ゆうパックで電池やリチウム電池は送れる?リチウム電池の注意点とは

目次

ゆうパックで送れる電池やリチウム電池について解説します

オークションやフリーマーケットに出品した手持ちのPCやデジカメ、不要になったスマートフォン。ぶじ買い手が見つかり、入金も確認してさて発送、というときになって意外な落とし穴になりやすいのが、この「航空搭載禁止」に触れる品物。もっとも多いのが、「リチウム電池付きの品物が航空便で送れない!」というトラブルです

ここではリチウム電池を含む電池類を郵便局の宅配便サービス「ゆうパック」で送るときの注意点をまとめてみました。

ゆうパックで送れる電池とは?

ゆうパックで送ることのできる電池の種類にはマンガン電池、アルカリ電池、ニッカド電池やニッケル水素電池などがあります。これらの電池については輸送にかかる規制はとくにありませんので、以下の点に留意すれば航空輸送扱いゆうパックで発送することができます。

マンガン電池

マンガン乾電池単品の場合は、航空搭載地域宛て・陸送ともに問題なく「ゆうパック」で送ることができます。送る際はゆうパックラベルの品名欄に、「マンガン乾電池」と書いておきましょう。梱包については決まりごとはありませんが、何十本もまとめて発送するときはそれなりのしっかりした梱包(気泡緩衝材、いわゆる「プチプチ」でくるむなど)をして絶縁状態で差し出すこと

ただし航空輸送によるゆうパックの場合、絶縁状態で差し出すのが絶対条件となるため、おもちゃやその他電子機器に入れたままの状態では航空輸送ができず陸送扱いになるため、この点は注意が必要です。

アルカリ電池

マンガン乾電池と同様の処置で問題ありません。こちらも品名に「アルカリ乾電池x〇本」のようにしっかり明記し、確実に絶縁した状態で窓口に持ちこめばよいでしょう。

マンガン・アルカリ以外の電池について

充電式電池(二次電池)のニッカド電池やニッケル水素電池(eneloopなど)も単品ならば、航空搭載地域宛てでも問題なく航空便の「ゆうパック」として送ることができます。差し出すときはリチウム電池と区別するため、ラベルの品名欄に「機器から取り外したニッケル水素電池を含む」とハッキリ注記しておきましょう。

ゆうパックでリチウム電池を送りたいときは要注意

リチウム電池は航空輸送できない

ゆうパック 電池

つづいてリチウム電池について。リチウム電池はアルカリ乾電池やマンガン乾電池とは逆に、単体では航空搭載禁止となっています。PC、スマートフォン、タブレット、その他電子機器に内蔵された状態で、しかも一定の条件を満たした場合のみ、航空搭載が可能です。

リチウム電池には
1). 充電可能なリチウムイオン電池 と
2). 充電できない(一次電池)リチウム金属電池

の2種類があります。

たとえばボタン型(丸いコイン型で、型番がCR / BR / FR で始まるもの)のリチウム乾電池はリチウム金属電池になり、こちらもリチウムイオン電池(充電するタイプの二次電池)と同様に「機器組み込み状態」のみ、航空搭載可能品扱いとなります。そしてゆうパックラベルに、「腕時計(リチウムボタン電池、またはリチウムコイン電池)」と書いておけば確実です。どらちのタイプのリチウム電池であっても、電池単品での航空搭載はできません(陸送になります)

リチウム電池を「航空搭載地域宛てのゆうパックとして差し出したい」場合、制限条件など詳細については下記URLのpdfファイルをご参照ください。

引用元:リチウム電池等を航空機により輸送するための条件 条件2 別紙1

リチウム電池をゆうパックで送るには

リチウム電池をゆうパックで送るには、以下の条件を満たす必要があります。

  • ①「航空搭載地域」宛ての場合、こちらの郵便局公式ページの「条件2」に記載された条件をクリアしていれば航空便のゆうパックとして取り扱いができますが、クリアしていない場合は陸送ゆうパック扱いになります。

  • ② 航空搭載扱いの場合、上記条件をクリアしたうえで「リチウム電池取扱マーク」が外装に適切に貼り付けられていること

注意点:航空搭載地域宛てにリチウム電池を組み込んだ機器を発送するとき、それが「リチウム電池を原動力とする小型車両(セグウェイ、ホバーボード等など)」の場合、上記条件を満たしていても航空輸送はできません。

電池やリチウム電池をゆうパック以外で送る方法

方法① レターパックで送る

レターパックは重量4kgまでの荷物を全国一律料金で発送できるサービスで、厚さや重さに応じてレターパックプラス(受け渡しは対面)とレターパックライト(ポスト投函)があります。

もしリチウム電池をPCやスマートフォンなどのデバイスに組み込まれた状態で送るのであれば、大きさによってはレターパックのほうが配送代がお得になったりします。ただしモバイルバッテリーなど、リチウム電池「単品」を送りたい場合は、ゆうパックおよびレターパックを含むすべての取り扱いで航空搭載不可となり、陸送扱いとなるので注意が必要です

方法②「ゆうゆうメルカリ便」で送る

もし「メルカリ」などのフリーマーケットサイトで売れた商品を発送するような場合、「A4サイズ、厚さ3cm以内、重量1kg以内」で収まるもの、たとえばスマートフォンなどの小型軽量デバイスに搭載されたリチウム電池であれば、「ゆうゆうメルカリ便」を使うという方法もあります。

「ゆうゆうメルカリ便」のメリットは、通常のゆうパックとおなじく荷物の追跡サービス付きの「ゆうパケット」扱いで全国一律175円で発送できること、そして近くにローソンがあれば、ローソンで気軽に差し出しができることです。

ただしリチウム電池単品ではなく、必ず機器に搭載した状態で送ることが条件。あとは「精密機器」と内容物を明記して差し出します。こちらは通常のゆうパケットと異なりメルカリ側の補償もあり、荷物追跡サービスも付いています(ただし、郵便局側は精密機器の場合はゆうパック利用を推奨しています。ご利用はあくまで自己判断でお願いします)。

電池やリチウム電池を送らないのもあり

オークションサイトやフリーマーケットサイトでリチウム電池の入った商品を出品した場合、最初から「リチウム電池なし」と断り書きして売る、というのもひとつの方法です。つまり、航空搭載の可否についていろいろとめんどうなリチウム電池ははじめからない状態でデバイスのみ売る、という選択肢になります。

いまひとつはリチウム電池は搭載したままの状態で出品して、「陸送扱いで配送」と告知して売る、という方法です。電池不搭載 / 陸送扱いとあらかじめ断っておけば、売り手も買い手もともに納得して気持ちのよい取り引きになると思います。

まとめ

ゆうパック 電池

この記事のポイントのまとめです。

1. アルカリ乾電池 / マンガン乾電池を「単品」で送る場合、とくに制限はなし。確実な梱包と絶縁、内容物の明記をしておく。玩具などに組み込んだ状態では航空輸送不可

2. 充電池 / 一次電池タイプともにリチウム電池は単品では航空搭載できない

3. リチウム電池類を航空搭載地域宛てに差し出す場合は必ず「機器に搭載した状態」で発送し、指定の「リチウム電池取扱マーク」ラベルに必要事項を記入し外装に貼り付けて発送する。 これが順守されていない場合はすべて陸送扱いとなります

4. オークション / フリマサイトでリチウム電池を含む機器を出品する場合、最初から「リチウム電池なし」と断って出品する選択肢もあり

終わりに、リチウム電池とリチウム電池を含む商品をゆうパックで送る際、簡易郵便局やゆうパックを引き受けているコンビニではなく、「集配業務を行っている」大きな郵便局、いわゆる「本局」と呼ばれている郵便局の窓口で差し出すことをおすすめします(郵便窓口業務もアウトソーシングが進んでおり、担当者がリチウム電池を含む荷物の取り扱いに慣れているとはかぎらないため)。また、リチウム電池を含む機器がかなり大きい場合、集荷依頼をして取りに来てもらうのもよい方法です。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
西の風
音楽・芸術・歴史など、なんでも浅く広くのディレッタントです。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧