プロジェクターのスクリーンを布や紙で自作!ニトリの巻き上げも使える

目次

プロジェクターのスクリーンの自作方法を解説します

映画やアニメなど自分の好きな映像を大きな画面やスクリーンで観たいと思った事はありませんか?

映画を観に行くと凄く迫力があったり感動したりしますが、家のテレビなどで観ると映画で観たような迫力はないですよね。

好きな映画やアニメなど映像を大きな画面やスクリーンで観れたらな~。と思っても大きなテレビでも大きさが決められていますし、何か方法は無いのか?と悩んでしまいますよね。

プロジェクターとスクリーンがあればホームシアターを作る事ができ、映画館さながらの迫力のある映像が観れるけど、すぐに買えるような値段ではありません。

ですが、プロジェクターのスクリーンを自作することができます。

プロジェクターのスクリーンなんて自作できるの?買った方が安く済むんじゃないの?自作に失敗するんじゃない?と思うと思いますが、結構簡単に自作することができるんです。

ですので今回は、自作がありな理由や布や紙を使ったプロジェクターのスクリーンを自作する方法、ニトリの巻き上げロールスクリーンを代用、などを紹介します。

【正規のプロジェクターのスクリーンは高い】自作がありな理由

プロジェクター スクリーン 自作

正規のプロジェクターのスクリーンの値段

プロジェクターのスクリーンは、安い物では数千円ほどで買える事もあります。中にはしっかりしている物や100インチなどもありますが、値段の安いスクリーンはサイズが小さかったり、画質がよくなかったりと、自作出ないプロジェクターは自分が求めていたようなスクリーンではなかったりします。

安いからと言ってその製品はダメとは限りませんが、吊り下げ式や床置き型、タペストリー型、ロール巻き上げ型など、それぞれで価格も変わり安い物で1万ほど、高い物では10万ほどするスクリーンもあります。

値段が3万ほどですが、自立式でスペースがあればどこでも設置する事ができ、置いてスクリーンを引き上げるだけでいいので工事も必要ありません。

高さの調節と3段階の傾きが調整できます。

また、ケース一体型となっているので持ち運びもラクにでき、にもかかわらずスペースを取り過ぎない奥行は約41㎝となっています。

自作でないため壁や天井に固定する必要がないので、穴を開ける心配もなく自分で設置ができるメリットがありますが、観たいときに自分で設置しないといけない・吊り下げ式よりもスペースが必要になるデメリットが挙げられます。

参考元:プロジェクタースクリーン(100インチ・自立式床置き型・ロールスクリーン)100-PRS009の販売商品 |通販ならサンワダイレクト

値段が約1万円程と先ほど紹介した同じ100インチのスクリーンよりも2万円ほど安いこちらのスクリーンは、ロールタイプの吊り下げ・壁掛け両対応となっています。

天井や壁に固定するタイプのため、使わない時にはしまえて邪魔にならないプルダウン式。

金具を天井や壁に固定しないといけませんが、使う時はヒモを引っ張るだけでいいので、100インチのスクリーンが良いけど邪魔にならないように収納できるのがいいという人にはおススメです。

使わない時にはしまう事ができ、使う時にはヒモを引っ張るだけなのですぐに観る事ができるメリットがありますが、壁もしくは天井に穴を開けないといけないというデメリットがあります。

参考元:プロジェクタースクリーン 100インチ(吊り下げ・スプリング・壁掛け・ホームシアター) EEX-PST1-100 | 激安通販のイーサプライ

こちらのスクリーンは、2つ目に紹介したスクリーンと同じく吊り下げ・壁掛け両対応でプルダウン式となっています。

壁に固定するタイプの100インチや三脚式の100インチ、120インチや200インチと幅広く選ぶことができます。

こちらも同様に、観たい時にはすぐに観る事ができ、巻き取りタイプなので使わない時にはしまうことができますが、壁や天井に穴を開けないといけない・工具が必要というデメリットがあります。

参考元:Amazon

プロジェクターのスクリーンを自作するメリット

先ほど、正規で買えるプロジェクターのスクリーンを3つ紹介しましたが、1万円ほどはしてしまいます。

スクリーンの他にもプロジェクターやコード、スピーカー、場合によってはプレイヤーやレコーダー、が必要となり、プロジェクターは1万円以内で買えるものもありますが、3万や5万、10万などするプロジェクターが多くあります。

スピーカーも音がでれば何でもいいのであれば安い物でも構いませんが、迫力のある重低音がほしい・このブランドでないとダメ!という場合は3万ほどはかかると思っておいた方が良いでしょう。

レコーダーやプレイヤーは、家には一台はあると言ってもいいですが、スクリーンを設置する場所によっては買わないといけない場合もあります。

製品によるのですがスクリーンを含め全てを買うのなら安くても10万ほどか15万はかかる可能性があります。

スクリーンを自作するなら数千円程で作る事ができるので、その分プロジェクターは厳選して良い物を買う事ができますよね。

スピーカーもプロジェクターに内蔵されている製品が多くあるので、プロジェクターによってはスピーカーも買わなくて済むという事になります。

プロジェクターは良い物をと思っている人は、スクリーンを自作する事をおススメします。

布を使ったプロジェクターのスクリーンを自作する方法

プロジェクター スクリーン 自作

用意するもの

・ナイロン生地(白)

・黒い布

・棒2本

・フック

・はさみ(切るために使用するのでカッターでも可)

ナイロン生地は、軽くてシワになりにくいのでスクリーンを自作する際に最適ですし、黒い布はナイロン生地が透けないようにする為に必要ですのでなるべく厚い生地の物を選ぶと良いでしょう。

ナイロン生地は、作りたいスクリーンサイズよりも大きいサイズを用意してください。

はさみは生地を切るために、棒2本は生地がたるまないようにスクリーン上下に設置します。

フックはスクリーンを設置するために必要となり、S字フックはカーテンレールなどに、粘着タイプのフックならば壁に貼るだけで済みます。

※フックは注意が必要で、棒を乗せるので、棒がしっかり乗る幅の物を選び、スクリーンを吊り下げるのでフックの強度と耐荷重量はしっかりと確認して選んでください。

参考元:超簡単!プロジェクタースクリーンの自作方法 | プロジェクター専門ページ | ピントル

自作手順① ナイロン生地・黒い布をカット

最初にスクリーンとなるナイロン生地のカットをします。

50インチなら幅110.7㎝×高さ62.3㎝、60インチなら幅132.8㎝×高さ74.7㎝、70インチなら155㎝×高さ87.2㎝、80インチなら幅177.1㎝×高さ99.6㎝、90インチなら幅199.2cm×高さ112.1㎝、100インチなら幅221.4㎝×高さ124.5㎝となります。

上記サイズは16:9比率となっており、ワイドサイズとなっています。

なお、4:3比率のNTSCサイズの100インチは、幅203.2㎝×高さ152.4㎝となります。

ナイロン生地のカットは、作りたいスクリーンサイズに合わせてかっとするので大きめサイズの購入をおススメします。

黒い布は、カットしたナイロン生地よりも幅・高さともに約15㎝ほど大きくカットして下さい。

参考元:超簡単!プロジェクタースクリーンの自作方法 | プロジェクター専門ページ | ピントル

自作手順② 生地と布を縫い合わせる

カットした生地と布を縫い合わせていき、一枚にします。

縫い合わせる時は、邪魔になる事は無いと思いますが、ナイロン生地と黒い布の合わさるギリギリの場所かつ取れないようになるべく細かく真っ直ぐに縫うようにすると良いでしょう。

ナイロン生地と黒い布の縫い合わせが終わったら、スクリーン上下に棒を設置するのですが、まず、上部の布を折り、棒が入るスペースを確保して縫っていきます。

この時、スクリーンが歪んでしまわないようにして下さい。

棒のスペースを空けて縫うのは難しい場合は、棒をいれたままマチ針などで留めておくと縫いやすく歪みもなります。

下部の布も同じように棒のスペースを空けて縫いつけていき、上下に棒を設置できたら、後はフックに棒をかけて設置するだけとなります。

S字フックなら、カーテンレールなど棒のある場所に掛けることができますし、粘着フックなら壁に貼り付けて固定する事ができます。

参考元:超簡単!プロジェクタースクリーンの自作方法 | プロジェクター専門ページ | ピントル

布で自作するメリット・デメリット

布でスクリーンを自作するメリットとして、生地にもよりますが、シワがシワになりにくく破れたり傷ついたりしにくいというメリットがあります。

また、撥水加工の生地も多く売られているので、多少濡れてしまっても
大丈夫ですし、シミが付いてしまったりしても洗う事ができるので自作する場合は布(ナイロン生地)がおススメです。

紙を使ったプロジェクターのスクリーンを自作する方法

プロジェクター スクリーン 自作
引用元:http://o-dan.net/ja/

用意するもの

・白の模造紙(自分のしたいスクリーンサイズ分購入する)

・長い棒2本

・ヒモ

・テープ

・はさみ or カッター

・定規(カッターを使用する場)

・画鋲 or フック

白の模造紙は百均にも売っていますが、方眼紙の場合が多く、裏面は無地ですが透ける可能性があるので、ホームセンターなどで購入する事をおススメします。

長い棒は、布で作る場合と同じく、スクリーン上下に支柱として使用します。

ヒモはスクリーンを吊るすために使用します。

自作手順① 模造紙を重ならないように貼りあわせる

模造紙を貼りあわせていくのですが、ホームセンターなどではロールタイプの大きいサイズも売っているので、それを購入すれば貼りあわせる必要がなくカットするだけで済みます。

貼りあわせる前に作るスクリーンサイズを確認して、大きいのであればカットしてくださいね。

参考元:自作スクリーン一応完成 - カメラと映画と日本が好き

自作手順② スクリーン上下に支柱を設置

布で作る場合と同じように、長い棒をスクリーン上下に1本ずつ通すのですが、模造紙はシワがつきやすく破れやすいので気を付けて下さい。

最後にヒモを長い棒にくくりつけるのですが、歪まないように調整しながら確認して、画鋲またはS字フックや粘着フックにかけて完成です。

参考元:自作スクリーン一応完成 - カメラと映画と日本が好き

髪を使って自作するメリット・デメリット

紙はシワがつきやすく破れやすいため、長く使うのは難しい可能性があり、折れてしまう可能性の否めません。

また、紙は濡れてしまうと余計に破れやすくなるため濡れないように気を付ける必要もあるので、紙でスクリーンを作る場合はデメリットが多く、メリットが少なくなっています。

一つメリットを挙げるなら、費用を安く済ませる事ができ、紙なら手に入りやすいという事のみでしょう。

稀にしかスクリーンを使用しない場合は紙を使い捨てで自作するなどの方が経済的かもしれません。

また、紹介した手順では収納ができないのですが、長い棒を少し太めにする事で自分で巻かないといけませんが収納できるようにする事ができます。

【自作ではなく代用】プロジェクターのスクリーンにニトリの巻き上げロールスクリーン

プロジェクター スクリーン 自作

ニトリのロールスクリーンとは?

インテリア雑貨のみならず家具家電も豊富に扱うニトリが販売しているロールスクリーン。

麻入りや調光、遮光、採光など色んなロールスクリーンがありますが、プロジェクターのスクリーンの代用として話題になっているのが『遮光ロールスクリーン(ドルフィン)』です。

カラーは、ホワイトとブラウンのみとなっており、価格はサイズによって異なりますが、一番大きいサイズの幅180㎝×丈220㎝で税込5,990円となっています。

参考元:遮光ロールスクリーン(ドルフィン) | ニトリ公式通販 家具・インテリア・生活雑貨通販のニトリネット

プロジェクターのスクリーンとしての使い方

天井付け・正面付け・カーテンレール付けができるので、自分の好きな場所に設置が可能となっています。

遮光のため、光を遮ってくれるので綺麗で鮮明な映像を観る事ができます。

プロジェクターのスクリーンとしての使い方は、本当に簡単で、ただ設置したい場所に取り付けるだけです。

あとは、プロジェクターで投影をして楽しむだけで、簡単にホームシアターを作る事ができます。

参考元:プロジェクターのスクリーン代用にはニトリの格安ロールスクリーン! | inatabi

自作でなく、代用するメリット・デメリット

自作ではなくニトリの遮光ロールスクリーンをスクリーン代わりにするメリットとしては、

・チェーン式なので使わない時はロールスクリーンを上げておける

・カーテンレール・天井・正面に設置できるので、場所を選ぶことができる

・使わない時は、カーテンとして使う事ができる

デメリットは、

・スクリーンだけでなくロールスクリーンとしても使用したい場合は、サイズが限られるのでスクリーンとしては物足りなくなってしまう

・遮光と言えど日中はスクリーンのように完全に光を遮る事ができない

・チェーン式なので巻き上げる事ができるが、スムーズに巻き上げられない

が挙げられます。

プロジェクターのスクリーンとしてニトリのロールスクリーンを購入するのであればスクリーンを買うよりも安く買えるのでおススメですが、ロールスクリーンとしても使用したい場合は、あまりおススメしません。

この記事を参考に自分なりの素敵なプロジェクタースクリーンの自作を

プロジェクター スクリーン 自作

今回紹介した、プロジェクターのスクリーンを布や紙で自作する方法を紹介しましたが、布や紙だけでなく壁紙などでも自作している人がいます。

また、ニトリのロールスクリーンをプロジェクターのスクリーンとしての代用品として紹介しましたが、スクリーンとして使用する場合にはオススメですが、カーテンとしても使用したい場合にはあまりおススメは出来ません。

必ずしもスクリーンを自作した方がいいという訳ではなく、あくまでも自分で簡単に作れますよ。買うよりも安く済みますよ。というだけの事なので、しっかりしたスクリーンが欲しい・自分で作れる自信が無いという人は自作ではなくスクリーンを購入する事をおススメします。

好みやサイズなど自分の求めているスクリーンを選んで自作するかスクリーンを購入するか、ニトリのロールスクリーンを購入するかを決めて下さい。

まとめ

以上、自作がありな理由や布や紙を使ったプロジェクターのスクリーンを自作する方法、ニトリの巻き上げロールスクリーンを代用などを書いていきましたが、正規のスクリーンは安いので数千円ほどで売っている事もありますが、殆どが1万円や3万、5万、10万円します。

自分で作る場合は数千円ほどで出来るので、プロジェクターにお金をかけたり・なるべく安く済ましたいという人にはおススメです。

ニトリのロールスクリーンも自分の好きな場所に設置する事ができるのでおススメですが、ロールカーテンなので、満足のいくスクリーンができるとは限りません。

自分に合ったスクリーンを購入もしくは自作をするようにして下さいね。

関連リンク

他にも延長コードを自作する方法をこちらの記事で解説しています。
気になる方は合わせて読んでみてください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 20e79f82 0430 47e7 9539 2ea40e12659b
Written By
x. Cheyon
皆様の検討・比較に役に立ってもらえる様な記事執筆を心掛けています。
色々な記事を執筆させて頂いています。皆様にとって「知りたかった事!」「知っていてタメになった!」と思ってもらえるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧