空気清浄機のカビ対策!カビ除去の掃除方法やカビる原因を徹底解説!

目次

空気清浄機のカビ対策について紹介します

空気清浄機 おまかせ

花粉の季節や、ハウスダストなどの対策の為に空気清浄機を使用しているご家庭も多いでしょう。空気清浄機は、空気が悪く窓を開けられない都会でも手軽に空気を浄化してくれる優れものです。
しかし、そんな空気清浄機からカビくさい臭いがしていることはありませんか。空気清浄機は、掃除を怠り間違った使い方をしてしまうとカビを部屋中に撒き散らしてしまう原因となってしまいます。
また、カビを部屋に撒き散らしそれを吸ってしまうと喉の痛みや体に不調が現れ最悪の場合、肺炎など重病を引き起こしてしまう可能性も出てきます。
そこで、今回は空気清浄機のカビの対策やカビが生えてしまった時の除去方法をご紹介いたします。ぜひ、ご参考にされて下さい。

空気清浄機のどこにカビは発生する?原因は?

カビ

では、空気清浄機のカビは一体どこに発生しているのでしょうか。原因と共に見ていきましょう。

フィルターのカビ

空気清浄機は、まずフィルターを通して空気を浄化しています。ここは、空気清浄機の大元の部分でありフィルターにカビが生えてしまうと、その他部分にもカビを送り出してしまいます。
そんな、フィルターにカビが生える原因は加湿器と一体化している事が主な原因です。現代の、空気清浄機は加湿機能が必ずと言っていいほど付いています。汚れているフィルターに、加湿機能を使うことで空気清浄機の内部は湿気が溜まり、カビが生えてきます。
カビは、空気清浄機のフィルターの汚れをエサとして増殖していき結果、フィルターにカビがビッシリという事になってしまいます。
また、空気清浄機のフィルター掃除を怠る事でカビにエサを与えているので定期的な掃除を心がけましょう。

タンクのカビ

給水タンクには、とてもカビが生えやすいです。空気清浄機内部の中で最も水分と近く、湿気と隣り合わせの部分のため、気づくとカビで真っ黒となりかねません。
給水タンクの主なカビの原因は、給水タンク内の水を溜めたままにしておく事です。給水タンクは、水が中にあるか無いか関わらずに、一日一回は水を入れ替える事が大切です。
冬場など一日中付けている方でも、一週間に一度は給水タンクを洗い通気性の良い場所で乾燥させる事をおすすめします。いつまでも、同じ水を入れっぱなしにしていると、水が雑菌で侵されそれをエサにカビが増殖してしまいます。
加湿機能を使わない方は、必ず水を抜いてください。

空気清浄機のカビを放っておくとどうなる?

空気清浄機のカビを放っておくと、とても大変な事態を招きかねません。カビを放っておく事で一体、どのような事が起こってしまうのでしょうか。見ていきましょう。

① 身体的な不調

空気清浄機のカビを放っておく=カビを撒き散らかしていると考えて良いでしょう。それを、人やペットなどが吸い込んでしまう事で、体にカビが蓄積されていき、息を吸う際に一番使われる喉や肺がボロボロになっていく可能性があります。
また、カビた空気を肺に入れると肺の機能が落ちてしまいカビを出そうと体が咳をし重症化してしまうと肺炎などへと繋がっていきます。
赤ちゃんや、ペットがいる家庭は空気清浄機を備えている場合が多いですので必ず定期的に掃除やカビ確認をしていきましょう。

② 空気を浄化しきれない

空気の汚れをこす役割があるフィルターがカビで侵されることで、フィルター本来の役割を果たすことができず、汚れたまま空気を排出してしまいます。
空気清浄機を付けていても、空気の綺麗さが変わらないどころか逆に空気清浄機の風と共に汚い空気を部屋中に充満させてしまいます。また、ホコリやハウスダストを撒き散らかす事で、アレルギーの症状が悪化してしまったりします。
少し、カビくさいけどまだ大丈夫だろうと空気清浄機のカビを放置する事でとても大変な事態を招いてしまいますので注意が必要となります。

参考:ダイソン公式

空気清浄機がカビた時のカビ除去掃除

空気 清浄 機 カビ

空気清浄機にカビができてしまった場合の掃除方法をご紹介いたします。

方法① カビキラーでお掃除

カビを退治する事でお馴染みのカビキラーですが、空気清浄機のカビにも効果を発揮してくれます。カビキラーであれば、ご家庭に備えてある場合も多く手軽にできます。
お掃除の準備品は、カビキラー、お湯、フィルターをつけ置きできるトレー、歯ブラシです。トレーが無い場合は、風呂釜を使用すると良いでしょう。
お掃除手順をご紹介します。
1、カビキラー適量とお湯を混ぜましょう。この時、直接カビキラーを触るのは危険です。必ずゴム手袋をしましょう。
2、カビキラーを混ぜたお湯をトレーに入れフィルターを2時間漬け込んでいきましょう。この時、フィルターのプラスチックの部分の汚れは、歯ブラシで優しく磨いていくと良いでしょう。フィルター部分は、磨かないように注意して下さい。フィルターが壊れる原因となります。
3、カビキラーに浸けておいたフィルターを取り出します。そのまま、流水で洗い流し風通しの良い日陰で乾燥させていきましょう。日当たりが良い場所に置いてしまうと、フィルターにあまり良くありませんので日陰に置くようにしましょう。

タンクの掃除方法
1、まずタンクの蓋を隅々まで歯ブラシで磨いていきましょう。
2、次にタンク内を一度水洗いし、カビキラー適量とお湯を入れていきます。
3、カビキラーとお湯を入れたまま3時間ほど浸け置きしていきましょう。
4、3時間経ったら、中の水を捨て水洗いし風通しの良い場所で乾燥させましょう。

ここまでが、お掃除手順ですが少しでもカビが残っていると、そのカビが増殖してしまいますので、この作業を2~3回ほど繰り返す事をおすすめします。

方法② クエン酸でお掃除

クエン酸は、今やカビ掃除でおなじみの掃除道具となっています。100均などでも手軽に購入でき、私たちの体内にも存在しているものなので安心して使用する事ができます。

お掃除手順

  1. クエン酸適量をトレーに入れフィルターが浸かるくらいお湯を入れていきましょう。
  2. フィルターをトレーに入れ2時間ほど浸け置きしていきましょう。汚れている、プラスチックの部分だけ歯ブラシで擦ります。
  3. フィルターを取り出し流水で洗い流し日陰で乾燥させましょう。カビが取れていなかったら数回繰り返しましょう。

タンクは、カビキラーと同様の掃除方法を行なって下さい。

クエン酸は、人や環境に優しいですが、必ずゴム手袋をはめてから作業をしていきましょう。手荒れの原因になったり、カビを直接触らないようにゴム手袋をはめる事を心がけて下さい。

参考元:カビイヤーライフ

空気清浄機のカビ対策や予防のために意識すること

空気清浄機は、普段のお手入れによってカビを対策していく事が可能です。そのためには、空気清浄機の事を意識して普段のお掃除の一つに取り入れていく事が重要です。予防法をご紹介いたしますので、ぜひご参考にされて下さい。

①定期的に掃除をしよう

カビの対策として最も有効なものが、定期的にきちんと掃除をしていくことです。フィルターなどは、ホコリや汚れが一週間ほどで溜まってしまいます。
フィルターの掃除は、とても簡単で掃除機でフィルターの汚れやホコリを吸い取っていくだけで良いです。普段のお掃除に一手間加えて空気清浄機のフィルターのゴミも一緒に吸い取るように心がけましょう。

② タンクの水を抜こう

加湿機能を使用する事が一番カビの増殖を促進してしまいます。また、加湿機能を使用しないのにタンクに水を入れたままにしてしまうとそこにカビが発生してしまい、増殖していき最終的に空気清浄機全体へとカビが回ってしまいます。
タンク内に、冬場使った水が残ったままだという方は急いで捨てましょう。また、タンク内部も定期的にクエン酸などに浸け置きをし乾燥させる事を心がけましょう。

③ フィルターやタンクの交換

使用頻度にもよりますが、2年ほどが交換目安となっています。もちろんその前に、カビで侵されてしまっていればそれより早く交換をしていきましょう。
定期的に交換し、常に新品の状態を保てるようにお手入れをしていく事でカビを発生しにくくしていきます。また、交換時期を遅らせる事もできるのでお手入れをきちんと行う事でとても経済的にカビの予防をしていく事ができます。

参考:タスクル

この記事では空気清浄機のカビについて全てを解説できた訳ではない

空気清浄機のカビに付いて解説しましたが、必ずしも全ての空気清浄機やカビに効果を発する訳ではありません。空気清浄機にも、それぞれの機能や内部構成があります。お持ちの空気清浄機に合わせた対処法をするためには、空気清浄機の説明書を十分に読む事をおすすめします。
また、フィルターやタンクなどは交換する事も可能です。あまりにも、汚れやカビが付着していたり、長年使っている場合は老朽化が進んでいる場合が多いので買い換える事をおすすめします。
購入した、お店や近くの家電量販店で購入することができますので買い換える事も検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

加湿器

いかがでしたでしょうか。空気清浄機は、常に清潔に保っておかないと、カビの原因となりそれを吸い込んでしまいかねません。そのためには、定期的なお掃除やフィルター交換などが重要となってきます。また、カビは普段の定期的な掃除で予防していく事ができます。
カビを予防し、お部屋で快適に過ごしていきましょう。

関連記事

他にもカビに関連する記事をいくつか執筆しているので、気になる方はぜひ読んで見てください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
松本 m
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧