電子レンジの重さや重量を解説!本体の重さの平均はどのくらい?

目次

電子レンジの重さや重量について解説します

電子レンジっていざ持ってみると意外に重いですよね。

持ってみた方はわかると思いますが、なんというかズシっとくる重さです。

そんな意外と重い電子レンジですがなぜ重いのか知っていますでしょうか。

この記事では今までなんとなく電子レンジは重いものだと思っていた方のために、「電子レンジの重さや重量を解説!本体の重さの平均はどのくらい?」という内容でお届けしていきます。

それほどサイズは大きくないにもかかわらずなぜ意外と重いのか、気になる方はぜひ読んでみてください!

電子レンジの重さや重量を知っておくと便利なケース

電子レンジ 重さ 重量

電子レンジの重さを知っておくとどのような利点があるのか、考えられるケースについて紹介していきます。

ケース① 引っ越し

一つ目のケースとしては「引っ越し」が考えられます。

引っ越しというと業者に頼んでしまえば楽は楽ですが、それ相応の費用が掛かりますよね。

ちなみにその費用は500㎞未満の距離かつ単身(荷物小)で平均55,656円です。

参考元:SUUMO

もちろん2月から4月のいわゆる繁忙期とそれ以外の月、荷物量や家族人数、地域により価格は変動しますが、単身者の引っ越しには大体5万円程かかってきます。

これはパソコンも購入できるくらいの金額なので結構高いですよね。

よって自分で、もしくは自分たちで引っ越しを済ませようとする方もいると思います。

そのように自分で引っ越しをしようとなった時は、電子レンジの重さや重量を知っておけば便利ではないでしょうか。

電子レンジが自分で持てる重さなのかどうかを知っておけば、事前に友人や家族に連絡して手伝ってもらうかどうかを決めることができます。

何より途中で落としてしまって壊したなんてことにならずに済みますしね。

よって電子レンジの重さや重量を知っておけば便利なケースの一つに「引っ越し」が考えられます。

ケース② 模様替え

二つ目のケースは「模様替え」です。

生活しているうちに、「電子レンジの位置が気に入らない」「電子レンジを置く棚を新しく購入した」とかで電子レンジの位置を移動させることは少なからずあるでしょう。

そんな時も電子レンジの重さ、重量を知っておけば便利ですよね。

特に女性の一人暮らしの方などは便利なのではと思います。

事前に重さを把握しておけば友人もしくは恋人に手伝ってももらうかどうかを決めておくことができますし、いざ移動させる際に頑張って持とうとして腰を痛めるなんてことも防ぐことができます。

よって電子レンジの重さや重量を知っておけば便利なケースの二つ目に「模様替え」が考えられます。

このように電子レンジの重さや重量を事前に知っておくことで便利なケースはいくつか考えることができます。

もしもの時のためにも使用している電子レンジはどれくらいの重さなのか、男性であれば大丈夫でしょうが、女性の力でも一人で持てるのかどうか知っておくことをおすすめします。

電子レンジの本体の重さや重量の平均はどれくらい?

電子レンジ 重さ 重量

電子レンジの重さ、重量の平均値を計算するにあたり、以下のパナソニックのサイトを参考に計算させていただきました。

参考サイト:Panasonic

その際業務用電子レンジ、ビルトイン、転倒防止金具は計算値に含めていませんのでご了承ください。

と、いうことで電子レンジ10種類の重さ、重量の平均値はどうなったのかというと15.01㎏でした。

細かい計算式は省きますが、最小重量値は9.4㎏で最大重量値は20㎏です。

よって電子レンジの大体の重さは9.4㎏~20㎏となりますね。

ただこれは2018年2月確認時点なので、今後の製品によって変動する可能性がありますのでその点にはご注意ください。

電子レンジに重さや重量がある理由は?

それでは次に電子レンジにはなぜそれだけの重さ、重量があるのか、その理由について説明していきます。

理由 電子レンジ内部のトランスが重い

電子レンジに20㎏という重さや重量がある理由はレンジ内部にある「トランス」が原因です。

参考元:YAHOO!知恵袋

トランスというのは電子レンジの内部にあるマグネトロンに高圧を供給するためのものです。

※トランスについての参考サイト:TABUCHI ELECTRIC

参考までにマグネトロンとはいったい何なのかというと、マイクロ波という電波の一種を発生させる装置です。

電子レンジは食品にマグネトロンが発生させるマイクロ波をあてることで加熱を行っています。

参考元:wikipedia

このトランスという装置が電子レンジの内部に内蔵されているために、電子レンジは重くなっているのです。

ちなみに、電子レンジには重量の重さが目立つ高圧トランス式電子レンジ比較的軽い重さであるインバーター式電子レンジというものが存在します。

インバーター式は高圧トランス式と比べて重量がそれほど重くないという傾向があるので、できるだけ軽い電子レンジがほしいという方はインバーター式のものを探してみてください。

重さ・重量がコンパクトなおすすめ電子レンジ

それでは次に電子レンジの重さ、重量がコンパクトな比較的持ちやすい電子レンジについて紹介していきます。

パナソニック 単機能レンジ 22L ホワイト NE-E22A1-W

パナソニック 単機能レンジ 22L ホワイト NE-E22A1-W
画像をクリックするとAmazonに移動します

まず紹介する商品がこちらになります。

この商品はトランス式ではなくインバーター式なため重量が9.4㎏と、比較的軽いということが特徴の電子レンジになります。

単機能レンジ、と商品名が付いていることからわかるようにトーストやオーブン機能グリル機能は付いていませんが女性でも持ち上げやすい電子レンジなため、女性の一人暮らしの方にはおすすめできる商品です。

ただ、電子レンジがそこまで多機能ではないため、オーブン機能やグリル機能を使用し料理を楽しみたいという方には向いていない商品となっています。

基本的な機能のみ搭載した電子レンジがほしいという方はこちらをお選びください。

アイリスオーヤマ 単機能レンジ 東日本 50Hz専用 17L ホワイト IMB-T171-5

アイリスオーヤマ 単機能レンジ 東日本 50Hz専用 17L ホワイト IMB-T171-5
画像をクリックするとAmazonに移動します

次に紹介する電子レンジはこちらになります。

上記で紹介した電子レンジは2018年2月確認時点で13,000円ほどでした。

よって少々高いと感じる方もいるかと思いますので、もっとコストを抑えたいという方はこちらの商品がおすすめです。

この電子レンジは重量こそ12.3㎏と10㎏オーバーで上記で紹介した商品と比べて少し重さが気になりますが、価格は2018年2月確認時点で6,000円ほどです。

さらに単機能ということなので機能面にはほとんど差がありません。

上記で紹介した商品と同じくらいコンパクトな電子レンジなのでできるだけ安くいいものがほしいという方はこちらの電子レンジを選んでみてください。

重さ・重量がずっしりで多機能なおすすめ電子レンジ

次は電子レンジの重さ、重量がずっしりしている多機能な電子レンジについて紹介していきます。

パナソニック ビストロ スチームオーブンレンジ 30L ホワイト NE-BS1400-W

パナソニック ビストロ スチームオーブンレンジ 30L ホワイト NE-BS1400-W
画像をクリックするとAmazonに移動します

まず紹介するのがこちらの商品になります。

電子レンジの重さ、重量がずっしり多機能という点に焦点を当てているのでこの商品にはスチーム機能、グリル皿及びグリル機能、オーブン機能、さらに庫内を冷ます機能まで搭載されています。

まさに高機能な電子レンジとなっているのがお分かりいただけるでしょう。

重量は20㎏と上記で紹介した電子レンジよりもさらに重くなっていますが、それを補って余りある機能が搭載されています。

電子レンジをただの解凍や食品を温めるという目的ではなく、調理器具の一つとして様々な料理を楽しみたいという方におすすめの商品です。

パナソニック オーブンレンジ エレック 26L ブラック NE-MS264-K

パナソニック オーブンレンジ エレック 26L ブラック NE-MS264-K
画像をクリックするとAmazonに移動します

次に紹介するのはこちらの商品になります。

この商品の特徴は何といっても、料理の下ごしらえさえしてしまえば調理を電子レンジで行えるということです。

油ものなどわざわざ自分で揚げる必要がないというのは他の家事でも忙しい主婦にとっては大変魅力的ではないでしょうか。

このレンジでは煮物やパスタ、から揚げにグラタン等々本当に様々な料理が調理可能です。

そのため、料理好きな方はもちろん、忙しいためあまり料理に時間をかけたくない方、昔よりも断然に増えてきた共働きのご家庭などの強い味方となってくれることでしょう。

以上のように様々な方におすすめできる商品となっていますので気になる方はぜひ購入を検討してみてください!

電子レンジの重さや重量の全てを解説できた訳ではない

この記事で電子レンジの重さや重量についてをすべて紹介できたわけではありません。

今回平均値がどれくらいなのか調べるにあたり利用した製品はパナソニック製になります。

他の製品、例えば日立やアイリスオーヤマなどが製造している電子レンジで計算すると平均値が異なるということももちろん考えられます。

よってこの記事で紹介した電子レンジの重さや重量の平均値についてはあくまでも参考としてとらえてください。

まとめ

ここまで電子レンジにはなぜあれほどの重さ、重量があるのか、というテーマでお伝えしてきました。

電子レンジにはトランスというマグネトロンに高圧を供給するための機械が内蔵されていることから重くなっています。

これにより電子レンジはマイクロ波を放出し、食品を温めているわけなので、ある程度の重さは仕方ないということになりますね。

ちなみにトランスがどのようなものなのかは上記でも紹介した以下のサイトが参考になります。

トランスについての参考サイト:TABUCHI ELECTRIC

もし、少しでも電子レンジの重さを軽くしたいという方はトランス式ではなくインバーター式の電子レンジを探してみましょう。

インバーター式であれば比較的軽くなるのでおすすめです。

参考元:YAHOO!知恵袋

ただ、軽いと言っても10㎏程の重量はあるのでその点は覚悟していましょう。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
タナカ タロウ
宜しくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧