PS4でUSBメモリを認識しない時の対処や動画,音楽の再生方法も

この記事を執筆するにあたって

サイバーガジェットのPS2用MAXDRIVE(セーブデータのバックアップソフト)やunofficial Launch ELF(ファイラー兼ランチャー兼セーブデータバックアップツール)で使うためにSanDiskのUSBメモリを選びました。メモリーカードだけだと不安だったのでセーブのバックアップがとりたかったのです。

Written By HN: トゥルーデは俺の嫁

目次

PS4でUSBメモリを使いたい時の悩みや疑問を解説します

筆者が一番最初にUSBメモリを買うことになった切っ掛けはPlayStation2(PS2)だったりします。PS2にはUSB端子こそ付いているものの、キーボードなど拡張機器の認識ドライバは各ゲームソフトに依存し、PS2本体には搭載されていません。ですので接続したものの使えなかった…というキーボードもそれなりにあり、当時『PS2用FF11に対応!』と動作確認の取れたキーボードがよく売られていました。
 

同様にUSBメモリも相性問題が発生していて、セーブデータバックアップソフトなどの非公認ソフトで使えるかどうかは、公には情報が出回らずネットの海に浮かぶ国内外の先駆者情報のみが頼りだったので、安定して動作確認の取れているSanDisk製USBメモリ128MBを探して購入した記憶があります。
 

それに比べればUSBメモリのメーカーを問わず認識し、高速に読み書きできるUSB3.0端子を備えたPS4のなんと素晴らしいことか。まぁ逆にPS4はネット接続が前提で、PlayStation Plusに加入していればセーブデータバックアップなどはクラウドサービスを利用できるのでPS3よりはUSBメモリの必要性が下がっているのですがね。それを踏まえた上で、今回はPS4でUSBメモリを使用するシチュエーション、認識されないときの原因、おすすめのUSBメモリなどを紹介してみようかと思います。
 

余談ですが冒頭画像に写っている右側USB端子にささっている銀色のケーブルは『マグネット式USBケーブル』というもので、あらかじめmicroUSB端子に受け側を挿しておくと磁石でくっついて簡単に充電できる…というものです。PS4のコントローラーなど頻繁に充電する必要のあるものに使うと大変便利でおすすめです。

PS4でUSBメモリを使うと便利なケース

① 動画、音楽、画像の再生

USBメモリ内の動画、音楽、画像の再生には専用のアプリケーションを使用します。動画のレジューム(再生位置の記憶)は直前に再生したファイルのみで、いったん別のファイルを再生した場合それ以外のファイルの再生位置は最初からとなります。この点PS3の動画プレイヤーは再生した全ての動画の再生位置を記憶してくれていたので若干のグレードダウンが残念です。

ps4 usb メモリ(記事内の画像はAmazon商品の紹介を除いて、全て筆者が撮影し加工したものです)

対応形式

動画

  • MKV
    映像:H.264/MPEG-4 AVC High Profile Level 4.2
    音声:MP3, AAC LC, AC-3(Dolby Digital)

  • AVI
    映像:MPEG4 ASP, H.264/MPEG-4 AVC High Profile Level 4.2
    音声:MP3, AAC LC, AC-3(Dolby Digital)

  • MP4
    映像:H.264/MPEG-4 AVC High Profile Level 4.2, H.264/MPEG-4 AVC High Profile Level 5.2(PlayStation 4 Proのみ)
    音声:AAC LC, AC-3(Dolby Digital), LPCM

  • MPEG-2 PS
    映像:MPEG2 Visual
    音声:MP2(MPEG2 Audio Layer 2), MP3, AAC LC, AC-3(Dolby Digital), LPCM

  • MPEG-2 TS
    映像:H.264/MPEG-4 AVC High Profile Level 4.2, MPEG2 Visual
    音声:MP2(MPEG2 Audio Layer 2), AAC LC, AC-3(Dolby Digital)

  • AVCHD(.m2ts, .mts)

  • XAVC S(.mp4)

画像

  • JPEG(DCF 2.0/Exif 2.21準拠)
  • BMP
  • PNG

音楽

  • FLAC
  • MP3
  • AAC(M4A)

 

仕様引用:PlayStation4 ユーザーズガイド

ps4 usb メモリ

② セーブデータの移行&バックアップ

新しいPS4へセーブデータを移行したい場合や、もしもの時のためにバックアップをとっておきたい場合もUSBメモリを利用することができます。有料のサービス『PlayStation Plus』に加入している場合はクラウドサービスを利用できるのでUSBメモリを使わなくても移行やバックアップが可能です。
 

③ スクリーンショットやビデオクリップの出力

各種SNSアカウントを利用すれば、PS4本体から直接画像とコメントをアップロードすることも可能ですが、個人ブログなどに画像をあげたい場合はいったんパソコン側にスクリーンショットを取り込む必要があります。その場合USBメモリを使えば複数の画像を各ゲーム毎に分けてUSBメモリ内に出力することができます。
 

④ デジタルサウンドコンテンツの利用

オンラインで購入したゲームの特典サウンドトラックなど、一部デジタルコンテンツの利用にはUSBメモリが必要になる場合があります。最近はUSBメモリに対応したコンポやカーオーディオも多いのでPS4で再生する以外にも、手軽にお好みの端末で音楽を聴くことができるでしょう。

ps4 usb メモリ

PS4でUSBメモリを使う手順

用意するもの

  • USBメモリ

PS4では動画や音楽を再生させたい場合、PS3のようにUSBメモリの『指定されたフォルダ(Video、Picture、Music)に形式別のファイルを入れる』作業は必要なくなりましたが、ルートディレクトリ(フォルダ内ではなくUSBメモリの一番上[E:])などにコピーした場合は読み取れませんので、名前は何でもいいので任意のフォルダを作成して、そこに再生したいファイルなどを入れる必要があります。
 
音楽ファイルに関しては以下の理由からMusicフォルダを作成しそのなかに入れることが推奨されています。

USBストレージ機器を使う場合は、「Music」フォルダーに保存してください。
DSEE HXによりハイレゾ相当の高音質で再生されます。ただし、BGM再生中、パーティーに参加中またはテキスト読み上げ機能を有効にしているときは、48 kHzで音声出力されます。

http://manuals.playstation.net/document/jp/ps4/videos/mp_format_v.html

セーブデータの移行や、スクリーンショットの出力、デジタルコンテンツの利用などには買ってきたばかりのUSBメモリでも、パソコン用に使っているUSBメモリでも充分な空き容量さえあれば特に問題はありません
 

  • SEN(旧PSN)アカウント

PS4はその仕組み上オンラインでの使用を強く推奨されています。動画を再生したりするアプリケーションのダウンロードもアカウントが必要になるので、もしPlayStation Networkにログインするためのアカウントを持っていない場合は事前に作成しておきましょう。
 

作成のための手順は以下のURLより『PlayStation4 ユーザーズガイド』をご覧ください
http://manuals.playstation.net/document/jp/ps4/settings/psn.html
 

①動画、音楽、画像を再生させたいときの手順

PS4の初期状態ではメディアプレーヤーは未搭載なので最初にPSNにログインしメディアプレーヤーをダウンロードする必要があります。
 

事前にSENアカウントの登録を済ませていれば、下部メニューの『ライブラリー』>『アプリケーション』を選択すると表示される一覧から『メディアプレーヤー』を選べば自動的にダウンロード画面になりますので、指示に従って○ボタンをポチポチすれば無料でダウンロードが可能です。
ps4 usb メモリ

ps4 usb メモリ
あとはPS4でゲームを起動するときのようにメディアプレーヤーを起動し、PS4に挿してあるUSBメモリを選択すればその中の動画や音楽や画像を再生することができます。ネットワークにも対応しているので、共有の許可がなされていればNASやパソコン内にあるメディアも再生することが可能です。
 

②セーブデータの保存またはバックアップをとる場合の手順

セーブデータのみを保存する場合と、全体のバックアップをとる場合で手順が異なります。友人宅のPS4で遊ぶためにセーブデータを持ち出すためなら前者で問題ありませんが、セーブデータはもちろんスクリーンショットや設定などを含めたバックアップをとりたい場合はここで説明する後者の方法を用いましょう。

  • セーブデータのみ

ホーム画面上部メニュー右側にある『設定』メニューを開く
ps4 usb メモリ

『アプリケーションセーブデータ管理』>『本体ストレージのセーブデータ』>『USBストレージ機器にコピーする』を選択
ps4 usb メモリ

セーブデータを保存したいゲームやアプリケーションを指定し、保存したいセーブデータを選択して画面右下の『コピー』で実行されます。
ps4 usb メモリセーブデータはUSBメモリ内の『\PS4\SAVEDATA\(PS4機体毎のランダムな英数字)』以下に保存されます。
 

  • 全体のバックアップ

上記と同様にホーム画面から『設定』メニューを開いた後『システム』>『バックアップ/復元』を開く
ps4 usb メモリ

バックアップをしたいデータを選択した後、画面右の『次へ』を開く
ps4 usb メモリ

『名前(保存フォルダ名)』『サイズ(使用容量)』『説明(PS4のニックネーム)』の最終確認画面になり『バックアップする』を選ぶとPS4が自動的に再起動してバックアップを開始します。終了までの時間は指定されたデータの数量、USBメモリの書き込み速度によって異なります。
ps4 usb メモリバックアップはUSBメモリ内の『\PS4\EXPORT\BACKUP\(保存フォルダ名)』に保存されます。
 

③スクリーンショットやビデオクリップを保存する場合の手順

ホームメニュー下部に並んでいる『キャプチャーギャラリー』を選択
ps4 usb メモリ

ゲーム毎の一覧が表示されるので、保存したいものを選択。コントローラーのOPTIONボタンを押すとサイドメニューが出るので『USBストレージ機器にコピーする』を選択し、取り込みたいゲームのスクリーンショットやビデオクリップを選択すればUSBメモリにコピーすることができます。
ps4 usb メモリ

スクリーンショットの場合はUSBメモリの『\PS4\SHARE\Screenshots』に、ビデオクリップの場合は『\PS4\SHARE\Video Clips』にと、それぞれフォルダ分けされてコピーされます。
ps4 usb メモリ

PS4でUSBメモリを認識しない時の原因と対処

PS4はPS3と違いUSBメモリにファイルの形式に沿った指定のフォルダを作成する必要はなく、適当なフォルダを作成してその中に対応しているファイルを入れれば『メディアプレーヤー』で認識されて再生することが出来ます。非対応のファイル形式だと認識されず、ファイル一覧に表示されません。
 

それとは異なりUSBメモリ自体が認識されていない場合、以下の原因が考えられます。

PS4でUSBメモリを認識しない原因① 奥まで刺さっていない

PS4のUSB端子はほんの少し凹んだ部分に付いているため、USBメモリの形状によっては明らかに挿すことが不可能だったり、厚みのせいで挿さりづらくなることがあります。上部に0.2~0.3mm程度引っかかっている程度でしたらUSBメモリの角度を少しずらしてやれば強引に挿すことは可能ですが、あまりにそれを繰り返すと端子部分の故障にも繋がりますので、頻繁にUSBメモリを使うのでしたらスリムなUSBメモリをPS4専用として新しく購入することをおすすめします。

PS4でUSBメモリを認識しない原因② フォーマットがFAT32またはexFATになっていない

現在市販されているほぼ全てのUSBメモリは購入時あらかじめFAT32またはexFATでフォーマットされていますが、過去に単体で4GB以上のファイルを持ち運びする際、FAT32のUSBメモリをNTFSでフォーマットしてそのまま…ということもあり、そういったUSBメモリはPS4に限らず認識されないことが往々にしてあります。
 

いったん中に保存したファイルをパソコンに待避して、再度FAT32(USBメモリの容量が32GB以上ならexFAT)でフォーマットしてから使うようにしましょう。ただ単体ファイルが4GBを超える物がある場合、フォーマットがFAT32のストレージには保存できません。その場合はexFATでフォーマットすることで保存できるようになります。
 

PS4本体でUSBメモリをフォーマットできる

ホーム画面上部メニューから『設定』>『周辺機器』>『USBストレージ機器』とたどり、端子にさしたUSBメモリを選択するとメーカーやフォーマットなどを確認することができます。
ps4 usb メモリ

その画面からコントローラーの『OPTION』ボタンを押すと『exFAT形式でフォーマットする』というメニューが選択できるのでそちらからフォーマットが可能です。
ps4 usb メモリ

ちなみに同じ画面から『このUSBストレージ機器の使用を停止する』を実行するとUSBメモリを安全に取り外すことができるようになります。
ps4 usb メモリ

PS4におすすめのUSBメモリの特徴とは?

PS4におすすめのUSBメモリの特徴①色物ではない、スマートでシンプルな形のもの

前述の通りPS4のUSB端子部分は、一段凹んだ場所になっています。寿司などの食べ物や動物の形などを模したユニークな形の『おもしろUSBメモリ』などは、最後まで入らない場合もあるので装飾のないスマートでシンプルなUSBメモリをおすすめします。
 

PS4におすすめのUSBメモリの特徴②超小型ではないもの

USB端子が凹んだ部分に配置されているので、指が太い人の場合全長が非常に短い超小型USBメモリだとつまんで抜くことが難しい場合があります。ストラップ穴などに紐を通しておけば、ストラップを引っ張って抜くこと自体は可能ですが、USBメモリの抜き差しはコンセント同様に本体を指でつまんで抜くことが推奨されているので、なるべく小型すぎないある程度の長さを持ったUSBメモリがおすすめです。
 

PS4におすすめのUSBメモリの特徴③容量が16GB以上のもの、かつUSB3.0に対応した読み書き速度の速いもの

PS4ではゲームやそのセーブデータ、アプリケーションの肥大化により、バックアップをとる場合などに使用するUSBメモリも大容量に越したことはありません。スクリーンショットやセーブデータのコピーだけなら2~8GB程度のUSBメモリでも問題ありませんが、PS4で動画を見たり、ゲームプレイを撮影したビデオクリップなどをコピーするのであれば最低16GB程度の容量が欲しいところです。
 

PS4のUSB端子はUSB3.0に対応しているためバックアップなど大きなファイルを保存する場合、書き込み速度が速いものの方が短時間で作業が終わります。パソコンから動画などを転送する際も書き込みが速いに越したことはないので、可能であればUSB3.0あるいはUSB3.1に対応し高速な読み書きができるUSBメモリを購入しましょう。
 

PS4におすすめのUSBメモリ

今回のおすすめ選定は非常に楽でした。なぜならおすすめUSBメモリが2種類しかないからです!別に以下に紹介する以外のメーカーのUSBメモリでも使用に問題はないのですが、『シンプルでスマートな形状』『ある程度の信頼性』『値段』『USB3.0対応』と考えると以下二つの製品に絞られてしまうからです。
 

前述の通り高速読み書きに対応したUSBメモリがおすすめですが、TranscendのUSBメモリならUSB3.0対応の16GBが1,000円強で買えるのでこれ以上のコストパフォーマンスの品がありません。信頼性においては使用するフラッシュメモリに定評のあるSanDiskや東芝のUSBメモリがおすすめですが、東芝の製品はUSB3.0に対応したUNB-3B064GWの値段は4,000~5,000円前後でAmazon.co.jpでは国内正規品がほとんど買えないので、消去法でSanDiskとなります。
 

楽天市場なら東芝のUSBメモリを買うことも出来ますが、東芝製のNANDフラッシュメモリは信頼性を重視する反面、他社製品に比べると読み書き速度が遅めの傾向があるので、NANDが日本製であること以外東芝にこだわる理由はないので(製品自体は国外製造なので)SanDiskでいいと思うのです。Amazonならフラストレーション・フリー・パッケージなのでほんの少し安いですし。

トランセンド USBメモリ 16GB TS16GJF790KPE

【Amazon.co.jp限定】Transcend USBメモリ 16GB USB3.1 & USB 3.0 スライド式 ブラック TS16GJF790KPE (FFP)
参考価格:1,080円/画像をクリックするとAmazonに移動します
USB3.0&3.1に対応しており、価格も安く、キャップレスなのでキャップの紛失がないシンプルなUSBメモリです。AmazonではUSB2.0のみ対応の下位製品もまだ販売していますが、他メーカーと違ってUSB3.0に対応したこちらの製品の方が常時安く、クーポンによる値引きも度々されるので下位製品を購入するメリットは全くありません。
 

大きなファイルサイズの動画をPS4で頻繁に見ることがある人や、ゲームプレイを撮影したビデオクリップを編集してから動画サイトに上げたい人などは、こちらの32GB64GBといった、より容量の大きいUSBメモリを買うと良いでしょう。
 

サンディスク エクストリーム GO USBメモリ 64GB SDCZ800-064G-J57

SanDisk エクストリーム GO USB3.1 フラッシュメモリー 64GB (無期限保証)【正規代理店品】 SDCZ800-064G-J57
参考価格:3,834円/画像をクリックするとAmazonに移動します
USBメモリに大切なセーブデータや本体設定などのバックアップを保存するので信頼性を第一に…と言うのであれば安心安全鉄板メーカーのSanDiskがおすすめです。逆に新品のSanDisk製フラッシュメディアが使えないようなら、それは本体側の故障を疑うレベルですので…。
 

Transcendの64GBは2,980円ぐらいで販売していますが、そちらは大きなファイルの読み書きをするベンチマークの速度が(USB3.0接続時)『読み込み100MB/s、書き込み100MB/s』程度なのに対し、こちらのSanDisk製USBメモリは(USB3.0接続時)『読み込み200MB/s、書き込み100MB/s』程度と書き込み速度はさほどかわらず、むしろ「PS4で使用した場合の書き込みはTranscendの方が早かった」というレビューもネット上では見られましたので、コストパフォーマンスならTranscend、読み込み速度や信頼性を重視するならSanDiskで良いでしょう。
 

…でもUSBメモリに入れた動画を見るだけなら読み込みに100MB/sもあれば充分すぎるので、PS4でメディア再生に使う場合、読み込み性能の違いを体感するような場面は正直ないと思います。小さなファイルの読み書きはベンチマークを見る限りTranscendの『TS16GJF790KPE』や『TS64GJF790KPE』と、SanDiskの『SDCZ800-064G-J57』で明確な速度差はなさそうなので、筆者ならお気に入りのメーカーであるTranscendのUSBメモリを買うと思います。
 

PS4のUSBメモリについて疑問が残ったら

PS3の頃に比べるとUSBメモリ内へのデータ格納方法に制限がなくなったため使用のハードルは下がったように思えます。ですがPS4からUSBメモリへデータをコピーする方法の手順がバラバラなので普段PS4を普通に使っている人間でも分かりづらくやや面倒だと感じました。PS3に採用されているメニュー方式XMB(クロスメディアバー)はBDレコーダーなどでは不便でしたが、十字キーのあるゲーム機にしてみれば直感的で割と使いやすかったように思えてきたぐらいです。
 

メディアプレーヤーでは以下写真のように、音楽を再生しながら画像の閲覧も可能になっています。
『OPTIONボタン』>『ガイドを見る』でオンラインヘルプを見られますので、操作方法が分からなかったり、今回記事冒頭にあげた対応形式などを忘れてしまった場合はそちらを参照すると良いでしょう。
 

ps4 usb メモリ
 

まとめ

いままでゲームプレイ中のスクリーンショット撮影などはプレイヤーに一任されていましたが、PS4はトロフィー獲得(実績解除)時に自動で撮影してくれているので、ゲームクリア時や難しいトロフィーを取ったときにSNS等を通じて他の人に自慢しやすくなりましたね。アップロード自体もPS4からできるようになっていますし、むしろUSBメモリを使う場合の方が少ないかもしれません。
 

しかし今回の様に解説用に何枚も画面の撮影が必要な場合には、デジカメやスマートフォンなどでモニター越しの撮影よりスクリーンショットを活用しUSBメモリにコピーした方が鮮明かつ編集も楽なので、状況次第では充分便利に使うことができるでしょう。なので今回タブレットで撮影した写真を使用したのは『メディアプレーヤー』周りと極一部だけとなっています。(メディアプレーヤー使用時は著作権などに配慮しているのか、スクリーンショットやビデオクリップ機能が使用できなかったのです)
 

PlayStation Plusに加入していない場合のバックアップ手段はUSBメモリ頼りになりますし、PS2の頃のようにUSBメモリとの相性で認識しないなんていうことはなく、端子にささりさえすればどんなUSBメモリでも使えるのですから、パソコンと共用でも1本くらいはUSBメモリを用意しておくと便利だと思いますよ。
ps4 usb メモリ

関連リンク

またこちらの記事ではps4におすすめのヘッドホンについて解説しています。
ps4の周辺機器について調べている方はこちらの記事も参考にして見てください

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 7cd9a8d2 4e76 42aa 9071 65a0696b6a53
Written By
HN: トゥルーデは俺の嫁
製品紹介はなるべく間違った情報を伝えないよう製品の説明書などで下調べをし、レビューはキッチリ使い込んだり比較してから書き始める派なので基本遅筆です。疲れたときの癒やしは飼い猫達をなでることです。
家電やガジェット好きの趣味が高じて、文章書き(パソコン関連ソフト&ハード、白黒家電、ガジェットなどの紹介記事、購入製品のレビュー etc...)をやっています。 広く浅くがモットーなので、それほど深い知識はありません。 なるべく正しい日本語で書けるようにIMEにATOKを使い、長い文章は少しでも誤字脱字が減るようにVOICEROIDに音読させて確認してから公開するようにしています。 違う目的の為に買ったVOICEROIDが思わぬ役に立っているので、もう一人買い足そうかと目論んでいます。 やっぱり弦巻マキの相棒といったら結月ゆかりですよね?

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧