イヤホンのタッチノイズの原因と軽減対策!ノイズの少ないおすすめも

目次

イヤホンのタッチノイズについて解説します

スマートホンの普及等により外出先でも気軽に音楽を聞けるようになりました。
外出先で音楽を聞くためには、イヤホンは必須ですがイヤホンを接続し、音楽を聞こうとしたときに移動中による振動等でガサガサと雑音が入る事はありませんでしたか?
それはイヤホンタッチノイズが原因といわれています。
今回の記事ではイヤホンタッチノイズとはどういう物なのかを詳しく説明させて頂きまた、原因と対策、おすすめの商品等を説明させて頂きイヤホン購入の際には是非参考にして頂きたいと思います。

イヤホンのタッチノイズとは?発生する原因は?

イヤホンのタッチノイズについて解説

タッチノイズとは?

タッチノイズとは、先程も軽く触れましたがイヤホンを接続した時によるノイズ音の事を指します。
イヤホンを接続した時に何故ガサガサと雑音が入る事があるのでしょうか?
それは、イヤホンが外部からの遮音性が非常に高いのが原因と言われています。
その為、歩いた時や外の風の振動や、血管の鼓動等、微かな振動にも敏感に反応してしまいその振動による摩擦音が増幅されてノイズが発生します。

それでは、イヤホンタッチノイズが発生する時の具体例を
紹介させて頂きたいと思います。

参考元:Yahoo!知恵袋

原因① ホワイトノイズ

原因の一つとしてホワイトノイズというものがあります。
ホワイトノイズとは、イヤホンの製品自体に問題があるというわけではなくプレイヤーとイヤホンの相性による問題で、プレイヤーの性能とイヤホンの性能の差によってイヤホンタッチノイズが発生してしまう問題です。
その為、購入前にはメーカーやお店等によりイヤホンと製品の相性をお調べ頂く事によりイヤホンタッチノイズの発生を防ぐ事が出来ると思います。

原因② 服や体の一部に触れる事によりノイズが入る

そして、イヤホンのケーブルの問題として服や髪の毛、体の一部にイヤホンのケーブルが触れて摩擦が起こる事が原因で起こります。
イヤホンを接続した時に、ケーブルが接する部分が沢山あると思いますがこのケーブルが擦れる摩擦音が増幅される事が
主にイヤホンタッチノイズが発生する原因といわれています。

タッチノイズとイヤホン

イヤホンのタッチノイズを軽減する対策

イヤホンタッチノイズが発生する原因について説明させて頂きましたがここでは、イヤホンタッチノイズを軽減する対策について説明させて頂きたいと思います。

対策① 専用クリップを使う

イヤホンタッチノイズが発生する原因の一つとして線の長いケーブル等を使用する事によりケーブルが広がってしまい、擦れる範囲が広くなる事が原因の一つとして上げられます。
対策として、専用クリップを使いケーブルを短くまとめる事により、擦れる範囲が狭くなり
服や体の一部にケーブルが擦れる事を防ぐことが出来ます。

対策② シュア掛け

シュア掛けとは、アメリカのイヤホン製造メーカーのShureの社名から名前を取ったものです。
シュア掛けの掛け方の正しい方法はまず一つ目にイヤホンの右側Rと左側Lが正しく耳に装着されているかを確認します。
左右正しく装着されている事により、耳とイヤホンのズレを修正し、イヤホンと体の摩擦を防ぎます。
次に、イヤホンを装着した際にケーブルを耳の上から頭の後ろに回すように固定するよう装着します。
そうする事により、ケーブルを前に垂らした装着方法よりもケーブルの緩みが減り、ピンと張る事により摩擦面が減る事により、イヤホンタッチノイズを減らす事が出来る装着方法です。
こちらの記事ではシュア掛けで有名なSHUREのおすすめイヤホンを紹介しております。ぜひ、合わせてご覧ください。

対策③ Bluetooth/ワイヤレスイヤホンを使う

三つ目の対策として、Bluetooth/ワイヤレスイヤホンを使う方法です。
イヤホンタッチノイズが服や体の摩擦から発生するものであればワイヤレスイヤホンであれば服や体に擦れることがありませんのでイヤホンタッチノイズの発生が格段に減る対策方法です。

イヤホンのタッチノイズが少ないおすすめイヤホン

タッチノイズの少ないイヤホンの特徴やおすすめの基準

イヤホンタッチノイズの少ないイヤホンのおすすめはやはりBluetooth対応製品がおすすめです。
Bluetooth対応の製品ですと、ケーブルが首の後ろ部分に回るだけの長さの製品や、完全ワイヤレス製品がありますので服や体に擦れる部分の少ない製品を購入する事が出来ます。
それでは、どのような製品があるか、おすすめ製品をご紹介させて頂きます。

SoundPEATS Q30 Bluetooth ワイヤレス イヤホン


画像をクリックするとAmazonに移動します

1回約1.5時間の充電で待機時間100時間
連続再生時間8時間という長時間連続再生に対応しておりほぼ1日連続再生していても問題ないバッテリー量です。
ケーブルが短く、首から後ろにかけて装着するのに最適の製品です。
耳に直接入れるカナル型で、耳の上部にフィットするようなフックを装着しておりますのでブレる事なくきちんと固定出来る仕組みになっており運動していても外れない事を想定して作られています。
その為、服や体に擦れる事が少なく、さらに防水機能も付いておりますので、イヤホンタッチノイズを防ぐにはとても最適な製品です。
価格も3000円前後とこのクオリティの製品としては非常にお求めやすい製品です。
※ただし、完全防水機能ではないので多少の雨等では対応出来ると思われますが激しい雨や水中でのご使用はお控え頂いた方が良いかもしれませんのでご注意下さい

JBL UA SPORT WIRELESS FLEX Bluetoothイヤホン ネックバンド型 IPX5


画像をクリックするとAmazonに移動します

こちらの製品はネックバンドが装着されており振動対するノイズ対策が強化されています。
また、運動時の汗にも対応した防水機能IPX5が搭載されており
マイク付きリモコンが付属されておりますのでスポーツ時には最適な製品でBluetoothでタッチノイズも軽減できます。

EnacFire Twins Bluetooth 5.0 IPX7


画像をクリックするとAmazonに移動します

こちらの製品は、Bluetooth 5.0対応製品で転送速度が従来の2倍とスピーディーにペアリングが可能です。
最大の特徴は完全ワイヤレス製品ですのでケーブルが服や体に擦れるといったイヤホンタッチノイズの原因である摩擦の懸念が解消されています。
また、IPX7防水規格の防水機能も搭載されておりますので激しい雨や、運動時の汗にも対応された設計になっておりますのでノイズを気にせず快適にお使い頂ける製品としては大変おすすめの製品です。

イヤホンのタッチノイズについて全てを解説できた訳ではない

ここまでイヤホンタッチノイズについてどういった問題でノイズが発生してしまうか等の原因や対処法やおすすめの製品をご紹介させて頂く事により少しでもイヤホンタッチノイズに対する懸念を解消出来る様ご紹介させて頂きましたがこの記事を読む事により完全に全てを解決して頂くものではありません。
あくまでも、イヤホンタッチノイズに対する知識を身に着けて頂き製品を購入する際には、少しでもお役に立てる事が出来れば幸いです。
その為、イヤホンとプレーヤーの相性や、製品本体の故障などについては販売元のメーカーに問い合わせて頂く等対応して頂くのが最適な対処法と思われます。

まとめ

この記事を読んで頂いて、

  • イヤホンタッチノイズとはどのようなものかどのような原因でノイズが発生するか等原因が解明出来る事によりどのような対処をしたらよいか。
  • ノイズを極力気にせずに音楽を楽しむ事が出来る為にはどのような製品を購入したらよいか。
  • どういった基準で製品を選んだらよいか

等これからイヤホンのご購入を考えている方に少しでも参考になって頂ければ、とても光栄に思います。

また、こちらの記事では、タッチノイズ以外の"雑音やノイズ"にも焦点をあてて解説しております。ぜひ合わせてご覧ください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
yu-suke 2018
家電をで暮らしを豊かに
家電に関わる仕事がしたい事と家電について勉強を積みたい為、フリーのWebライターとして活動させて頂いております。 記事を読んで頂いた方に記事の内容がわかりやすく、日々の生活に役立つ情報をお伝えする事が出来る様に意識して執筆する様心がけております。 よろしくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧