ

今回の記事ではエアコンの取り付けトラブルについて紹介してきました。

エアコンの取り付けを業者に頼むと家の構造体を傷つけられるというトラブルやエアコンの配管が破損する、といったトラブルに見舞われることがあります。

これはエアコンの普及率が高い現代において誰でもエアコンの取り付けトラブルを経験する可能性がある、ということを意味しています。

いざ、トラブルにあった際にどうしていいかわからずに困る、なんてことの無いようにこの記事を参考にしていただければと思います。

関連リンク

こちらの記事では自分でエアコンを取り付ける際の手順について解説しています。業者に頼まずに自分で取り付ける方法もあるので、ご参照ください。
エアコンをDIYで(自分で)取り付けよう!真空引きしない・する場合で解説!

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
タナカ タロウ
宜しくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧