電子レンジの"レンジ,グリル,オーブン,トースター"の機能の違いを解説!

目次

電子レンジのレンジ、グリル、オーブン、トースターの機能の違いを解説します

電子レンジにはレンジにグリル、オーブンにトースター等、本当に様々な機能が搭載されていますよね。

しかしその数ある機能それぞれの違い、については中々理解できていないのではないでしょうか。

そこで今回の記事では電子レンジに搭載されているグリル、オーブン、レンジ等の機能の違いについて紹介していきます。

便利な電子レンジをさらに便利に活用するためにもそれらの機能の違いや特、メリット等をこの記事を読んで知ってみてください。

電子レンジのレンジ、グリル、オーブン、トースターの機能の違いとは?

電子 レンジ グリル,オーブン 電子 レンジ 違い

それではまず、電子レンジに搭載されている機能であるレンジ、グリル、オーブン、トースター機能の違いについて、メリットデメリットを含めて紹介していきます。

レンジ

電子レンジの「レンジ」機能は他のグリルやトースター、オーブン機能とは違い、電磁波(マイクロ波)を利用し食品を温めます。

レンジ機能を使用した後、電子レンジに触れても特にもしくはそれほど熱いとは感じませんよね。

それは電磁波により食品内の水分子を振動させ、その摩擦熱により温めるという温め方だからです。

電子レンジのレンジ機能におけるメリットは、保存したご飯等ちょっとした物を解凍する際に便利という点です。

そしてデメリットはオーブン機能、グリル機能とは違い、料理に焼き色を付けるということはできないという点です。

レンジ機能の特徴でもある水分子を振動させることにより温めるという温め方のため、表面に焼き色を付かせることはできないのです。

グリル

電子レンジのグリル機能は庫内にあるヒーターを利用し、短時間で香ばしく焼き上げられるということが特徴となります。

オーブン機能等もヒーターを利用しますが、グリル機能の方が加熱温度が高いということが違いとして挙げられます。

そして電子レンジのグリル機能におけるメリットは、やはり短時間で香ばしく焼き上げられることです。

デメリットはと言うと、オーブン機能では温度調節できますがグリルではできない、という点ですね。

最高温度で素早く焼き上げるため当然とも言えますが。

オーブン

電子レンジのオーブン機能もグリル機能同様、ヒーターを利用し加熱します。

オーブン機能の特徴及び他の機能との違いとしては、グリル機能ではできない温度調節が可能なことになります。

そして電子レンジのオーブン機能のメリットは、温度調節が可能な分、グリル機能ではできなかったじっくり焼き上げるということが可能である点です。

これにより十分に中まで火を通す必要のある料理も作ることができます。

デメリットはと言うと、特にありません。

トースター

電子レンジのトースター機能もオーブン、それにグリルと同様にヒーターを利用し加熱します。

レンジ機能ではなかった熱を電子レンジに触れると感じることができるため、その点からもヒーターを利用しているということはわかりますよね。

トースター機能の特徴はと言うと、「トースター」と名前がついているだけあって、パンを綺麗に焼き上げることができるという点です。

他の機能との違いについては強いてあげるとすると、オーブン機能やレンジ機能、グリル機能ではパンを綺麗に焼き上げられないということですね。

そして電子レンジのトースター機能のメリットは上記でも登場したパンを綺麗に焼き上げられるという点になります。

デメリットはと言うと、正直トースターを購入し使用した方が焼きあがるまでがはやいという点です。

ターンテーブルがついている電子レンジだと、トースター機能を利用するたびに、ターンテーブルを取り出さなければならないため正直めんどくさいというのもデメリットとして挙げられます。

参考元:Lidea

電子レンジのレンジ、グリル、オーブン、トースターにあった料理とは?

電子 レンジ グリル,オーブン 電子 レンジ 違い

それでは次に、電子レンジの機能であるレンジ、グリル、オーブン、トースターそれぞれに合っている料理とは一体何なのかについて紹介していきます。

レンジ

電子レンジのレンジ機能に相性が良い料理は以下になります。

  • 茶碗蒸し
  • 蒸しパン
  • おこわ

食品内の水分子を振動させ、温めるという原理であるため、蒸す料理だったり、煮物等の料理に電子レンジのレンジ機能は相性がいいです。

また、野菜をレンジ機能により蒸すことで下ごしらえなんかも簡単にできるため、レンジ機能の活用方法としてはおすすめです。

グリル

電子レンジのグリル機能に相性が良い料理は以下になります。

  • 焼き魚
  • 焼き鳥
  • フライドポテト

魚焼きグリルというのもあるため、やはり電子レンジのグリル機能は焼き魚に相性が良いです。

また、こんがりとした焼き色を素早く高温で焼き上げることにより付けることが可能ですので、焼き鳥等の焼き色が重要となる料理にも大活躍する機能です。

工夫次第で様々な料理に対し使用することができるため、クックパッドのようなレシピサイトを活用してグリル料理を作ってみてください。

オーブン

電子レンジのオーブン機能に相性が良い料理は以下になります。

  • ケーキ
  • クッキー
  • ローストビーフ
  • 焼き豚

ケーキのスポンジ部分だったり、ローストビーフだったり中までじっくりと火を通す必要がある料理にはオーブンが最適と言えます。

ローストビーフや焼き豚を作ろうとして、中までじっくりと火が通っていなければお腹を壊すことにもなりかねませんしね。

また、ケーキやクッキー等、お菓子にも使用できるというのも電子レンジのオーブン機能の特徴とも言えます。

トースター

電子レンジのトースター機能に相性が良い料理は以下になります。

  • パン系の料理
  • パイ
  • フライドポテト
  • ピザ

実はトースター機能もオーブン機能やグリル機能と同じヒーターを利用するため、パンだけでなく様々な料理に利用可能です。

なので、トースター機能だからパンを焼く機能だ!という先入観は捨ててしまった方が良いですね。

ただ、オーブン機能やグリル機能がついているのであれば、無理にトースター機能を利用する必要もありませんが。

参考元:キナリノ

レンジ、グリル、オーブン、トースターのマルチ機能がついたおすすめ電子レンジ

次に電子レンジにレンジ機能はもちろん、グリルにオーブン、トースター機能が搭載しているという多機能電子レンジを紹介していきます。

どうやっておすすめする商品を選んだか

今回電子レンジのおすすめする商品を選ぶにあたり、amazonの電子レンジにおける売れ筋ランキングを参考に選んでみました。

売れ筋である商品は多くの方が購入し、満足している商品ということを示しているため、いい商品を楽に選ぶことができますからね。

売れ筋ランキングを見れば評価の高い電子レンジを簡単に見つけることができるため、読者の方もamazonで何かを購入するという際には売れ筋ランキングをぜひ参考にしてみてください。

アイリスオーヤマ オーブンレンジ 16L ターンテーブル ブラック VAL-16T-B

アイリスオーヤマ オーブンレンジ 16L ターンテーブル ブラック VAL-16T-B

※画像クリックでamazonへ移動

電子レンジにレンジ機能の他、オーブンにグリル、トースター機能を搭載している多機能電子レンジとしておすすめするのはこちらの商品になります。

こちらの電子レンジはamazonの売れ筋ランキングの中でも4位に位置付けていた(2018年5月確認時点)商品で、なおかつ一般的に多機能電子レンジは単機能電子レンジより高いとされながらもその価格も1万円程という値段にも魅力のある商品です。

今まで単機能電子レンジを使用していて、多機能電子レンジを使用したいという方、多機能電子レンジの中でも少しでも値が安い物を購入したいという方にはまさにうってつけの商品なので、ぜひ購入を検討してみてください!

この記事ではレンジ、グリル、オーブン、トースターの全てを解説できてはいないことに注意

今回の記事では電子レンジの機能であるレンジ、グリル、オーブン、トースターそれぞれの機能について紹介しましたが、この記事ですべての内容をお伝えできたわけではありません。

それゆえに、この記事を読んでいてこの部分はどうなんだろうといった疑問を感じる方もいるかもしれません。

そういった際の解決方法としてはやはりネットで調べる、というのが一番簡単かつ手軽です。

また、当サイトにご質問いただくことでもできる限り対応させていただきますのでこちらもご一考ください。

まとめ

電子レンジの機能であるレンジ、グリル、オーブン、トースターにはそれぞれに違いがあり、それぞれの機能に合ってる料理も異なります。

特にレンジとそれ以外の機能であるグリル、オーブン、トースターでは電磁波とヒーターという食品に熱を加える方法も異なりますので、覚えておいてみてはいかがでしょうか。

この記事が電子レンジの機能のそれぞれを理解する助けになりましたら幸いです。

関連リンク

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
タナカ タロウ
宜しくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧