洗濯機でお湯を使って洗濯!お湯取りホースや何度までOKか解説!

この記事を執筆するにあたって

私自身がお湯取りホースを使って洗濯を行っているユーザの一人として、利用している体験談を交えてこの記事を執筆できたらと考え、この記事を書きました。

Written By えどう タロー

目次

洗濯機でのお湯の使用について解説します

こんにちは、えどうです。 皆さんは洗濯するときにお湯を使用したことはありますか?私は、お風呂の残り湯をポンプを使って洗濯機に入れています。

今回は、洗濯機でのお湯の使用について解説します。

洗濯機でお湯を使うとどんな効果があるの?

まず、洗濯機でお湯を使うとどのような効果があるのでしょうか?調べてみました。

お湯の効果① 皮脂汚れが落としやすい

ワイシャツの襟などにつきやすい皮脂汚れ。実は洗濯するとき、人間の体温よりも温かい温度で溶けやすいと言う特性があります。

このため、皮脂汚れがついた衣服の汚れを落としたい、と言うときはお湯で洗うことをお勧めします。

お湯の効果② 漂白剤が効きやすい

黄ばんでしまった洗濯物の汚れを落とすために使用する酸素系漂白剤

実は酸素系漂白剤も40℃くらいの温度が最も効果を発揮しやすいのです。

このため、漂白剤を使用した洗濯の際もお湯を使用した方が効果が高まります。

お湯の効果③ 洗剤が溶けやすい

洗濯をする際に、最も洗浄効果があるのは弱アルカリ性の粉末洗剤と言われています。

この粉末洗剤が溶けやすいのもお湯です。_

粉末洗剤が溶け安いかどうかは洗濯の洗浄能力に直結します。このため、洗浄能力を高めて洗濯したい場合には温水を使った方が良いでしょう。

注意点 お湯を使用した場合のデメリット

ここまでお湯を使用した場合の効果について紹介しましたが、デメリットもあります。

お湯のデメリット① 色落ちしやすい

お湯を使った場合は洗浄能力が高くなる、とご紹介しました。しかし、洗浄能力が高くなると、色落ち、色移りがしやすくなります。

色物のシャツなどを初めて洗う場合はお湯を使って洗わない方が良いかもしれません。

お湯のデメリット② 劣化する素材がある

シャツのプリント部分やゴム部分などはお湯を使って洗濯をした場合、劣化してしまう可能性があります。

このため、プリント部分やゴム部分などを含む衣類を洗濯する場合は水で洗濯した方が良いでしょう。

洗濯機のお湯はどうすれば?お湯取りホース?

では、洗濯機でお湯を使うにはどのようにすれば良いのでしょうか?
ご紹介します。

お湯を使う方法① お湯取りホースを使う

一番エコな方法はお湯とりホースを使ってお風呂の残り湯を使用する方法でしょう。
洗濯機に付属しているお湯取りホースをお風呂の湯船に漬け、風呂水を使う設定で洗濯機を動かすと、自動的に必要な水量をお風呂から吸水してくれます。

機種によっては2度のゆすぎのうち、1度目までを残り湯で行うことができるようです。

風呂水ポンプは後付け可能

バスポンプ 湯ポポン 10 (4mホース付) BP-40
画像をクリックするとAmazonに移動します。

上の商品のように、風呂水ポンプは単体でも販売されています。

このため、「うちの洗濯機はお湯取りホースがついてないから・・・」という場合であっても、風呂水のポンプを購入することで、お風呂の残り湯を使用して洗濯を行うことができます。

なお、後付けの風呂水ポンプを使用する場合は使用する洗濯機の説明書に従って使用するようにしてください。

残り湯に抵抗がある場合は洗面台を利用する方法も

「お風呂の残り湯は一度人が入っているからちょっと・・・」と思われる方も居るかもしれません。

その場合は、洗面台にお湯を溜めて、そのお湯を風呂水ポンプですくい上げる、という方法もあります。

この方法の場合は、残り湯を利用した場合と比較して、より綺麗なお湯で洗浄する分、洗浄効果が高くなるでしょう。

方法② 温水機能付きの洗濯機を使う

日立 タテ型洗濯乾燥機 ビートウォッシュ 12kg シャンパン BW-DX120B N
画像をクリックするとAmazonに移動します。

洗濯機そのもので温水を作り出し、洗浄してくれるタイプの洗濯機もあります。

この場合、汚れのない水道水から温水を作り出すため、お風呂の残り湯を利用した場合と比較すると洗浄効果が高いと言えるでしょう。

一般的な洗濯機は何度のお湯までなら使っていいの?

ここまでは洗濯機でお湯を利用する方法について解説してきました。
では、実際に一般的な洗濯機は何度のお湯まで利用して良いのでしょう?
調査してみました。

洗濯機の耐熱温度

洗濯機に入れてもいいお湯の温度は50℃までと考えた方が良いようです。

一般的には酸素系漂白剤の酵素が最も働きやすい40℃前後のお湯を用いて洗濯することが洗浄効果が最も高いようです。

参考元:日立「洗濯機に入れても良いお湯の温度を教えてください。」

参考元:Panasonic 「温水の15℃(30℃)、40℃、60℃の温水コース」

耐熱温度を越えると洗濯機はどうなる?

洗濯機の内部もゴムパッキンやプラスチックといった熱に弱い部品を使用しています。
耐熱温度が100度に満たない部品も多いため、そのような部品に対して熱湯をかけてしまった場合、変形や溶けてしまう可能性があります。

また、部品が変形したことによって、洗濯機が正常に動作しなくなったり、水漏れを起こしてしまう可能性があります。

そもそも、あまりにも高い温度のお湯で洗濯を行った場合、衣服自体が色落ちや劣化してしまう可能性がありますので気をつけて下さい。

【お湯が使える】温水機能付きのおすすめ洗濯機

温水機能付きのおすすめ洗濯機をご紹介します。

どうやっておすすめする洗濯機を選んだか

今回のおすすめ洗濯機の判断基準は下記の通りです。
- 家庭構成に合わせたサイズから各1台ずつ
- 同一容量であればコストパフォーマンスの良い洗濯機を選定
- 同程度の価格であればより静穏なモデルを選定

3kg DAEWOO DW-D30A

DAEWOO 3.0kg ドラム式洗濯機 ピンク DW-D30A-P DW-D30A-P
画像をクリックするとAmazonに移動します。

3kgという小容量タイプで唯一温水機能を搭載しているドラム式洗濯機です。
乾燥機能はついていませんが一人暮らし向けの洗濯機や二台目の洗濯機としてはお勧めです。

  • 洗濯/脱水容量:3kg/3kg
  • 乾燥機能:×
  • 運転音(洗濯/脱水):30dB/35dB

8kg 日立 BW-DV80B

日立 洗濯乾燥機 ホワイト BW-DV80B W
画像をクリックするとAmazonに移動します。

8kgという大容量で温水機能や乾燥機能まで搭載しているタテ型洗濯機です。
4.5kgまでの乾燥機能を搭載しているので、4人暮らしのご家庭などでの利用にお勧めです。

  • 洗濯/脱水/乾燥容量:8kg/8kg/4.5kg
  • 乾燥機能:○
  • 運転音(洗濯/脱水/乾燥):33dB/39dB/43dB

10kg 日立 BW-DV100B

日立 タテ型洗濯乾燥機 ビートウォッシュ 10kg シャンパン BW-DV100B N
画像をクリックするとAmazonに移動します。

8kgで紹介したBW-DV80Bの10kg版がこちらのBW-DV100Bです。
洗濯と脱水は10kgまで、乾燥機能は5.5kgまで対応しています。

  • 洗濯/脱水/乾燥容量:10kg/10kg/5.5kg
  • 乾燥機能:○
  • 運転音(洗濯/脱水/乾燥):33dB/39dB/43dB

12kg 日立 BW-DX120B

日立 タテ型洗濯乾燥機 ビートウォッシュ 12kg シャンパン BW-DX120B N
画像をクリックするとAmazonに移動します。

市販されている最大容量で、かつ温水機能を搭載しているのがこのBW-DX120Bです。
洗濯と脱水は12kgまで、乾燥機能は6kgまで対応しています。

  • 洗濯/脱水/乾燥容量:12kg/12kg/6kg
  • 乾燥機能:○
  • 運転音(洗濯/脱水/乾燥):37dB/37dB/43dB

ドラム式なら・・・Panasonic NA-VG720L

パナソニック 7.0kg ドラム式洗濯機【左開き】シャンパンPanasonic Cuble(キューブル) NA-VG720L-N
画像をクリックするとAmazonに移動します。

洗濯物が取り出しやすい「ななめドラム」式洗濯機で温水機能を搭載しているのがこのNA-VG720Lです。
洗濯と脱水は7kgまで、乾燥機能は3kgまで対応しています。

  • 洗濯/脱水/乾燥容量:7kg/7kg/3kg
  • 乾燥機能:○
  • 運転音(洗濯/脱水/乾燥):32dB/42dB/46dB

お湯と洗濯機について疑問が残ったら

この記事では、洗濯機でお湯を使う方法と、その効果、温水機能付きの
洗濯機についてお勧め商品の紹介をしました。

ご自身が温水を用いて洗濯をしたいという場合、以下の観点でどのような方法が良いのかを決めることができます。
- 風呂の残り湯を使うか
- 温水機能式の洗濯機を用いるか

水道料金や電気代も含めて、どうすれば良いのか、分からない点が出てきたら、お近くの家電量販店で相談をしてみる、というのも一つの手段だと思います。

もしも、温水を利用した選択方法について疑問が出ましたら、この記事の問い合わせフォームからご相談頂いても構いません。その場合は記事の修正・追加執筆について検討させて頂きます。

まとめ

この記事では、洗濯機で温水を使う方法やその効果、温水機能付きの洗濯機についてご紹介させて頂きました。
要点をまとめます。

洗濯機でお湯を使うメリット

  • ①皮脂汚れが落としやすい
  • ②漂白剤が効きやすい
  • ③洗剤が溶けやすい

-デメリット:色落ちしやすい・劣化する素材がある

洗濯機でお湯を使う方法

  • お湯取りホースを使う(風呂水ポンプを使う手も)
  • 温水機能付き洗濯機を使う

この記事が皆さんのお悩みの解決に役立てば幸いです

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 2e100651 ba8c 4f85 979f 106846fbac22
Written By
えどう タロー
ガジェット大好き技術屋さんです。
電気系の研究者として勤務している傍ら、フリーライターとして活動しています。 様々な電子機器に触れることが多い電気電子系の技術者としての観点を交えながら、 皆様にわかりやすい記事を提供できるように心がけております。

おすすめの記事

スポンサー

この記事に似ている記事