食洗機の洗剤の代用は何を使うべき?重曹はおすすめしない理由も紹介

目次

食洗機の洗剤の代用について解説します

食洗機は食器を自動で洗ってくれるため、食器を洗うという手間も省けることはもちろんのこと、何より手が荒れないということは嬉しいポイントですよね。

そんな便利な食洗器ですが、いざ使おうと思った時に、食洗機用洗剤がない!という経験をされた方は多いことでしょう。

ということで今回の記事では「食洗機の洗剤の代用には何を使うべきなのか」というテーマにてお伝えしていきます。

現在進行形で食洗機用洗剤がなく、困っている方はもちろんのこと、食洗機を使用しているという方は今後の為にも一読してみてはいかがでしょうか。

台所用洗剤は食洗機の洗剤の代用にならないことに注意

食洗機 洗剤 代用

まず食洗機で使用する洗剤の代用品として真っ先に思いつくのは台所用洗剤ですよね。

これは素手で食器を洗う際に使用するので、代用として使用しても問題は無いのではないか、そう思ってしまうことでしょう。

しかし実は食洗機で使用する洗剤の代用品としては台所用洗剤は使用できないのです。

それでは以下よりなぜ使用できないのか、台所洗剤と食洗機用洗剤との違いについてお伝えしていきます。

台所用洗剤と食洗機の洗剤の違い

まず台所用洗剤と食洗機用洗剤との違いですが、これはそれぞれの洗剤が重きを置いている所が違います。

というのも台所用洗剤では「汚れを浮かして取る」という点に重きを置いているため泡立ちがすごく良いです。

これは普段手洗いで食器を洗っているという方は思い浮かべやすいと思いますが台所用洗剤は少しの量で食器を洗うのに十分だったリしますよね。

しかしその一方で食洗機用洗剤は食洗機の高温洗浄水という強い味方がいるため、「汚れを溶かすことで落とす」という点に重きを置いているのです。

このようにそれぞれの洗剤では重要視している点が異なっているのです。

参考元:マイレピ

なぜ台所用洗剤は食洗機の洗剤の代用にならない?

それではなぜ泡立ちのいい台所用洗剤が食洗機で使用する代用品とはならないのかというと、この泡立ちの良さが原因なのです。

台所用洗剤に使用されている界面活性剤という素材が泡立ちの良さを引き起こしているのですが、その泡立ちの良さゆえに食洗機で使用してしまうと食洗機内で泡が大量に発生してしまうため、食洗機の故障もしくは異常を引き起こす恐れがあるからです。

具体的にどういった事態を引き起こすのかというと、「食洗機が動かなくなる」や「食洗機で上手く洗えなくなる」という事態を引き起こします。

よって食洗機で使用する洗剤に台所用洗剤は代用品とはなり得ないのです。

同じ洗剤ということもあり、知らなければ普通に使ってしまいそうですよね。

もし、知らないという方がお近くにいましたらぜひ教えてあげてください!

参考元:Panasonic

食洗機の洗剤の代用になるもの 酸素系漂白剤

食洗機 洗剤 代用

それではどういった洗剤であれば食洗機で使用できる代用品となるのか、というと酸素系漂白剤であれば食洗機用洗剤の代用品として食洗機で使用することができます。

以下ではなぜ酸素系漂白剤であれば代用品として使用できるのか、また使い方等を紹介していきます。

酸素系漂白剤が代用になる理由

酸素系漂白剤の主成分は過炭酸ナトリウムです。

過炭酸ナトリウムというのは水、もしくはお湯に溶ける性質を持っています。

そして過炭酸ナトリウムが水、またはお湯に溶けると過酸化水素が発生します。

この過酸化酸素が食器の汚れを落とすのに一役買います。

さらに過炭酸ナトリウムと水が反応し、過酸化水素が発生することで、過炭酸ナトリウムは炭酸ソーダとなります。

この炭酸ソーダはアルカリ性でたんぱく質を溶かすという性質を持っています。

以上までの炭酸ソーダによるアルカリ作用、過酸化水素による漂白作用などが合わさり、酸素系漂白剤が代用になるのです。

参考元:石鹸百科 |過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)の使い方:キッチン

参考元:石鹸百科 | 炭酸ソーダとは

使い方

それでは実際に酸素系漂白剤を食洗機で使用する洗剤の代用品として使用するその使い方について紹介していきます。

使い方については簡単で、4~5人用の食洗機の場合は小さじ1杯程度(約5g)の酸素系漂白剤を入れるだけです。

ただ上記で挙げた酸素系漂白剤の量についてはあくまでも目安なため、洗う食器の量等により適宜量を調節しましょう。

参考元:石鹸百科

注意点 使えない食器もある

食洗機で使用する洗剤の代用品として使用できる酸素系漂白剤でも使用してはいけないもの、推奨できない食器もあります。

それはステンレス以外の金属の食器になります。

ステンレス以外の金属の食器に酸素系漂白剤を用いて洗ってしまうと、金属と酸素系漂白剤が反応を起こし、質感等が変わってしまう危険性があります。

予期せぬ事態を防ぐという意味でも金属部分のある食器は酸素系漂白剤を用いて洗わない方が良いでしょう。

参考元:石鹸百科

重曹は食洗機の洗剤の代用になりにくい?

食洗機で使用する洗剤の代用品として重曹を使用するという方もいるかと思います。

しかし代用品として重曹を使用するということは控えた方が懸命です。

それでは以下よりその理由について触れていきます。

重曹は食洗機の洗剤の代用になりにくい理由

食洗機で使用する洗剤の代用品として重曹がなりにくい理由は、重曹を使っていてもし食洗機が故障した場合に、保証期間内だったとしても保証対象にはならない可能性があるからです。

参考元:YAHOO!知恵袋

食洗機で食器を洗う際は大まかに汚れを落としてから洗いますよね。

それゆえに、食洗機で使用する洗剤に正規品の代用として重曹を用いても汚れはきっちりと落ちてくれます。

よって重曹の洗浄能力自体に問題はありません。

しかし食洗機で正規品の代用品として重曹を使用した場合、食洗機内で溶け残りが発生し、それが原因となり食洗機の故障を招くことがあります。

参考元:monostudio

参考元:Panasonic

そして重曹の使用が原因で、食洗機が故障した場合はもちろん、過去に正規品の代わりに重曹を使用したことがある場合でも保障してくれる可能性は低くなってしまいます。

以上により食洗機の洗剤の代用品とはなりにくいのです。

重曹はたくさん入っており、値段も高くないため食洗機の洗剤として使用できるのであれば使用したいという気持ちはわからなくありません。

しかし、重曹が原因で故障してしまった場合はもちろん正規品の洗剤以上の費用が必要となってしまいます。

目先の値段に目を取られるのではなく、長期的なスパンで判断しましょう。

重曹も使える食洗機もある

上記では食洗機の洗剤の代用品として重曹はなりにくい、ということを示しましたが、実は重曹が使用できる食洗機もあります。

それは以下のような食洗機になります。

RSW-404LP ステンレス調ハーフミラー(食器洗い乾燥機)
画像をクリックするとAmazonに移動します

こちらの食洗機では重曹洗浄も可能な専用機能が搭載されています。

そういった食洗機では例外的に重曹での洗浄が可能となっていますので気になる方はぜひ購入を検討してみてください。

メーカーはリンナイで重曹洗浄が可能なタイプには「重曹洗浄」といった表記がされています。

ほかの重曹での洗浄が可能な食洗機を探す際の目印にしてみてください。

基本的には代用ではなく正規の食洗機の洗剤を使おう

基本的には食洗機で使用する洗剤は重曹はもちろん、酸素系漂白剤のような代用品ではなく、正規品の洗剤を使用するようにしましょう。

上記でもお伝えしたように、もし重曹などの代用品を食洗機の洗剤として使用していた場合、故障してしまう可能性のほか、故障したとしても保証してくれない可能性があります。

参考元:Panasonic

参考元:YAHOO!知恵袋

わざわざそのような危険な橋を渡る必要もありませんので、食洗機を使用される際は専用の洗剤を使用するようにしましょう。

食洗機の洗剤の代用がなかったら手洗いするのもあり

食洗機 代用

食洗機の正規の洗剤や代用品がない場合は手洗いするのもありなのではないでしょうか。

家族で暮らしている方であれば、洗い物はすごいはやさで溜まってしまいますよね。

食洗機を持っている方なら食洗機でできるだけ洗いたいという気持ちもわからなくありません。

しかし、食洗機で使える洗剤が無いという場合は仕方ないので手洗いしてみてはいかがでしょうか。

やはり台所に洗い物が溜まっているというのは景観も悪いですし、あまりに溜まっているとコバエなどの虫が寄ってきたりもしてしまうでしょう。

よって食洗機で使用する正規品の洗剤、もしくは代用品として一応使用可能な酸素系漂白剤がない場合、手洗いすることをおすすめします。

まとめ

今回、この記事では食洗機で使用する洗剤の代用品には何が使用できるのか、というテーマでお伝えしてきました。

食洗機で使用する洗剤の代用品として使用できるのは酸素系漂白剤です。

これは洗浄力にも期待できるため、もし正規品の洗剤がない場合はお試しください。

しかし正規品の以外の洗剤を食洗機で使用し、もし故障を招く結果となったとしても保障を受けられる可能性は低くなります。

これは保証期間内であってもです。

よって食洗機で使用する洗剤を正規品ではなく、代用品を使用するという方はリスクもあるんだ、ということも十分に理解した上で行ってくださいね。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
タナカ タロウ
宜しくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧