【ワイヤレスイヤホン、QCY-QY8。ヘッドホンのような感覚!】

目次

こんにちは、Shunsukeと申します。都内在住の大学生です。
私は通学時および自宅で音楽を聴くのを主な目的としてイヤホンを使っています!デバイスはiPhoneやiPadがメインです。サークルの関係で音楽をやっており、器楽や合唱曲を頻繁に聴きます。といっても音楽を「しっかり」鑑賞することは少なく、音質についてはそこまで優れたものを要求しておりません。通学時にも使用するので、リモコンがあるものがいいかなー、とは思っています。
今回レビューいたしますのは、JPRiDEのQCY-QY8。2,500円程度で買える、比較的安価なワイヤレスイヤホンです。

QCY-QY8 Shunsuke01

QCY-QY8 Shunsuke02

【QCY-QY8の音質】☆☆☆★★

・高域☆☆☆★★

 高音域は比較的よい音質であると感じます。雑味も少なく、澄んだ音を楽しむことができます。その意味で問題はないのですが、少々平面的に聞こえるのが気になります。後述するように中音域・高音域は立体感をもって聴くことが可能なのですが、それに比して厚み・迫力を感じませんでした。

・中域☆☆☆☆★

 中音域はいたって標準的な音質です。高音域に比べると、大きなスピーカーで聴いているような立体感を覚えます。イヤホンという立ち位置ではありますが、あたかもヘッドホンを用いているような感覚です。QCY-QY8は安価なお品物なので、少々意外でした。通常のイヤホンとは異なる感覚で音楽を楽しめることと思います。

・低域☆☆★★★

 問題なのが低音域で、なんといっても聞こえにくいですね。もっと聞こえてほしい!と思いました。単純に音量があるといいなという意味です。ただし立体感はあるので、微妙な強さの低音に包まれている感覚になります(笑)。あと、音量を大きくするとだんだんぼんやりした音質になるのも難点。

・音の透明感☆☆☆★★

 透明感自体は標準的です。特別澄んでいるというわけではありませんし、逆もまた然り。音質に強いこだわりのない人であれば気にならないレベルです。ベースラインやギターが特別よく聞こえるということはありません。なおワイヤレスイヤホンの中でもノイズがそこそこ大きい方ですので、静かな音楽を聞こうとする場合は要注意です。

【QCY-QY8のコストパフォーマンス】☆☆☆☆★

コストパフォーマンスはそこそこ優秀だと感じました。音質は(低音が物足りない以外は)標準的なものですし、後述するように機能も充実しております。またコンパクトなデザインとなっており使い勝手がよく、2,000円台という価格以上の体験が得られることでしょう。

同価格帯の他のワイヤレスイヤホンですと、音質がさらに悪くなったり、あるいは一部機能が損なわれたりする恐れがありますが、QCY-QY8はその点優位に立っております。

QCY-QY8 Shunsuke03

【QCY-QY8のデザイン】☆☆☆☆★

・デザイン ☆☆☆☆★

ワイヤレスイヤホンといってもいくつか種類がありますが、QCY-QY8は2つの装着部が短めのコードで繋がっているタイプのものです。音量調節ボタン、最初はどこに付いているのかわからなかったのですが、実は装着部の円周部分にあるんですね。また装着部の裏側が電源ボタンとなっているのも面白いデザインと感じました。こうした工夫により、コードの途中にリモコンを付ける必要が無くなっています。全体的にスマートなデザインなのが好印象です。ただし音量調節ボタンが少々押しにくいのでご注意を。

・装着感 ☆☆☆☆☆

問題なく装着することができます。通常のカナル型イヤホンよりも簡単に「スッポリ」ハマってくれる印象です。耳の形状などは人によりますが、ほとんどの人が容易に装着できるのではないでしょうか。
装着部周辺にボタンなどの機能が集中していますが、軽量ですので快適に使用できます。多少動くなどしてもズレにくいため、長時間使用しても疲労感はありません。ただし気密性が高めなので、それが苦手な方は負担になるかもしれません。

【QCY-QY8のオリジナリティ】☆☆☆☆★

QCY-QY8は、コード途中のリモコンを排除しているのが特徴です。たいていのイヤホンでは、コードの途中にリモコンが付いているか、あるいは装着部のパーツを大きくしてボタンを配置するかの二択なのです。しかしこのイヤホンは装着部にボタンを寄せ集め、かつスマートなデザインにしている点が高評価です。それ以外は普通のワイヤレスイヤホンとさほど変わらないと感じました。

【QCY-QY8の機能性】☆☆☆★★

再生・停止・電源・通話応答が共通のボタンとなっており、装着部の裏側についております。マイクもあるので、ハンズフリー通話が可能です。また右耳装着部の縁に音量調節ボタンがあります。Bluetooth形式で、充電に必要なのは2時間、連続通話・音楽視聴時間は5〜6時間となっております。

機能自体は十分揃っているのですが、1:音量調節ボタンが小さくて押しにくいこと、2:最低音量が大きすぎて、少々うるさい の二点が気になりました。

いい感じにフィットしてくれるので、遮音性は高めです。どういう種類の音も効率よく遮断してくれています。気密性が高いのが特徴です。自宅、通学時、人混みなど様々な状況でQCY-QY8を使用してみましたが、どこでもさほど問題は感じませんでした。音漏れのチェックも行いましたが、ほとんど起こりませんでした。

【QCY-QY8の利用シーン】

軽量かつコンパクトなデザインなので、結構多くの場面で利用できます。特に運動時あるいは通勤・通学時に使用すると、このデザインが生きることでしょう。私も通学時に使用してみましたが、満足のいく品質でした。耳元でいろいろな操作ができ、いちいちスマートフォンを取り出す必要がないのが助かります。ただし、ノイズがあることと最低音量がデカいことを考えると、静かな場所でゆっくり音楽を満喫…という場面での使用には適さないのでご注意ください。

【QCY-QY8のジャンル】

私は自分の趣味の関係で、管弦楽や合唱曲をよく聴きます。これらのジャンルについては、大きな問題は感じませんでした。ただし、もう少し全体的に澄んだ音質だったらなー、という気はします。あと低音パートが少々物足りないですね。なので、低音パート・ベースラインがそこまで活躍しない曲、あるいはポップソングのご視聴をオススメします。

【QCY-QY8の総合評価】☆☆☆☆★

QCY-QY8 Shunsuke04

QCY-QY8は、ワイヤレスイヤホンの中では安価(2,500円程度)で購入できるものですが、そこまで安っぽいものではありませんでした。音質は標準的でしたし、デザインはコンパクトなのがGOOD。気楽に使用することができるのがこのイヤホン最大の長所なのではないでしょうか。ただし音質や低音の強さにこだわりを持つ人にとっては、物足りないものとなるでしょう。
コンパクトで使い易いワイヤレスイヤホンが欲しい!という人にはうってつけの一品です。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
Shunsuke

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧