エアコンのアンペアとは?計算方法や契約切り替え推奨ケース等を解説!

この記事を執筆するにあたって

電気電子技術者として、エアコンのアンペアと契約電力との関係を解説します。

Written By えどう タロー

目次

エアコンのアンペアについて解説します

こんにちは、えどうです。

エアコンを使いながら電子レンジを使っていたらブレーカーが落ちてしまった!、というような経験はありませんか?

今回は、エアコンのアンペアについて解説します。
また、電力会社との契約の変更の目安についても紹介できればと思います。

エアコンのアンペアとは?

そもそもアンペアって何?と思われる方も居るかもしれません。

アンペアは電流の単位です。
電流とは、1時間あたりにどのくらいの電気を消費しているかの1つの指標です。

アンペア数が高ければ高いほど、より多くの電気を消費します。その一方で、アンペア数が高ければエアコンとしての能力が高いと考えて良いでしょう。

ただし、アンペア数が高ければ能力が高い、というのは発売年が同時期のエアコンの中で、です。古いエアコンに対して現在のエアコンは電力効率が良くなっているため、より効率的に空調能力を発揮します。

また、多くの家庭の場合、電気の契約はA(アンペア)契約かkVA(キロボルトアンペア)契約になっています。
A契約は電流での制限、kVA契約は電力での制限がかかっており、それ以上の電流または電力を使おうとすると、ブレーカーが落ちてしまいます。

エアコンのアンペア数がわからない時の計算方法

エアコンのアンペア数が分からない場合、エアコン本体などに書いてあるワット数からも計算することができます。

アンペア数(A) = ワット数(W) ÷ 100(電圧、V)

多くの場合はこれで計算することが可能です。

大きなリビングで使用されるようなエアコンの場合、200Vで動作している場合があります。この場合は、上の式の電圧を200に変更して下さい。

これで、エアコンでどの程度電流を消費しているのかを計算することができます。

エアコンの冷房や暖房のアンペア数はだいたいどのくらい?

では、実際にエアコンの冷房や暖房で消費するアンペア数はどの程度なのでしょうか?

経済産業省資源エネルギー庁が発行している「省エネ性能カタログ」を参考に調査しました。
(現在発売されている製品の平均値で評価)

概ね、アンペア数は冷房と暖房で大きな差はありませんが、ご参考頂ければ幸いです。

冷房のアンペア数

対象とする部屋のサイズ(冷房能力) アンペア数
6〜9畳用(2.2kW) 5.1
7〜10畳用(2.5kW) 5.9
8〜12畳用(2.8kW) 6.6
10〜15畳用(3.6kW) 10
11〜17畳用(4.0kW) 11
15〜23畳用(5.6kW) 18

暖房のアンペア数

対象とする部屋のサイズ(暖房能力) アンペア数
6〜9畳用(2.2kW) 4.9
7〜10畳用(2.5kW) 5.8
8〜12畳用(2.8kW) 7.9
10〜15畳用(3.6kW) 11
11〜17畳用(4.0kW) 12
15〜23畳用(5.6kW) 17

エアコンを買い換えた!契約しているアンペア数を切り替え・見直した方が良い?

ここまででエアコンのアンペア数について解説しました。
では、エアコンを買い換えたときにどのような場合に電力会社との契約を切り替えないし見直した方が良いのでしょう?

低く切り替えた方が良い場合

10年以上前のエアコンから新しいエアコンに乗り換える場合

10年以上前のエアコンから新しいエアコンに乗り換える場合、
同じ冷房能力・暖房能力であっても1A以上アンペア数が小さくなっています。

このため、10年以上前のエアコンから同等性能の最新のエアコンに買い換えた場合、低く切り替えられる可能性があります。

エアコンの空調能力を下げた場合

同じ部屋に設置するエアコンでも、元々のエアコンの空調能力よりも低い空調能力にした場合、消費電力が小さくなります。

例えば、12畳用のエアコンを9畳用に変更した場合、冷房時のアンペア数を1.5アンペア少なくすることが可能です。

このため、空調能力を下げた場合は、電力会社との契約を低く切り替えられる可能性があります。

他の家電との併用が減る場合

家族構成が変化し、同居する家族が減った場合、他の家電との併用が減る可能性があります。この場合は、他の家電のアンペア数を確認して、電力会社との契約を見直すことをお勧めします。

参考:主な電気機器のアンペアの目安(東京電力)

高く切り替えた方が良い場合

エアコンの空調能力を上げた場合

リビングと居間を一つのエアコンで、 というように、設置するエアコンの空調能力を上げた場合は、場合によっては契約電力が足りなくなる可能性があります。

元々のエアコンのアンペア数と新しいエアコンのアンペア数を確認して、電力契約をどうした方が良いか、考えましょう。

他の家電と併用することが多くなる場合

生活の変化と共にエアコンを買い換えた場合、他の家電との併用が増える可能性があります。
この場合は、他の家電のアンペア数を確認して、電力会社との契約を見直すことをお勧めします。

参考:主な電気機器のアンペアの目安(東京電力)

変更しなくて良い場合

エアコンが故障して同等品に買い換える場合(購入してから10年以内)

購入してから10年以上経過したエアコンの買い換えは、同じ空調能力であっても、省エネ能力が向上していますが、その一方で、10年経過していないようなエアコンを買い換えた場合、アンペア数は確かに減りますが、電力契約を見直すほどにはなりません。

このため、10年経過前にエアコンを同じ空調能力の新しいエアコンに買い換える場合は、電力契約は見直す必要が無いでしょう。

低いアンペアでエアコンを使用するコツ

空調能力が高い場合であっても、低いアンペア数でエアコンを使用するコツがあります。

① 温度設定を弱めにし、風量を自動に。こまめにON/OFFしない。

冷房時なら1℃高め、暖房時であれば1℃低めに設定することで、しようアンペア数を10%削減することができます。

また、風量設定は「自動」が最適ですが、空調を入れはじめは風量設定を「強」にすることで、アンペア数を高くすること無く、空調効果を上げることができます。

エアコンはコンプレッサー(空気の圧縮をする装置)を使って温・冷を作り出していますので、こまめに電源をON/OFFすると、何度もコンプレッサーを動作させることになり、アンペア数の増大に繋がります。このため、電源を頻繁にON/OFFするよりも、設定温度を弱めにして付けっぱなしにした方が良いでしょう。

② フィルター掃除をしっかりとする

エアコンのフィルター

エアコンのフィルターが汚れた状態でエアコンを使用すると、最大で25%エアコンの省エネ性能が落ちます。省エネ性能が落ちると、空調能力を発揮するために、より多くのアンペアを消費することになります。

このため、エアコンのフィルターはこまめに掃除することをお勧めします。

参考元:富士通ゼネラル「節電のポイント」

この記事はエアコンのアンペアについて全て解説できたわけではない

この記事では、エアコンのアンペアについて全て解説できているわけではありません。
エアコンをより少ないアンペアで使用したいという方がおられましたら、エアコンの省エネについて解説した以下のサイトが役に立つでしょう。

参考:ダイキン エアコン節電情報

この記事内ではエアコンとアンペアの関係についてわかりやすく説明したつもりではありますが、分かりづらい点などありましたら、問い合わせフォームよりご連絡下さい。記事の加筆・修正について検討致します。

まとめ

この記事では、エアコンとアンペアの関係について解説しました。
要点をまとめます。

エアコンのアンペアとは?

アンペアは電流の単位です。アンペア数が高ければ高いほど、より多くの電気を消費します。その一方で、アンペア数が高ければエアコンとしての能力が高いと考えて良いでしょう。

エアコンのアンペア数がわからない時の計算方法

アンペア数(A) = ワット数(W) ÷ 100(電圧、V)

エアコンの冷房や暖房のアンペア数はだいたいどのくらい?

ざっくりと考えて、8畳タイプで6Aと考えれば良いです。

エアコンを買い換えた時の電力契約の見直しのポイントは?

  • 10年以上前のエアコンを買い換えた
  • エアコンの空調能力を以前のものから変更した
  • 他の家電との併用の機会が変わった

このような場合は、電力契約の見直しが必要かもしれません。

低いアンペアでエアコンを使用するコツ

  • 温度設定を弱めにし、風量を自動に。こまめにON/OFFしない。
  • フィルター掃除をしっかりとする

この記事が皆さんのお悩みの解決の一助になれば幸いです。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 2e100651 ba8c 4f85 979f 106846fbac22
Written By
えどう タロー
ガジェット大好き技術屋さんです。
電気系の研究者として勤務している傍ら、フリーライターとして活動しています。 様々な電子機器に触れることが多い電気電子系の技術者としての観点を交えながら、 皆様にわかりやすい記事を提供できるように心がけております。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧