【コスパ最高!耐久性◎ Panasonic RP-HJE150レビュー】

目次

 こんにちは。Daiと申します。趣味でDTMを5年ほどたしなんでおり、今回このレビューを執筆する機会に恵まれました。基本的に音楽はスピーカーで聞くものだと思っており、イヤホンにまでこだわったことはありませんでした。他に使ったイヤホンはiPhoneの付属品か、100均イヤホンぐらいです。。。今回はそんな僕の愛用するPanasonicの格安イヤホン「RP-HJE150」について徹底レビューしたいと思います。

RP-HJE150 Dai01

カラーバリエーションは全部で9色(ブラック、ホワイト、レッド、ピンク、イエロー、ブルー、グリーン、オレンジ、パープル)と豊富で、複数本買ってファッションに合わせるのもありかな?なんて。僕はホワイトを購入。

【RP-HJE150の仕様】

形式:密閉型ダイナミック・ステレオインサイドホン

ドライバーユニット:直径10.7mm

最大入力:200mW

インピーダンス:16Ω

ケーブル:ステレオミニプラグ(直径3.5mm、ストレート型、24K金メッキ)

プラグ:金メッキI型4極ミニプラグ

重量:約11g(コード含む)、約3g(コード除く)

【RP-HJE150の音質】☆☆☆★★

・高域☆☆☆★★

 高域はまあ出ています!シンセやハイハットの音色、しっかりリスニングできてます。しかしながら、音の解像度という点で見れば、十分とは言えないでしょうね。(もはや妄想の域かもしれませんが、、、)少なくとも音楽制作に使うには心もとない。とりあえずリスニングには十分だということで、星三つです。

・中域☆☆☆☆★

 中域がダメだったら製品として失格ですよね。音楽の肝が聴こえないイヤホンなんて意味ないですよね。本品RP-HJE150は、人の声など、かなりクリアな印象。さすがMade in Japan、とほめてあげたいです。

・低域☆☆☆☆★

 密閉型(カナル型)なので、一般的に低域が聴こえやすいと言われていますが、このRP-HJE150もご多聞に漏れずしっかりローが出ています!気になってスペックを調べてみたら、なんと最低6Hzから出るそうで!さすがに超低域の音圧感までは期待できませんが、このコスパなら十分では。

・音の透明感☆☆☆☆★

 ギターやドラムやベースなど、メインの楽器群に関しては、本当に申し分ないかと思います!ただ、高域のいわゆる「抜け感」ってものが出ているかどうかは微妙ですね。そういえば耳コピもこのイヤホンでやることが多いです。フラットな特性を持っているので、まあ癖がない、いいイヤホンだよ、と思います。笑

【RP-HJE150のコストパフォーマンス】☆☆☆☆☆

RP-HJE150、コストパフォーマンス、最高だと思います!僕は電気屋で、1000円程度でこのイヤホンを購入しました。なんとAmazonでは742円で売っています!(Amazon版はスペックが少々劣るそうなのでご注意ください。)同じ価格帯だと、しばしば不良品を掴まされたり、低音がスッカスカだったり、、、一番ひどいのが100円均一のイヤホンですね。それらと比べれば、すごくいい買い物をしたと思います。ニ◯リじゃないけど、「お値段以上」です!!

【RP-HJE150のデザイン】☆☆☆☆★

・デザイン ☆☆☆★★

可もなく不可もなく、といったところでしょうか。カラーバリエーションが多いので、選ぶ楽しみはあるかも。ホワイトは黄ばみやすいです、、、

RP-HJE150 Dai02

・装着感 ☆☆☆☆☆

すごくつけやすいです!イヤーピースがM, S, XSの三種類のサイズから選べるので、耳にあったものを。僕はSがフィットしました。カナル型イヤホンは耳への圧迫感がデメリットですが、このイヤホンに関しては全然ありません。耳の穴の奥に突っ込む感じではないからかもしれません。カナル型とインナーイヤー型のいいとこ取り、の形状にうまくなっているのでしょうね。

【RP-HJE150のオリジナリティ】☆★★★★

とくにオリジナリティを感じたことはありませんね。Panasonicは家電メーカー、オーディオ機器に関してはブランディングがうまくないのかも。さらに調べてみたら、そんなにハイエンドなイヤホンは作ってないみたいだし。でも、だからこそ逆に無骨でいいイヤホンということができるのかも。

【RP-HJE150の機能性】☆☆☆☆★

マイクはありません。Bluetoothももちろんついていません。ノイズキャンセリングヘッドホンみたいに、充電も無論不要です。

遮音性は十分です。電車で隣の席には絶対に聞こえないだろうなという感じ。結構な大音量で聴いてたはずが、イヤホンを外すと全然音が漏れて来ない、なんだか不思議ですよね。

【RP-HJE150の利用シーン】

下の写真のように、ぐちゃぐちゃに折り曲げて、四六時中ポケットの中に忍ばせています。このように相当乱暴に扱っていますが、1年間現役で使い続けられています。
それほど耐久性があるので、外でランニングのお供などにいかがでしょうか。自転車はイヤホンつけて運転しちゃダメですよ。

RP-HJE150 Dai03

【RP-HJE150のおすすめジャンル】

Rock, Pops向きだと思います。ドンシャリの「シャリ」=高域が少し弱いので、Hip hop, EDMなどのダンスミュージックには不向きかも。クラシックなど、ポピュラーミュージック以外に関しては分かりかねます。
僕はHip hop, R&B, Jazz, Funk, Soulが好きです。

【RP-HJE150の総合評価】☆☆☆☆★

1000円でこれだけしっかりとした音質で、しかも耐久性も高い、申し分ないかと思います!
あえて有名メーカーではなく、Panasonicにいく、という選択肢もありだと思います。
RP-HJE150、隠れた逸品、なのかもしれません。皆様の続報を是非期待しています。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
Dai

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧