イヤホンのバランス接続とは?効果や対応のおすすめイヤホンを紹介!

目次

イヤホンのバランス接続とは何か解説します

イアホンのバランス接続と聞くとあまり聞きなれない言葉であると感じる方が多いと思います。このバランス接続とはイヤホン、ヘッドホンでより良い音を聞くための方法といえます。
この記事では、イヤホンバランス接続とはどういう事なのか、どのような効果があるのかを詳しく解説させて頂きイヤホンバランス接続を行うにはどのような機材が必要なのかを紹介させて頂きます。
記事を読んで頂いた皆さんにイヤホンバランス接続をもっと身近に感じて頂くと共に、ここで得た知識を必要な機材やイヤホンを購入する際のお役に立てて頂けると光栄に思います。

イヤホン バランス接続とは

イヤホンのバランス接続とは?

それでは、イヤホンバランス接続とは具体的にどういう事なのかを説明させて頂きます。

一般のイヤホン、ヘッドホンではアンバランス接続というものが採用されています。
アンバランス接続とはどういう事かと説明させて頂きます。
一般のスマートホンやポータブルオーディオプレーヤーでは、音声出力に電気で言う所のプラス、マイナスにあたるプラス極のアンプから音声信号を伝送して、マイナス極から音声信号がかえってくる仕組みを採用されています。
イヤホン、ヘッドホンの左右のケーブルを通し、ケーブルがアンプ回路を使用して駆動しているといわれています。
ただし、この構造ですと電気信号のプラス極とマイナス極がそれぞれ独立しておらず、プラス極、マイナス極が一色単にされてしまい、安価な構造になってしまいます。
それに対して、バランス接続とは、左右のグランドというノイズを減少させるケーブルにもアンプを接続する事により、プラス極、マイナス極が完全独立した構造にすることをさします。
つまり、イヤホンバランス接続とは、イヤホン、ヘッドホンでも、プラス極、マイナス極、グランドとよばれるノイズを減少させるケーブル等をそれぞれ独立させる事により、個々のアンプにかかる負担を軽減する効果を目的とした接続方法になります。

参考元:日経トレンディネット

イヤホンのバランス接続の効果とは?

先程は、イヤホンバランス接続とはどういう事なのかを説明させて頂きましたが、それでは、イヤホンバランス接続を行う事により、実際にどのような効果があるのかを説明させて頂きます。

① ノイズが軽減される

交流電流ではプラスとマイナスを行ったり来たりして電流が流れています。
プラスが電流を出ていく働きをし、マイナスが戻ってくる働きをしています。
オーディオ信号はとても小さな信号ですので、微かな影響でもノイズが発生してしまいます。
その為、ケーブル内にあるプラスとマイナスの芯線を金網状の物で覆う処理をして、ノイズの発生を抑える処理をしています。
これをグランドと言います。
一般のイヤホン、ヘッドホンで採用されているアンバランス接続では、プラス極とマイナス極、グランドを完全に独立せずに伝送しています。
その為、アンバランス接続では、グランドは外部ノイズを完全に遮断出来ない為、信号にノイズが入ってしまう事があります。
それに対して、バランス接続では、プラス極、マイナス極をそれぞれ独立して伝送する事により、アンプで増幅する際にプラス極とマイナス極で発生したノイズを打ち消す効果があります。
そうする事により、左右の音の混濁が軽減され、クリアな音源を楽しむ事が出来るといわれています。

参考元:日経トレンディネット

② スルーレートが向上される

スルーレートというと日常ではあまり聞きなれない言葉かと思います。
スルーレートとは簡単にいえばアンプの動作速度を表すものと考えて頂ければわかりやすいのではないかと思います。
つまり、イヤホンバランス接続を行う事により、4台のアンプ回路を使用して、アンプの動作速度の向上させます。その結果、音の立ち上がり等にメリハリがきくようになり、きめ細やかで分離感のある明瞭な音を再現出来る効果があるといわれています。

参考元:スルーレートWikipedia

イヤホン バランス 接続

イヤホンでバランス接続を行うために必要なモノとは?

それでは、イヤホンバランス接続を行うにあたって必要になってくる機材について説明させて頂きたいと思います。

バランス接続対応イヤホン

バランス接続で音楽を楽しむには、バランス接続に対応したプラグが必要になります。
ですが、製品によりバランス接続の為の規格が完全に統一されているわけではないので、様々な形状やサイズの端子が販売されています。
規格に合っていない製品を購入してしますと、せっかく機材を揃えたのに、音楽を楽しめない事態に陥てしまう可能性があります。
その為、アンプとの規格にあったバランス接続用のイヤホンが必須となります。

アンプ

アンプとは音を増幅するという意味を持っており、『増幅する』を意味するアンプリフアィアが語源となっています。
アンプとはどのような働きをしているかというと、CD等の音楽を発信する信号がとても小さい為、信号を読み取っても大きな音を出すには、信号を増幅させなくてはいけません。
アンプを使い、信号を増幅してスピーカーへ送ることにより、CD等から読み取った信号を大きな音に変換しています。
CDプレーヤーやレコードプレーヤーが、CDやレコードから読み取る音楽の信号は非常に小さいため、そのままではスピーカーから大きな音を出すほどの力がありません。
そこでアンプによって信号を増幅してスピーカーへと送り、スピーカーを鳴らす仕事をしています。
アンプで増幅した信号を、上手にイヤホンへつたえるケーブルと、相性のあったアンプが必要になってきます。

ケーブル

音は空気の振動で伝達する仕組みになっています。
しかし、空気の振動だけでは、伝える範囲に限界があり、遠距離へ伝えるにはかなり困難な問題です。
そこで音を電気信号に変える事により、遠距離へ瞬時に音を届ける事に成功しました。
空気の振動を電気信号に変換し、伝達する為の物がケーブルです。
しかし、いくらアンプが音を増幅させても
スピーカーへ音を運ぶ過程で波形を崩してしまっては、せっかくのクリアな音が台無しになってしまいます。
その為にも、近年ではケーブルも音楽を聞くうえでは非常に重要視され、性能の良いケーブルも沢山販売されています。
イヤホンバランス接続を行い、きれいな音楽を聞く為には、イヤホンの他にも、アンプやケーブルが、とても重要な役割を果たしているといえると思います。
参考元:電気信号に変える仕組み

バランス接続対応のおすすめイヤホンとアンプ

ここではは、イヤホンバランス接続を行うにあたり、おすすめの商品をご紹介させて頂きたいと思います。

どうやっておすすめのイヤホンとアンプを選んだか

イヤホンバランス接続を行うには、安価な機材から高価な機材まで、様々な機材が豊富に存在する為、製品選びには非常に迷ってしまう事があるのではないでしょうか?
今回ご紹介させて頂く製品に関して、価格が比較的安価で購入出来る商品と高価な商品比べて頂き、ご参考にして頂ければと思います。

JVC HA-FW02 CLASS-S WOODシリーズ HA-FW02

JVC HA-FW02 CLASS-S WOODシリーズ カナル型イヤホン リケーブル/ハイレゾ音源対応 HA-FW02

画像をクリックするとAmazonに移動します

こちらの商品はWOODシリーズとして販売されているもので、木の振動で高音質な音楽を楽しめる製品です。
具体的には、金属音とは違い、木の繊細な柔らかさがかねそなわった音と言ったところでしょうか?
また、リケーブルにも対応している為、
ケーブルの交換が可能な為、お好みのケーブルとアンプを組み合わせるには最適な商品です。
現在23000円前後で販売されており、バランス接続対応イヤホンとしてはとても優秀な製品の一つと言えると思います。

SONY ハイブリッド3ウェイ XBA-Z5

ソニー SONY イヤホン ハイレゾ対応 カナル型 ハイブリッド3ウェイ ケーブル着脱式/バランス接続対応 XBA-Z5

画像をクリックするとAmazonに移動します

こちらの商品は振動版に実用金属の中で最も比剛性の高のいマグネシウムを採用。
簡単に言いますと、マグネシウムを採用した事により、音のブレ等が抑えられます。大口径16mmドライバーユニットとアマチュアドライバーユニットの二基を組み合わせる事により、具体的な効果として、楽曲の空気感までも感じられるよな、従来よりも遥かに透明度の高い中高音をたのしむことが出来ます。
価格も53000円前後ととても高額ですが、納得のいくクオリティを兼ね備えた商品と言えると思います。

ONKYO DAC-HA200 DAC-HA200(B)

ONKYO DAC-HA200 ポータブルヘッドホンアンプ ハイレゾ対応 ブラック DAC-HA200(B) 【国内正規品】

画像をクリックするとAmazonに移動します

持ち運びやすいコンパクトな大きさで、アンプ部にはプッシュ、プル構成のディスクリート回路を採用されています。
具体的にどの様な効果が得られるかというと、立体的な音をクリアに再現する事に成功しました。
価格は16000円前後で購入出来ますので
ハイレゾ対応アンプとしては手の届きやすい商品であるといえると思います。

SONY ポータブルヘッドホンアンプ PHA-3

ソニー SONY ポータブルヘッドホンアンプ ハイレゾ/USBオーディオ/バランス出力対応 PHA-3

画像をクリックするとAmazonに移動します

正相、逆相の性能を持った二つのアンプで構成することにで、セパレーションが大幅に改善されました。
わかりやすく説明させて頂きますと、左右からとてもクリアな音源を発せられる為、高品質な音源が場所を選ばず楽しめる商品です。
電源ラインノイズを低減する事に成功した商品で、高解像度化し、効果としてはコンサートホールに居るような臨場感を再現したような、クリーンでとてもクオリティの高い音源が再現されます。
価格は80000円前後ととても高額ですが、満足のいく一品であるといえると思います。

すべてのバランス接続とイヤホンについて説明できている訳ではないことに注意

この記事では、イヤホンバランス接続について、どのような効果があり、必要な機材等を説明させて頂きました。
ですが、イヤホンバランス接続については、イヤホン、アンプ、ケーブルの規格を統一する等を行う際は、この記事では全てを解説しきれていない部分がどうしても出てきてしまいます。
購入をご検討されている方が、どのレベルのクオリティを求めていて、どれ位の価格を予算として考えていますいるか等の問題もあると思います。
その様な場合は、店頭の家電アドバイザーの方に相談する等の方法をとって頂く事により、間違いのない製品選びが可能であると思います。

まとめ

イヤホンバランス接続を行うには、専門的な知識がとても必要な要素が沢山あり、全て機材を揃えて統一した規格を生み出し、クオリティの高い音楽を楽しむには、高額な機材も必要になってきます。
その為、安価な機材でもじゅうぶんと考えている方には、少々ハードルの高い部分が沢山あるのではないかと思います。
しかし、価格や製品により、バラツキもあるとは思いますが、実際にイヤホンバランス接続の機材を揃えて頂いて、ノイズが少なく、重低音のメリハリの聞いた臨場感のある音楽を聞くと、そのクオリティの高さに、アンバランス接続にはもう戻れない程の満足感を得られるという方も沢山おられます。
この記事を読んで頂いた方が、イヤホンバランス接続に興味を持って頂き、参考にして頂けると大変光栄に思います。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
yu-suke 2018
家電をで暮らしを豊かに
家電に関わる仕事がしたい事と家電について勉強を積みたい為、フリーのWebライターとして活動させて頂いております。 記事を読んで頂いた方に記事の内容がわかりやすく、日々の生活に役立つ情報をお伝えする事が出来る様に意識して執筆する様心がけております。 よろしくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧